« Iさんが稽古仲間としてお越しくださいました(2016年7月24日 曇り空) | トップページ | 夏まっさかりですね(2016年8月6日~7日 汗だくだく稽古です) »

地道に楽しく頑張ります(2016年7月30~31日 仙台は梅雨明け)

仙台すずめ踊りで賑わう宮城県は仙台市内。
すずめ踊りのステージとなる会場からほど近いところに
アンパンマンこどもミュージアムなる施設があることから、
今年は同アニメの登場キャラクターも、すずめ踊りの祭連(まづら)として参加。
キレとコクのある演舞を披露し、こどもたちを大いに楽しませた模様です。
・・・ア○パン○マンって、器用だなぁ・・・。

笹もアン○ンマンに負けじと頑張ってますよ!( ← 張り合わないでください)
S先生から課せられた居合に関する宿題と、
自分で課した日本刀の宿題をこなすべく、地道に取り組んでおります (`・ω・´)キリッ

「学ぶ」といっても学生時代に習う、数学や国語といった
ひとつの問いに対し必ずひとつの解があるわけではなく、
一度やったからといってコトの全てを習得できるものではないので、
長い目で反復稽古が必要になるのだと思います。
地道に・・・時としては楽しさを感じられない時もあるのですが・・・
楽しんでやっていきたいと思います!


☆☆☆☆☆


梅雨明けをそのまま表したかのような晴天。
今週もたっくさん書きたいことがあるのですよー。 ヽ(´▽`)/キャッホイ


★見学の方がお越しくださいました。
大変ありがたいことに、見学の方が1名お越しくださいました。
夏の暑さを凌ぐ熱意をもって稽古を見学なさいまして、
その熱意に応えるべく
大日本抜刀法、正座、立膝、居業、立業、刀法、番外の業、
土佐英信流の太刀打ちの位の業を行いました。
計52本・・・すべての業を抜いたのは本当に久しぶりです・・・!

せっかく居合「道」に入るのなら、
ご自身が心からやりたいと思える流派を、
且つ、勤務体系に無理のない道場を選んで頂きたく、
県内の他の道場もご紹介しました。
ひととおり各道場を巡った後、
ご縁あれば、ご一緒に稽古をさせて頂ければと思います(^-^)ノ

ちなみに笹は道場さがしをしていた時、
地元の武道具屋さんで居合道場を訪ねたところ、
止水会様を紹介されまして。
当会(伝承会)と、止水会様のどちらかにしようと思っておりました。

結論としては先に見学した当会に落ち着きましたが、
今現在、止水会様とお付き合いさせて頂いているのは
とっても感慨深い気持ちになります(^▽^)


★Aさん、正座の業をすべて習いました
入門してほぼ5カ月のAさんとKさん。
やる気をみなぎらせて毎週の稽古に取り組んでおられ。
Kさんに続き、Aさんも今週、正座の業をすべて習い終わりました ヽ(´▽`)/

各業で行う体捌きや運剣に不安を覚えられているようでしたが、
繰り返し稽古することで、身に付きます。
先生方も付き添ってくださいますので、心配ないですよー。
(笹も先生役、頑張る・・・)

おふたりは今後、立膝の業に挑戦です。
Y先生のご門下の新規会員さんも、正座に真摯に取り組んでおられる模様。
皆様、焦らずファイトなのです。


★茹でたてトウモロコシと美味しい桃をご馳走になりました
当初は、稽古の合間の小休憩、水分補給として設けられていた、
当会名物「お茶休憩」。
最近はお茶の他に、お茶請けまで出てきてしまう賑わいを見せております(笑)

先週の朝採りキュウリの一本漬けに続き、
今週は朝採れたて・茹でたてのトウモロコシをY先生、
甘い桃をIさん(Y先生のご門下)が持ってきてくださいました。

ほんのり茹でたての温かさのある、甘いトウモロコシと、
瑞々しい桃(皮を剥いてくださいまして・・・カットされたサイズの正確さに感動)を
頬張りながら、熱いお茶を美味しく頂きました。

まったりお茶休憩を楽しみながら
「何しにここ(稽古場)へ来てるんだっけ?」とY先生と顔を合わせました(笑)
それでも稽古はできているから・・・稽古とお茶休憩、不思議なバランスを保っています(笑)

Y先生、Iさん、ご馳走様でした~(^▽^)ノ


★諸々の課題はありますが、それとは別に前進も必要
笹は今週も今週とて、斬り下し直前の、
諸手上段の位置が振りかぶり過ぎている問題について
S先生よりこってりお灸を据えられました(-_-)チーン

その他に、刀法の「切先返し」で始めにある、
上段で斬りかかってくる相手の刃を、右腕で刀の平で受けて制する動き。
この動きについて、片手で刀を抜く速度が笹の場合、遅い。
詳しく申しますと、正座や大日本抜刀法に含まれる「横一文字」の速度、
刀が鞘離れするまでの速度が徐々に増していく動きになっていると、
ご指摘を頂きました。

上段で斬りかかってくる相手の刃を制するのだから、
鞘離れするまでの刀に対し、序破急を考慮する暇は全くなく、
刀は鞘から一気に抜けなければ、意味はありません。

その問題と同時に、相手の動く速さを意識する必要があるとご指摘頂きました。
刀を抜くこと自体が命のやり取りである限り、
私が動く速さに変化があるのなら、相手にも同様に変化があるはず。

今回は、刀を鞘から一気に抜く稽古と、相手の動く速さを意識するよう、
宿題を頂きました。

・・・うーん、相手の動きの速さに変化がある・・・意識したことがなかったです・・・。

相手も同じ人間である以上、当然だ・・・。

S先生から頂いた言葉が、とても腑に落ちたのと同時に、
相手の動きを如何に感じるか、考えていく必要があるな・・・。




・・・・・・。


・・・・・・(虚空を見つめつつお茶を飲む)。



・・・・・・(白目)。



面白いけど、ドキドキするなぁ・・・。
最近、ドキドキすること多いなぁ・・・。
頑張るべあ。 ヽ(´▽`)/ ワッショイ

« Iさんが稽古仲間としてお越しくださいました(2016年7月24日 曇り空) | トップページ | 夏まっさかりですね(2016年8月6日~7日 汗だくだく稽古です) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/63992883

この記事へのトラックバック一覧です: 地道に楽しく頑張ります(2016年7月30~31日 仙台は梅雨明け):

« Iさんが稽古仲間としてお越しくださいました(2016年7月24日 曇り空) | トップページ | 夏まっさかりですね(2016年8月6日~7日 汗だくだく稽古です) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ