« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

今週の稽古っ(2014年11月29日~30日 小雨降ってます)

今年はイノシシが全国各地の民家周辺まで出てきているようです。
ただ出てくるだけのイノシシもあれば、農作物を食べに来たり、
田畑を踏みつけに来るイノシシもあるのだそうで、
特に今の時期は子育ての時期であるため、子連れでやってくることもあるそうです。

笹の住む地域は仙台市内からちょっと山に入ったところにあり、
イノシシの他、ニホンカモシカ、ホンドタヌキやホンドリス、ウサギなどの
生き物が暮らしています。
周辺の山々と繋がる地形になっているため、
生き物たちが山を越えて移動するための獣道が多くある地域になっています。

そんな地域であるためなのか、笹の近所の公園でついにイノシシが
目撃されたとの情報が入り、公園は立ち入り禁止区域となってしまいました。
公園の入り口や人が出入りできる場所にロープが巡らされ、
「イノシシ出没 危険! 立ち入り禁止」の札が風に揺られております。
イノシシが公園に出入りしている経路に罠が仕掛けられているそうです。

公園に罠やロープが仕掛けられてしまうと、
今回問題になっているイノシシの他に、今まで公園にやってきていた生き物たちが
ちょっと木の芽を食べに来たり、木の実を拾いにやってきたりできません。

全国各地で起こったイノシシによる被害はテレビで観ています。
だからこそ人間に危害がもたらされないような措置が取られているのだと
理解しているけれど。
もし件のイノシシたちが捕えられてしまったら、
公園内の立ち入り禁止策はますます厳しくなるはずです。

願わくば件のイノシシたちが罠や人間を怖がり、
罠にもかからず、公園に近寄らないようになってくれたら、
立ち入り禁止のロープや罠も片づけられると思います。
他の生き物たちのためにも、公園にやってこないで欲しいなと思います。


☆☆☆☆☆

おにーこ(仮名 実兄)が出張という名の旅行でとある県に行き、
笹んちと同じ名字の氏神様が祀られている神社にお参りしてきたのだそうです。
後日、笹んちにその神社から封書が届いておりました。
笹んち宛に笹んちと同じ名字の神社から届く封書・・・。
なんだか不思議な心地が致しました☆笹です ( ̄▽ ̄)

今週はY先生とHさんが稽古お休みされ。
S会長もA先生も日曜日の稽古をお休みされ。
季節がらお休みされる方多いなーなんて、のほほんと過ごしておりましたところ。



日曜日の稽古参加者 2名(笹を含む)



( Д)        ゚   ゚



「参加者がこんなに少ないのも久しぶりだ」と仰るS先生と
1対1の稽古となりました(^▽^|||)
稽古場がこんなにも広く感じたのも、私も久しぶりです ( ̄▽ ̄) ヒロイデスネ


ということで、寒さと雪虫に負けるな!
今週は土曜日に大日本抜刀法、正座、立膝、立業、居業の通し稽古を行い、
日曜日は正座、立膝の稽古を行いましたっ。

今週は各業で至っていない点と、
業を行うにあたり体の動きや形(形而下)、業を行うにあたる心持ち(形而上)と、
その2つの要素がいかに噛み合わせて業を成すかということについて
ご指導頂きました。

各業で至っていないというと山ほどあるのですが、
今回はそのなかで、やたら自己主張している動きを
もう少し小さく見えない程度に納めること、
手の裡の甘さや折敷の甘さが
業を別のモノに変えてしまうということについて指導頂きました。

・・・自己主張し過ぎ・・・うーん。
周囲対し「こうだ!」「見せつけてやるっ!」という主張するような気持ちは
笹はまったく持ち合わせていないので、
おそらく笹の「頑張ってやるのだ!」とか「教わったことをしっかりやるのだ!」という
気持ちが前に出過ぎて、極端すぎるくらい動きが強調されてしまっているのでは
ないかと思います(笑) ← (笑)じゃないですって
よく「笹は極端すぎ!」とか先生方から言われますし (-Д-|||)

特に大血振りに顕著に出ているとのことなので、
動きに注意して必要以上に目に着かない程度に納めたいと思います。

手の裡については・・・以前に比べてだいぶしっかりしてきたと
思っておりましたが、手の裡がしっかり出来ていないと、
意外なところで業を別物に変えるほどの影響があることを教えて頂きました。

特に笹が手の裡を崩してしまう苦手な業は、立膝の「浮雲」「颪」です。
これら2つの業に共通する手の裡のひとつに、右手による袈裟切りがあると思います。
右斜め前方から敵意を持ってきた相手との接近戦で、
相手の動きをかわし且つ攻撃に応じる一手として
右手による袈裟切りで相手の首筋に斬り込みます。
斬り込んだまま、今度は鎬を左手で抑え、諸手で斬るように、抉るように
水平に刀を薙ぎ、相手をなぎ倒します。

笹は、右手袈裟切りから諸手で刀を抑える時に、右手の手の裡がズレてしまいます。
手の裡は、刀の稼働範囲を決めます。
手の裡がズレるということは、本来の手の裡で相手をなぎ倒す際に
刀が本来あるべき範囲以上に動けるようになるということ。
本来あるべき範囲を超えたところまで水平に刀で薙げるということは、
本来相手がいるべき位置でないところでフィニッシュの
斬り下しをしてしまうことにも繋がります。

つまり、誰を(=どこを)斬っているのかわからない、
本来あるべき方向でなく終わっている業・・・あるべき姿でない業は、
まったく別物の業になってしまいます。

そういえば、Y先生からも常々「どこ斬ってんダ」とよくご指摘頂いていたのですが
このことを仰っていたのですね。
気をつけます~っ(>_<)


次に「形而下」「形而上」の動きについて。
インターネット上の国語辞典によれば、
これらの語彙を以下のように定義しています。()内は笹の注記です。
◆形而下
 時間・空間の中に,感性的対象として形をとって現れるもの。(目に見えるもの)
◆形而上
 精神や本体など,形がなく通常の事物や現象のような感覚的経験を超えたもの。
 (目に見えないもの)

もうちょっと分かりやすい例えでいえば、
業の形は、留意点として覚えておく必要がある動きの集まりです。これが形而下。
そして業の形に精神や気持ちを乗せることができるか。これが形而上。


当会の先生方は、常々「足至り、腰至り、腕至る」が大前提だとご指導下さいます。
そんでもって笹は常々逃げ腰だとご指導頂いております(^▽^|||)
私の場合、「足至り、腰至っておらず、腕至る」という動きになっているそうです。
怖さや諸々の気持ちが業の形に現れているんですね。

笹の個人ケースでいえば(個人例なので言及できないかもしれませんが)、
形(=目に見えるもの)と精神や気持ち(=目に見えないもの)は、
相互関係にあるといえます。

そして、居合は率先した攻撃ではなく、あくまで相手の攻撃に応じるための
抜刀術として定義されています。

居合の定義ありきの形而下と形而上の関係。

今回、その相互関係についてようやく理解することができました。
極々一部かもしれないけれど、触れることができました。

多少、話が飛躍してしまうかもしれませんが、
河野先生が晩年に中武先生に仰った
「目に見えるものを習得することはわりに簡単だが、
その目に見えるものをさせる目には見えない気持ちというものがどうであるか、
ということが大事になってくる」
というお言葉も、今回笹が触れたことに関係があるのかもしれないと思いました。

当会の諸先生から、「笹も他の人を指導するようになったら、
相手に業を教える時は、ただやり方の順番を教えるだけでなく、
形而上、形而下で説明できるようになる必要があるんだよ」とご指導頂きます。

・・・笹は基本的に口下手だし、説明することも難しいのですけれど・・・頑張ります。

今週の稽古っ(2014年11月22日~23日 念願のストーブ導入)

風の中にピリピリするような寒さを感じる宮城県は仙台。
来る12月に向け、賑わう街中はイルミネーションに彩られ、
クリスマスツリーやリースが輝く3連休は中日。
明日は巷が祝日でも、笹はフツーに出勤ですよ~☆笹です(^▽^)ノ ナンボノモンジャイ

先週はお仕事の都合で稽古をお休みさせて頂きました。m(_ _)m
週末返上でお仕事をこなしていた間に稽古場には念願のストーブが導入され、
その他には、門下生のIさんが縁あって刀を譲って頂けるらしいという情報で
盛り上がっております(^▽^)v

刀の名前は寿命さん(仮名 結構いい年齢)。
Iさんは茶道も嗜まれており、茶道を引退される大先生がお持ちの品々のなかから、
縁あって寿命さんをお譲り頂けるらしい・・・とのことでした。
寿命さんの拵え、体配を確認したY先生によると、
本身は二尺一寸。
肌は板目と柾目。刃文は直刃で、ところどころゆるく湾れが入っている。
鞘は柿色に塗られており、目貫は鯉、柄頭や縁金は龍の文様が施されている。
鍔は薄く、二本の棒状の文様が施されているように見えるとのことです。

以前読んだ本に、江戸時代は男の子が生まれた家に
お祝い品として刀を送る習慣があったのだそうです。
子孫繁栄を意味する銘が刻まれているものが特に好まれたそうで、
「寿命」はもちろん、他には「孫六(=孫がいっぱい=子だくさん)」や
「安定」という銘も文字通り縁起が良く、需要が大変高かったと記憶しています。

拵えに鯉や龍の文様が使われているところをみると、
寿命さんは男の子が生まれた際のお祝いの品だったのではないかなーと
笹はひとりでワクワクしております(笑)
Iさんのお家には息子さんのK君がいるからピッタリですね(^▽^)

寿命さんを正式にお譲り頂けた際に
Iさんが稽古場に持ってきてくださるそうなので、
楽しみにしたいと思いまっす♪

「寿命」銘の刀鍛冶さんは江戸時代までに全国各地で複数人存在しているので、
「寿命」銘の情報を集めてみよう・・・というクエストが発令されましたので(モンハン的)、
笹もやってみようかなーと思っております。
Iさんのお持ちの寿命さんは、どんな寿命さんなんだろう。楽しみです(^-^)

刀は案外身近なところで静かに暮らしています。


☆☆☆☆☆


もうちょっと刀の話はいっぱいあるのですよー。よー。


♪刀が勉強できるなら 笹はどこでも参ります~♪

・・・ということで、今月もまた刀剣鑑賞会へお邪魔させて頂きました。

今回は年末ということで、
温泉お泊り付き+入札結果にランキングが付く+景品付きの鑑賞会。
笹は鑑賞会のみ参加させて頂いたのですが、俄然燃えます(-_☆)キュピーン
参加されているベテランの方々へドタバタと騒がしく尋ねまくり、
東北の歴史を書いた本と、玉鋼を頂きました(^▽^)


たたら吹きで作られ、炉から取り出されたままの状態・・・
青、黒、茶などキラキラした不純物が混ざったままの「鉧(ケラ)」と呼ばれる段階のもの。
見た目は小さいけれど、鉄の塊なので予想以上にずっしりとした重みがあります。
日本刀はこの鉧を原料に作られていくんですね。
これが先生方の刀やモリさんになっていくのかと思うと、ワクワクします。
大切にしたいと思います。

稽古場に頂いた本と玉鋼を持参したところ、先生方も喜んで下さいました。
そんでもって、常々「日本史は苦手」という笹なので、
「刀を勉強するには日本史は必要だから・・・勉強しましょうね」と
アドバイス頂きました (^▽^|||)エ


☆☆☆☆☆


稽古のことも、いっぱい書きたいことがあるのですよー。よー。
先週はお休みを頂いたけれど、今週も今週とて稽古です!
今週は大日本抜刀流から始まり、すべての業を通し稽古しました。

大阪は堅下のH先生は稽古時の心得として、
「時々は別のことをして息抜きをするといいよ。
それからまた稽古に戻ると、新たな発見があったりするものです」と仰っていました。

これは突き詰めてやり過ぎると細かいことに捕らわれがちになり、
本筋を逸脱してしまうことを避けるために、
あえて別のことをして客観的になるまで時間を空け、
再び本筋に従った稽古が出来るようになるためのH先生のやり方なのだそうです。

先週お休み頂いた際は、
「他の方は上達されているのに、稽古休んだら遅れを取っちゃうなぁ」と
焦る気持ちとサボっている気持ちもありましたが、
休んだ翌週に稽古をしてみるとパニック気味だった気持ちも落ち着き、
また稽古に集中できるようになりました。
H先生の仰る通り、新しい発見もあったり。
気持ちにも余裕が出来たり。


休むことはサボることではないのですね ( ̄▽ ̄)
来週からまた、頑張ろうと思いまっす!

さしあたって今後の課題は目付けと体と刀の動きの連動ですね。
ギコギコしたぎこちない動きをなまし、
無駄な動きを少しずつ減らしていきたいです。


睡魔からサイドタックルしかけられたので、大人しく潰されたいと思います (-.-)zZ

今週の稽古っ(2014年11月8日~9日 足元さむさむ)

冬を間近に蔵王エコーラインも冬季閉鎖の時期に入り、
除雪車の出動式が行われた東北は宮城県。
風のにおいも、なんだか懐かしいような気持ちになる秋から冬へ。

道場の床板から立ち上ってくる寒さから、今年初めて防寒レギンスを着用しました。
レギンス・・・というとカッコイイですが日本語で言うとステテコです(笑)

レギンスは履いても素足で稽古できたけれど、
じきに五本指靴下+黒足袋を履くようになるでしょう。
足元の寒さ対策がしっかりできたら、防寒シャツとネックウォーマーを
身に着けるのも時間の問題だろうなぁ。

ちょっぴり寒さが強くなった週末。
今日も今日とてモリさんと稽古着を積み込んで、稽古場へ乗りつけます。

運転中のBGMは様々。
J-POPでも歌謡曲でも、洋楽でもクラシックや宗教音楽でもドンと来いです(笑)
最近はアフリカ音楽もいいなーと思ってます。(笑)

・・・で、笹がいろんな曲をかけるということは、モリさんも必然的に聴くわけで。

モリさん「笹、これは何?」
笹「これは中島みゆきでーす」
かに~ず「「「そうなのかー」」」」

モリさん「笹・・・これは?」
笹「これは栗コーダーカルテットでーす」
かに~ず「「「「そうなのかー」」」」

モリさん「笹・・・・・・・」
笹「これはAlex Boy'eでーす」
かに~ず「「「「そうなのかー」」」」

モリさんの人生(刀生?)で
最もいろんな音楽を聴いているんではないかと( ̄▽ ̄)

あ。

そういえば。

笹がお借りしているモリさん。
去年の今頃、稽古場でお会いしたのですよー(^▽^)v
刀の長さが笹の体格に合っているということからお借りするに至り、
笹の家で暮らし始めたモリさん。
今も怖いですが、だいぶ使い方にも慣れてきました。
これからも一緒に稽古、頑張っていけたらいいな。


☆☆☆☆☆

あるかもしれないと思って検索かけてみた「居合町」。
・・・福島県会津若松市内に居合町(いあわせまち)というところが
あると知ってびっくり☆笹です。

今週もビシバシご指導頂きました。
厳しさの単位を「ビシバシ」とするなら、
普段は2ビシバシ、今週は・・・4ビシバシくらい・・・ですね・・・(遠い目)

ご指摘の内容としては、
(1)立業「行連」の一刀目の片手袈裟切りが、
  相手の胴体に対し袈裟(=斜め)ではなく、ただの斬下し(=垂直)になっている。

(2)立業「暇乞 其の三」が最敬礼(諸手を床につけ深々と礼をする)になってない。

(3)最敬礼の際に、上体と腕の動きが合っておらず違和感を感じる。

(4)先生方の業前を積極的に盗むこと。
  (ぼ~っと過ごさず日々観点を持って業前を観察すること)

(5)立膝「岩浪」の相手の胸部を指す構えについて、
  右腕を伸ばしきらず余裕を持てるようにすること。


・・・・・・(箇条書きを眺めている)


・・・・・・・・・(お茶を一口、飲む)


・・・・・・(白目)


・・・うーん、こうやって箇条書きにしてみると、特別なことじゃないな。
図譜にも書いてあることも多いし。
4ビシバシ・・・と言ったものの、結局は笹が身についていないことなんだよね・・・。
とりあえずアレコレ考えた結果、やってみようかなと思うことは・・・。

(1)鞘引きと刀の手の裡のタイミングが合っていないのだと思う。
 現状の笹は、刀を鞘から出す(この時点で鞘の鯉口からだいぶ離れている)
  → 鞘を引くと同時に袈裟切り・・・という感じ。
 理想は、鞘を引くと同時に刀を抜くと同時に袈裟切り・・・という感じでしょうか。

(2)最敬礼で上体を深々と下げた時、鞘から刀が抜け出そうで怖い(T▽T)
 抜け出ない工夫を考える。

(3)上体と腕の動きは別モノではなく、常に一体であるということを意識する。

(4)笹、ぼーっとしてませんっ。
   先生の動きを自分の動きと重ね合わせて見てみるとか、
   今日はコレ!・・・という観点・・・もっと持つ!
   観点持って挑んでいるものの、笹はぼーっとしている見えるんでしょうか(T▽T)

(5)真剣なので手が切れたら大変!・・・ということで、無意識に腕に力が入っている。
  腕に力が入っているほうがむしろ怪我をする可能性があるので、
  手の裡はしっかり、腕はゆったりするよう意識する。


ちょっと腑抜けていた笹。
あ”ーだいぶ気合い入ってきたー。
指摘されてなんだか悔しいー(そっちですか)

来週、リベンジ頑張りまっす!

今週の稽古っ(2014年11月1日~2日 雨ふりふりふり)

笹宛に、往復ハガキが届きまして。

往信部に書いてある文章をよく読み。
返信部にお返事を書き込み。

ハガキの中央に、
”返信ハガキを内側に折ってください”という文章が青文字で書かれていたので
あらかじめ二つ折りになっているところを、しっかり折り込み。

ポストに投函。


・・・投函した翌日、笹んちに
”往信部が切り取られておりませんでしたので、
当局により切り取った部分をお送り致します”という紙のついた往信部が届き。


・・・・・・”折って下さい”とは書いてあったけれど。
・・・・・・”切り離して下さい”って、書いてなかったじゃないかぁぁ・・・。
じゃないかぁぁぁぁぁ・・・じゃないかぁぁ・・・かぁぁ・・・・  ← エコー


往復ハガキの使い方を初めて知った、今日この頃。
笹んちの近所にあるススキの原っぱも、真っ白な霧に覆われ。
雨がパシャパシャ降っている宮城県は仙台市。

ブログを書く前にちょっとだけ部屋を片付けようと思っていたら、
ちょっとのつもりがあやうく大掃除になるところでした☆笹です (;´Д`)アブネェ


稽古場は先週末の寒さとは打って変わり、
ちょっと動いただけでも汗ばむ陽気のなか、ビシバシ稽古です!
今週は居合道形でウォーミングアップ後、すべての業の通し稽古をしました。
当会では居合道形の他、斯道研鑚の目的で「詰合」の稽古もしております。

今週はY先生と詰合をやらせて頂きました。
詰合は、二人一組で打太刀(勝ち方を教える方)と
仕太刀(教えられる方)の形式で行うことに変わりありませんが、
居合道形はすべての業を立ち姿で、打太刀と仕太刀の距離は長く、
互いに歩み寄り、距離を縮めて業を行うのに対し、
詰合は立ち姿で行う業の他、立膝で向かい合うように座り、
互いの距離がとても近い状態で始める業もあります。

その他の違いとしては、詰合いは相手を組み伏せるなど体術的な要素もあり、
接近戦になった際に有効な業の構成になっています。

居合道形でも手一杯な笹にとって、詰合は更に難しいです(^▽^;)
どれも難しいのだけれど、特に「水月刀(すいげつとう)」という業は
笹にとって、とっても難しい業のひとつです。

「水月刀(すいげつとう)」という業。
業のやり方を掻い摘んで話しますと、
打太刀と仕太刀が互いに歩み寄り近づいた瞬間、
仕太刀が打太刀のみぞおち目掛けて刀で突きを入れます。
仕太刀が突きを入れた瞬間に打太刀は仕太刀の刀を叩き落とします。
叩き落された瞬間に仕太刀は打太刀の斜め右前方にかわし、
打太刀の頭部または首に諸手上段で斬りこむ・・・という内容です。

仕太刀では、相手に突きを入れるのも、
本当にみぞおちに刺さったら・・・と思うと怖いし、
突きの動作を歩み寄りながら行うというのもコワイ。
打太刀では、仕太刀に突きを入れられるのも怖いし、
実際に突きを入れられると一瞬ひるんでしまって、
仕太刀との動作のスピードが合わなくなってしまいます(-_-)

今日は仕太刀をやらせて頂いたので、
水月刀の業では突きを入れなければなりません。
と、とりあえず突きはしっかり入れてみよう!・・・と決心して挑みました。


打太刀・仕太刀「「イィィィィィィィィ・・・」」(互いに歩み寄る)


・・・・・・今だっ、突きを出すのだっ (`・ω・´)

・・・怖がらず、頑張って出すのだっ (`・ω・´)


仕太刀 笹「エイッ・・・・!!」(突きをY先生のみぞおち目掛けて繰り出す)


・・・突きが出せた~っ、出せた~っ (^▽^)ノ ヨッシャァァ

突きが出せたことで満足してしまった

笹のアタマの中で「本日の任務終了!(^▽^)」な感じになった

笹、突いた状態で止まっている

Y先生、笹の木刀を叩き落とそうとしても、
笹が留まっているので危なくて叩き落とせない


打太刀 Y先生「・・・・・・。何やってんだ、おめ(-_-;)」

仕太刀 笹「(ゆっくり思い出した)・・・・・・・・・あ(^▽^|||)」


すっかり、かわし忘れておりました☆



居合道形も、詰合も、復習して頑張らなくちゃ~(>_<)ヒィィ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ