« 寒さに負けず稽古っ(2017年1月14日~15日 稽古場のストーブ大活躍) | トップページ | 遠くは雪山が見える(2017年1月28日~29日 シビシビ寒さではなかった) »

自分の理想に現実が追い付かナイ(2017年1月21日~22日 雪は降らず)

『笹の人生には 最適化が 必要だ』
(西田敏行さんの口調でドウゾ)

・・・てなワケで。
居合も他の諸々のことも、
アレコレやりたいコトはあるけれど、実現までになかなか漕ぎ着けず。
実現できない理由はカンタンで、実力がないからなのですけれど。

できるようになりたい → しかし実力がない
 → できるようになりたい → しかし実力が・・・
堂々巡りの二巴状態に陥っております☆笹です (遠い目)

この二巴状態から抜け出る方法もカンタンで、続けることなのですけれど。
わかっちゃいるけど言葉に出さなきゃ、時々苦しい・・・。
苦しいからこそ、苦しさを少しでも減らして悶々とした気持ちから抜け出るために、
本当に必要なモノだけ残して、極力コンパクトにまとめる。
重複するものは一つにする。

最適化、必要です。私にとって。

こんな状況でも幸いなのは、方向性に間違いがなかったこと。
・・・言葉に出したし。
四の五の云わず、黙って続けて参りたいと思います・・・。
霧は晴れるのかっ。


☆☆☆☆☆


★日本刀の鑑賞会に行って参りました(^-^)ノ

♪刀を勉強できるなら 笹はどこでも参ります~♪

・・・ということで、年明け最初の日本刀鑑賞会へお邪魔してきました。
鑑賞刀は短刀4振りと刀1振り、
その他、地元の刀職の方々から提供いただいた勉強用の刀2振りでした。

鑑賞方法は入札形式(作刀された時代や地域、鍛冶師を当てる)。
短刀や脇差を拝見する機会が圧倒的に少ないので
かなり迷いましたが、なんとか時代と作風を当てることができました(^-^)
いままで判らなかった山城風情を、最近ようやく理解しつつあります。
今年もいろいろ勉強できるといいなー。


★Y先生の道場に通うKさん、正式に入会されました
Y先生の道場は最近、10代~20代の方々が入会され、
熱意溢れ、業の習得がめざましく、
ついでに弊会の平均年齢をぐぐぐぃっと下げるのに貢献頂いております(笑)

若手枠に入るKさんは昨年から道場へ通っておりまして、
この度、正式に入会されました(^▽^)v ワー

Y先生の道場は今週が初稽古。
初稽古までに忘れてしまったことも多いかもしれませんが、
頼もしい先輩方もいらっしゃいますし、すぐに思い出せるでしょう。
すぐに上手くなれるワケはありません、
地道に焦らず続けて行って頂けたらと思います。
もちろん刀礼や御刀の手入れ方法も、しっかり覚えてくださいね~(・▽・)


★初段の地方審査の準備がはじまりますよー
Y先生の道場ももちろん、週末のあらた道場でも、
新しく入会された方々の熱心な稽古が続いております(^-^)

初段の受験資格も満たしてきているね、という先生方のお考えより、
4月に昇段試験を実施する運びになりました。
(時期は多少前後することもあります)

初段を受験される方は多いのですが、
先発でKさん(あらた道場)とAさん(Y先生の道場)が受験に挑みます(・▽・)
ええ、水曜日の道場と、土日の道場の競り合いですの。
笹と同期のIさんが受験の際は、いつもそう言われますの(笑)

・・・ということで、気にせず(笑)、昇段試験に向けて
業の習得と筆記試験の準備、少しずつ頑張ってくださいねー。
河野先生に関することも出題されるそうですよー。

自分が対象ではない昇段試験は滅多にないので、
個人的に楽しみです(^-^) ファイト


★こってりご指導頂きました

S先生「ええ、また同じ業!? Σ(・_・)」

・・・と、驚かれるくらい何度もご教授をお願いしている、立膝「浮雲」と「颪」。
ええ、何度やっても新しい発見がありますの(-_-) スミマセンガ オツキアイクダサイ


ひとつの動きを理解する度に、他の動きも理解できる
最近、そんな気がしてなりません。

どうにも苦手な業のひとつである立膝の「浮雲」と「颪(おろし)」。
相手の首元に斬りつけている刀身を諸手で持ち、
横に薙ぐことで相手を地面に引き倒す動きがあります。

この一連の動きが、何度やってもイマイチ腑に落ちずにいたのですが、
相手の首元に斬りつける → 刀身を諸手で持つ という動きは
左膝を軸に、横薙ぎにする方向へ足を地面につけてから行います。
つまり、左膝と横薙ぎの方向へ付けた右足で
下半身を大磐石(ゆるぎない状態にする)にすると共に、
横薙ぎの方向へ右足を踏み込むことで腰に力が入り、
力が入ることで上半身の薙ぐ動きも更に力が上乗せできます。

下半身を大磐石にすることで生み出され、
上半身に至るまでの勢いを、
正座「前」、大日本抜刀法「順刀」に代表される横一文字を行う
動きにも活かせているように感じています。
なんていうのか、斬るのは上半身がやるのだけれど、
実際は下半身で斬ってるような感じかな・・・。
大磐石でいることの大切さが、ストンと腑に落ちております。

山ほどご指摘は頂いている中で、
その他、立業「浮雲」「颪」の冒頭、
相手の首元に斬りつけた刀身を諸手で持つまでにモタモタすることと、
首元に斬りつけた時の刀身の角度が、
諸手で持った時にオカシクなっている(なぜか水平になっている・・・)ことについては、
十分気をつけて直していきたいと思います(^▽^;)


いろいろあるけれど。
負けず、焦らず、頑張ってまいりたいっす。

« 寒さに負けず稽古っ(2017年1月14日~15日 稽古場のストーブ大活躍) | トップページ | 遠くは雪山が見える(2017年1月28日~29日 シビシビ寒さではなかった) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/64795655

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の理想に現実が追い付かナイ(2017年1月21日~22日 雪は降らず):

« 寒さに負けず稽古っ(2017年1月14日~15日 稽古場のストーブ大活躍) | トップページ | 遠くは雪山が見える(2017年1月28日~29日 シビシビ寒さではなかった) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ