« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

稽古場の窓を開けました(2016年4月23日~24日 すっかり春)

お日様の光がほんのりと薄紅色に染まり、
風のにおいもすっかり軽やかになった宮城県は仙台市。

透けるような萌黄色の若葉が風にゆれる市内では、
時折、お囃子の音色が聴こえてくるようになりました。
5月中旬に控えた仙台・青葉まつりに向け、
参加団体のすずめ踊りの稽古にも自然と熱が入ります。

笹の職場の窓の外でも、
連日のように踊りとお囃子の稽古が盛んに行われており、
太鼓と篠笛が奏でる小気味よいお囃子につられて
仕事なんてやってられないわーと思うこともしばしば☆笹です ( ̄▽ ̄)ニャハハ
指折り数えて大型連休が来るのを待ってますの(笑)

今週末はお世話になっている大阪の居合愛好会様が主催される
演武会も大盛況で終わったようで、
こちらもその勢いを与かって負けじと頑張らなくっちゃです。

今週も睡魔と闘いつつお送りしております。
今回はパン食い競争で勝負ですの。
(・・・そういえば笹、運動会でパン食い競争ってやったことないな・・・)

ご指導される先生方(プラス笹)の気持ちを圧倒的に上回る熱意で、
新規会員になられたAさんとKさん、頑張っておられます。
土曜日は、大日本抜刀法の通し稽古に参加されました。(^▽^)

そんでもって。
大日本抜刀法の「斬突刀」に代表される突き業が、
笹よりもAさんとKさんのほうが上手いということがわかり。


Σ(・ω・ノ)ノ!


どうも笹は、突きの際に柄をにぎる諸手を内側に絞る手の裡が出来ておらず、
突く際の、刀の切先の高さが低すぎているようで、
刺す位置も、敵の腹部ではなく、急所を突いているらしいです・・・(^▽^;)
※突く部位は「敵の胸部」の誤りです。訂正いたします。(2016.5.1 笹 追記)※


Y先生曰く「すけべ」だそうです(^▽^;)スミマセン


うーん。
突く直前の手の位置が下がり過ぎているのかなぁ・・・。
だとすれば、咄嗟の動きで、諸手がどの位置にあるべきか、
笹はまだ理解できていないのかもしれない。



な、直しまーす。




いろいろ、いろいろあるけれど。
負けていられないのです。
頑張るのです。 (`・ω・´) キリッ


(本日も睡魔に負けましたので、轟沈いたします・・・・)

桜も盛りを過ぎました(2016年4月16日~17日 晴れたり雨だったり)

先週末から、国内は重苦しい気持ちに包まれております。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、
亡くなられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

先がまったく見えず頭の中が真っ白になり。
不安や怖さで心がいっぱいになってしまいがちになるけれど。
今を切り抜けて生き抜く気持ちを、自分にも周りの人にも
伝え広めて欲しいと願っています。

「自分は年だから」「自分はまだ若いから」とか各々の理由は抜きにして、
老若男女を問わず、今、自分がいる場所に一緒にいる人たち全員で、
生き抜く意志を持って耐えて欲しいと思います。


☆☆☆☆☆


生ぬるい突風が吹いたかと思うと雨が降り。
土砂降りがあったかと思うと急に晴れ渡ってみたり。
天候の変化が目まぐるしかった宮城県は仙台市。

気候の変化もなんのその☆今週も今週とて稽古です。
今週はご都合により、
土曜日の稽古にS会長、Y先生、
日曜日の稽古にA先生、Aさんが入れ替わるような稽古模様でした。
S先生、Kさん、笹は皆勤賞でしたの(^-^)v
人が入れ替わるというのも、今までにない新鮮な光景です。

今週もまた睡魔に襲われつつお送りする本稽古日誌。
おタマと鍋のフタで応戦しつつ、手短にサクサク参りまっす。


★よもぎ餅美味しかったです
ご自宅で手作りされたよもぎ餅を、Y先生が持ってきて下さいました♪
自家製のもち米「みやこがね」100%によもぎを加え、
淡く深緑色になったお餅は、頬張るとふんわりととっても柔らかく、
もち米の甘みとよもぎの香りが漂います。

Y先生の奥様がつけて下さったきな粉をまぶして頂けば、
きな粉の香ばしさがよもぎの香りを一層引き立てます。

白熱した稽古の後に、
熱いお茶といっしょに頬張るお餅は格別です(^-^)
笹はどさくさに紛れて3個、頂きました(笑)

「今日、稽古に来られなかった人は残念だったね~」なんて、
お話をしつつ頂くお餅は、ちょっとしたお花見のようでした。
Y先生、ご馳走様でしたー(^▽^) オイシカッタデス



★「ヒガデン」計画、詳細を詰めております
大阪の愛好会のK先生との共同研究の実施に向け、
稽古日のスケジュールを
互いの道場の先生方に詰めて頂いております。

稽古自体は、かなりタイトな日程になりそうです。
食事とその他ちょっとした用事以外は、とことん稽古!
もう、食事の時間も惜しいのでカレーは喉から飲み、
ソバは鼻からすすります(笑) ← 冗談です

共同研究という機会を頂けたこと、本当に嬉しいです(^-^)
ちょっと厳しい稽古になりそうですが、
楽しく稽古に励んで参りたいと思いまっす。

あ。
ええと。
本計画に参加される剣士の方々へ、
防寒について、笹の小さなアドバイスがございます。

稽古場となる山形県は、盆地という土地柄、
朝と夜はとても冷え込みます。
東北に住む当会の者が寒いと感じるくらいなので、
県外からお越しの方々には、予想以上の寒さだと思われます。
県外からの方は、季節のイメージで申しますと、
山形県は「大阪の冬」というイメージでよろしいかと・・・。


稽古後の後の着替え、就寝時の衣類にご考慮頂き、
薄手のセーターや、ジャンパー、
普段着ているスウェットの下に身に付ける
アンダーウェア(ステテコ、ババシャツ等)の準備をお願い致します。

稽古でお疲れの体に寒さは、体調不良の原因となります・・・。
是非、ご検討をお願い致します。
他に笹的に気づいたことがあれば、後日「業務連絡」にてご連絡致します。


▼それ以外のアドバイスはコチラを参照ください(過去の記事)
http://apfel.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/201351112-6e5f.html



★先生役をやっていると改めて覚えることが多いです
今週も新規会員さんの先生役をやらせて頂きました。

相変わらず脇道の多い説明をすることもありますが、
先生役をやらせて頂くうちに、
相手が「理解できる」言葉を見つけられるようになってきました。

人はそれぞれ、理解できる表現や単語を持っています。
どれだけ正確な説明ができたとしても、
その説明を受け取る人の表現や単語と合っていなければ、
伝わったことになりません。

やはり、受け取る人が本当に理解できる言葉を選び、
投げることが出来た時、受け取った人の表情が変わります。

表情を読み取りつつ、言葉を選んで地道に投げてみております。
伝えたい言葉を、同じニュアンスを持つ別の言葉に置き換えてみたり。
置き換えた別の言葉によって、自分が考えていたことを改めて知ったり。

先生方は「教えることも勉強」だとよく仰っていますが、
本当にそうだと思います。

いつか、受け取り手が理解しやすい言葉選びが
できるようになれたらいいなぁ。

川越遠征に行ってきましたー(2016年4月9日~11日 楽しかった(^-^))

朝、気がつけば顔面にスマートフォンを乗せて寝てました☆笹です。

昨晩はスマフォでメールチェックをした以降の記憶が途切れているので、
そのへんで寝ちゃったらしいのです。

昨晩のスマフォは、顔の上に縦長にぺったりと乗っかってました。
前回はオデコの上に横長にまったりと乗っかってました。
今度はどんな風に乗っかるのか、今から楽しみです(笑)


毎週末にブログを更新するヤツが、更新していないじゃないか・・・!
何をやらかしてブログ書けない状態なのでは、笹のヤツ・・・!


・・・と、ちょこちょこブログを覘いては
心を砕いて下さる方々に笹は支えられております。有難うございます。

笹、生きてます(^▽^)ノ
朝ゴハンと昼ゴハン、元気に食べてます(^▽^)v

後述いたしますが、遠征にいっておりまして、
遠征の疲れでバタンキュー(死語)してしまいました。

書きたいことがたっくさんあるのですー。すー。 ヽ(´▽`)/ キャッホイ
遅ればせながらトップギアでお送り致します。


☆☆☆☆☆


4月10日に埼玉県は川越市にて行われた
林崎甚助重信公 追悼法要演武会へ、今年も参加させて頂きました。

川越市には前日入りしまして、荷物を宿泊先に預けて
喜多院  → 郷土資料館 →  川越城本丸御殿  → 菓子屋横丁を観光しました。

喜多院は内覧もしまして、
家光公、春日局ゆかりの品々や遺構を見学した際に、
当時、川越で活動していた職人さんたちの絵図を拝見したところ、
もちろん刀を作る職人さん(刀師)もありました。

絵図には鍛刀場で鞴で火と風を起こし、鋼を鍛える姿や、
その傍らで、出来上がったばかりの刀を研ぐ職人さんの姿、
熱いだろう鍛刀場へ薬缶で水を運ぶ女性や、子供の姿が描かれておりました。
絵図の名目上、すべてをありのままに描いているものとは思えませんが、
女性の入出はあまり歓迎されない神聖な鍛刀場に、女性がいたのが意外でした。
描かれていた女性は刀鍛冶さんではなさそうでしたし、
許可が得られれば、鍛刀場に入れたのかもしれません。
調べてみたいと思います。(^-^)

あと、弓師と矢師がいたのが意外でした。
てっきり弓を作る人が矢も作っちゃうのかなと思っていたので、
先生方にそうお伝えしたら、
「え、刀だって鞘師、鎺(はばき)師、鍔師、分業でしょう?」と、
白い目で見られました(^▽^;)
た、たしかに・・・言われてみれば納得です(^▽^;) デスヨネー

郷土資料館では、槍の名手・後藤又兵衛が身に付けたという兜と鎧を拝見し、
槍の人も兜を付けるのか・・・と驚いた姿を先生方に驚かれました(笑)

川越城本丸御殿は外観だけ見学しました。
生活の様子を伝える模型もあったらしいので、
また機会あれば見学してみたいです(^-^)

この本丸御殿、外観の雰囲気が修道館に似ている気がしていたところ、
建物のちょうど向かいに初雁武徳殿と銘された石碑が建立してありまして。
気になって調べてみたところ、
本丸御殿は武道場として使われていた時期があったそうです。
高野佐三郎先生が発足に尽力なさったとか)
本丸御殿で、居合の稽古とかあったのかもしれないなと想像したら、
ワクワク楽しくなりました(^-^)

あとは菓子屋横丁で生まれて初めてカルメ焼きを食べました。
キャ○メルコ○ンみたいな歯触りのするお菓子かと思ってたら、
違うのですね!(・▽・)
お砂糖!綿飴の固形版。

先生方は小さい頃に食べた経験があるそうですが、
「子供の頃は甘くて美味しかったんだけどなぁ」と、
大きめのカルメ焼きを頬張りながら甘さにグッタリされておりました。
笹も・・・グッタリしました・・・。
次回は、木刀になりそうな長さの麩菓子に挑戦したいと思います。


観光を楽んで真剣のモリさんの待つ宿泊先へ戻ったところ、
案の定、憤るカニが四杯おりました。

おもてかに「「かにらを置いて、美味しいモノ食べて観光してずるい!」」
うらかに「「笹ばかり、ずるい!」」

・・・と、目貫の”かに~ず”が憤慨しておりました(^▽^;)
チョコレートを納めたら、すんなり懐柔されてくれました(笑)


☆☆☆


翌日。
前日の懇親会にも参加された狭山のS先生も合流し、
林崎甚助重信公 追悼法要演武会、です。 (`・ω・´)キリッ


はじめに林崎公の法要が執り行われた後、
蓮馨寺の境内に設けられた演武場にて、
総勢9団体、9流派で、始終和やかに演武が行われました。

笹もだいぶ「見る」ことに慣れてきたのか、
業のこまかいところまで見られるようになってきました。

伯耆流の低い姿勢のままで繰り出される抜き付けや突き業、
関口流の常に敵に付き付ける運剣、
二天一流の左右の手に持つ大小の刀で自在に
攻守を切り替えていく動き、
長谷川流の和術は英信流の根本に迫るもので、
どの流派もとっても印象的でした。

相手の間合いに敢えて入り、
相手からの繰り出される斬りつけを避けて攻めに転じたり、
刀の平で相手の刀を押さえつけたり。
逆袈裟で低い姿勢から抜き付けたり。
拝見していてワクワクしました(^▽^)スゴイ

残念ながら昨年お話させて頂いた女性剣士の方と
お会いできませんでしたが、
流派の違いについて楽しくお話したことを思い出し、
自分の志す流派はもちろんですが、
他の流派の特徴は少なくとも押さえておけるようになろうと思いました。

徐々に、各団体の剣士の方々とお話できるようになれたらいいなぁ。
目で見た業を実際になさる方とお話できたら、理解が深くなると思う。
自分の流派ではやらない動きだから・・・という理由で
切り捨てるのは勿体なさすぎる。

来年また参加させて頂けることを願いつつ、
インターネットの隅っこより、
主催および運営側の皆様と、他団体の皆様に
心より御礼申し上げます。
有難うございました(^0^)ノ


学ぶこと、まだまだまだまだいろいろあるぞー。
頑張るべしー。

暖かかったり寒かったり(2016年4月2日~3日 桜開花宣言)

ショーケースに並ぶ春色のお菓子・・・の、サンプル。
お菓子を求めに行くたびに、
ショーケースに広がる魅惑的な世界を堪能するワケなのですが。


「すみません、このサンプルはこのお値段で頂けるのですか(・▽・)」

・・・と、店員さんにいつか言いかねない衝動を抱えて
春を過ごしております☆笹です(笑)

冬に寂しさの成分が含まれているなら、
淡い黄色や桃色、白、目にも優しい色合いの装いには、
冬の寒さで硬くなったココロを蕩かす成分が含まれているような気がします。たぶん。
ココロが蕩かされているからこそ、如何なるものも受け入れる気持ちになれて、
いろんなモノを見たり、触れたり、人に会いたくなったりするのかなと、
想ったりしてみちゃったりする今日この頃。


☆☆☆☆☆

桜の開花宣言が出た宮城県は仙台市。
とはいうものの、春先の寒暖の差を吹っ飛ばせ! 稽古です。
週末の稽古に参加される会員の方々が全員集まりました(^▽^)v

今週もまた睡魔と闘いつつお送りしております。
只今、睡魔から繰り出される空手チョップの嵐を、
笹は布団叩きで応戦してますの(=▽=)
日頃の「受流し」の稽古の成果が窺える乱戦模様となっております(笑)


★プチ日本刀鑑賞会 at 稽古場 を行いました
今週も先生方と相談の上、
二手に分かれて新規入会の方のご指導と、
普段の稽古(居合道形、大日本抜刀法、正座、立膝)の他、
来る埼玉県川越市は蓮馨寺にて行われる奉納居合演武の、
模擬練習をおこないました。

同じ場所で各々が異なる稽古を行うという、
今までなかった新鮮な状況になっております(^▽^)

各々が一生懸命に取り組み、ちょっと疲れたかなというところで
当会では「お茶休憩」という、その名のとおり熱いお茶を頂きつつ
ホッコリと一息入れる時間があります。

このお茶休憩、最近では刀の拵え(刀装)が専らの話題となっておりまして。
折角なので会員の方々の拵えや姿を見てみよう・・・ということで、
お持ちの刀を並べて、目貫や鍔、笄櫃や小柄櫃の形や、金物の材質、
鞘の塗りや栗形の位置など、それぞれの刀が持つ意匠、
造り込みの違いを見て楽しみました(^▽^)

会員の方々がお持ちの刀は、
なんどか拝見する機会があったのですが、
改めて拝見すると新しく気づくことも多くあり、
S先生の目貫は梅の花、Y先生の目貫は唐獅子だということを知りました。

そんでもって、現在Aさんが使っている「ムネチカ」さんの目貫が、
兜と矢だったことを、初めて知りました。(・0・)オォー

笹も以前、ムネチカさんをお借りしていたのですが、
当時はなぜか「カタツムリ」って教わってたのですが・・・(^▽^;)ゼンゼン チガッテタ
見ているようで、案外見ていないものですねー。

みんなで見比べながら、刀身に対する柄の長さや反りの微妙な違いを見てみたり。
「こうやって並べてみると圧巻だねぇ」なんて言いながら、
ワイワイ鑑賞しました(^▽^)
楽しかったです~♪
またいろいろ勉強できたらと思いまっす。



★伝承会ホームページを更新しました

160403_3

伝承会の修行録を久しぶりに更新しました♪
このコーナーの更新はじつに2ヵ月ぶり。
新規会員さんの熱意をお伝えすべく、掲載させて頂きました。(-_☆)キュピーン
よろしければ覘いてみてください(^-^)


▼河野百錬・伝承会ホームページ(直接ジャンプします)▼
http://homepage2.nifty.com/apfel/index.html


大阪の居合愛好会のK先生との共同研究「ヒガデン計画」も、
実現に向けて着々と準備を進めて下さっているようです。

笹も気を引き締めて取り組んで参りたいと思いまっす!

(睡魔に16文キックをかまさられたので、
大人しく轟沈したいと思います(-_-)チーン)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ