« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

釜ヶ澤大明神プチ調査隊員っ at 細野村(2013年10月26日~27日)

プロ野球の日本シリーズと大学女子駅伝で沸いている仙台。
笹もそれに負けないくらい居合のことで沸き立った今週末。

今週は通常の稽古は土曜日のみ、
日曜日は釜ヶ澤大明神について山形県は細野村を訪ねる先生方に
プチ調査隊員として同行させて頂きました(^-^)v

あ。
釜ヶ澤大明神とは、山形県尾花沢市の細野地区の山中にある
奥ノ院に祀られている神様のことで、
奥ノ院は居合の開祖と呼ばれている林崎甚助公が修行し、
林崎流居合術を編み出した開眼の場とされております。

このブログでも幾度となく触れている内容ですね。
今回は奥ノ院の成り立ち、林崎居合神社の成り立ち、
それらの聖域と河野先生の関わりを伺うために地区にお住いの宮司さんを訪ねました。
この宮司さんは昭和41年8月21日に、
河野先生が釜ヶ澤大明神を初めて参拝された際に祝詞をあげられた方で、
当時やその後の地区と河野先生の関わりを知る数少ない方の一人であられます。
当時の記事がこちら(山形新聞より一部抜粋)
http://homepage2.nifty.com/apfel/doc/newsPaper_1966yamagata.pdf


笹はトロいので、宮司さんと先生方のお話に一生懸命ついていきました。
うーん、内容が濃かった・・・いろいろ勉強になりました。
宮司さんご自身も居合を嗜まれたご経験があり、当時使われていた刀を
拝見させて頂き、ちょっとした居合談義もありました。
幻のお米で握ったおにぎりや芋の子汁、お漬物もご馳走になりました(^▽^)オイシカッタデス
奥ノ院の成り立ちや河野先生と奥ノ院の関わりについては、
笹なりにまとめられたらいいなぁと思っています。

週末のお休みの際にお邪魔致しまして、貴重な資料を頂いた他に
ご馳走にもなりまして大変お世話になりました。有難うございました!
インターネットの隅っこから心より厚く御礼申し上げます。

来年また細野を訪ねる際は、もうちょっと上達して臨めるよう頑張りまっす。

笹はまだまだ勉強しなくちゃですね。
まだまだ知らないことが山ほどあります。
居合を始めてからいろんな方々のお目に掛かる機会が増えましたが、
物知らずを思い知らされるばかりです。

河野先生と奥ノ院、林崎神社は
切っても切り離せないくらい深い関わりがあることを知った笹でした。

今週の稽古っ(2013年10月19~20日 いよいよ寒い季節です)

お仕事や諸々のご用事で参加される方が少なかった今週の稽古。
お仕事や人との出会いが多い時期ですが、
稽古場に人が少ないと、なんだかちょっぴり寂しいです。

稽古場の床もひんやり冷たく感じられるようになってきて、
笹は道着を薄手のものから厚手の剣道着に替えました。
いよいよ寒さが強くなってきましたが、
風邪を引いたりせずに元気に稽古したいところです。
稽古場にはやくストーブが来ないかなぁ・・・(-▽-)ホッカホカ

人が少ない分だけ動ける場所は広いぞ! ガッツ出して参りましょう☆笹です。
今週は組太刀の他、通し稽古として大日本抜刀流、正座、英信流早抜きを行いました。

先の合宿でご指導頂いた、笹の悪い癖・・・抜刀と効き足が
同時に出てしまう癖を頑張って直しております。
刀を抜き付けるほんの一寸前に効き足を踏み込んで足腰を盤石にすることが
求められおり、苦戦しつつアレコレ試してやってみております。
今週は稽古中にほんの数回だけ、「出来たかな?」と思えるものがありました。
ちまちまと地道に直していきたいと思います。

あ。
そういえば。
英信流早抜き、ようやく覚えられましたーっ(^▽^)v
ようやく覚えましたよーっ。
覚えましたよーっ。
覚え(←うるさい)

英信流早抜きは立膝の業10本分(真向は含まれず)がぎゅっと詰められており、
短時間に稽古を行いたい場合やウォーミングアップを目的に、
大江正路先生が編纂されたものです。
一か所で体の向きを四方に変え業を行うため場所も取らないという
利点も計算されています。

・・・で、笹はこの早抜きがなかなか覚えられず、
なにかというと順番が分からなくなったり、業を忘れたりと、
先生方から「笹のソレは早抜きでなくて手抜きだ」と常々ご指摘頂いておりました(笑)
「手抜き」って・・・笹流手抜き・・・(笑)
名称だけじゃ正体がわからなくてある意味強そう(笑)
もう手抜きと言われないように頑張りまっす。

☆☆☆☆☆

あ。
今週の稽古の後に、とあるお寺で開かれたお茶席にお邪魔して参りました。
(S会長有難うございます)

お茶席でお道具を拝見してきたのですが、
その中に、青の正絹に白糸で月と雪華のように見える唐草紋様が
織り込まれたお品がありました。
刀の意匠の勉強になるかなぁと思って
「月と唐草紋様の組み合わせは、意匠のルールでなにか関係があるのですか」と
隣に座ってらした嗜みのある方に伺ったところ、
「自然にあるもので繋がりがありますからねぇ・・・雪月花という言葉もありますし」
とお答え下さいました。

月と唐草文様の意匠的な関係があるのかも興味ありますが、
「雪月花」という言葉も意味深です。
笹は雪華紋が好きで、いつか真剣を拵える時に雪華紋を取り入れるのが
夢だったりします。
雪華紋を使うなら月や花を意匠の揃えとしてもいいのかしら?
うーん、夢は膨らみます♪

今週の稽古っ(2013年10月13日~14日 頭パンク状態)

今年も残すところ2ケ月弱になりました。
京都の合宿先へお邪魔した武者修行も終わり、
いろいろ見聞きして覚えたこと、教えて頂いたこともあり、
普段以上に頭がパンクしております。
頭がパンクしている上に武者修行からの緊張の糸がぷっつりと切れて、
なにやらふにゃふにゃな感じで・・・例えるならスライム状態になっております。
スライムであれば出来ればメタルスライムがいいです。
↑ どうでもいいコトですね(そうですね)

笹は大日本抜刀流の四方刀に含まれる「突き」の動作について
当会の方に教えるプチ先生もやらせて頂きました。
突きの動作は笹もかなり悩んだところだったので、
笹の経験を踏まえてアレコレと一生懸命説明しましたが、
うまく伝わったかどうか不安です(^▽^;)キャー

大日本抜刀流は河野先生が戦時中に大阪武徳会より依頼を受け、
戦に向けた精神育成を目的とした他に、実践でも使える形として
大日本抜刀術として英信流の業から考案されたものです。

この四方刀の業に含まれる「突き」は、左斜め後ろの相手を突くために使います。
自分に対して斜め左前、正面と斜め右前、その対角線上の斜め左後の四方に
相手がいることが前提となっております。
前方に相手がいるのも困りますが、
後方にいる相手は自分の背中をマークしていますので、
とっさに斬りつけられても対処できない恐れがあるため、より用心しなければなりません。
敵意を持つ相手が前後にいるにせよ、最初に後ろにいる相手を鎮める必要があります。
そこで、右斜め前の相手を刀の柄頭で牽制しつつ、
左斜め後ろにいる相手に突きを加えて鎮めたあとに
前方3人を一気に上段から斬りつけて鎮めます。
当会では四方刀をこのような状況設定で行っています。

理合いは大切ですが、まずは相手が仕掛けてくる場所をおおまかに把握してから
四方刀の業の動きをひとつずつ追ったほうがやりやすいと思います。
前方斜め右の相手を牽制しつつ確実に左斜め後ろに突きをするために、
過程の稽古として速やかに突きの体勢・・・右手は親指と小指で刀の柄を支え、
突く方向と高さを決めます。
「突く」ことも大切ですが普段やるような体勢ではないので、
まずは速やかに突く直前の構えが出来るように体になじませることが
より大切ではないのかなぁと、笹は思いました。

教えるのって、とっても難しい・・・。
質問されるとドキドキするし・・・教えるのは難しい・・・。

武者修行は楽しかったです

コオロギの鳴き声と金木犀の甘い香りで満たされている仙台。
しんみりする秋の香りと共に、週末に行われた京都での合宿の余韻に浸っている笹です。
楽しいことはなんで早く過ぎてしまうんだー。だー・・・だー・・・・・・だー・・・・・(エコー)

先週末は普段からお世話になっている大阪で居合を嗜まれている会から
お招き頂き、今年もまた京都での合宿にお邪魔させて頂きました。
大好きな方々と合宿を過ごせて、とっても楽しかったです♪

お邪魔させて頂くたびに、新鮮な知識をお土産として持ち返せて頂いております。
今年もたっくさん「お土産」が出来ました(^-^)v
中には笹に直接ご指導頂けた内容もあり、これらを活かすも活かさないも笹次第。
見逃せません。見逃しません!
頑張って直したり身に着けられるようになりたいと思いまっす!

T先生、U先生、いろいろ有難うございました~っ。
合宿に参加された剣士の方々、本当にお世話になりました!
またお目に掛かれたらいいなぁと、本当に願っております(^-^)
有難うございました!


京都から仙台に戻る新幹線の中で笹は、
合宿で教わったことについてもお話したいし、お菓子も食べたいし、
でも眠気もあるしということで、やりたいことがあっても体が着いてこれず、

合宿で教わったことを反芻する

お菓子をポリポリ食べる

寝こける

しばらくして目を覚ます

お菓子をポリポリ食べる

合宿で教わった内容について先生と問答する

お茶を飲む

寝こける

しばらくして目を覚ます

・・・というような、どれも中途半端なことをしておりました(笑)


んーーっ、稽古したいなーー。
新しい空気も胸いっぱい吸い込んだし、また頑張ろうーーーーっと!

武者修行から帰って参りましたっ(2013年10月6日 仙台は寒い)

10月5日~6日の武者修行 at 京都(実質は前日に京都入りしたので4日~6日)を経て
無事に仙台へ帰って参りました。


いろんな剣士の方々にお気遣い頂き、お世話になりました。
居合に関する多岐に渡るお話を傾聴して、すごく引き出しが増えたと思います。
インターネットの隅っこから、深く深く御礼申し上げます。

御礼を申し上げたいことがまだまだあるのですけれど、
眠気から先程、カウンターパンチをくらいましたので、
おとなしくノックアウトされて轟沈したいと思います。

お休みなさいっ。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ