« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

地道に楽しく頑張ります(2016年7月30~31日 仙台は梅雨明け)

仙台すずめ踊りで賑わう宮城県は仙台市内。
すずめ踊りのステージとなる会場からほど近いところに
アンパンマンこどもミュージアムなる施設があることから、
今年は同アニメの登場キャラクターも、すずめ踊りの祭連(まづら)として参加。
キレとコクのある演舞を披露し、こどもたちを大いに楽しませた模様です。
・・・ア○パン○マンって、器用だなぁ・・・。

笹もアン○ンマンに負けじと頑張ってますよ!( ← 張り合わないでください)
S先生から課せられた居合に関する宿題と、
自分で課した日本刀の宿題をこなすべく、地道に取り組んでおります (`・ω・´)キリッ

「学ぶ」といっても学生時代に習う、数学や国語といった
ひとつの問いに対し必ずひとつの解があるわけではなく、
一度やったからといってコトの全てを習得できるものではないので、
長い目で反復稽古が必要になるのだと思います。
地道に・・・時としては楽しさを感じられない時もあるのですが・・・
楽しんでやっていきたいと思います!


☆☆☆☆☆


梅雨明けをそのまま表したかのような晴天。
今週もたっくさん書きたいことがあるのですよー。 ヽ(´▽`)/キャッホイ


★見学の方がお越しくださいました。
大変ありがたいことに、見学の方が1名お越しくださいました。
夏の暑さを凌ぐ熱意をもって稽古を見学なさいまして、
その熱意に応えるべく
大日本抜刀法、正座、立膝、居業、立業、刀法、番外の業、
土佐英信流の太刀打ちの位の業を行いました。
計52本・・・すべての業を抜いたのは本当に久しぶりです・・・!

せっかく居合「道」に入るのなら、
ご自身が心からやりたいと思える流派を、
且つ、勤務体系に無理のない道場を選んで頂きたく、
県内の他の道場もご紹介しました。
ひととおり各道場を巡った後、
ご縁あれば、ご一緒に稽古をさせて頂ければと思います(^-^)ノ

ちなみに笹は道場さがしをしていた時、
地元の武道具屋さんで居合道場を訪ねたところ、
止水会様を紹介されまして。
当会(伝承会)と、止水会様のどちらかにしようと思っておりました。

結論としては先に見学した当会に落ち着きましたが、
今現在、止水会様とお付き合いさせて頂いているのは
とっても感慨深い気持ちになります(^▽^)


★Aさん、正座の業をすべて習いました
入門してほぼ5カ月のAさんとKさん。
やる気をみなぎらせて毎週の稽古に取り組んでおられ。
Kさんに続き、Aさんも今週、正座の業をすべて習い終わりました ヽ(´▽`)/

各業で行う体捌きや運剣に不安を覚えられているようでしたが、
繰り返し稽古することで、身に付きます。
先生方も付き添ってくださいますので、心配ないですよー。
(笹も先生役、頑張る・・・)

おふたりは今後、立膝の業に挑戦です。
Y先生のご門下の新規会員さんも、正座に真摯に取り組んでおられる模様。
皆様、焦らずファイトなのです。


★茹でたてトウモロコシと美味しい桃をご馳走になりました
当初は、稽古の合間の小休憩、水分補給として設けられていた、
当会名物「お茶休憩」。
最近はお茶の他に、お茶請けまで出てきてしまう賑わいを見せております(笑)

先週の朝採りキュウリの一本漬けに続き、
今週は朝採れたて・茹でたてのトウモロコシをY先生、
甘い桃をIさん(Y先生のご門下)が持ってきてくださいました。

ほんのり茹でたての温かさのある、甘いトウモロコシと、
瑞々しい桃(皮を剥いてくださいまして・・・カットされたサイズの正確さに感動)を
頬張りながら、熱いお茶を美味しく頂きました。

まったりお茶休憩を楽しみながら
「何しにここ(稽古場)へ来てるんだっけ?」とY先生と顔を合わせました(笑)
それでも稽古はできているから・・・稽古とお茶休憩、不思議なバランスを保っています(笑)

Y先生、Iさん、ご馳走様でした~(^▽^)ノ


★諸々の課題はありますが、それとは別に前進も必要
笹は今週も今週とて、斬り下し直前の、
諸手上段の位置が振りかぶり過ぎている問題について
S先生よりこってりお灸を据えられました(-_-)チーン

その他に、刀法の「切先返し」で始めにある、
上段で斬りかかってくる相手の刃を、右腕で刀の平で受けて制する動き。
この動きについて、片手で刀を抜く速度が笹の場合、遅い。
詳しく申しますと、正座や大日本抜刀法に含まれる「横一文字」の速度、
刀が鞘離れするまでの速度が徐々に増していく動きになっていると、
ご指摘を頂きました。

上段で斬りかかってくる相手の刃を制するのだから、
鞘離れするまでの刀に対し、序破急を考慮する暇は全くなく、
刀は鞘から一気に抜けなければ、意味はありません。

その問題と同時に、相手の動く速さを意識する必要があるとご指摘頂きました。
刀を抜くこと自体が命のやり取りである限り、
私が動く速さに変化があるのなら、相手にも同様に変化があるはず。

今回は、刀を鞘から一気に抜く稽古と、相手の動く速さを意識するよう、
宿題を頂きました。

・・・うーん、相手の動きの速さに変化がある・・・意識したことがなかったです・・・。

相手も同じ人間である以上、当然だ・・・。

S先生から頂いた言葉が、とても腑に落ちたのと同時に、
相手の動きを如何に感じるか、考えていく必要があるな・・・。




・・・・・・。


・・・・・・(虚空を見つめつつお茶を飲む)。



・・・・・・(白目)。



面白いけど、ドキドキするなぁ・・・。
最近、ドキドキすること多いなぁ・・・。
頑張るべあ。 ヽ(´▽`)/ ワッショイ

Iさんが稽古仲間としてお越しくださいました(2016年7月24日 曇り空)

日本全国がちっちゃいモンスター探しで沸いている今週末。
モンスター探しよりも人そのものに興味が湧いて仕方がないっす☆笹です。

怒涛の大阪修行も終わり、燃え尽きて呆けたような状態になっていたのですが、
いつまでも燃え尽きたままでいるワケにもいかない・・・ということで、
ヤル気スイッチを入れるべく、
稽古と並行で、日本刀の勉強をボチボチ再開することにしました(^▽^)

先週末は講習会に行ってきまして、
ほぼ同世代の参加者さんと、サブ講師の刀剣研磨師さんたちと
お話することができました。
講習会後はお茶とお菓子を交えてお話。
研磨師さんは刀を研ぐだけではなく、刀の形状を修復するお仕事もされること、
納品する刀剣を納めるために休め鞘を作ること。
お仕事の他に、日本刀という文化を絶えなく守り続けるために
今現在、現役で活動されている方々(職業や人種、芸に限らず)が持ち得る技術や
知識を学び、習得していくことが大切ですねと、
お互いの意見が一致したところで終わりました。

そんでもって。
サブ講師の方々のうち、他の鑑賞会で何度かお会いした方がいらっしゃいまして、
笹の持つ資料をもとに、ご助力頂き、
ちょっと面白い取り組みをやってみることになりました(^m^)ププ
その他にもベテランの方からご助力頂いてやってみたいことが多々あります。

それぞれの結末については、まんずはやってみで、あとで考えんべぁ。
今から楽しみです。


☆☆☆☆☆


ヤル気スイッチが入った今週末。
梅雨のジメジメや蝉しぐれにも負けじと今週も稽古です!!

今週は稽古仲間になってくださる剣士のIさんがいらっしゃいました(^▽^)v
Iさんは河野百錬先生の高弟にあたる、
横浜にお住いのT先生のご門弟になります。

転勤で横浜から仙台へ移られ、
期間中は弊会の道場を使っていただくこととなりました。

同じ流派であっても道場ごとに教えは微細に異なるもの。
今週は弊会の稽古方法をあらかじめご理解いただくため、
S先生よりご説明を受けていらっしゃいました。

ご説明はもう少し続く模様。
とまどうことも多いかもしれませんが、
少しずつ馴染んで頂ければと思います。(^-^)


これで弊会は、10代~60代までの世代がすべて揃ったことになります(-_☆)キュピーン
しかも身長が180センチの方が多くなり・・・平均身長もグッと上がりました(笑)


その傍らでKさんはいよいよ「立膝」の業を習い始めました。
笹は刀の重さと勢いに負けてしまう袈裟斬りを直すため、
S会長よりビシバシご指導を頂きました。
S会長の仰ることがだいぶ理解できてきたような気がしています。
気がだいぶ緩んでましたから・・・ここから引き締めて取り組みたいと思います!


まだまだ覚えること、直すことがたっくさんあるよー。よよよー。
いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
気持ちが揺らぐことなく、暑さに負けず、頑張ってまいりましょー。



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

☆HP更新のお知らせ☆

伝承会の修行録を修正しました♪
よろしければ覘いてくださると嬉しいです。

160724_pic

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://homepage2.nifty.com/apfel/index.html


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

稽古場に扇風機が登場しました(2016年7月16日~17日 梅雨ですね・・・)

巷では三連休の中日である本日。
梅雨空の下、笹んちの近くにある電線では、
子ツバメたちの飛行訓練が繰り返し行われています。

電線にとまって小休憩をとっていると、
子ツバメたちに食べさせるゴハンを持って親ツバメがやってきます。

ゴハン供給 → 飛行訓練 → ゴハン供給 → 飛行訓練・・・を
繰り返しおこなうことで子ツバメたちの体力を作り、
来る巣立ちと越冬の時期に備えているのかもしれません。

その様子をしばらくの間みつめていると、
徐々に、子ツバメたちの休憩時間が長くなっていくのがわかります。
で、最終的には飛行訓練に飽きて
電線にずら~っと居並び続ける子ツバメたちに、
親が慌ただしくゴハンを運び続けるという、
親の体力強化訓練の様相を呈してきます。
・・・親ツバメ、いろんな意味でファイトなのです(笑)


☆☆☆☆☆


湿気と暑さに負けず、今週も今週とて稽古です。
先週はY先生、S先生、笹は大阪へ遠征している間、
S会長とKさんは、みっちり稽古を行い、
なんとKさん、正座の業をすべて網羅しておられました(^▽^)v キャッホイ

今週はほぼ全員が稽古に参加し、
大日本抜刀法、正座の業すべての通し稽古を行いました。
Kさんも先週の稽古の成果をばっちり発揮されておられました(^▽^)

Aさんも正座の業はもうすぐ網羅できそうです。
Y先生の道場におられるTさんも正座の業を始められたと伺いました。
新規会員の皆様、地道に頑張ってくださいー。

笹も入門したばかりの当初、
業を覚えることだけで精いっぱいだった記憶があります。
これでもかというくらい先生方を困らせました(笑)
業の動きを覚えることは大切ですが、
業は相手(仮想敵)があってこそ成せる動きであり、
相手がいる方向、動作を察する目付けが、
業の動きすべての発端であるということを
頭の隅っこに記憶しておいて頂きたいなーと思います。

あ、エラそうに申し上げるつもりは全くなくて、
笹も、今回の遠征でこってりご指導頂いて来まして、
同じ間違いをして欲しくないと思うのです・・・(^▽^;)

理解しているつもりでも、実際やれているかは別問題。
笹の場合、目付けどころかアタマそのものが下を向いているという、
根本的な間違いもやっちゃっています(^▽^|||)

門下の方は、教えた人の動きに似ると申しますけれど、
これは真似して頂きたくない・・・と、切に思います(>_<)


お茶休憩はY先生がキュウリの一本漬けを差し入れにくださいまして、
朝採りの瑞々しさそのままに漬けたキュウリを美味しく頂きました(^w^)オイシカッタデス
Y先生のご自宅で育てたキュウリなのですよー。
先週末に登場した扇風機の前に集まり、
熱いお茶とともにキュウリの一本漬けを頂くと、夏が来たという気持ちになります♪
ちなみに笹、この2日間で9本頂きました  (`・ω・´)キリッ ← 食い過ぎ


☆☆☆☆☆


えっと、先週の遠征の続き、です!
7月10日に執り行われた大阪は住吉大社奉納演武会へお邪魔するにあたり、
前日から大阪の先生方よりご指導頂いておりまして。

K先生のもとで居合道形(太刀打の位)を稽古させて頂いた笹は、
心地よい疲れと共に、堺にある宿泊先に着きまして。

分かれて行動していたY先生とS先生の到着を待っていたところ。
疲れてシオれた先生方が宿泊先に戻ってこられました。
柏原のH先生よりこってりご指導頂いたようです・・・。
予想以上にキビしいご指導だったようで、
その後、食事のため入ったお店でも、先生方はウンウン唸っておられました・・・。
ご指導頂いた内容をどうやって自身に取り込むか、
唸って考えられている先生方を拝見する機会はなかなかないので、
(笹が見ていないだけかと思いますが)
お酒もあまり進まない様子の先生方を
3人分のカルパッチョサラダを平らげながら( ← オイ)、
不思議な気持ちでそのご様子を見ておりました・・・。


その翌日・・・住吉大社奉納演武会の当日。
朝ゴハンをきっちり頂き、宿泊先からいざ出発。
東北ではまだ聴こえない蝉の盛んな声に包まれながら住吉大社へ。
蝉の声を聴くと、今年も大阪で夏を迎えられたなぁと嬉しくなります。

あっという間に演武会の開催時刻となり、あっという間に個人演武。
(業の途中で、刀で床を打ちました・・・(-_-)チーン)
そんでもって、あっという間にK先生との居合道形を奉納する時刻となりました。

打太刀はK先生、仕太刀は笹です。
個人演武がダメだったので気持ちを切り替えないと、
このままでは居合道形まで影響してしまうなと焦りつつ、
先生と互いに端座で向き合い、相互の礼と刀礼、帯刀をしていた時、
相手の動きに合わせ、相手の動きを感じることで、
相手の呼吸や動きを察し、合わせることも外すこともできる・・・はず。
もし私がダメな動きをしても、K先生なら受け止めてくれる、
可能な限り、徹底的にK先生の目を見て、動きに合わせてみよう・・・と、思った瞬間、
ざわついて焦っていた心が静まり、一気に集中できました。

演武中は、
K先生は笹の豪快過ぎる動きをすべて受け止めてくださり、
無事に、K先生と居合道形をやりきることができましたヽ(´▽`)/ ヤター


昨年の稽古合宿でのK先生からのご提案をキッカケに始まり、
あれよあれよという間に、両道場からご了承を頂き本格的に動き始め、
5月末の居合神社での稽古合宿に至り。
両道場の皆様を大いに巻き込み、大いにお時間を頂き、
大いに甘えさせて頂き、無事に居合道形をやりきることができましたことを、
インターネットの隅っこより、心より深く御礼申し上げます。

あっという間だったけれど、なんて濃かったんだこの9ヶ月間!
K先生、ご一緒させて頂いて本当に嬉しかったです。
本当に有難うございます。


・・・実は、K先生と笹の間で「また何かやりたいですね」と
話が持ち上がっております♪
機会があれば是非またご一緒に企ませて頂きたいと思っています(^m^)ウフ




住吉大社での演武会以降、
ちょっと燃え尽き感が否めない笹ではありますが、
今後も地道に頑張って参りたいと思います (`・ω・´)ゝキリッ

さて、来週は剣士の方がお越しくださる予定になっております。
今しばらく、同じ道場で稽古をなさってくださる方です。
楽しみ楽しみ。
がんばろがんばろ。

住吉大社奉納演武会へ行って参りました(2016年7月9日~10日 セミ鳴いてました)

当会では笹、新規会員さんに刀礼や業の動きなどをお教えする、
先生役をやらせて頂く機会が最近は多いのですけれど。

S会長、Y先生、S先生から「(新人さんに対する)師匠」と、
笹は呼ばれることがあります(笑)

使用例でいえば、
「手の裡については師匠が教えてくれるから~」

とか、

「じゃ、師匠、あとは(残りの業の指導)よろしく~」

とか、

「師匠、(新規会員さんに)どこの業まで教えた?」

とかとか。

そんな感じなので最近、残り時間での自主稽古においても、
笹が業で変な動きをしていますと、

「こらっ、師匠!!」

・・・と、時々叱られます(笑)
「こらっ、ポチ!!」と同じ気が


もっとしっかり教えられるよう日頃から勉強しなくちゃー。

☆☆☆☆☆


先週末の土曜日、大阪は住吉大社での奉納演武会へ行って参りました!
疲れ知らずのトップギアでぶっとばした2日間でしたが、
そろそろ疲れがジワリジワリと来ております☆笹です。

ええ、もう、
パソコンのキーを指で押すのに「よいしょ」と掛け声かけてますの。
そんな自分を見つけましたの(笑)

話を戻しますと、今回の遠征はY先生、S先生、笹が参加。
土曜日はY先生・S先生、笹と2グループに分かれ、
Y先生方は河野百錬先生と縁のある大阪は柏原にお住いのH先生の元を訪ね、
業についてご指導を頂き、
笹は奉納演武会を主催される愛好会のK先生と、
ヒガデン計画・・・居合道形(太刀打ちの位)でお手合わせ頂きました(^▽^)

9か月前の京都合宿でK先生のご提案から始まったヒガデン計画。
5月末に林崎居合神社にお越し頂き、
会わない時は各自が仕太刀、打太刀の稽古をするという、
住まいが互いに大阪‐仙台、
同愛好会のAさん曰く「遠距離恋愛」的な地理にも負けず、
ときには両者が香川県にある某うどん体験教室の卒業生だったという
事実が発覚するなど、楽しい情報を盛り込ませつつ、
土曜日もT先生をはじめ会の皆様のご助言を頂きつつ、
居合道形をビシバシお手合わせ頂きました。
途中、お茶休憩のお時間も設けて頂いて楽しい稽古でした(^▽^)キャッホイ

K先生のもとで楽しく稽古させて頂いていたその頃、
柏原を訪ねたY先生とS先生は、
H先生の厳しいご指導・ご指摘をこってり頂いていたそうです・・・。


(睡魔に襲われましたので・・・続きは今週末に・・・)

(とにもかくにも、相手の動き、呼吸を読むということを
かすかに理解できた今回の遠征でした。)



☆ホームページを更新しました

160711_pic


伝承会の修行録を更新しました。
よろしければ覘いてくださると嬉しいです(^‐^)

▼伝承会ホームページ(直接ジャンプします)
http://homepage2.nifty.com/apfel/index.html


週末はいよいよ大阪です(2016年7月2日~3日 じめじめアツアツ)

自動車の車検に、バッテリー交換に、丸坊主状態のタイヤ交換に。
車検以外は予想外のことばかりで、
お財布の中がドタバタした今週末☆笹です。

車の整備って、常日頃からやっておくべきなのね~・・・と
改めて学習した次第でゴザイマス ( ̄▽ ̄)マジデ


暑さとジメジメした湿気にも負けるな!・・・ということで、
今週末もほぼフルメンバーが揃い、真剣な稽古が繰り広げられました。
今週は大日本抜刀法、正座(前~受流し)まで全員で通し稽古を行いました。

新規会員さんがまだ習っていない正座の業については、
別メニューでS会長をメインに、介錯と付込の稽古を行いました。

介錯の片手で刀を構える動きや、回し納刀、
付込の「見切り」で避けて後の先で攻撃に転じる動きなど、
今まで習った業にない動きに、最初は戸惑っておられたようでしたが、
熱心に動きを繰り返し練習することで稽古が終わる頃には、
2つの業について動きをほぼほぼ習得されていたようでした(^▽^)v
残るは月影、追風、抜討の3つですね。
これまた今までにない動きが入っていますが、
頑張って乗り越えてまいりましょ~。


新しい業を覚えていくのって、楽しいですよね♪
新規会員さんが入門されてから4ヶ月が経ちました。
笹は当時、何していたっけな・・・おそらく正座「八重垣」あたりで
ヒーコラいっていたような気がします(笑)

そんでもって、
「業を覚えている時が一番楽しいんだ(^▽^)
覚えたらあとは地獄だけど(^▽^)」

・・・とS会長がにこやかに仰っていたことを記憶しております(笑)

入門したてだった当時の笹、


( Д)   ゚  ゚ ホントウデスカ


とか思いましたけれど、
今思えば、業の動きを大方覚えた後は、
地道に業ひとつひとつに取り組み、理合いをより深く研究し、
より正しいより無駄のない運剣と体捌きを身に付け、
それらの努力をいかに自分自身に取り込んで
更に高度な状態へ飛躍できるか・・ということになります。

地道な稽古は楽しいけれど、
上手くできなくて落ち込むこともあり、
自分が目指す居合と、現状の落差に愕然とするときもあります。
そういったことを「地獄」と仰っているのかなぁと、思いました。

ちなみに笹の場合、先生方からのご指摘で一年中ワタワタしているので、
地獄と思う余裕すらございません(笑)


一方、Y先生とS先生は来る住吉大社奉納演武会に備え、
土佐英信流の居合道形の稽古をなさっておられました。
気迫の詰めて木刀を交え、業それぞれの細かな動きについて、
間合いや運剣、体捌きなど確認されていたようでした。


会員の皆様がそれぞれに頑張っている、
そんな今週末の伝承会なのでした(^▽^)

笹も今週末、大阪の居合愛好会の皆様が主催される
住吉大社での奉納演武会へ同行させて頂けることとなりました。

笹も、居合道形をやらせて頂けることになったのです♪
業を資料で復習しなくちゃです♪
映像でイメージトレーニングしなくちゃです♪
体調管理もしっかりしなくちゃですね(・▽・)


大阪の皆様ともまたお会いできる機会。
多くの剣士の皆様の演武が拝見できて、お話できる機会。
楽しみ楽しみ。
がんばろがんばろ。



« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ