« 自主練の後。 | トップページ | ホームページ更新のお知らせ »

稽古いろいろっ。

稽古日誌を書くも楽しいけれど、自主練も楽しい盛りの笹です♪
(↑稽古日誌をサボる口実、増やさないでください)
今週もビシバシ頑張ってまいりました(^-^)v


稽古の際に、諸先生からご指摘を頂く内容のひとつに、
柄に掛かる指の締め方がなっていない、というものがあります。
抜付け、斬りおろし、袈裟切り、脛囲い等、業によって様々な斬りつけ方がありますが、
「手の裡」という言葉があるのは、刀は腕の力のみで振うものではない、
という証拠なのではと笹は考えています。

以前の笹は
「手の裡は、抜付けなど敵対動作を行う際に、最大の攻撃力にするための大切な技術」
という認識でしたが、今はそれに+αで、
「手の裡」は、腕の長さ、腕力の有り無し、背の高さなど、
それぞれの人が持つ身体的特徴を100%活かす為の大切な技術…なのかなと
お恥ずかしながら、今になって思い始めています。

改めてアレコレ試してみたところ、
片手で刀を扱う際の手の裡にも問題はあるのですが、
それ以上に、片手から諸手になる際の手の裡…右手/左手の連携の仕方にも
問題があることに気付きました。

具体的にいうと、抜き付け → 振りかぶり → 斬り下しの動作があるとして、
右手/左手の連携は、振りかぶり → 斬り下しにあると思います。
中でも振りかぶりは、右手/左手が頭上の一点に集まるポイントで、
斬り下しの強さを決める大切なポイントだったりします。
柄を握り頭上に上がってくる右手から、真上に伸びる左手が柄を受け取り、
受け取った瞬間に、左手の手の裡がガッツリ決まっていないと
斬り下しで刀身に力が込められません。
笹は手が小さいので(1オクターブ先の鍵盤を小指で押せません)、
殊更ガッツリ決まらないと、斬り下しはあってないようなものになります。

今更な感はありますが、
手の裡って、技術的にも、笹自身にも大切なものなんだなぁと痛感しております(-_-|||)




……(遠い目)


…………(遠い目)


いよっし、頑張ろう!

« 自主練の後。 | トップページ | ホームページ更新のお知らせ »

コメント

良いアドバイスありがとうございます。シェイプUPの為にも行きましょうかね。家の近くに区民プールがあるので。

コメントへのお返事が遅れてしまってすみません。

GENさん、お気遣いありがとうございます(^-^)
興味があることとなると形振り構わず突っ走ってしまう性質ですので、
GENさんのご助言を是非「転ばぬ先の杖」として据えたいと思います。

お膝を痛められたとのこと、
居合以外でも日常生活でも常に使うところですし心配です。
…膝の負担にならなくて、お膝の回復を手助けしてくれそうな事…ということで、
お節介を承知でアレコレ考えてみました結果、
浮力を活かしたプールで水中ウォーキングとか……如何でしょうか…。

稽古に精進されている様子が伺われます。ですがあまり無理をなされないように十分に注意をしてくださいね。GENさんは昨年痛めた左膝が未だに癒えません。老婆心ながら一言です。では又お会いできる事を楽しみにしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/54254829

この記事へのトラックバック一覧です: 稽古いろいろっ。:

« 自主練の後。 | トップページ | ホームページ更新のお知らせ »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ