« まだまだ勉強できる!(2016年11月12~13日 ポカポカ秋日和) | トップページ | 寒くてもアツい稽古でした(2016年11月26日~27日 来週は演武大会です) »

気合いを入れ直しました!(2016年11月19日~20日 課題が具だくさん山盛り)

★★ 弊会HPのお問い合わせフォーム不具合のお知らせ ★★

現在、弊会HPにて設置しているお問い合わせフォームにおいて、
記載したメッセージを送信する際に「送信」ボタンを押すと
送信失敗のメッセージが表示される事象が発生しております。

現在、代用として弊会のメールアドレスを掲載し、
お問い合わせフォームを停止し原因を確認しております。

10月から本日(11月20日)までに
問い合わせフォームよりメッセージを送信された方で、
HP管理人から返信を受け取られていない方がおられましたら、
弊会のメールアドレス、または本ブログにて
ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
大変ご不便おかけ致しまして、誠に申し訳ございません。


☆☆☆☆☆☆


にび色の空を見上げれば、雪虫たちが小さな手足を使って、
冬の成分を少しずつ運んでいる様子が見える東北は宮城県。

・・・つい最近までオレンジとカボチャやおばけで賑わっていると思ったら、
いつの間にか赤と緑とイルミネーションの光で満たされております。

たぶんね、冬の成分はきっと、
月の光にかざすと輝く砂のようなもので、
雪虫たちは少しずつ山の天辺にある木の、
さらに一番上にある葉っぱに集めているのです。

一粒一粒がとても小さな砂が
いよいよ葉っぱを覆うくらいになるまでになったら雪が降るのだと思います。

冬の成分を運ぶ雪虫たちを労うには、
夜にお庭にある葉っぱに、赤い糸でマシュマロを結んでおくといいと思います。
お仕事の間に食べる甘いマシュマロは、
雪虫たちにとって最高のご馳走だからです。


・・・以上、笹の妄想劇場でした ( ̄▽ ̄) 



はい。(現実に戻る)


すでにプレ師走モードに入っている昨今。
年末にかけて来襲する怒涛の忙しさに備え、細々とした仕事をこなしております☆笹です。
2週間ほど稽古場を離れていたら、
書きたいことが更に増えてるのですよー (^▽^)ノ


☆弊会HP更新のお知らせ

「伝承会の修行録」を更新しました。
よろしければ覘いてくださると嬉しいです(^-^)

161120_pic

▼河野百錬・伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/


★横浜からお越しのIさん、無事にご昇段されました
稽古場にいらした際は、稽古時間が終わる寸前まで
時間を惜しむように稽古をなさっておられたIさん。
お仕事のご都合で横浜から仙台へいらしていたのですが、
先週末に所属される横浜の道場で受験され、
無事にご昇段されたとのことです。
Iさん、おめでとうございます~っ (*^▽^*)


★新規会員Aさん、居合刀を求められるようです
水を吸い込むが如く、あらゆる業の動きを習得なさっているAさん。
普段はY先生の道場で稽古されておりますが、
週末の稽古場へ参加されたり、本当に熱心に稽古をなさっておられます(^-^)
その勢いに負けてられないですよ私も、(Y先生のご門下の)Iさんも・・・。

そんなAさん、いよいよご自身の居合刀を求められることになりまして。
来月初旬あたりに注文した居合刀が届くとのことです。
Aさんの元気迸る業前にさらに磨きがかかりますね(^▽^)
わー、どんな居合刀なんだろう。
Aさんと一緒に楽しみにお待ちしたいと思います。

そういえば、Aさんって「修行録」に載ったことがない Σ(-_-)
今度撮らせてくださいませ♪


★Y先生の道場に見学の方がいらっしゃいました
Y先生の道場は最近、20代前後の若手層の稽古場として、
ものすごく賑わっております・・・!
弊会の平均年齢を例年以上にズズズイと引き下げております(笑)


先週末も男性がお越し下さったとのことです(^-^)スゴイ
居合は見るのももちろんですが、
抜き付け(鞘から抜刀すること)や納刀(鞘へ刀を納めること)などを
実際にやってみると、見た目の動き以上に、
体の様々な部位を使うことで成されていることがわかると思います。

また、居合道には刀を抜く方法、
相反する刀を抜かずに済む方法を体と心を使い、
長い時間をかけて考えていく楽しさがあります。

もしご興味を持たれましたら。
もし弊会とご縁がありましたら。
居合「道」をご一緒できたら嬉しいです(^-^)


★今週もこってりご指導頂きました

S先生「何度言えば分かるの、振りかぶり過ぎ (-_-メ)
     左肘が伸びきってるのが原因だってわかってるでしょ (-_-メ)」

Y先生「振りかぶり、いい加減に直せ~(-_-メ)」

笹「はい・・・(^▽^|||)
  自宅で稽古している時は、左肘は伸びたりしないのですが、
  ここ(稽古場)に来ると、焦って伸びてしまいます(^▽^|||)」

S先生「ま、よく本番では上手くいきませんでしたとかいう人もいるけど。
     緊張だの諸々の言い訳があるにせよ、本番で発揮できなければ
     悲しいことにそれが実際の実力なんだなー」

笹「・・・・・・あああ(^▽^|||)」


・・・S先生とY先生お二人から同時にご指摘頂き、
更にS先生からピリっとキツイお灸を据えられました・・・。


うーん。
諸手で振りかぶった際に、必要以上に振りかぶり過ぎる癖について、
左肘がすっかり伸びきっていることが原因だとわかりました。

柄を持つ諸手や腕の状態は、突き業でない限り、
正眼の構えの際の手の裡や腕の状態が基本となります。
(下半身が大磐石な状態であることが前提)

肘に余裕を持たせることで、頭上から刀を振り下す際に、
手 → 肘 → 肩 → 上体 → 下半身に徐々に動きが伝わり、
刀勢をさらに強めることができるのと共に、
次の動作にすぐに入ることができます。
肘を伸ばすということは、その真逆の効果しか生じません。

冷静に考えれば、左肘を伸びきらす必要は何もないのです。
解決策はわかったものの、体が覚えた悪い癖を抜き去ろうとしてくれません。
ひとりで稽古している時は、伸びきったりしないのだけれど。
うーん。

うーん。


こうなったら自作矯正器具を作るしかないかな・・・(遠い目)
・・・紐で、結んでみるとか・・・。


業は一向に上達していませんが・・・。
せめて振りかぶり過ぎる問題だけでも解決したいと思います(-_-)

« まだまだ勉強できる!(2016年11月12~13日 ポカポカ秋日和) | トップページ | 寒くてもアツい稽古でした(2016年11月26日~27日 来週は演武大会です) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/64519394

この記事へのトラックバック一覧です: 気合いを入れ直しました!(2016年11月19日~20日 課題が具だくさん山盛り):

« まだまだ勉強できる!(2016年11月12~13日 ポカポカ秋日和) | トップページ | 寒くてもアツい稽古でした(2016年11月26日~27日 来週は演武大会です) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ