« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

今日の稽古っ。

今朝の仙台の気温は-4℃。

素足を通して稽古場の床から刺すような冷たさが伝わってくる中、

今日も稽古です!

寒ければ寒いほど集中力が高まる気がして、

こういう日の稽古、好きです(^-^)v

今日も前半は通し稽古(番外、抜刀流、正座、立膝)、

後半は昇段試験の指定業についてご指導頂きました。

ご指摘頂く内容を、ひとおとりアレコレとおさらいしてみたところ、

各内容に共通することは、業の理合いをきちんと把握しようとしているのか。

やはりここに行き着きます。

理解はまだできないので、まずは把握。

最近、理合いを知ることって、とても大切だなと思うようになりました。

居合は基本的に、敵対行為など外部からの働きかけによって生じる業だと、

思います。

全てを理解することはできないけれど、

でも、知りたい気持ちと心(心得)があってこそ生命のないモノ(業)に

その心が伝わり、人の中で生きて一緒に呼吸してくれるんじゃないのかな…。

大切なのはきっと、人が業に対して、どのくらい心を持てるか。

そんな気がしています。

昇段試験まであと1ヶ月切りました。

そろそろ筆記試験問題にも取り組みたいところです。

そろそろ…忘れている振りしていましたが

そろそろ…そろそろそろそろ(←逃げないでください)

よし、覚悟を決めて頑張るかー!

試験日は2月末です!

正座って、意外と難しい…。

思い切って家族に「正座の仕方がわからないんだけど」と訊いてみたところ

( ̄Д` ̄)

な顔をされて一瞬にして話が終わった笹、です…。

正座の仕方についてネットで調べてみたところ、

やっぱり先生方にもご指摘受けましたが、足首の関節の堅さが原因みたいです。

▼僧侶が伝授する最も楽な正座の仕方▼

http://bosatsudo.jugem.jp/?eid=214

ストレッチ、頑張ってみようかな。

☆☆☆☆☆

話代わりまして、本日の稽古です。

試験日も2月末に正式に決まり、残りあと1ヶ月です!

前半は通し稽古(番外、抜刀流、正座)、

後半は先生に試験で指定された業についてご指導頂きました。

復帰されたS先生も徐々に調子が戻られてきているようです(^-^)

笹の悪い癖のひとつに、相手の向きに応じていないことがあります。

飽くまで笹の捉え方になりますが、相手が自分に対して敵意を持ち、

牽制しても引かずに近寄ってきた場合、複数を相手にしない限り、

自分の体の向きは、すくなからず相手のいる方向になると思うのですが、

先週の居合の旅で少しばかり勉強できたヒントを取り入れてみたところ、

そこばかりに意識が行ってしまう為か、体勢のバラバラっぷりが見事でしたΣ( ̄ロ ̄lll)

ひとつの要素を取り入れるのに、こんなにバラバラになる。

バラバラになった要素をひとつに繋げる為に、何度も繰り返す必要があり…

だから「練る」なんですね。

今更ながら、業を「練る」の意味がわかったような気がします。

正座と立膝の座り方、体勢のバラバラっぷり、その他、問題山積。

徐々に消化しつつ、試験日を迎えられるようあと1ヶ月、踏ん張りまっす。

旅に出ていました。

居眠りしつつノートパソコンのキーボードを叩いていたら、

先程、キーボードに額をぶつけた笹です(←前振り長すぎです)

少し痛い。パソコンが壊れないか心配。そして眠い(笑)

22日(土)~23日(日)の稽古は、会の方々の都合もあり、お休みです。

その間、笹は居合の旅に大阪へお伴させて頂きました。

警察署の剣道場をお借りした講習会にて、

業や所作、理合いについて、

また、お会いできた方々を居合を通して人となりを知ることができ、

本当に多くを勉強させて頂きました。

2日間でお会いできた方々は、もう、ここに書くのもおこがましいくらい

とても良い方々でした。

勉強させて頂いたことは、知識から形を変え、体に染み込ませるまでには

ずっとずっと長い時間がかかると思いますが、

居合道を志す者の一人として、または人として

今後も少しずつ成長していける自分でありたいです。

2日間の余韻がまだ残っているせいか、ぼーっとしていますが、

居合と生活上のモチベーション、がぜん上がりました♪

早く稽古したいなー☆

日曜日は深夜の帰宅となりましたが、

昨夜の笹の勢いであれば、そのままいつもの稽古場に行って

翌朝まで笑いながら稽古できたかもしれない( ̄▽ ̄)v

機会を見て、遠征記を書きたいと思います♪

とりあえず、報告でした。

あるある。

職場で使っているPCで設定しているパスワード。

ほぼ3か月に一度、パスワード変更をします。

文字数的にも丁度よいので、笹は居合に関する名称で

パスワードを設定しているのですが、

PC立ち上げる毎に、入力するのもちょっとめんどくさいので、

普段は専ら指紋認証の機能を使っています。

で、久しぶりにパスワード変更することになったのですが。

…設定していたパスワード、キレイサッパリ忘れたーっ☆

……。

……。

あるある。

正座

今日も引き続き、昇段試験に向けての稽古でした。

前半は全員で通し稽古、後半は先生方にご指導頂きました。

日曜日に稽古される方々、全員出席です(^▽^)v

毎週末、お会いできるのが嬉しいし楽しいです♪

通し稽古のなかで抜いた立膝について、

実をいうと笹は、立膝の座り方が正しくできません。

足の甲が高い…「下駄足」といわれる骨格のせいか、

立膝のやりかたで座ってみると、床に座るだけでまず痛い☆

鯉口を切って抜きつける時に上体を起こすのも痛い☆

足首と甲に緩衝テープを貼っても痛い☆

痛い痛いて…もう笑うしかないです(笑)

会の方々に、立膝の座り方を教えて頂いた際、

どうも、左足首の曲げ方が、普通の人のような曲げ方になっていないのでは、

とアドバイス頂き、直しつつ更に話は正座の座り方にまで至ったのですが。

笹は正座の座り方も、普通の人と違うのではないかという話になりました( Д) ゚ ゚

正座の際に、おしりの下に敷く足首は自然と関節が内側に曲がり、

逆ハの字(文字で言うと「\ /」な感じ)になるらしいのですが、

笹の場合、関節を曲げず(文字で言うと「||」な感じ)に座っていました。

問題はそこかーっ(笑)

…。

……今日、生まれて初めて、正しい正座の仕方を教わりました゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

笹、生まれも育ちも日本で、正座してご飯食べてきた人なんですが、

そこはあえて気づかない振りをします(笑)

とりぜず、正しい正座ができるように、頑張りたいと思います!

ちょっと反省。

昨日までの日記を書いといて、自分で言うのもなんですが。

なんか日記の内容が…女々しい…(笹は女ですけど)

女々しいとしたのは、最近頓に書く、目に見えないものについて、です。

確かに、気とかそういう目に見えない働きも大切なもので、

実際に業の裡にあることは確かだと思うのですが、

そればかりを強調することは結局は、曖昧さをそのまま続けることで、

逃げ道を探しているにすぎないんじゃないだろうか。

最終的に、判らないものを判った振りをして、

弱点を克服できない言い訳にしかならない気がする。

最近、日記にこの言い訳を通してしまいたい自分がいる一方で、

「違う!そればかりが理由じゃない!」と叫んでいる自分にも気が付いていました。

初心者だからこそ、感じたことは自分にとって、正直なことなんだ。

具体的に言えないことは、判っていないから具体的に言えないんだ。

それを別の答えにすり替えるのは馬鹿げていると思うし、

判らないものは、素直に判らないとしたほうがずっと今後の為になる。

今の自分に必要なのは、ただひたすら素直でいることなんじゃないか。

ちょっと調子に乗りすぎたなー。

ここはまた、冷静に自分を振り返って、もう一度立ち位置に戻らなきゃ。

反省。

今日の稽古っ。

仙台は朝から雪です。

寒さが肌にピリリとくる気温のせいか、雪も水分を含まずサラサラのパウダースノーです。

そんな寒さのなか、今日は土曜日に稽古される方々が全員揃い

昇段試験に向けて、通し稽古を抜刀流・正座・立膝で

ご指導頂きました(^-^)

以前なら元立ちの先生の動きは、がむしゃらにジッと見て、

専ら局所的な部分(手の裡、足の位置、体の向き…つまりは自分の課題)だけを

追うので精一杯だったところ、

今は多少なりとも重心の位置と体幹の移動、リズムを見られるようになりました。

なんていうんだろう…体の中に気、あるいは煙のようなものが籠っていて

丹田を中心に体内で上昇・下降、濃さも換えられる、「うねり」のようなものがある。

そのうねりを体内でうまくコントロールし、

定められた方向に発した結果が、体とその動きに顕れるのかな…と。

業の形を順番通り覚えるのもとても大切なことですが、

中には説明がつかないことが多々あるかと思います。

この考えが正しいのかどうか、判断はかなり難しいけれど、

1つの考えとして、じっくり時間かけてみようと思います。

えーと確か…この感覚に似たような記述がどこかにあったような

気がするんだけどな…具体的に考えられないのが痛い。

いろいろ探しているものの、見つからない。

メモに書き出しておけばよかったーっ(ノд・。)

居合を始めたら。 その2

居合を始めてから。

笹の心に付いた要らないところを、

刀が削ぎ落してくれているような感覚があります。

まるで玉ネギの薄皮を剥いでいくように、パリパリと乾いた音をたてて

それは落ちていきます。

このまま薄皮が剥がれたら、笹はどんな人になるんだろう。

そう、ふいに思います。

どんな人になるか。

これはきっと、他から選んで決めてもらうものではなく、

笹自身がどんな人でありたいか見極め、幾多の選択肢から決めるものなんでしょうね。

内省の意味でも、なにが削ぎ落されたのか見てみる必要もありそうです。

居合や他の武道をされている方も、個人の違いはあるにせよ

こういうことって感じるものなのでしょうか?

*******

居合を始めてから、あともう少しで1年になります。

時間が経つのって、本当に早いなぁーっ。

居合を始めた頃は、帯の結び方も、袴のはき方も全く知らない輩でしたが

いろいろご指導頂いたお蔭で、なんとか姿形だけは半人前になれました(笑)

今では、道着姿でいるほうがホッとするし、気分が楽です♪

職場に着ていけないのが残念でなりません(笑)

*******

今気が付いたのですが、ブログに設置していたブログパーツ、

いつの間にか消えてるんですけど…∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

ココログ(このブログサービス名)ってデザインを変更すると、

前の設定はなくなっちゃうのかーっ。

初稽古 パート2っ。

昨日に続き、今日も初稽古パート2(笑)です。
2週間ぶりの稽古ということで気合が入ります。
…若干、緊張しすぎて心臓ドキドキでした。

引き続き、昇段試験に向けてご指導頂きました。

業の各要素(手の裡、運足、理合い)で忘れてしまっているところ、
一方に気を取られて疎かになっているところが多くて
…自分自身にじれったさを感じています。

でも、じれったくても体で覚えない限り、そこから脱却できないものね…。
ここは踏ん張りどころ、もう、やるしかないぞーっ、突きぬけろーっ、気合だーっ(笑)

今年一年を含め、
今暫くは、ひたすら数多く抜き、教えて頂いたことを体で覚え、
いろんな方々の業を見て。自分の中に蓄える時期なのかな、と考えています。
今は思うことがない疑問でも、蓄えが増えれば、自ずと疑問も出てくるはず。

今年も一年、居合の話でゴハン3杯食べられるくらい、頑張りたいと思います!

(↑どんな例えですか)

日誌の内容、また消しました☆

土曜日の稽古日誌を間違ってまた削除しちゃいました(T▽T)

バックアップ取らずにブログの編集画面で書いて、
ショートカットキー押し間違って編集画面のページを
あっさり削除してしまいまして…書いた内容諸共、
データの藻屑となりました。

長編大作(えっ)だったので、
ショックがディーブローのようにじんわり効いてきました…。

体って不思議。

笹は今日が年明け初の出社日でした☆

お正月休み中は、自室でちまちまと稽古していました。

カーテン、壁、電灯に刀が触れてしまわないように

注意しつつ練習をしていて気がついたことが。

普段の稽古の際に、

納刀の所作で、刀を鞘に持っていく時の右手の角度について

ご指摘を受けることが多々あります。

なんで変な角度になってしまったのかなーと考えてみたところ、

実はコレ、練習している自室の場所に問題があったんですね(^-^;

刀に物が触れないことを前提にすると、部屋でもかなり場所が限られてきますので、

笹の場合は、自分の体から左側にベッドがある所で練習しています。

で、うっかり普通に納刀すると布団に刀が刺さりかねないスペースなもので、

自然とこう・・・布団に刀が触れないような

納刀の仕方が身に付いてしまったようです( ̄Д ̄;;エッ

環境次第で、気が付かないうちに身に付いてしまうことって

あるんですね…体って、不思議(笑)

まずは早めに癖を直そうっ☆

あと、場所ももう少し考えようっ(笑)

というか、普段の稽古場が恋しいっ(笑)

歴史って面白い、のかも。

以前の記事にも書いたのですが、日本史・世界史、苦手です。

過去に起きた事象が波紋のように作用することで新たな事象が起こり、

歴史はそれら積み重ねによって作られてきたのかなーと思うのですが、

その相関関係が全く掴めなかったことと、

事象が起きた根拠がどうしても納得できなくって。

そもそも調べる気がなかったのもいけないのですが…。

そんな状態だと、視点はガチガチに固まりがち、当然視界も限られてくるので、

さらに苦手意識を強める悪循環になりやすいんですよね…(^-^;

で。

今回、視点をちょっと変えるきっかけがありまして。

…もしかして歴史って面白いのかもしれない。

ちょっとドキドキしています(笑)

面白い…のかも?

今年もよろしくお願い致します。

明けましておめでとうございます。

お正月休みも残り半分を切りました。

今週は、お正月休みなので当然、稽古はありません。

今回はひっかかりませんでした!あやうくひっかかりそうになりましたけど(←どっちですか)

歴史関連や居合に関する資料を少しずつ読んでいます。

今日は戦後、居合の啓蒙活動をされた方々の資料を読んでいたのですが、
感じるのは、時代の波により邁進、翻弄されることもあり、
それぞれが真とした考え方や価値観を覆され、居場所を失う痛手を負っても尚、
数えきれない人たちが関わり、受け継がれてきた業の継承と一度見失った生活の構築、
この両極面で必死に挑んだ人たちの確固たる信念と力強さ。

現代じゃ考えられない過酷な状況を思うと、
日々なんだかんだと悩んで立ち往生してしまうことがあっても、
実際は考えている程大変な問題じゃなくて、
ことを前に推し進めるのも、後にするのも、
やってのける覚悟さえがあれば、
ひょいっと飛び越えられそうな気がしてきます。

結局は自分の意志をどのくらい固められるか、
そしてどう果たしていくか次第、かな。

武道に関する書物は居合を始めて以来なので、
あらゆることが新鮮に感じられます。
奥が深すぎてわからないところも多いのですが
今まで知らなかった世界が見られるのって、結構楽しいですね♪
人となりを通して居合を知りたい。
居合を通して人を知りたい。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ