« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

伝承会HP更新のお知らせ

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

伝承会ホームページ更新のお知らせ

伝承会報7号を発行しました!

今回は居合神社と奥ノ院と河野先生の関係について
当会が調査した結果を載せております。

お手隙の際にご覧下さい(^▽^)

▼伝承会報7号を直接読みたい方はコチラ▼
http://homepage2.nifty.com/apfel/doc/densyoukaihou_7.pdf

▼伝承会ホームページ▼
http://homepage2.nifty.com/apfel/

うーん、1年ぶりにホームページ更新しました!
1年って早いですね~。
今度はもっと短期間でコンスタントに更新していきたいところです。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

今週の稽古っ(2014年3月29日~30日 暖かいやら寒いやら)

ノートパソコンの画面だけでは視覚的な作業スペースに事足らず。
画面を拡張するためにディスプレイモニターがもう1台欲しいのですけれど、
笹の部屋には置けるスペースはないのです。
(お値段も結構しますしね(^-^;))

で。

思いつきでパソコンと自室のテレビをHDMIケーブルで繋ぎ、
パソコンで画面を拡張する設定にしてみると。


拡張画面 キタ━━━(ノ゚∀゚)ノ ┫:。・:*:・゚’★,。・:*:♪・゚’☆━━━!!!!


笹は基本的にテレビは見ないので(朝と夜のニュースくらいです)、
自室のテレビは映画を観る時くらいしか用途がありませんでした。
これからはググッと使用頻度が高くなりそうです(^▽^)ノ

☆☆☆☆☆

汗をかくくらい暖かいかと思ったら、
大雨と突風、急に寒くなってきた仙台。
長い期間ほったらかしにしていた伝承会ホームページリニューアル計画も、
ぼちぼち再開すっぞー☆笹です。
笹はその時の気持ちや勢いでホームページをほぼ無計画で作って、
そんでもって後で失敗するタイプなので、
ここはひとまず、ホームページ内の情報を整理することから
始めていきたいと考えています。

書きたいことがいっぱいあるのですよー。
書きたいことはあるけれど小分けして書いていこうかと。
睡魔に踵落としをくらう前に自主的に寝たいと思っています(笑)

★源清麿展に行ってきました
先日、東京は根津美術館で開催している「幕末の刀工 源清麿展」に行って参りました。
建物や庭園の佇まいがとても素敵な美術館で、
清麿の処女作~晩年の刀、50振りを3時間くらいかけてじっくり拝見しました。
作刀は清麿が若い頃から晩年に向かって時系列に閲覧できます。
本当に同じ人が鍛えたのかなと思うくらい、多様な鍛え肌。
天才と言われても苦労だって多かったと思う。
気持ちを鼓舞するような鍛え肌と、勢いよくキリ上がった体配。
目の前で本物を見ていても「本当に本物なのかな・・・」と、
拝見し始めてから暫くの間は実感が持てませんでした(笑)
ちょっと涙が出ました(T▽T)スゴカッタ
ご興味のある方は、単眼鏡を持参のうえ閲覧されることをおススメしまーす(^▽^)


★モリさんのこと
自分が使っている刀のことは出来る限り知っておこうと思いまして、
毎晩、ミニ刀剣鑑賞会@笹の自室(笑)
何度も繰り返し見ていく間に、ちょっとずつ面白いことがわかってきました。
モリさんの鍛え肌。
今までは刀全体が柾目だと思っていたのですが、
板目も混ざっていることがわかりました。
鎬側が板目肌で、鎬側から刃縁に向かうにつれて緩やかに弧を描き、
やがて柾目肌に変化していきます。
刃縁あたりでコロコロと丸くなっている柾目は、
椿の花の形のようで、なにか可愛らしい印象を受けます。(^-^)

あと・・・試し切りでもしたのでしょうか(現代に入ってからの事だと思いますが)・・・
・・物体を斬った時についたと思われる傷・・・「ヒケ」が入っています・・・(-_-|||)
モリさんに悪い影響のない細かな傷なのが幸いです。


モリさんは悪くない・・・。





睡魔に空手チョップくらいました。
轟沈します。


・・・・・・(-_-)Zzzzz

続きを読む "今週の稽古っ(2014年3月29日~30日 暖かいやら寒いやら)" »

今週の稽古っ(2014年3月22日~23日 県南地方で梅が咲いてます)

♪ぴろり~ん♪(笹のスマホにメッセージが届いた音)
『S先生が大阪へお越しですよ~』

♪ぴろり~ん♪
『先程、笹さんのお師匠さんとお会いしました』

♪ぴろり~ん♪

今週末は大阪のN先生が主催される奉納演武会へお招き頂きまして、
当会のS先生はお邪魔させて頂いたのです。

♪ぴろり~ん♪
『S先生が・・・』

・・・大阪でお世話になっている方々から、
S先生の出没情報がリアルタイムで笹のスマホに届きます(笑)
笹が直接連絡をとらなくても居場所がわかる・・・なんて便利な!(笑)
メッセージ下さった皆様、有難うございます!(笑)
S先生は無事に仙台へ戻って参りまして、
今週は武者修行のお土産話を拝聴しました。(^▽^)

☆☆☆☆☆

参段の昇段審査が終わり、のほほんとし過ぎていることがバレてしまい、
じっくりとお灸を据えられている笹です(^▽^;)バレタ

弐段と参段の地方審査が終わり、
現在は来る5月に中央審査を控える兄弟子Aさんの稽古をメインとして、
その傍らで比較的お手隙きの先生方から、
「あえて目を瞑っていたこと」を引き続き小出しでご指導頂いております。

・片手突きの突いている方向
・斬り下しの際に刀の柄で諸手が合わさった瞬間の手の裡
・斬り下している時の手の裡
・業を行っている時に頭の高さが定まっていないこと
・重心が高く、いわゆる居合腰になっていないこと

なんで出来ないのか自分が悔しくなってきます。
上記の所作は大まかになら出来るけれど、
ひとつひとつの所作を突き詰めていないから、
突き詰める考え方が全く足りないから、出来ないのです。
突き詰めた稽古が全く足りないから、出来ないのです。

先生方から繰り返し同じアドバイスを頂きます。
「(傍から見たら)バカみたいに見える同じ動作を繰り返す、そういう稽古も必要なんだよ」
「時間をかけて直していくしかないんだ」
「大事なのは出来るまで続けるかどうか」


どんな居合をやりたいかと尋ねられたら、
笹はズシンと重みのある居合がやりたいです。



頑張ろう。

今週の稽古っ(2014年3月15日~16日 春の匂いがします)

新年度が間近に控え人と物の流通で賑わう仙台。
先の追悼の日に関らず、人を想う気持ちは絶え間なく続いています。

小雪が舞うよりも雨が降ってくることが多くなり、
日差しにも風の中にもはっきりと春の匂いが感じられるようになりました。
日本中を巻き込んだ大雪の名残もだいぶ薄れ、
稽古場の周りにドッサリあった雪も駐車場に残るのみとなっております。
稽古場でストーブを点ければ、ちょっと汗をかくくらい暖かいです。
今までは足の指先がジンジン痛くなるくらい寒かったのにねぇ。

☆☆☆☆☆

先週の休み分を挽回すべく、今週も張り切って稽古です!
のほほんとしてますが・・・笹は頑張りたいことがたくさんあるのですよっ。
のほほんとしてますが・・・心はメラメラ燃えてますよっ。
勉強したいこと、読みたい本、観たい映画、いっぱいあります(^▽^)
やりたいことがあるって、ワクワクしてきますね(^▽^)ノ

例えば、真下になにか来たら籠が降りる仕組みを作って、
天井に人が入る大きさの籠を何個か吊って、
真下に「稽古」 「日本刀の本」 「上等な刀油」 「お菓子」 を置いてみる。
数分後にはもれなく笹が捕獲できます(笑)
全部に食いつくので、ハンターは何も考える必要はありません(笑)

・・・笹はのほほんと頑張って燃えてます(笑)
ワクワクしすぎて頭がパンクしてます(笑)  ← オイ


今週から先生方が今まで目を瞑っていた笹の弱いところを
小出しにご指導頂いております。
・まわし納刀(正座「付込み」「介錯」)のぎこちなさを
 少しずつ直す。
 ⇒切先を遠くへ飛ばすイメージで力点の手の裡がズレないように気をつける。
・斬り下しの左手の手の裡がズレないようにする。
 ⇒手の裡がズレることで刀勢が抑制されているかもしれない。
・相手からの攻撃を刀を擦り上げてかわす動き(正座「付込み」の動き)と
 身体を後ろへ避ける動きのタイミングを合わせる。

先生方もお付き合いくださり、笹はなんとかしようと頑張ってみたのですが、
 
これらは稽古だけで直せるものではないですね。
繰り返し稽古がモノをいう動作です。
家でも繰り返し練習してみたいと思います。

もう少しで春。
居合、上手になりたいっ!!


あ、そろそろ当会のホームページも更新しなくては・・・。(・。・)アッ
昇段審査ですっかり忘れていたけれど・・・載せる記事は提供頂いていたのでした。
ホームページも変更デザイン、途中のままだった。
・・・やりっぱなしが多いな(^▽^;)
広報係としても頑張るぞー。

今週の稽古はお休みっ(2014年3月8日~9日 モリさんの身元調査)

春の匂いを感じる日差しが雪を少しずつ解かしている仙台。
日差しは鋭い寒さを多く含んでいるのだけれど、
あと一月すれば寒さも和らいで、緑色の若い葉っぱも
そこここに見かけられるようになると思います。
春が待ち遠しい(^-^)

笹は時々、稽古のない日にモリさんを傍らに置いて
日本刀の本をめくっております。

モリさんは笹が先生からお借りして使わせて頂いており、
授けた先生も縁あって別の方から貰い受けた刀なので、
正直なところ、モリさんが生まれた場所も、
その造込みがいずれの作風を踏襲しているのか誰もわかりません。

正宗とか重国とか、素晴らしい名工であれば、
刀匠の生誕地から修練場所、鍛刀地や刀匠自身が晩年過ごした場所まで
明らかになっておりますが、殆どの刀匠は茎(なかご)に刻まれた銘と、
各藩に残る刀匠一覧が一番分かりやすい手がかりの一つで、
あとは刀身の造込みを調べていくほかありません。
そんな訳で、「モリさんはどこで生まれたんだろうねぇ」なんて話しながら
日本刀のいろんな本をめくりつつ、モリさんのプチ身元調査をしております(笑)

とりあえず今調べられたのは以下のとおり。
(1)モリさんを作ったのは盛廣さんという方。
(2)茎(なかご)には苗字も刻まれている。
 ⇒少なくとも郷士とか、刀を持てる身分だったのかもしれません。
(3)朝廷から貰ったらしき号を持っている。
 ⇒号を貰い受けるにあたり仲介してもらった業者(笑)に定期的にお金が払えた。
(4)江戸後期 享保の時代に活動されていた方。
(5)盛廣さんは美濃や尾張で鍛冶をされていた方のようです。
 ⇒時代的に自発的に国を変えて仕事することはできなかったと思われるため、
  外部から呼ばれたか、やむを得ない事情で移動することになったか。
(6)刀身の造込みから見て、真面目で実直。自己主張はしていない作風。
 ⇒お師匠がいたとすれば、受け継いだ作風を打ち砕いて
  新路を求めるような積極的な方ではない気がします。
(7)地鉄(黒錆出てますが)の感じから、そこそこの鋼を使って作られたと思われる。
(8)鍔や鞘、三ツ所などの拵えからみて、盛廣さんに反して
 モリさんを持っていたユーザーは結構派手好きな人が多かったかもしれない。
(9)”ふくら”と小鎬が平行になっていない。
 何度か研いだ跡があり、それとは別に身幅が狭くなっている。
 ⇒物打ちを損傷して、修復するために研いだために身幅が狭くなった可能性がある。
(10)刀身は擦り上げた形跡なし。

推理ゲームですね(笑)
(8)~(10)は使い手が要因なので(1)~(7)を今後掘り下げて調べていければ、
モリさんが生まれた場所がわかるかもしれません。

調べていくと、笹は日本刀のことを全く理解していないんだなということが、
つくづくわかります。
以前、銃刀剣審査会へ同行させて頂いた際に、
審査員の方が刀の長さ、反り、地鉄の色、鍛え肌と波紋で、
時代を判定すると仰っていました。
そこまで心眼は必要ないにせよ、刀を扱う人として、
刀身からどの作風を踏襲しているのか(例えば山城伝とか美濃伝とか)、
考えられるようになっていたいなぁと思います(当たっているかは別として)。


笹は理想が高いのでしょうか。

盛廣さんが誰に鍛刀を習い修行をして、どこの鍛冶場でモリさんを作ったのか。
どんな土地で暮らしたのか。
調べていくための「目」を鍛えて、いつか盛廣さんがどんな気持ちで
モリさんを作ったのか知りたいと願っています。

道場で稽古していないせいか、なにかちょっと感傷的。
今週の稽古は仕事の関係でお休みさせて頂きましたが、
来週こそ稽古頑張りたいと思います!(^▽^)ノ ガンバリマース

今日の稽古っ(2014年3月1日 寒さがまたやってきました)

少しだけピリっとした寒さが戻ってきた仙台。
小雪が舞うなかでの稽古となりました。

当会ではよく業の解釈を思索する機会があるのですが、
往年の剣士さんの話や武芸書の内容も織り交ぜた話し合いになります。
話し合いも段々アツい話へなっていくのですが、
気が付けば、自然と暖かいストーブの周りに集まっての話し合いになってます(笑)
寒いですから・・・その光景になんだかほのぼのしてる笹なのでした(^‐^)


今日も今日とて稽古です!
「参段になったからには今まで目を瞑っていた細かいところも直してもらって、
参段らしい業ができるように」
とY先生から喝入りまして(喝といってもキビしいものではないです)、
心改めて地道に頑張って参りたいと思っています。

指導して下さる先生方が「目を瞑っていたところ」・・・。

・・・・・・(想像している)。

・・・・・・・・・(白目)。

・・・山ほどありそうでコワイですね(^▽^|||)


昨日の昇段審査では
・左手の使い方を改めるように
 ⇒動作で生じる左右の作用・・・右手の作用に対し、左手が活かされていない
・右手の手の裡
 ⇒抜き付けから諸手上段になる時、右手に抜き付けた時の力が残っており
  斬り下す力に対しブレーキをかけている(何度もご指摘頂いています)
 ⇒業の動作の中にある強弱・・・抜き付け・諸手上段などの挙動と、
  挙動を繋ぐ動き(抜き付けた後、左右の手を頭上へ持ってくる)を意識が必要

とかとか色々・・・本当にいろいろ(^▽^)
あ、でも今回の審査の講評では「業のキレが良かった」と褒めて下さいました♪
嬉しかったです(≧w≦)キャー


笹としても現状維持でダラダラやりたくないし、それはイヤなので
今まで先生方が「目を瞑っていたところ」を少しずつお教え頂けたらナと思います。

次の四段審査は三年後。
更に上達できたらいいなと思います。

また頑張っていこーっ。

昇段できましたっ!(2014年3月1日)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...


おかげさまで受験者全員、昇段することができました!!(^▽^)

笹も合格できましたー。

これからも地道に少しずつ頑張ってまいりたいと思いますので
宜しくお願い申し上げます!
(心配して下さった方々、心より御礼申し上げます)


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...



緊張の糸がぷっつり切れた~~~(@_@)
今日はもう・・・眠い・・・です
明日の稽古も頑張りまっす
 
 

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ