« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

今週の稽古っっ(2014年10月25日~26日 ハロウィンですね)

日本刀を勉強すべく、笹は刀剣鑑賞会へちょこちょこお邪魔させて頂いております。
「鑑賞会」と銘打っているだけあって、会場へ集まる方々は皆、
日本刀を愛してやまない方々ばかり。
持参された自慢の刀を拝見したり、ベテランの方に刀のことを教えて頂いたり、
鑑賞刀を拝見したりで賑わい、所定の4時間があっという間に過ぎ去っていきます。

鑑賞会には一般の愛刀家の方もいらっしゃれば、
刀鍛冶さん、鞘師さん、研ぎ師さんなど本職とされている方々も集まります。
そのなかには、当会の先生方の刀を造られた刀鍛冶さんもいらっしゃいまして。

先月行われた鑑賞会にもその方はいらっしゃっておりまして、
その方の後姿ををふと見ながら笹はのほほんと考えました。


先生方の刀を造った方

ということは刀の生みの親

ということは先生方の刀の生みの親・・・パパ♪(笑)


「生みの親」という言葉がありますが、
日本刀はもちろん、他の古美術や骨董品など古いものを取り扱う業界にとって、
現代で作られているものでない限り、「生みの親」がいないことが多いと思います。

そして新旧問わず、笹も含む一般の方は、
「生みの親」にお会いする機会は滅多にありません。
そんないきさつもあり、笹の目の前に「生みの親」がいることが
なにか新鮮なことのように思えました。


親しみを込めて、刀鍛冶さんを「刀のパパ」って呼ぼうと思います(笑)
心の中だけで ( ̄▽ ̄)    ← 心の中だけにしておいてください


☆☆☆☆☆


斬られ役で有名な福本清三さん主演の
映画「太秦ライムライト」を観てきました☆笹です。
映画大好きS先生イチオシの作品です(>w<)ノ

本作品は東映とNHK共同制作の映画となっており、
今回の映画版とは別にNHK版もあります。
NHK版は映画版の封切前に放送されており、事前に拝見してから臨んだ今回。


よかったです~(T▽T) シビレタ


チャンバラと居合では趣旨が異なる部分もありますが、
手の裡や足捌きは同じ! しっかり勉強させて頂きました!

本編以外にも、冒頭のCGエフェクトが面白かったです。
冒頭はモノクロ。
和紙に墨絵で描かれたかのような雰囲気の森の中、
主役と敵役の福本さんが対峙する姿から始まります。
頭上を飛び交うカラスの群れによって緊迫感が高まるなか
互いが刀を抜くやいなや斬り結び合います。

バッサリ斬られた福本さんが地面に倒れるのですが
血が和紙につけられた墨汁のように変化し、タイトルの文字に変化していくエフェクト。
こういう演出はNHK版にはなく、華やかな印象がありました。
今後予定されているアメリカ上映に向けたエフェクトだったのでしょうか。

ああ、こういうフォントの使い方もいいなぁ、
なんてホームページ作成者目線で作品を観てみたり。
あ、映画の内容をバラしちゃいけないですね (^m^) ナイショ

武道を嗜まれている方には立ち回りに見られる体の動きについて
勉強になりますし、
そうでない方にも「斬られ役」という俳優・職人としての心意気が伝わると思います。
そして時代劇制作側の現状の他、
時代劇に欠かせないチャンバラという無形の伝統継承という大きな課題についても
一石投じた作品となっております。
エンターティメントと武道、趣旨は多少違っても、
抱える課題は居合にも十分通じることなのではないでしょうか。

もし機会がありましたらご覧になることオススメしまっす(^▽^)v

無性に映画が観たくなってきたーっ。

いろいろ考えることもあり、テンションが下がり気味の今日この頃。
中村錦之助さんの作品が観たくなりました。
錦之助さんの作品を観ると、所作についてもとっても勉強になりますし、
なによりも立ち回りの綺麗さにテンション上がります。


・・・なんだか稽古日誌じゃなくなってますね(^▽^;)
今週もビシバシこってりご指導頂きました。

そんでもって立膝の「岩浪」の理合いをきちんと理解していないことがバレ、
じっくりお灸を据えられました(-_-)スミマセン

理合いと目付け。業の始まりは目付から始まる。
目付あってこその体の動きに至り、業に至る。
山ほどある問題のうちで一番大切なところです。


出来なくて、すごく歯痒いし、いつになったらできるのか途方に暮れます。
どうしたらいいんだろう。
感覚はわかるのだけれど、体が納得してくれません。


・・・・・・(遠い目)


早く先生方みたいな業ができるようになれるといいな。


頑張ります。

今週の稽古っっ(2014年10月18日~19日 ぽかぽか日和)

ますます秋深まる宮城県は仙台。
澄みきった青空の下、午後のお日様の色は
夏の鮮やかなオレンジ色から秋の優しい小麦色になり、
風もウキウキするものから、ちょっとだけ懐かしいような、
ほんの少しだけ寂しさを含んだ匂いに変わりました。

歩道で測量のお仕事で置いてある測量機。
カメラだと思い込んだ小学生が、おもむろに測量機に向かってピースして
測量士さんに散らされる様子を見かけたり。
道路の陽だまりでのんびり日向ぼっこを楽しむ猫を見かけたり。
ほんの少しだけ寂しさを含んだ匂いがする風があっても、
笑いの種はそこかしこにあります。

今週の稽古はウォーミングアップとして組太刀(太刀打ち、詰合)、
居業以外の業の通し稽古を行いました。
組太刀をやったのは合宿以来、久しぶり(^▽^)
相変わらず仕太刀の勢いに怯み、
上半身は仕太刀の打ち込みを受け、下半身は逃げ腰という
みごとな打太刀の逃げ腰っぷりを見せた笹は、お灸を据えられました(^▽^;)
あああ・・・もう少し、逃げずに踏ん張れる打太刀が出来るようになりたいです・・・。
足らない「気合い」、足りてない「気合い」・・・欲しいです。
詰合の「岩浪」で自打球やっちゃいました☆笹です。

自分の後頭部を自分が握ってた木刀でポカリとやりました(^▽^;)
どうやってやってしまったのかといいますと・・・ポジションは先生が仕太刀、笹が打太刀。

1.仕太刀・打太刀ともに歩み寄り、互いの脛を狙い谷間で斬り結び拮抗します。
2.打太刀が左手を伸ばし、仕太刀が右手で握る刀を奪い取ろうとするところを、
3.仕太刀は打太刀に自分の刀を取られまいと投げ捨て、打太刀に斬らせまいと右腕を掴み、
4.更に打太刀の右脚に自分の脚を掛けたところ・・・ビビった打太刀は右手を緩めてしまい、
 手を緩めるということは木刀の切っ先が重力に向かって下がるワケで・・・
5.拍子に木刀が打太刀の後頭部にポカリ☆

幸いゆっくりした動きで業をやっていたため、木刀は軽く当たった程度で済みましたが、
普段の勢いのある詰合をやっていたらと思うと・・・怖いですね・・・。
私だけでなく仕太刀の先生にも怪我をさせてしまっていたかもしれません。
今後は手も意識して組太刀の稽古を行いたいと思います。

業についても、ビシバシご指導頂いております(^▽^)ノ
今回は、抜き付けの時の肩のフォームをもう少し良くしていこう、
ということでご指導頂きました。

笹の多々ある癖のひとつに、
抜き付けた直後、右肩がやや上がり気味になるというコトがあります。
やや上がり気味になることを意識して抜き付けると
その癖がなくなるので、もう少し稽古をして、癖をなくしていきたいと思います。

ちょっと意識するだけで直るということは、最近付いた癖ではなくて、
おそらく居合刀のムネチカさんをお借りしていた頃に付いた癖なのかな。
ムネチカさんは重かったから・・・。
重い刀で抜き付けるために肩に力を入れるようになり、
知らず知らずのうちに今の癖が出来上がってしまったのかもしれません。
動作は極めて自然にやりたい。
これも早めに直そっ♪

課題はまだまだ満載です。
「これか!やっと見つけた!」と握りしめたモノが小石とするなら、
その小石は大河川敷にある小さな小さな石のひとつにすぎなかった・・・
そんな気もして途方に暮れます。
掴んだ小石を握りしめながらも、「それが全てじゃない」という気持ちもあり。
なんだか心がモヤモヤするような迷いもあり。

それでも変わらず、憧れる居合や目指したい居合もあり。

こうやって文章を書くと、自分の気持ちに整理がつきますね。

☆☆☆☆☆

伝承会のホームページ リニューアル作業、着々と進んでますよー。よー。
日曜日の稽古の際に、先生方に掲載する文書のチェックをして頂きました(^▽^)
ホームページを覘いて下さる方々が居合、
そして伝承会に興味を持って頂けるようになれるといいな。
こちらも楽しく頑張っちゃいますよー。

141019_1_2

今週の稽古っっ(2014年10月11日~12日 Iさんいらっしゃいました)

みちのくYOSAKOIまつりで盛り上がる宮城県は仙台市内。
稲刈りも終わり、新米を頂ける季節となりました。
県内のいたるところで新米と採れたての秋の味覚を美味しく頂くイベントが
あちらこちらで行われております。
三連休の中日とあって、市内はYOSAKOI、市外は行楽で賑わっております(^-^)

秋の行楽も稽古がしっかり済んでから!
今週もガッツリ稽古です。

居合の稽古、日本刀の勉強の他に
ウェブデザインの勉強、伝承会ホームページ改修。
誰に強いられたワケでもなく興味があって自分ではじめたワケなのですが、
興味が多方面にありすぎて、只今アタマパンク中の笹です  -y( ̄Д ̄)。oO○

そんでもって、笹が目指す動きと実際にできる動きにギャップがありすぎて、
そのギャップに途方に暮れております。
今週の稽古でご指導頂いたもののうち、主なものは2点。

1.目付から始まる体の各部の動きをゆっくりやってみること
すべての業は「目付け」に始まり、「目付け」に終わる。
相手の様子に気づき視線の動きから始まり、徐々に頭部、徐々に上体、
徐々に足腰へ動きが生じる。
笹の動きはぎこちないので、その動きは途切れなく螺旋を描くように、
水が緩やかに流れ渦を巻くかのような動きになるように、
視線と体の動きを勉強すること。

2.抜き付け直前までの「溜め」を身に着ける
1の動きによって生じた力を、抜き付け時に刀へ乗せるためには
手の裡、左手・ 左腕、足・腰が大磐石になっているかが大切になる。
それらの要素を瞬時に整えることと、抜き付け直前に「溜め」を覚えること。
大磐石の3要素と「溜め」がしっかりできるようになってから
今まで笹がやっていた抜き付け方に戻すと、
おそらくギャップに苦しむことになるがそのギャップを乗り越えられたら、
刀に力の籠った抜き付けができる。


( Д)        ゚  ゚ ムズカシィッ


S先生「高いハードルは突然言われるより、予め言っておいたほうがいいよねっ♪」

笹「・・・・・・・・・  (゚∇゚|||) 」


ひとしきりご指導頂いたのですけれど・・・ハードルが・・・高い気が、しますっ。
なんか・・・ハードルなんて等身大のモノなんじゃなくて、
神社の鳥居並に高いモノが立ちはだかっているように見えるのですが・・・。
・・・スーパーマリオじゃないと飛び越えられないですよコレ・・・。

・・・とりあえず、鳥居の足の太さを調べてから、
しがみついて少しずつ登ってみたいと思います・・・。
いや、その前にスーパーキノコを探そうかしら・・・。


☆☆☆☆☆


更にパンクしたアタマを抱えつつ
気合いを入れるべく、立業の通し稽古の元太刀に挑んでいたところ。
会員のIさんがお子さんの大五郎K君といらっしゃいました(^▽^)ノ
Iさんから頂いた差し入れのお団子で、お茶休憩。

K君、9月で満2歳。
すっかりやんちゃな男の子になっておりました。
Iさんもすっかりパパでした♪
稽古場に来た時はちょっと戸惑い気味だったもののすぐにゴキゲン☆
Iさんや先生方が笑うと、一緒にニコニコ笑う。
手足をパタパタさせて、お煎餅をパリパリ食べてお水を飲んで元気元気☆

なんだかほんわかしたお茶休憩となりましたっ(^-^)
Iさん、差し入れありがとうございました~っ。(^▽^)ノ
また稽古ご一緒しましょうねーっ。


ほんわかお茶休憩のおかげで、パンクしたアタマもちょっとだけ治まり。
今しばらく途方に暮れっぱなしになりそうですが
ボチボチ頑張ってまいりたいと思いまっす!


あ。

そういえば。

Iさんとお会いしたのはもちろん、
市内に配布されているフリーペーパーで
現在休会中のYさんが活躍されている様子を取り上げた記事を拝見しました(^▽^)
お仕事も、家族を守る立場でも、頑張ってるんだなぁ。

笹もいろいろモノ思うことがあるのだけれど、
会員の皆様が頑張っているように、笹も立ち向かっていけたらいいなと思います。



ちょっと、胆に力入ってきた。
ファイト。

今週の稽古っ(2014年10月4日~5日 寒イボ出ますよ)

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

伝承会ホームページ更新のお知らせ

1.居合と日本刀ページ新設しました
 ⇒今回は居合の始祖 林崎甚介重信公の刀「信国」の絵と、
  重信公の生涯を文献とともに振り返ってみました。

▼居合と日本刀ページを直接ご覧になりたい方はコチラ
http://homepage2.nifty.com/apfel/iai_jpnsword.html

▼林崎甚介重信公と居合神社の関わりを知りたい方はコチラ
(伝承会報7号)
http://homepage2.nifty.com/apfel/doc/densyoukaihou_7.pdf


2.「柏原養誠館様と相互リンクさせて頂きました
 ⇒大阪の柏原市を拠点に活動されている居合愛好会のホームページです。
 ⇒7月の大阪遠征の際にはいつも大変お世話になっておりますm(_ _)m
   リンクまで時間がかかってしまい大変申し訳ありません

▼柏原養誠館様のホームページはコチラ
http://kashiwarayouseikan.web.fc2.com/


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*


今日の稽古日誌は今しばらくお待ちください。m(_ _)m
稽古もホームページ作業も頑張っちゃいますよ~。(^▽^)ノ

・・・そういえば笹はiPhone5sを使っているのですが、
OSを「ios8.0.2」にバージョンUPした途端、
当ブログをiPhone5sで閲覧した際に、リンクしているサイトすべてに
アクセスできなくなっております(T_T)

インターネット上では「8.0.2」は奇怪な動作が多いと専らの噂。
Apple社さんには時間がかかっても良いので
不具合のない修正版OSのリリースお願いしたいです・・・。


☆☆☆☆☆


台風18号の影響か、曇天模様の宮城県は仙台市。
あんなに暑かった稽古場も、今は床板が冷たく感じるようになりました。
薄手の稽古着でも汗でびっしょりになっていたのに、
今では寒イボ・・・鳥肌が立っちゃいます。

剣道着ですっかり衣替えされた先生方から
「そんな薄手で大丈夫か?」と心配して頂きました。
そろそろ厚手の剣道着に衣替えかしら。
…というわけで、新学期に冬の制服を着ていくはずが、
間違って夏の制服着て登校しちゃった感満載の笹です☆
ちなみに笹んちでは、あまりの寒さに茶の間にコタツが登場致しました(笑)

寒さに負けるな!今週の稽古です。
今週は組太刀、大日本抜刀流~正座~立業の通し稽古と
Y先生の業に対する間合いの詰め方の聴講会の他、自主稽古を行いました。
書きたいことがいっぱいありすぎて…うーん、手短に参ります。

☆通し稽古
笹個人的に手の裡たまた甘くなってきている感があるので、見直しする。

☆Y先生の業前 聴講会
Y先生の業前を盗むべく参加者がY先生を取り囲み、じーっと拝見します(笑)
通し稽古の本太刀や演武会では動じないY先生も、多少緊張されていました(^-^;)スミマセン
こういった聴講会(拝見会?)は業前を盗むという目的の他に、
拝見する側が無意識で出来ている所作について、体の動かし方を改めて考えることで、
体と頭にしっかり覚えこませる目的もあるのだそうです。
取り囲む側にいらしたS先生やA先生は「なるほどー」と感触を掴み、
体や重心の動きについて論議されておりました。
笹は…感覚的では理解できたのですが、口頭で話せるまでになるには時間が少し必要ですねー。

☆自主稽古
立膝「浮雲」で片手袈裟斬りで相手の首元に抜き付けた直後の、
諸手で刀の鎬に触れる時の腰がへっぴり腰になっている。
自分でも全く気付かなかったのですが、相当「へっぴり腰」になっておりました(^▽^;)
S先生曰く「刀は抜き付けているものの、上体が逃げている」
へっぴり腰ではなく腰を入れて相手を倒せる上体になるよう、繰り返し練習しました。

まだまだ課題・宿題は山ほどありますよー。よー。
相変わらずパンクしっぱなしの笹のアタマですが、
ズシリと重みのある居合がやりたいことは変わらず。
地道に頑張りまっす。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ