« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

今日の稽古っ(2013年3月30日~31日 暖かいやら寒いやら)

航空自衛隊 松島基地 飛行隊「ブルーインパルス」が2年振りに帰還し、
梅の花がやっと綻びかけている仙台。
薄手の服装でも外を出歩けた土曜日とはうってかわり
霙まじりの雪が降る日曜日です。

幸い、雪が積もったりしないので助かっておりますが、
スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに履き替えた人は、
外出の際はちょっとだけ難儀しそうですね。

クロッカスも沈丁花も、桜も、
蕾のままじっと寒さが通り過ぎるのを待っている傍らで、
土色だった地面も少しずつ緑の葉っぱが出てきています。
東北の春は間近、今年ものんびりやってきています。

☆☆☆☆☆

暖かいやら寒いやら、不思議な天気のなか今週も稽古です!
今週は太刀打ち、詰合い、抜刀流~正座~立膝の通し稽古と、
刀のミニ鑑賞会となりました。

「三所物(小柄、笄、目貫)」を「三つ揃え(上着、ベスト、ズボン)」と言い間違えて、
「三つ揃えはスーツでしょ」とすぐにツッコミを受けた笹です。
頭文字しか合ってない…ここまで合ってないのも珍しいですね(そうですね)

今回拝見した刀も素敵でしたよー(^▽^)カワイカッタ
またまた笹の感覚で説明しますと、
体配は…切先は小切先、反りは鳥居反りで浅く、鎬造で、長さは2尺4寸くらいです。
杢目肌の地鉄は黒を思わせ、茎は磨上げが入っております。

刃紋は直刃で、雲海や朝霧を思わせる匂がふんわりと深く小沸と重なり合い、
やや子足が入っております。
やがて小沸から杢目肌へ変わりゆく様子は、互いが呼吸しあっているようにも見え、
杢目肌のゆるやかに流れるような文様を際立たせています。

笹、ようやく「匂」と「沸」の違いがわかった気がしました。
…ボキャブラリーが相変わらず乏しいですが、
言葉では表せられない…水の流れを表したような、素敵な刀でしたっ。

続きを読む "今日の稽古っ(2013年3月30日~31日 暖かいやら寒いやら)" »

今日の稽古っ(2013年3月23~24日)

稽古場では必ずといっていいほど刀剣の話が出てきます。
それは業物、拵え、刀に関る歴史上の人物、各地美術館の所蔵品、
今まで見てきた刀の話など様々です。

ひと振りの刀が生まれ出るまでに、多くの風土、人、業が折り重なっています。
砂鉄などの原料が生まれ育った環境、
製鐵を行った多くの職人の気質、土地の空気、土、水、
様々な要素が織り交ざって鉧や銑、玉鋼が生まれます。
ひと振りのために試行錯誤を重ね、世に出ることなく消えていった刀もいたと思います。

時代によって質実剛健、絢爛豪華であったりと世や人の意向を映し、
時には存在意義を無理矢理すり替えられたこともありました。
実直で、華やぎがあったり、素朴であったり、
生まれ出る刀の性格も様々で、人となんら変わりありません。

瞬く間しか生きられない数多の人を見つめながら
これからも生きていく刀のことを思うと私は、強さと愛おしさを覚えます。



・・・・・・とかなんとかカッコイイこと言っておりますが。

受け答えをしているうちに笹の知識の乏しさがバレてしまい。
「刀の勉強がまだまだ足りないなぁ」
と、お灸を据えられた笹です☆

少しずつ勉強はしているのですけれど、まだまだですね。
反省・・・。

本を読むのも大切だけれど、本物を見るのも大事かなと思い、
ちまちまと行動しているものの、
地元で開催された骨董市で虎徹(何代目だったんだろう)を出店していた
ブランド品と刀剣を売り出している店長からは冷たく鼻であしらわれるは。
(虎徹を見せてもらう時、刀の油も拭ってくれなかったんですよー)

地元の骨董屋さんに目釘抜きを求めにいったら、
店長に鼻で嗤われるは。
(目釘抜きを知ってて買うのかと言われましたし)

お客さんが請う時は刀の油を拭って地肌をよく見えるようにして渡すとか、
トンカチを求めに骨董屋さんには行きません、
目釘抜きの使い方が判らなかったら訊きにいらっしゃいよ、
そのくらい声掛けするのがプロだと笹は思います。

専門の業者さんにアクションをかけて連戦連敗中です(#`Д´)ムキー
いつか対等に向き合えるようになれるまで、頑張るぞーっ。

あ、でも東京の刀剣商さんはとっても紳士で大好きです。

☆☆☆☆☆

続きを読む "今日の稽古っ(2013年3月23~24日)" »

今日の稽古っ(2013年3月16日 突風ぴゅーぴゅー)

ローカル線「仙石線」が震災以来、不通になっていた区間が一部再開され、
J1チームベガルタ仙台はホームグラウンドでの試合で競り勝った仙台。
頑張る宮城県を尻目に毎週末、暴風が吹き荒れております。


笹の勤め先で、刀剣に詳しい方がおられるとの情報を耳にしまして。
ひょんなことからお目に掛かるチャンスが出来て、
もしかしたらお友達(退職された元上司なんですけれど)になれるかもと
来る日に備えて刀剣についてそれとなく勉強してみたのですけれど。

…元上司、刀剣について全くご存知なかった… il||li _| ̄|○ il||li

どうらや笹は、情報源の仕事仲間からガセネタを掴まされたようです(-_-メ)コンニャロメ
文句のひとつやふたつどころでなく言いたかったのですが、
ガセネタくれた本人からお詫びのお菓子をご馳走になり、
美味しいのであっさり許してしまった笹です。(←食べ物で釣られないでください)

刀剣の友達を持つって想像以上に難しいものなのですねー。
今回の件も、「刀剣が好きな子がいるよ」という情報を発信出来たし、
元上司の周りにそういう方がいらっしゃれば何らかの接点になるかもしれません。
将来、刀剣友達ができることに期待したいと思いまっす(^-^)

そのためには居合も、刀のことももっと勉強したいー。
それ以外についても、もっと勉強したい。
水を飲むように、いろんなこと勉強したい。

☆☆☆☆☆

道場の床板から突き刺さるような冷たさもすっかり薄れ、
先週から素足で稽古が出来るようになりました。

お借りしている道場の都合により、今週の稽古は土曜日のみです。
太刀打ちと詰合い、抜刀流~正座の通し稽古を行いました。

笹は納刀の際に鞘の鯉口を握る左手と、
その使い方についてご指導頂き、うんうん唸りながら直しております(^-^;)
自分でも気づかないうちにおかしな手付きになっていたようで、
そのままでは真剣を持った際の納刀で怪我をしかねない。
正すところは正す!…ということで頑張って直します。

あとは全体的にやたら力み過ぎてました。
無駄な力が入っていると刀勢が全くなくなります。
自分で見ていて情けなくなるくらいのヘロヘロな刀勢でした。
気持ちばかりが先走って、体がついてこない感じ…というのでしょうか。

……。

………。

次週は、五倫刈りになった気持ちで挑みたいと思います…!
(↑どんな気持ちですか)

今日の稽古っ(2013年3月9日~10日 突風すごい)

「鎮魂」という言葉には、慰めて落ち着かせるという意味がありますが、
その相手は今生にいない方の魂であったり、
あるいは自分自身の魂であったり様々あるようです。

東北地方や、私が暮らしている仙台市内は、
県内外のテレビ局が様々な鎮魂の模様を伝えています。

今週末は宮城県内にある中学校の卒業式。
花屋さんは春の草花が軒先に並び、
街は普段通り生活を営む人、新生活に胸躍らせる人、いろんな人が溢れています。

人の行いが文字になってメディアの波に乗れば、
ふっと沸いてきたような気がして、
文字が何か新しい特別なことを指しているように感じます。
文字の役割はそう感じさせること。
行いそのものは、文字となる前から人の心の中や、
生活の一部となってずっと廻り続けていることだったりします。


☆☆☆☆☆

話かわりまして。
毎週末、突風吹きすさびまくっている仙台。
笹んちは突風が吹くたびに揺れております(^-^;

突風なんて吹き飛ばせ!という気合いで今週も稽古です。
打撲とインフルエンザから完全復帰☆笹です。
今週は太刀打ちと詰合い、抜刀流~正座の通し稽古を行いました。

稽古から離れて、やや第三者的な視点で見ることができたお蔭で、
先生方のご指導のもと、いくつか気づけたことがありました(^-^)v

例えば両足の位置。
英信流では、正座の業「前」の一刀目に代表されるように、
抜きつけの際に右足を体の前に出します。

抜きつける瞬間により重い一刀をするためには、
上半身だけでなく下半身、全身を利用してすれば、より重くなると思います。

適した膝の位置、角度であれば、
抜きつける瞬間に重心を地面に食い込ませるような
重い一刀ができるんじゃないかなぁと…。
そのために、足を前に出すのではないかなぁと…考えています。

笹だけがそう思っているだけかもしれませんが…間違ってるかもしれませんが…。

でも、重い一刀、出来るようになりたい。

復帰早々、楽しくなってきました(^▽^)
来週も頑張るぞー。

今日の稽古っ(2013年3月2日~3日)

J1リーグ開幕で初戦で賑わったベガルタ仙台の本拠地ユアテックスタジアム。
仙台は小雪と春一番の入り混じった週末となりました。

稽古に行く途中、すれ違ういくつもの車が付けていた
ベガルタカラーの黄色いサポーターグッズを見かけまして、
あの突風に負けずに会場へ向かい、
応援に駆け付けるサポーターの熱い気持ちが伝わってきました。
お疲れ様ですm(_ _)m

突風が吹こうがなんのその。春もすぐそこまでやって来てます☆稽古です。
笹はインフルエンザ病み上がりということで、
見取り稽古をさせて頂きつつ、伝承会HP用の写真を撮ったりしておりました。(^-^)v
今週は稽古出来たのはS会長とY先生のお二人だけでしたので、
先生方の写真をパシパシ取りまして、今週も良い素材が出来ました☆
見方によっては「会長と先生の一騎打ち」的なキリリとした雰囲気の写真もあって、
カッコいいですよー。

現在のHPは…何をやってる団体なのか判りづらい(これって致命的)、
且つ面倒くさい構成になっていると感じておりまして…というよりも
実際に面倒くさい構成になっているので、
徐々に改造していこうかなーと思っております。
ついでに笹のホームページ作成スキルも上げられたらベストですネ。

それらの作業をやりつつ、
先々週の右親指打撲の件を踏まえ、
S先生より太刀打ちについて正しい運剣と身のこなし方について、
相手や自分に怪我をさせないやり方の復習をご指導頂きました。
太刀打ちや詰合いは「約束稽古」とも呼ばれる通り、
理合いや所作について、仕太刀・打太刀の間に明確な手順が決められています。
その手順を外れた時に怪我をしたり、させてしまったりします。
笹も以前、相手に怪我をさせてしまっていたことがわかりまして、
大変重く受け止めております。

太刀打ち、詰合いは、「合わせる」ことが大前提であることを
改めて感じた稽古となりました。
…実践でつい、必死になっちゃって忘れがちなんだけれど…忘れちゃいけない。

来週から気持ち切り替えてまた頑張ります。


あ。
笹のMY肩衣出来ました♪

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ