« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

稽古いろいろっ。

稽古日誌を書くも楽しいけれど、自主練も楽しい盛りの笹です♪
(↑稽古日誌をサボる口実、増やさないでください)
今週もビシバシ頑張ってまいりました(^-^)v


稽古の際に、諸先生からご指摘を頂く内容のひとつに、
柄に掛かる指の締め方がなっていない、というものがあります。
抜付け、斬りおろし、袈裟切り、脛囲い等、業によって様々な斬りつけ方がありますが、
「手の裡」という言葉があるのは、刀は腕の力のみで振うものではない、
という証拠なのではと笹は考えています。

以前の笹は
「手の裡は、抜付けなど敵対動作を行う際に、最大の攻撃力にするための大切な技術」
という認識でしたが、今はそれに+αで、
「手の裡」は、腕の長さ、腕力の有り無し、背の高さなど、
それぞれの人が持つ身体的特徴を100%活かす為の大切な技術…なのかなと
お恥ずかしながら、今になって思い始めています。

続きを読む "稽古いろいろっ。" »

自主練の後。

何かの拍子に見てしまった、
バナナのブランド・甘熟王の「王様のダンス編」が頭から離れない笹、です。
iPhoneで何回も観ちゃったよ…!!

ご覧になってみたい方は、下記のアドレスでどうそ。
(♪バーナーナーの王様ー、バーナーナーの王様ー♪)

バナナの王様「完熟王」王様のダンス篇(YOUTUBE)
http://youtu.be/Vbg4QXhysnw



☆☆☆☆☆☆


…話が逸れた…。


毎晩、自主練が終わった後に。
刀にありがとうの気持ちを込めて、布と油を使って綺麗にします。


綺麗になってねー。

…んー、もうちょっと綺麗になるかなぁ。

もっと綺麗になってねー。


そんな気持ちを込めこめしつつ、刀と一緒にいられる時間は至福のひとときです。
「至福」っていうか、刀とまったり過ごしております(笑)
「まったり」っていうか、刀といちゃついております(笑)
笹の気持ち、伝わるといいな(^-^)ノ

幸せ幸せ♪

手をつなぎたい

ひな祭りも終わり、ブログの壁紙もソメイヨシノとなりました。
昨年の今頃も、これを使っていたなぁと、壁紙を更新してからふと思い出しました。


東日本大震災直後の、ライフラインもままならない状況でも、
居合刀と鞘付き木刀だけはずっと肌身離さず持ってました。
当時は「これだけはせめて守らなくちゃ」という気持ちでしたが、
今振り返ってみると、刀が傍にいてくれるだけで気持ちが落ち着いたというか、
守るつもりが実は刀に守られていたんだなぁと思います。
守ってくれたというよりも、寄り添ってくれた…という感じに近いかな。


私にとって居合は、そんな存在です。
震災前も後も、これだけは変わりません。


この一年、多くのことを感じ、考えました。
私は、私以上のことも私以下のこともできません。
今置かれている立場で、居場所で、私なりに踏ん張ろうと思います。

刀に関する留意事項。

アレもしたいしコレもしたい。
やりたいことに優先順位をつけるとしたら、
考え込んで一日が終わっちゃうよ。笹、です。


笹は、入門当初から先生からお借りした居合刀を使っています。
この間、その居合刀の柄を外してナカゴを見る機会があったのですが、
ナカゴに「宗近」と銘が打ってありました。
…「宗近」って、三条宗近の名前に似せて付けたのかしら。
もしそうだったら嬉しいなぁ。

今朝、日本刀が出てくる夢を見ました。
湖面の上に湧き上がり、
瞬く間に一面を霞の渦にしてしまうような、重厚で躍動的な刃紋を持つ刀でした。
なんという波紋なのかな…浅い湾で、ちょっと互の目っぽい感じで、板目肌。
地金は心を吸い寄せるような黒く艶やかな感じ。
夢の中でその刀をずっと眺めつつ、笹はドキドキしていました。

人が刀を選ぶのではなく、刀が人を選ぶという話を伺ったことがあります。
笹もいつか、そういう刀とご縁があるといいなぁ。
…まぁ、今の笹だと「えぇー、アンタのところに行きたくない」とか
「断固拒否する」とか、刀に言われるのがオチかもしれません(^-^;)
…と書いてみて、書いた自分が傷つきました(笑)
徐々に、少しずつ、刀に選んで貰えるような人になっていこう。

続きを読む "刀に関する留意事項。" »

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ