« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

今週の稽古っ(2014年5月24日~25日 結構蒸しますね)

突然一句。(´▽`)/ トトノイマシタ

”刀ケース 中身を入れると さやえんどう 膨らみにより もしくはそらまめ” by笹

意味:稽古場へ刀を持参する際に、
肩紐付きのケースを使われている方が多いと思います。
笹は刀と木刀を入れるため、二振り入るタイプを使っているのですが、
二振り入れて膨らんだケースの形が、
さやえんどうそらまめの皮の形に似ていて面白きことよ。


・・・・・・。

ちょっと字余りでしたね。

短歌を読んだり、無駄にブログのレイアウトを編集したり。
あ、伝承会のホームページ用に頂いた記事もこの勢いで編集しちゃおう。
無駄にちょこまかと動いて現実逃避気味の笹です (-。-)ノ ウッス


先週に引き続き、斬り下しの難しさにウンウン唸っております。
唸っていたら、ワカラナイ部分が芋蔓のように数多く出てきており、
抜き付けまでも、わからなくなってきました。

「わからなくなってきた」・・・というのはあまりにも抽象的な言い方ですね。

業というのは、抜き付けや切り下し、脛囲いなどの個々の動作と、
それら動作の間を繋ぐ動きによって成り立っています。
前者が目に見える動きと例えるなら、後者は目に見えない動き。

業を織布で例えるなら、目に見える動きが横糸なら、目に見えない動きが縦糸となり、
互いの糸が表裏で交差することで、丈夫な布が出来上がり、
しいては色や質感といった風合いが生まれるのだと思います。

で。

笹は、縦糸を織機に並べて張れたものの、
横糸を通すのに難儀している状態です。
縦糸と横糸の相対的な違い、繋がりがなかなか見いだせない・・・。
横糸を通したとしても縦糸に打ち込む力加減がわからないという状態です。

横糸の働き・・・体捌き、運剣の強弱・・・力点が動き出すタイミング・・・。
力を強めるやりかたが分からないのなら、
いっそのこと要所以外は力を緩める方法を考えたほうがいいかもしれない。
動き出すタイミングは・・・先生方が教えて下さったやり方でやってみよう。


うーん。

こういった言葉で表現できない、あくまで「感覚」に頼ったものは、
自分以外の人には分からない、理解できない。
ここは「自得」の領域なのだそうです。


うーん。



苦しいけれどここは粘るしかない・・・。

今日の稽古っ(2013年5月17日~18日 モチベーションUP)

山がほのかな緑から、一段と鮮やかな緑となってきた宮城は仙台。
すっかり日向の匂いのする風が吹き、
笹の住む地域ではそこかしこで藤や桐の薄紫色の花が揺れています。

今週もっ、いろいろ書きたいことがあるのですよーっ。
睡魔と戦いながら今週もお送りしたいと思います☆笹です。
睡魔の攻撃を受流しつつ腹パンチくらわして返り討ちできるくらいにはなりたいです(笑)
↑なってどうするんですか

☆兄弟子Aさんの印可状が本部より届きました~。
稽古前に授与式が行われました(^▽^)v
「百錬和紙」と呼ばれる和紙(河野先生の剣号「百錬」の透かし文字が入ってます)に
印可文が記されております。
兄弟子Aさんは噛み締めるように会長より印可状を受け取られておりました。
本当におめでとうございまっす♪
うーん、今年は地方審査・本部審査と、昇段審査ラッシュでしたねー♪


☆切り下しで右肩が入る原因と対策
今日も今日とて笹はモソモソとあがいております!
これか!・・・と掴んだものが実は、本質の端っこの部分に過ぎなかったり。
感覚では理解していても、体が納得してくれません・・・結構、苦しいです。
実際、笹は自分の切り下す動線、好きじゃないです。

稽古場で抜き付けと切り下しを繰り返しながらあがいていたところ。
遠くでそれとなく見ていたS先生から呼ばれまして、
握った柄を左手で振り下ろす動線とタイミング、
柄に添えた右手の指を締める順序とタイミングが合っていないのではないか、
というご助言を頂きました。
実際にやってみると、笹は常より外れた動線で、
且つ右手の指の締める力がすぐMAXになってしまう締め方をしておりました。
そこで、今しばらくは右手を緩めて諸手上段に振りかぶり、
左手の動線に注意し、必要なポイントのみ右手の指を順序良く締めていく方法で
矯正することになりました。

S先生「はいはい、繰り返し練習練習!」
笹「はいっ」
(笹、切り下しを繰り返し練習している)
S先生「あ、今の良い!それそれ」
笹「!? ・・・こうですか(切り下す)」
S先生「あー、違うな。元に戻った」

難しいっす!!(@_@)
体の感覚ではOK時とNG時でわかるのですけれど。
・・・って、他人事のように言っていられないので頑張って直します!
ちなみに、今の「悪さ」が直ったからといって、
それが切り下しのすべてではないようです。


S先生「まだまだあるんだよ。頑張ってねー」


∑(゚ω゚ノ)ノ キュ!!!


・・・やっとのことでドアを開けたら、またドアがあった・・・そんな感覚です。
奥が深いですね・・・・・・行けるところまで行きます!


☆刀剣鑑賞会へお邪魔してまいりました!

♪刀が勉強できるなら 笹はどこでも参ります~♪
・・・というワケで、日刀保の定期鑑賞会へ行ってきました!

感想といいますと、
ハリー・ポッターがホグワーツ魔法学校へ入学する準備のために、
初めて魔法の街へ買い出しに行った時の気持ちがわかるような気がしました(笑)

今まで見たことのない世界。
本だけでは得られないコトって、確かにある。
人によって伝わり、人と一緒に生きている。
人が投映した気持ちを受け取りながら、刀は生きている。
刀が投映された気持ちを伝えるから、人は生かされている。
・・・そんな気がしました。

ベテランの先生方より鑑賞刀の見方と
入札(現代でいう銘当てゲームですね)のやり方を手ほどき頂き、
たどたどしくも学ばせて頂きました。
(回答用紙を提出する前に答えを教えてもらいました(笑))

ベテランの先生方にモリさんをお見せしたら、
モリさんが誰なのか見抜いて下さるのではないかという誘惑もあるのだけれど。
それは笹の力で笹がやるべきだと思っています。
勉強して、いつかモリさんの事も自分で解析できるようになれるといいな(^▽^)

鑑賞会で勉強させて頂いていたら、モリさんの兄弟刀に逢えるかしら。


居合の先生もいらっしゃって、刀の先生もいらっしゃる。
笹は幸せ者ですね。(^-^)

居合も刀も、頑張っていこー。

今週の稽古っ(2014年5月10日~11日 仙台ハーフマラソンですよ)

昨日立ち寄ったペットショップで見かけた子犬(パピヨン×ポメラニアン)。
くるくるっとした巻き毛が入ったとっても可愛いコだったのですが、
お値段もそりゃあもうという額でびっくり☆笹です。 Σ(゜д゜)タケェッ

今週は仙台国際ハーフマラソンで大勢のランナーが街を駆け抜け、
来週は仙台青葉祭りで、鮮やかなハッピ姿の踊り手さんが街を彩る杜の都仙台。
東北六魂祭もあるですよー。(今年は山形県が会場です)
東北がいよいよ元気になる季節到来ですよー(^▽^)v

☆☆☆☆☆

今の笹に必要なのは「闘争心」だと先生は仰います。
相手に対して負けないと思う気持ちから出る気迫を、
「闘争心」という言葉で表現されたのだと思います。

息を荒げて相手を恐れさせるような、自発的に相手に仕掛ける闘争心ではなく、
相手の動きを冷静に観察し、相手によって自分が応じる冷静な闘争心なのだと思う。

・・・確かに足りてないよなぁ・・・。

何が足りないのか・・・考えてみると山ほど思い当たるフシがあります。
第一に声が出てないし。

「闘争心」という言葉の響きには
特定の相手にがむしゃらに立ち向かうイメージが
笹にとって一番にあるのだけれど、
先生が笹に求めているのは笹のイメージとちょっと違う、
もうちょっと突き詰めた先にあるモノ。

剣道を始めてからほんの少ししか経っていないけれど、
笹の相手を観察することへの考え方がちょびっとだけ広がった気がする。

地道に、少しずつ頑張ります。

今週の稽古っ(2014年5月3日~5日 武者修行行ってきました)

”楽しいことって、どうして早く終わっちゃうんだろう (Byぼのぼの)”

・・・まさにそんな心境の笹です。
現在は武者修行に持参した荷物の後片付けと、
緊張の糸がプッツン切れて普段以上にトロい笹があるのみです(笑)

5月3日~5日の3日間、当会の先生方に同行させて頂き、
三重県と愛知県は名古屋に行って参りました(^▽^)v
前者は河野百錬先生の奥様を訪ねるためで、
後者は当会が所属している連盟の理事会、稽古会諸々でお邪魔致しました。

今回の訪問でも奥様から河野先生をメインに、
笹とのお話では女性としての生き方・考え方を教えて頂きました。
奥様は実のお母様が奥様が11歳の頃に急逝されたため、
小さい頃からご自身のご家族のお世話に徹せざるおえない状況に
いらっしゃいました。
学生時代は家事があるため、放課後に友達と遊ぶことは出来なかったそうです。
助産師を志してご親戚を頼りに上京したものの、
戦争による空襲を恐れ、夢を諦めて郷里の大阪に戻らざるをえませんでした。
奥様は思いやりのある大変優しい方なので、
家事や実のお父様の看病、甥姪の育児もなさり、
実家の家族を残して独立することが出来ず、
終戦後もご家族のお世話を続けられたそうです。

常にひとりで考え・行動し、ご家族や河野先生を支えてきた故に、
お伺いするお話に重みがあります。
奥様から見れば、私なんて甘ちゃんの最たる者に見えるかもしれません。
それでも、少しだけでも私の糧にできたらと考えています。
今回は実のお母様のお写真を見せて頂いたり、
”形見分け(と奥様は仰っておりましたが…とんでもない)”を頂きました。
是非、大切にします。
この場をお借りして御礼申し上げます。
有難うございました!!

☆☆☆☆☆

翌日は連盟の本部 at 名古屋入りし、
毎年行われている理事会と、笹の兄弟子 Aさんの昇段審査、
本部に所属しているご門下の方々への印可状授与式、稽古会を行いました。
昇段審査は各支部の審査員の方々を目の前に、
他の高段の先生方、ご門下の方々に囲まれ、
張り詰めた空気の中で行われたのですがAさん、難なく六段に合格されました!!
おめでとうございまっす!!(^▽^)ノ

印可状授与式の対象者は総勢8名!
笹の所属する連盟はそんなに規模は大きくないので、この人数は快挙です!
授与式に出席された本部ご門下の方々に、
仲良くして頂けて嬉しかったです(^-^)
本ブログの作成者が笹だと気づいていらっしゃったらしく(よく気づかれましたね(笑))、
瞬く間に笹はいじられキャラになっておりました(笑)
また来年、お会いできることを楽しみにしておりまっす♪

連盟の高段の先生方の演武もしっかり拝見いたしました。
感じるところ・学ぶところ多いです!
まだ「目」が備わっていないため、見抜けていないところも多いかと思います。
「目」を養うためにも、地道に続けていきたいと思います。

今年も引き続き、いろんな方々にお会いできるといいな。
その為にも頑張ろうっと!(^0^)ノ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ