« 目が大事っ(2012年10月6日~7日) | トップページ | 今日の稽古っっ(2012年10月20~21日 パピヲ現る) »

時々、ありませんか

芋煮イベントがそこかしこで行われている東北。
いよいよ寒くなってきました仙台@風邪っぽい笹です(‐⊥‐)ハナミズダラーン
風邪なら久しぶりにひくなぁ。早く直そう。

そんなこんなで仕事の都合もあり、土曜日だけ稽古ですっ!
今回は刀がやたら元気に動き回ってくれました。
抜付けの時は、元気に鞘から飛び出してくれる。
納刀の時は、元気に切先から戻ってきてくれる。

そういうこと、時々ありませんか?
笹以上に刀がご機嫌だったのかもしれません。
刀と仲良くなれた感じがしてよかったです(^-^)

とはいうものの、課題は相変わらず山積みです。
課題を片付けるには、先生のご指導の他に、
やはり自主的に「本」も読まなくては…知識がなくては
全く歯が立たないことが多い…と痛感するようになりました。
なんとか…なんとかするぞー!
頑張っちゃうもんね!

« 目が大事っ(2012年10月6日~7日) | トップページ | 今日の稽古っっ(2012年10月20~21日 パピヲ現る) »

コメント

コメントありがとうございます♪

毎年、山形県では「日本一の芋煮会フェスティバル」というイベントを行われていて、
NHKの地元放送局で、このイベントの様子を放送するのが風物となっております。

すごいですよ、大鍋で作るのです。
宜しければこちらのサイトを参照下さい。

▼日本一の芋煮会フェスティバル
http://www.y-yeg.jp/imoni/

芋煮の内容を読んだだけで口に唾が・・・(´ρ`)

コメントありがとうございます♪

参考図書のご紹介ありがとうございます!
ぜひ参考にさせて頂きたいと思います。
…と、その前に英信流の武道書を読まなくてはいけませんが…(^-^;

ちなみに「芋煮」は東北地方でよく知られている秋の行事のひとつで、
親族や友人同士が河川敷や公園、山の上など、秋の風景を感じられる場所で、
大鍋に野菜やお肉を入れた汁物を作って、
出来たてをワイワイ楽しくいただくという、一種の「収穫祭」のようなものです。
地方によってこの汁物を「豚汁(とんじる)」「芋の子汁」と呼びなが違ったり、
味付けも味噌仕立て(里芋、豚肉、人参や大根などの根菜、白菜などの葉物)、
醤油仕立て(里芋、牛肉、根菜、葉物)が違います。

笹の地域では味噌仕立てが多いですねー。
山形県だとほとんどが醤油仕立てなんだそうです。

芋煮会にあこがれのあるGENさんです。お読みかもしれませんがお薦めの本を「柳生兵庫助」双葉文庫です。以前は文春文庫から出ていたのですが。巻数も増えてます(-_-;)。それと岩波新書で「宮本武蔵」です。まだあるのですが又書きますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/55891893

この記事へのトラックバック一覧です: 時々、ありませんか:

« 目が大事っ(2012年10月6日~7日) | トップページ | 今日の稽古っっ(2012年10月20~21日 パピヲ現る) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ