« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

合同稽古合宿 無事終わりました(2016年5月30日 合宿の余韻に浸っております)

カンカン照りでぴっかぴかのお日様も応援してくれたのでしょうか。
2日間行われた、林崎居合神社での合同稽古合宿も、
当日を迎えるまでは長~い時間があったのに、
いざ合宿が始まってしまえば時の経つのはあっという間。

光速で終わった合宿の余韻に浸りつつ、
普段に輪をかけてのほほんと、ゆるゆると
過ごしております☆笹です (´▽`) ウットリ
まったりし過ぎてハチミツになってしまいそうな勢いです(笑)


3年ぶりに行われた弊会の合宿に参加して下さった皆様、
初めての方も、ご経験のある方も、
遠路お越し下さった方も、近くからお越し下さった方も、
本当にお疲れ様でした。

「居合」を根幹にして
年齢も性別も、居住地も環境もひとっ跳びして
林崎居合神社へ集まり、和気藹々と和やかに過ごせましたことを
インターネットの隅っこから、心より御礼申し上げます。


正座、立膝、居業、立業、刀法に大日本抜刀法と、番外。
これらの業1ルーティンを2~3回繰り返し通し稽古をするという、
今回はガッツリ体育会系な合宿となりました。

笹的には「たくさん業がやれるー♪ ヽ(´▽`)/ キャッホイ」
という感じだったのですが・・・結構キツかったのかしら・・・
1日目の後半頃にはグッタリされている方もおられました(^▽^;)
お体、ご自愛くださいませ・・・。

念願の「ヒガデン計画」の初稽古もK先生とできましたし、
笹としては大満足でゴザイマス(^▽^)
初稽古で掴んだ感触を忘れないようメモして、
撮影した動画で、イメージトレーニングに勤しみたいと思います!


あ。
伝承会ホームページの「稽古風景」に合宿の様子をアップしました。
よろしければ覘いてみてください♪


▼伝承会ホームページ(直接ジャンプします)
http://homepage2.nifty.com/apfel/index.html


160530_pic


いろいろあるけれど、やっぱり居合が好きだー。
頑張ろうー。


暑くてアツイい稽古なのです(2016年5月21日~22日 合宿ももうすぐ)

笹んちの近くでG7!

・・・厳密に申しますと、
笹の住む地域からちょっと西へ行った秋保(あきう)地区にて、
G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議が執り行われ、
無事に閉会した模様です。

宮城県屈指の温泉街として名高い秋保。
最近では地元スーパーの経営術が注目を浴び、
おはぎ」でも一躍有名になりました。

その歴史を辿りますと、遠く昔、壇ノ浦の戦いに敗れ、
全国各地へ逃れた平家がルーツとなりまして、
当時の秋保郷へ平清盛の子・重盛が落ち延び、
のちの秋保氏の始祖となったといい伝えられています。

そこから流れて江戸時代。
伊達政宗による葛西一揆討伐に参加した秋保氏は、
戦で功を得たことから伊達家家臣と格付けされることとなります。

そういえば笹、秋保のお殿様の佩刀を拝見したことがあったな・・・。
伊達家から授かった短刀が名取川に落ちて流れ流れて、
仙台城まで行きついたという逸話も聞いたっけ・・・。

ちなみに笹が住む地域も調べてみたところ、
川の砂を吹き、製鐵をしていた跡があるという調査が出ているのですって。
野鍛冶さんが昔、きっといたんだ。
この山深い所で、どんな暮らしをしていたんだろう。
興味深い歴史って、近所にあるものですね(・▽・)


☆☆☆☆☆

先週から今週にかけて、
日本刀の先生方や刀鍛冶さんにお会いする機会もあり。
笹には読めない古文書の内容を説明いただき、
居合を志す人間として、日本刀に対する礼節はもちろんのこと、
歴史もある程度わきまえておきたいと思っています☆笹です。

淡いばかりの緑から瑞々しい緑へ移りゆく宮城県は仙台市。
寒暖の差が著しいなか、今週も今週とて稽古です!


★居合腰・居合膝は低ければ低いほど歩きやすかったです
先週の稽古でS先生よりこってりご指摘頂いたものの一部、
「そもそも業を行う際の歩行で、
角帯を締めているあたりの部分が、なぜかピコピコ動いていて、
なんだかニワトリみたいな動きになってる」問題。

笹、ニワトリは嫌です(T▽T)
ニワトリ問題を解決すべく、あれこれやってみたところ、
腰骨から肋骨の間を浮かす・・・しっかり腹部を起こしていなかったことが
わかってきました。

この腰骨から肋骨の間を浮かすことを、
河野百錬先生は図譜において
正座・端坐の姿勢で下記のように著しています。

「正座の姿勢は、顎をひきて肩を下し胸を張らず、
腹を出して腰に十分の気力を注ぎ・・・」
「端坐の座勢は顎を十分に引いて後首筋を伸ばし
頭上にて空天をあく迄も突き上げる意気にて体をのびのびと頭を上にそびやかし・・・」

今振り返って図譜を拝読すると・・・
上体を起こすための心持ちがしっかり記してあることに気がつきます。

笹「・・・あー(やっと理解したの”あー”)」
S先生「あー、じゃないっ」


そんでもって歩き方もご指導頂き、
居合腰をより低くし、膕(ひかがみ)を伸ばし、
爪先で地面を蹴らない歩き方をしていたところ。
腰の位置がより地面に近ければ近いほど、
歩きやすいことに気がつきました(・▽・)ワー

上体が低いことで脚や膝に負担がかかるかと考えていたのですが、
そんなことはなくスイスイ歩けるのです。
しばらく「泳げスイミー」状態で稽古場を回遊していました(笑)
笹が回遊している時に稽古場へ来られた方は、
さぞかし「なにやってんだ」と思われたことでしょう(笑)

笹「わー、(居合腰が)低いほうが、歩くの楽ですね(・▽・)」
S先生「!?(-_-;) ”楽”というか、居合腰での歩き方はそういうものだよ・・・」

上体の起こし方も、居合腰での歩き方も習得できれば、
ニワトリ問題も、解決できるかもしれません♪
頑張るぞー。


★伝承会HP、更新しました。

160522_pic

今回は下記の内容で更新しました。
・伝承会の修行録
・稽古風景の形式を変更、新しい写真を追加
・今後の予定に1件追加

覘いてくださると嬉しいです(^▽^)ノ

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://homepage2.nifty.com/apfel/index.html


先生方の意気込みももちろんですが、
先生方以上にAさんとKさんの習得の速さが・・・見事なのです(^▽^)
Y先生のご門下になられたHさんも稽古にいらっしゃいました♪

進学や就職、異動など、続けられない状況になることが多いけれど、
如何なる状況になっても、稽古場が変わったとしても、
ぜひ居合「道」を末永く続けて頂けたらと思います。
細く長く続け、積み重ねていくことが、
剣も心も養われることになるのだと思います。


エラそうなこと言ってますが、
ちなみに笹、入門から2~3ヵ月経った当時、
笹は先生方をとことん悩ませていた気がします(^▽^;)スミマセンデシタ


いよいよ週末は合同合宿稽古会ですよー。
頑張ってまいりましょうっ。

いろいろ直すところがっ(2016年5月14日~15日 来週は合宿)

仙台・青葉まつりでお囃子やすずめ踊りで賑わった宮城県は仙台市。
周辺の杜や山々は、今まさに藤の花に涼やかに彩られております。

★稽古会に向けてスケジュール最終調整です
来週末はいよいよ合同合宿稽古会!・・・・ということで、
最終的な稽古スケジュールを詰めるべく、当会の稽古場も賑わいました。
食事のメニューも決まりましたよっ。


♪ぴんぽんぱんぽーん♪


・・・・・・・・・・(マイクが傾く)



・・・・・・・・・・ゴッ!!!(床にマイクが落ちる)



(笹、マイクを慌てて拾う)



業務連絡、業務連絡。(スーパーの業務連絡の口調で)
来週末、合同稽古会へお越し下さる方々へ、笹的な業務連絡。
参加者各位でご持参頂くものと、弊会で用意するものをお伝え致します。

◎参加者各位でご持参頂きたいもの
 ・普段服用しているお薬
 ・保険証
 ・稽古着一式…道着、袴、角帯、汗拭きタオルなど
 ・刀、鞘付き木刀(※1)
 ・雪駄またはサンダル
 ・洗面用具一式…タオル、シャンプー、石鹸、歯ブラシ
 ・寝巻を兼ねたジャージまたはトレーナー
 ・防寒着…薄いセーター、ステテコ、ババシャツなど(※2)

[注釈]
※1居合道形を稽古する方は持参下さい。
※2山形県は盆地という土地柄、朝晩は寒いです。
  疲れた体に寒さは風邪の原因になりますのでご検討ください。

◎伝承会で用意するもの
 ・延長コード14コ口分(5~6コ口×3つ。スマフォなど電子機器の充電用)
 ・DVD再生機
 ・ヘアドライヤー(女性用♪)

尚、稽古会は神社境内のみで活動致します。
稽古で飲み物が必要な場合は、
境内を出て徒歩3分程度の距離にある自動販売機をご利用ください。
自販機は種類に限りがありますので、
居合神社へ行く前にコンビニなどでご用意されるとよいと思います。
(宿泊施設に冷蔵庫あります)

ちなみに今回は、伝承会名物(?)「お茶休憩」なるものを
稽古の途中で取り入れております(^▽^)
笹、全国各地の道場でもお茶を淹れて休憩する時間があるものだと
思ってたのですが、そうではないと4年前に知りました(笑)

一面に広がる初夏の田園風景と、境内の木々の囁きや木洩れ日を感じつつ、
「お茶休憩」を堪能して頂ければと思います(笑)

以上、笹からの業務連絡でした。


♪ぴんぽんぱんぽーん♪


★伝承会ホームページ更新しました
 ・河野百錬先生のことをまとめた「百錬コラム」を最適化しました。
 ・今後の予定を追加(専ら弊会の予定確認用になる模様)

今後は写真をまとめた「稽古風景」を充実させていきたいなと思っています(^-^)
笹の撮影テクニックでは居合の迫力は残念ながらお伝えできないので、
ちょっとした、ふとした「間」や「空気」でお伝えできたらいいな。

▽伝承会HPはこちら(直接ジャンプします)
http://homepage2.nifty.com/apfel/index.html



★びっしばし稽古でお灸を据えられました(-_-)

S先生「ちょっと目を離しておけば・・・ヘンな癖ついてるぞ・・・(-_-メ)」


ということで、両手ほどのご指摘頂きまして・・・(T_T)
手の裡もオカシイし、
そもそも横一文字に抜き付ける右手の指の締め方もオカシかったし、
手の裡を直したら直したらで、抜き付けが「横一文字」にならないし、
「横ななめ文字」みたいになってるし( ← どんな形状ですかソレ)、
柄掛かりも右手首が曲がり過ぎてるし、
本来であれば左手で柄を動かして右手に合わせてやるべきところを、
右手が無理して左に合わせてるし、
納刀の際も、鞘の鯉口を握る左手の親指と人差し指がぴらぴら動いて危ないし、
実際に納刀した時に、柄を押さえつけているようだし、
大血振りの動きは剣先の高さが途中で極端に上がるし、
無駄に勢いが良すぎるし、
正座「附込」の血拭いの左手の手付きが危ういし、
その時の右手の手の裡がオカシイし、
そういえば、そもそも業を行う際の歩行で、
角帯を締めているあたりの部分が、なぜかピコピコ動いていて、
なんだかニワトリみたいな動きになってるし。


・・・書き出せばキリがないわー。

両手で数えきれないじゃないかぁ。



きゃーっ。


もう少しヘコんで、また頑張ります・・・。

あっという間の連休でした(2016年5月7日~8日 青葉が綺麗です)

名古屋駅地下に佇むとある喫茶店。
店先のショーウィンドウに「ホットドッグ売切れました」という張り紙があり。

そのショーウィンドウに近づいて、
ホットドッグの食品サンプルが置いてあるか確認しました☆笹です。
ええ、疲れてますの(笑)

しかし、ホットドッグだけが売り切れる喫茶店っていうのもなんだか不思議ですね。
ホットドッグが特に美味しい喫茶店なのかしら・・・。
それか、ホットドッグは一日ひとつしか作らないこだわりを持つお店なのかしら・・・。
それか今日はホットドッグがすっごく食べたい人の来店が多い日だったのかしら・・・。

お土産を買うために交代制の荷物見張り番をしながら、
その張り紙を眺めつついろいろ考えておりました。
摩訶不思議 喫茶店 at 名古屋 ( ̄▽ ̄)


★名古屋本部へ行って参りましたー
今年も5月3日~5日にかけて、名張経由で名古屋に行って参りました!
当会が所属する連盟の理事会が行われるため、
笹も同行させて頂きまして、
一年ぶりに本部の剣士の方々とお会いすることができました(^▽^)v

新しく入門された方や、今後入門を検討されている方も多く、
一言で申しますと、「多彩な方々が多い!」という印象を受けました。
居合を始めるキッカケも、居合「道」を志すキッカケも、
居合を続ける目的や理由も、
人それぞれあるのだな・・・と、お話を拝聴しながら思いました。

宿泊先までお車で送ってくださったT先生、
音楽CDを下さった鹿児島のKさん(Hさんによろしくお伝えください)、
宿泊先のロビーまで笹の荷物を運んでくださったMさん、
可愛い子犬を見せてくださったKさん(お体、お大事にです)、
忙しい合間をぬってお相手してくださった女性剣士のNさん、
話す余裕もないまま過ぎてしまったNさんご夫妻、
ちょっとだけ武道談義をさせて頂いたYさん。

性懲りもなくまたお邪魔させて頂きたいと思いますので、
来年、またお目に掛かれたら嬉しいです(^-^)ノ
インターネットの隅っこから、御礼申し上げます。


★Kさん居合刀購入に向け奮闘中です
突風が吹きすさぶなか、
仙台国際ハーフマラソンが行われた宮城県は仙台市。
連休があっても稽古はありますよー。
ランナーの熱意に負けじと今週も稽古です。

今週はお茶休憩を境目に前半と後半に分けて、
AさんとKさんへの業のご指導、英信流の業すべて通し稽古、
居合道形(土佐英信流含む)を行いました。
真剣に稽古していると、いつの間にか汗をかいている・・・。
稽古場の窓を開けて、吹き込んでくる風が心地よい。
そんな季節になってまいりました。

当会のお茶休憩は、最近は専ら日本刀の話になることが多いのですが、
満を持して、Kさんが居合刀の購入をご検討され始めたようです。(^-^)

今週はAさんの淹れてくださったお茶とお菓子(Aさんご馳走様でした~)を
皆で頂きつつ、
Kさんはご自身にぴったり合った居合刀にすべく、
先生方とご相談されながら、刀身の長さ、柄の長さや太さ、
目貫の位置などを巻き尺を使って慎重に調べていらっしゃいました。

ご相談の結果、実物を持って感触を確かめてみたほうがよいのではないか、
という結論になり、Kさんの条件に合いそうな居合刀をお持ちの方を訪ねて、
今後、Y先生の道場へ伺うそうです。
Y先生の道場デビューですね♪

居合刀の調査も、稽古もぜひ楽しんで頂ければと思いまっす(^▽^)ノ

そういえば4年前(?)にもIさんや姉弟子Hさんも、
同じように居合刀を求められていましたねー。
わー、どんな居合刀になるんでしょう。楽しみ楽しみ。


★笹、「振りかぶり過ぎ」矯正中

S先生「四段にもなって・・・いい加減に直しなさい(-_-メ)」

笹「・・・・・・はい (-_-;)」


・・・諸手振りかぶりの動きについて、
これらの会話の往来が幾度あったことでしょう(遠い目)

最近はこれに加え、

S先生「笹が教えているAさんがきちんと出来ているのに、
教えてる笹が出来てなくてどうすんだ(-_-メ)」

という鉄槌も加わり。

笹の癖のひとつである、
「諸手振りかぶりが必要以上になされている」問題について、
いよいよ、本格的に矯正していくことになりました。
・・・そもそも、笹が今まで直していなかったこと自体が
問題なのですけれど(-_-)チーン

横一文字から、または正眼の構えからの諸手振りかぶりに動きを変え、
なんどか素振りを行い、S先生に見て頂いた結果、

・素振りをしていく毎に、素振りするごとに左腕が伸びている。
 ⇒左腕、左肘が本来あるべき形に定まっていない。
  (正眼に構えた時の、左腕・ 左肘の角度や曲げがあるべき形)

・横一文字→諸手振りかぶりの動きの際に、刀の切先の位置が極端に下がる。
 ⇒刀の柄を握る左手の小指・薬指の締めが足りていない。

・・・という原因があることがわかりました。

本来あるべき形に対し、微量なズレが繰り返し発生すれば、
最終的には膨大なズレに発展します。

これだけズレる原因があれば、
確かに振りかぶり過ぎになりますよね・・・(遠い目)

心して、ホントに、本気で矯正します!!


★合同稽古合宿もいよいよ今月末です
来たる居合神社での合同稽古合宿を控え、
互いの会の先生方に、引き続き日程を詰めて頂いております。

現時点で笹がお手伝いできそうなことは・・・
本ブログにちょろちょろ情報を載せることくらいです。
・・・と思ったら、河野先生の本を読み直したり、
居合道形の復習をしなくちゃです!
いろいろありますね!(@_@)グルグル


▼山寺観光協会(県外からお越しの方向け)
http://www.yamaderakankou.com/

天童から車で20分くらい。観光客向けの駐車場があります。
森から吹き込む風が心地いいところです。
玉こんにゃくと板ソバは絶品、焼き魚も美味しいです。
立石寺まではかなり高低差があり、参道はちょっとした筋トレになります(^-^;)


▼居合神社 居合振武館 間取り図(初来訪の方向け)
http://www.murayama-taikyou.com/index.php/sisetsu/iai

剣道場と宿泊施設が一緒になっています。
市が運営していますので、お部屋、洗面所、お手洗い、浴室、寝具は清潔です。
自動販売機の類は一切ありません。
館内は禁煙。喫煙は玄関前(ポーチ)のみ許可されています。



いろいろあるけれど、頑張るすかねーべしゃー。

左手を使うという意味(2016年4月30日~5月1日 寒い)

ストーブを点けるとちょうどよくなるくらい、冷え込んだ宮城県は仙台市。
先週は稽古場の窓を開けたくらい暖かくなったと思えば、
今週はストーブに手をかざしたい寒さになりました。

そんな寒さもすぐに暑くなるぜ! 今週も今週とて稽古です。
S会長から差し入れ頂いたクッキーがとっても美味しかったです☆笹です。
最近は休憩の際に、美味しいお茶をAさんが淹れてくださいます(^-^)

今日もたっくさん話したいことがあるのですよー。よー。
睡魔に負けないようサクサクお送り致します。


☆新人のAさん・Kさん 稽古着を揃えました♪
いよいよ稽古への本格始動に備えて道着と袴を揃えられました(^▽^)v

当会は道着と袴について、形状はある程度決めておりますが、
ご本人の寸法に合って体が十分に動かせるものであれば、
色や材質は購入される方の任意となっております。
夏季と冬季で薄手と厚手の道着を使い分ける方もいらっしゃいます。

道着や袴を買うのって、ドキドキしますよね。
剣道や合気道、弓道など武道を経験されていない方にとって、
道着や袴は、自分の知る日常とは別の世界にある装い。

入門したてだった当時の笹は、
ご多聞に漏れず武道は未経験だったため、
剣道具屋さんで買い物をすることが初めてで、
お店では始終、汗ダラダラでした(笑)

道着と袴を揃えるという第一ステップ完了、
おふたりともお疲れ様でした~(^▽^)ノ
引き続き、稽古がんばってまいりまっしょう~♪


☆左手を使うという意味が、少しだけわかりました
河野百錬先生はご生前、
「目に見えるものの働きは目に見えないものの働きによるもの」と、
常々仰っていたようです。
その言葉は居合の業に、稽古以外の日常にも
当てはまることのように思います。

居合の業に関して、河野先生は具体的に下記のように述べています。
”すべてが右手の活動は左手に、前面への動作は後ろに、右側への働きは左にと
夫々其の裏(反対の方)に活動の根基あり。
故に其の裏の働きに気を注ぎ裏の空にならぬ事大事也。
(大日本居合道図譜より一部抜粋)”

この言葉を笹は、業のなかにある様々な動きのうち、
横一文字の抜き付け、片手袈裟、脛囲いといった
相手に直接応じるための動きについてだけだと、
無意識で思っておりました。


今日もモソモソと稽古をしていた際にふと、この言葉を思い出し。

動作というのは、相手に応じる動き(抜き付け、脛囲いなど)を
糸のように繋げるための動きがある。
相手に応じる動きが目に見えるものであれば、
糸のように繋げるための動きは目に見えないものと、
大きく分けることができる。

では、それらの精度を掘り下げて見たらどうか。

例えば、抜き付ける直前に行っている、
左手が鞘を握り、鯉口を切り、鞘を引く動きや、
右手が柄を握るまでの動きのなかにも、
目に見えるものと目に見えないものが、あるのではないかと思ったのです。

そう思った時に、
今まで右手が主導的に行っていた動きを左手が代わってできるようになりました。

具体的にいえば横一文字の場合、
右手で抜き付ける直前までの動き・・・柄頭を敵に向ける、
右手に柄を握らせるために、刀を前方へ進ませる、鞘を後方に引くこと。

その動きに対し、
右手は本当に必要な時(敵と直接応じる時)以外は、刀に添わせているだけ。
敵へ柄頭で照準を向け、いざ抜き付けるために鞘を後方に引くことを、
左手にやらせる。

右手がやっていたことを左手に代わってやらせたことで、
大きな変化は感じられませんでしたが、
なんとなく、鞘手の引きが、より強く、より自由になった気がしました。


うーん。


河野先生の仰る「右手の活動は左手に活動の根基がある」というのは、
こういう意味なのかしら。

左手の仕事が多くなった分、左手の自由度が広がるというのは、
なんだか矛盾した文章になっていますね(^-^;)

でも、その通りなのです。


うーん。


もう少し、あがけばなにか見えてくるかもしれません。

・・・笹の方向性が間違っていなければですが(-_-)チーン


今度、先生方に相談してみようと思います。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ