« 会員さん各自がパタパタ動いております(2016年10月29日~30日 ちょっと寒い) | トップページ | まだまだ勉強できる!(2016年11月12~13日 ポカポカ秋日和) »

御刀お手入れ講話会を開催しました(2016年11月5日~6日 ストーブ日和)

気がつけば11月突入。
各地で催された秋の収穫祭で賑わいをみせている東北は宮城県。

11月になっちゃいましたね。
11月は・・・12月(師走)の前(プレ)だから、プレ師走(笑)
つい最近「あけましておめでとうございます」なんて
言っていたような気もするけれど、しっかり来ちゃったプレ師走。
更に一ヵ月後の年末を穏やかに迎えるべく、
怒涛の仕事ラッシュもなんのその、
師匠を追い越す勢いで突っ走りたいと思います☆笹です。

今週も日誌、元気よくいってみましょー(^▽^)ノ


★御刀お手入れ講話会を開催しました
「先輩から教わったから」とか、
「先生がなさっているから」という理由で
現代まで口伝えで続いてきた弊会の稽古場での刀の手入れ。

日本刀を錆びや朽ちを防ぎ、
末永く使えるコンディションを保つ手入れに改善するため、
そして今後さらに真剣を扱う会員の方が増えることを見越して、
居合で使う日本刀のお手入れ方法について、
刀剣研磨師の方を講師としてお招きし、講話会を開催いたしました。

講話は事前にお送りした質問リストをもとに行いまして、
弊会からの質問をひとつずつ、本当に丁寧にご教授頂きました。

御刀に入った研ぎと錆の関係や、錆も「赤錆」「黒錆」の他に「白錆」があること。
錆の状態に応じた手入れの仕方や、居合で使う御刀に入る研ぎの種類のこと。
柄木から茎(なかご)を外す際の、柄木の持ち方や傾け方にコツがあること。
「寝刃」の研ぎのこと。
「磨き棒」を使った鋼材での実演。
持参くださった1振りの脇差の刀身を、研磨工程ごとに研ぎ分け、
その研ぎ分けが分かりやすいよう押形で解説をつけてご説明くださったり。
持参くださった白熱灯の光で脇差を照らすと、その違いがはっきり見えます・・・!
その他、弊会が持っている刀のコンディションを観てくださったり。
目からウロコがぽろぽろ零れ落ちまくる、
とっても充実した2時間半となりました(^▽^)v
ご指導頂いたことは是非、活かしたいと思います!!

突拍子もない依頼をお受けくださり、
お忙しいところ講話会に関して私の至らないやりとりに応じてくださり、
教材を丁寧にご用意くださり、
当日の様々な質問にも丁寧に応じてくださいましたこと、
インターネットの隅っこより心より深く御礼申し上げます m(_ _)m

時間の関係で講師の方がご希望されていたこともできず(^▽^;)スミマセン
機会ありましたらぜひぜひ、弊会でお教えできたら嬉しいです♪


・・・ということで、弊会のホームページに写真をアップしました♪
よろしければ覘いてくださると嬉しいです(^-^)

▼伝承会ホームページ(直接ジャンプします)▼
http://apfel.la.coocan.jp/

161106_pic

今回はじめて企画運営を通じて、個人的にも得るものが多かったです。
同じ職種の人たちと仕事をして長年過ごしてきた私にとって、
仕事以外で、企画のやり取りは初めてでした。

相手の状況を大まかに掴み、
手短に案件を伝え、手早くやりとりしていく方法を作っていけるか。
今後の課題。
大切なこと。
学ぶことは尽きませんね(^w^)


学べることは、いろいろあります♪
居合も、日本刀も、その他諸々の能力アップも、頑張ってまいりましょー。

« 会員さん各自がパタパタ動いております(2016年10月29日~30日 ちょっと寒い) | トップページ | まだまだ勉強できる!(2016年11月12~13日 ポカポカ秋日和) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/64452995

この記事へのトラックバック一覧です: 御刀お手入れ講話会を開催しました(2016年11月5日~6日 ストーブ日和):

« 会員さん各自がパタパタ動いております(2016年10月29日~30日 ちょっと寒い) | トップページ | まだまだ勉強できる!(2016年11月12~13日 ポカポカ秋日和) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ