« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

秋は頑張りどころです(2015年9月26日~27日 稲刈りシーズン)

秋はどうして、美味しいものが多いのだろう・・・(ぼのぼの風)


あ。

今日は中秋の名月・・・お団子食べ損ねた・・・。



秋はどうして、やりたいことがたっくさんでてくるのだろう・・・。
居合の稽古も、武芸書読みも、日本刀の勉強も、
それ以外でもやりたいことがたくさんありすぎて、
アタマがパンクしきっきりの笹です(^▽^;)エヘ

やりたいことが多すぎて、体ひとつじゃ足りません。
コピーロボットをパーマンから失敬したいくらいです(笑)
パーやんだったらお金払ったら貸してくれそう・・・。

食べ物も美味しいなら、それらが生み出される山川海にも変化があって、
なにかと外出に遠出に、外へ足が向く機会が多くなる秋も楽しいけれど、
お茶を飲みながらのほほんとできる冬もいいなぁ・・・なんて
思っている今日この頃。

睡魔にとんと弱くなり、エルボードロップを掛けられつつお送りしております。
轟沈する前に手短にしたいと思います。


★伝承会ホームページ(以下 HP)のトップに「伝承会の修行録」を設置
伝承会の近況を伝えるために、時々、現れるコンテンツです。
・・・というとエラそうですが、時間がなかったので便宜的に作りました(笑)

150927

9月20日~22日に大阪の剣士様2名が来仙された際に、
山形県の居合神社で撮影した写真をアップしました。
後日、稽古風景のほうへアップさせて頂こうかなと思っておりまっす♪

▼伝承会HPはこちら
http://homepage2.nifty.com/apfel/



★刀剣鑑賞会へ行って参りました

♪刀を勉強できるなら 笹はどこへも 参ります~♪

・・・ということで、今回も刀剣鑑賞会へお邪魔させて頂きましたっ。
今回の鑑賞刀は、短刀が4振りと太刀が1振り。

鑑賞会は、刀剣鑑定の専門家をお招きし、
専門家の方が自ら選んだ刀5振りを会場へ持参して下さいます。
なんでも、鑑定を行うベテランの方々の思考回路を予想して
あえて意表を突くような刀を選ばれるのだそうです。

今週もまた前回同様、ベテランの方々が解を見出すのに
唸らせ悩ませる品揃えだったようです。

ベテランの方々がうんうん唸りつつ解を求めている傍で、
笹は相も変わらず、夢見心地でのほほんと刀を鑑賞しておりました(笑)

・・・とはいうものの、鑑賞する度に刀が語り掛けてくることを感じられても、
そこから解を全く見いだせないのは悔しかったりします。
うんうん唸っているベテランの方の隙を突いてご教示頂きつつ、
今回は1振り、自力で刀鍛冶さんの名前までたどり着くことができました(^▽^)ノ

ご教示頂いたベテランの方が、
「地鉄や刃紋の動きには、その刀匠のルーツがぎっしり詰まっているんだよ」と
仰っていたことがとても印象的でした。

祖先は相州の伝法を受け継いできたが、
私は美濃の伝法を持つ師匠に教わった。
私はその両方を受け継いだ刀を打つ・・・と語りかけてくるような、
地鉄や刃紋に変化がありありと感じられる作風もあるのだそうです。

刀が語りかけてくる言葉に応えられるようになるまで、
すこしずつ頑張って、真剣のモリさんのことを勉強できたらと思います。


いろいろ、いろいろあるけれど。
頑張って参りましょー。

明日も居合日和っ(2015年9月19日~20日 ぴかぴかの晴天)

山の稜線を鮮やかに彩る澄みきった青空、
麓は金色の稲穂が頭を垂れ、農家の方々が稲刈り作業の真っ最中です。
ほのかに金木犀が薫る風は、稲穂や秋の草花をくすぐっては
その風に乗ったトンボ、スズメや白鷺が空を悠々と舞っております。

稽古場の磨りガラス越しにみる青空と白い雲は、
まるでクリームソーダのようで、そのキラキラした輝きは
見ている者の心をワクワクさせてくれますし、
天窓を開ければ、金木犀の甘い香りが漂います。


・・・と、ちょっと秋らしく文学的な文章を目指してみましたが、もう限界です(笑)
昨日から始まったシルバーウィークにちなみ、
某アイドルグループの4日間連続コンサートの催しがあるため、
全国のファンが殺到している宮城県は仙台市。
地元のニュースから、普段ならあり得ないくらいの人でごったがえす
仙台駅構内の様子が伝えられており、
映し出されるファングッズを手に握りしめるファンの方々の姿に、
情熱を感じずにはおられません☆笹です。


ファンの情熱に負けるな!今週もビシバシ稽古です。
今週もまた、当会ではいろいろ動きがあったのですよー。よー。
睡魔からウエスタンラリアットを仕掛けられつつ、お送り致しております(笑)


★Y先生の道場に入会者1名 (^▽^)
居合のご経験があり、とても熱心な方で、
見学当日から稽古を一緒になさったとのこと、
Y先生が嬉しそうにお話下さいました。
ゆっくりゆっくり、当会に馴染んでいって下さると嬉しいです。


★大阪より居合愛好会の2名の先生方が来仙されております(^▽^)ノ
予てから来仙のご予定を伺っておりまして、無事、到着なさっております。
今日は伊達政宗ゆかりの瑞鳳殿や青葉城址、
江戸時代の居合剣士が奉納した額がある愛宕神社など、
当会のS先生に案内させて頂きました。

明日は、山形県は村山市にある居合神社に行って参ります!
大阪の先生方は、初めてのお参りになるのだそうです(^-^)
うーん、ドキドキ、ドキドキしちゃいますね! ドキドキ!  ← うるさい
笹も初めてお参りする前日の夜は、眠れなかったです!  ← 遠足か
明日は和やかなお参りになるといいですね。

あと、宮城県はお米も、お野菜もお魚も、
いっそう美味しい時期なので、たくさん召し上がって頂きたいです(^-^)


★斬りおろした時、剣先と柄を握る手に風を斬る感触があります
斬りおろす時、諸手で柄を握った手が正しい位置に収まり、
姿勢が前にも後ろにも傾き過ぎず、下半身も折敷がきちんと確立され、
斬りおろす際の稼働範囲が肩 → 腕 → 手と、
徐々に滞りなく各パーツが前後のパーツと連動できた時、
刀の剣先と、刀の柄を握る手に、風を斬る感触がありました。

今までだと、
「自分自身も斬り下したのはいいけれど、斬れてるのかしら?」と思うくらい、
なんだかフワフワと頼りなく、実感がまったく持てなかったのですけれど。

今週の稽古では、風を斬る感覚が3回ありました。
そんでもって、その3回は、
体全体にしっかりした芯…脳天から体に向けてお団子の串を刺したかのような、
しっかりした芯を感じました。

斬りおろしとしてあるべき「動き」であるのかどうか、
もう少し自分で考えを掘り下げてみたいと思います。



明日は笹も、居合神社へ同行させて頂くことになりました(^▽^)
大阪の先生方とお会いするのは2ヵ月ぶり。
わー、楽しみ楽しみ。

奥ノ院へ参拝して参りましたー(2015年9月13日 ちょっと小雨)

昨日と今日で、2日間ぶっ続けで書いております☆笹です。

只今、山形県は尾花沢市細野村での奥ノ院参拝から帰って参りました。
今年も頑張って沢を登り、急勾配を登り、
釜ヶ澤大明神へ演武を奉納してまいりました(^▽^)

今回の大雨のこともあり、
奥ノ院へ参拝できるのか心配しつつ現地へ向かったのですが、
細野村の方々のご協力により、参拝を行うことができました。
この日のために、半月前から参道に生えた草木、
岩や土砂を取り除いて準備して下さっていました。

蔓延る草木を切るということは、切った草木を片付けなくてはなりません。
岩をどかすということは、小さく砕くか
人に危害を与えない場所まで移動しなければなりません。

河野先生は、
『目に見えることは目に見えないことによって支えられている』と
常に仰っておりました。

村の方々のご苦労の積み重ねにより、当日を無事に迎えられたこと、
年に一度しか来ない者のために、ここまで心を砕いて下さったこと、
本当に心から御礼申し上げます。
有難うございました。



あ。

今回もまた、楽しいことがあったのですよー(^▽^)


今回は細野村の方のお家にお邪魔させて頂き、
その方のお家に飾られている河野先生の書『悠々雲の如し』を拝見したり。

今回、熊野居合両神社(居合神社)と細野村の、
林崎甚助重信公の時代から続く素敵なつながりを見つけたり。

もしかしたら河野先生も知らないことだったかもしれないね、
浄土で今頃、河野先生は「ワシ知らんかった~っ」って
ビックリされているかもしれないね、なんて村の方とお話しました。

それから、笹の居合について前より上達したねと、
声をかけて下さる村の方がいらっしゃったり。
見ていて下さる方がいることにビックリしたのですけれど、
褒めて下さったことをステップに、地道にまた頑張っていきたいと思いました。



がんばろ。

続きを読む "奥ノ院へ参拝して参りましたー(2015年9月13日 ちょっと小雨)" »

明日は奥ノ院参拝です(2015年9月12日)

国内各地で発生した集中豪雨に際し、
剣士の方々よりお気遣いのメールを賜りましたこと、心より御礼申し上げます。

当会の者は幸いにも今回の大雨による被害を免れ、
無事に過ごしております。

剣士の方々より頂いたお気持ちを糧に、
今後も精進に務めて参りたいと思います。
本当に有難うございました。


☆☆☆☆☆


話題をコロっと替えまして。
明日はいよいよ、山形県は奥ノ院参拝の日です。
奥ノ院までの参道を整備して下さり、
当日は先導もして下さる細野村の方々に感謝しつつ、
釜ヶ澤大明神に居合を奉納してきたいと思います。

大明神に頑張ってる様子だけでも感じ取ってもらえたらいいなぁ(^-^)

真剣のモリさんは奥ノ院は初めて。
江戸時代には熊野居合神社には林崎公が武人として祀られていたので、
もしかしたらモリさんは、奥ノ院のことをどこかで
耳にしたことがあるのかもしれません。
たぶん、目貫の”かに~ず”も。

・・・と、文章を打ち込んでいる傍で、
明日持っていくお菓子兵糧食が入った袋に、
分け入ろうとしているカニが4杯います(笑)
持っていく前に食べてしまってどうするんだ (-_-メ)

”かに~ず”から兵糧食を守りつつ、
明日は朝早くに仙台を出発するので早めに休みたいと思いまっす。

頑張ってきまーす。
おやすみなさーい。(^▽^)ノ




あ。そうだ。

♪ぴんぽんぱんぽんぴんぽんぱんぽん♪(木琴連打)



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:


伝承会HP更新のお知らせ


・百錬コラム01.河野百錬先生の年表「昭和8年(1933)」に追記。
(無双直伝英信流居合術全の刊行にあたっての穂岐山先生の評価を追記)
・お問い合わせメールフォーム設置
・門下生募集ページ設置(ムダな構成になっているので、いつか直したい・・・)
・意図しない表示になっていた壁紙の設定を修正


宜しければ覘いてやって下さると嬉しいです♪


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

続きを読む "明日は奥ノ院参拝です(2015年9月12日)" »

雨しとしと(2015年9月5日~6日 悲しくて寂しい)

『○○ちゃん(笹の本名)の刀、見せてや』

‐‐ 本身に黒錆が出ていてお恥ずかしい刀ですが・・・。

『ああ、ホンマや。ちょっと黒錆出とるわ。
でも、古い刀はそういうもんいろいろ出てくるもんや。
それがその刀の愛嬌になってくる。そういうもんやで。
ええ刀や、○○ちゃん。ええ刀やで。大切に使ってな。』

『しっかし、重いな。こんな重い刀、こないな細い腕でよう振ってるわ。
よう稽古しとるなぁ。よう稽古しとる。えらいなぁ。』

『わしも歳や。体ももう無理効かんなってるしな。
演武するのも今年を最後にしよ思うてるんや。
もしかしたら来年は、○○ちゃんに会えんかもしれんわ。
今年でさよならや。』

‐‐ そんなこと仰らず。
‐‐ また来年、「笹のヤツ、ま~たアホなことやっとんなぁ」と見て叱ってください。

『うーん、そうは言うけどなぁ。
まぁ、ええやん、会えんくても、元気で生きとったら、それでええやん。
○○ちゃんは元気で居合、やりいよ。頑張ってや。
住吉には来れたら来たいけどな。そればかりはわからんからな、
先に言っとこう思うてな。』

‐‐ そんなこと仰らず。



柏原にお住いのF先生が4日前に、急逝されました。
2ヶ月前の住吉大社奉納居合演武会へお邪魔させて頂いた際に、
F先生と上記の会話を交えたところでした。

初めて住吉大社の演武会に出席させて頂いた時以来、
F先生とは毎年、居合の心得や業、日本刀の勉強の仕方についてご教授頂き、
たくさんのお気遣いを頂きました。

お元気でニコニコ笑っておられるF先生のお姿しか思いつきません。
今年もまた住吉大社へお邪魔させて頂いた際、
直会の席で、私が奉納した業について講評を頂いた際には、
立膝の業「浮雲」について割り箸の先を使い、

『ええか○○ちゃん。相手の首に刀斬りつけるやろ。
そしたらな(両手で刀を持ち)、右手は斬るように、左手は抉るように引き倒すんや』

と真剣に教えて頂いたことが思い出されます。


「居合は真面目になりすぎず、緩くやったほうがいい」と仰っていたF先生。
しかし、真剣に割り箸を使って教えて下さるF先生のお姿を思い出すと、
「緩く」とはいえ守るべき心得はしっかり守ってこそ、
個人個人が到達すべき居合「道」への足掛かりになるのだと、
そう仰りたかったのではないかと、今になって思います。

年にたった1日しかお目にかかれなかった私のような者が、
このようなブログにF先生のことを書くべき立場ではないと十分理解しております。

一緒に暮らしていたご家族、
ならびに毎週一緒に稽古をなさっていたご門下の方々のほうがずっと、
突然逝ってしまわれた悲しさも、心の空白も私の想像を超えるほど大きいものだと
いうことも理解しております。

住んでいる土地も、所属する連盟も全く異なる者を受け入れて下さったこと、
毎年、私と演武会で会うことを楽しみにして下さり、
演武のご講評、居合の業や心得についてお教え下さったF先生のことを
少しだけでも書き残しておきたいと思い、ブログに残させて頂きました。


F先生のご冥福を心よりお祈り申し上げるとともに、
ご家族、ご門下の方々の心が1日でも早く和らぐことをお祈り申し上げます。

F先生、本当に有難うございました。


☆☆☆☆☆


今週は普段にないくらい居合関係でいろんなことがありました。

Y先生の道場に見学の方がいらっしゃいました。
熱心に稽古を見学して下さったとY先生が喜んでお話下さいました。
今後はわかりませんが、当会の活動に共感して下さる方がいらっしゃると嬉しいな。

あとは、稽古の際に立膝の業「横雲」の抜き付けが良かったと
褒めて頂きました。

・・・その代わり、「浮雲」と「颪」の業にある、
相手に斬りつけた刀で相手を引き倒す動きには違いがあるんだよ、
と教えて頂きました。
私は「とりあえず、引き倒す!」・・・ことにしかアタマになかったので、
これらの業の違いを、意識しておりませんでした。
うーん・・・図譜をきちんと読まなくちゃです。


まだまだやるべきことはあるぞー。
F先生に褒めて頂けるよう、地道に努めてまいります!

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ