« 秋日和(2016年9月24日~25日 週末はお天気がよかったです) | トップページ | 静かな週末の稽古でした(2016年10月8日~9日 ちょっと寒い) »

埼玉のS先生がお越しくださいました(2016年10月1日~2日 秋晴れ)

Fairground Attractionとか、QueenとかCulture ClubとかElton Johnとか。
気がつけば1970年~80年代のイギリス系バンドの曲を聞いている今秋。

私は音楽はまったくよくわかりませんが、この頃の音楽は、
作ることへの心意気、完璧を目指す気迫があって、
それでいて作りこむことによって生じるキリキリ軋むような完璧さはなくって、
ちょっと穏やかで緩やかで、ユーモアも感じられる完璧さが感じられて好きです。
金木犀の香りが風にそよぐ頃には、これらの曲に懐かしさすら感じられます。


☆☆☆☆☆


・・・とはいうものの。
これらの曲って、考えてみれば、まだこの世にいないか
物心がついてない頃にリリースされてました Σ(・ω・ノ)ノ!
懐かしいって、年齢的に懐かしくないっすよ☆笹です。

先週も、今週も、たっくさん出来事があったのですよー。よー。
ではでは、いってみましょー。

★先週末:日本刀の移動研修会 at 秋田県へ行って参りました

先週末は笹、稽古をお休みさせて頂きまして、
東北の郷土刀(地元で鍛造されていた御刀のこと)のルーツを探るべく
史跡をめぐり文献を紐解く研修会へ参加させて頂きました。

毎年、東北各地を郷土史・郷土刀のエキスパートと一緒に巡っているのだそうで、
今回は秋田県北部が舞台となりました。

今回の研修会のポイントは奈良時代後期に、秋田の地で起こっていた出来事、
起こった出来事の背景を知ること。
正史によれば時は奈良時代後期。
桓武天皇より坂上田村麻呂が征夷大将軍に命ぜられ、
東北の地の討伏を試みるものの
阿弖流為(アテルイ)らの防御に討つ手なくいた頃と、討伏した頃のことです。

郷土史を知らなければ郷土刀を見て感じることができない・・・ということで、
笹、今回初めて参加させて頂きました。
実を申しますと笹、日本史は苦手です。
テスト対策で丸暗記はするものの、テストが終われば忘れる・・・という類の人でした(笑)
授業の一環で史跡巡りをしても「早く終わらないかなー」とか思ってました(笑)


それが! 今回、すっごく面白かったのです!! (・▽・)♪
エキスパートの方が要所で的確なお話をくださり、
当時の様子を現実の出来事としてイメージできたことが大きかったと思います。
今も昔も、人は理由なく動くものではないので、
過去に起こった出来事には、必ず理由がついている。
理由には、人が動くキッカケとなる動機が必ずある。
それが理解できただけでも、笹、歴史の苦手さがすっかり薄らいだ気がします。

そして道中で飛び交う御刀の話。
郷土刀はもちろん、元来御刀好きの方々が集まってますから、
参加された方々の含蓄たるや猫にマタタビ、笹にお菓子(笑)
話題ひとつひとつがたまりません(>▽<)キャッホイ
伺った学習方法とかも本当に参考になります。

最終日には秋田の日本刀愛好会様が主催される鑑賞会にも参加させて頂き、
今回の研修会にまつわる郷土刀を拝見しました。
これまた夢見ごこち (=▽=) ウットリ

まだまだ至らない知識も多いけれど。
日本刀を使う者として今後もさまざまな学びを得たいと思いました。
主催の愛好会の皆様、日本刀愛好会の皆様に、
インターネットの隅っこより心より御礼申し上げます。
有難うございました(^▽^)ノ


★狭山市よりS先生がお越しくださいました
弊会の活動に参加くださる狭山市のS先生が、
今週水曜日から5日間、東北の史跡巡りと居合の稽古にお越しくださいました。
(先生の史跡巡りはS先生個人のご旅行です)

今年はS先生のお姿を拝見しない月のほうが少ないという、
僭越ながら弊会の会員なのではと思ってしまうほど、
お目に掛かることが多かったS先生。
河野百錬先生が亡くなられた直後の、
河野先生の直弟子の方々の活動をご存知でいらっしゃる数少ない方のひとりです。

水曜日にはY先生の道場へお越し下さり。
土・日曜日には笹が参加している道場へお越し下さり。
夜の懇親会では当時のエピソードを拝聴したり。
当然、この期間ずっとお会いしている方もいらっしゃったり(笑)
弊会にすーっと溶け込むように稽古をなさっておられました(^▽^)

S先生、また来年ぜひお越しくださいね。
お待ち申し上げまっす(^▽^)ノ


★今週の弊会の様子
もう、書きたいことがありすぎて書ききれません(>_<)
会員の方々の様子も、笹が指摘された点についても、書きたいことが多すぎる!

☆来る11月の昇段試験に向け、Iさん猛特訓中。
Iさんは昇段試験でおこなう業に励んでおられました。
指導なさっているS先生にも更に熱が入ります。
Iさん頑張ってくださいね (^▽^) ファイト


☆新規会員のTさん、抜き付け稽古開始です
刀礼、帯刀の仕方、五行の構えなど基本的なことを習得なさったTさん。
今週はいよいよ抜き付け(英信流でいう横一文字の斬り)と
納刀の稽古を始められたようです(^-^)
抜き付けも、納刀も、御刀本体を持つ右手の動きは大切ですが、
それ以上に鞘から刀を出す、または鞘へ刀を納める左手の動きがミソです♪
焦らずゆっくり参りましょう~。


☆笹、先生役をやらせて頂きました
新規会員のAさん2人とKさんに対して、今週も先生役をやらせて頂きました。
毎度毎度、分かりづらい言葉遣いですみません(^▽^;)エヘ
しかも声が小さくてすみません(^▽^;)キャハ

なんか・・・お教えしたいコトとかポイントとかあるのですが、
各位の状況に応じて的確なアドバイスになるのかとか、
アドバイスを差し込むタイミングについて悩むところもあり。

しかも笹、実は人見知りが激しいので(笑) ← 子供ですかアナタ
修行の一環として、ぼちぼち直していきたいと思っていますので、
巻き込まれている皆様、今しばらく耐えて下さい(^▽^;) ← オイ


☆課題もたっくさんあるのです
・正座「左」で、抜き付ける直前の右脚が立ち過ぎている
抜き付ける直前に床に対し垂直になるほど右脚が立っているため、
下肢から作りだした勢いがなくなり、抜き付けた際の刀勢がとても弱くなっている。
本来であれば、下肢の動きによって右に90度体を旋回させる勢いと、
上半身左手でおこなう鞘引き、右手の手の裡によって勢いが加わり、
強い抜き付けができるはず。

・抜き付けで御刀本体を持つ右手の稼働範囲が必要以上に広い
鞘引きと手の裡で生まれる勢いに任せ過ぎ。
必要な範囲で最大の力を作るために、見直しが必要。


やるべきことも、やりたいことも、山盛りあるぞー。
頑張るしかねぇべしゃー。

« 秋日和(2016年9月24日~25日 週末はお天気がよかったです) | トップページ | 静かな週末の稽古でした(2016年10月8日~9日 ちょっと寒い) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/64288982

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉のS先生がお越しくださいました(2016年10月1日~2日 秋晴れ):

« 秋日和(2016年9月24日~25日 週末はお天気がよかったです) | トップページ | 静かな週末の稽古でした(2016年10月8日~9日 ちょっと寒い) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ