« 自分の理想に現実が追い付かナイ(2017年1月21日~22日 雪は降らず) | トップページ | 笹は御刀で始まり御刀で終わった週末でした(2017年2月4日~5日 そんなに寒くもなく) »

遠くは雪山が見える(2017年1月28日~29日 シビシビ寒さではなかった)

そろそろ中学・高校受験も本番間近でしょうか。
通学用コート姿のお子さんとその親御さんの組み合わせが
街のいたるところで見受けられる東北は宮城県。

弊会の会員のAさん、受験がんばってますか~っ (^▽^)ノ
「学生」という立場は昔、とうに終わっておりますが、
テレビから受験に関するニュースが報道されるたびに、
なんとなくジッと見入ってしまう今日この頃☆笹です。
病気や怪我なく、笑顔で受験期を終われるといいですね♪


☆Y先生の道場のKさん、週末の稽古場へお越しです

受験生のモヤモヤも、大寒っもぶっ飛ばす勢いで
遠くは雪山の景色を感じる稽古場へ、会員の方々が稽古場へ集まりました。

今週は、Y先生の道場に新しく入門されたKさんが
週末のあらた道場へお越しくださいました♪
Y先生の道場、ならびに週末の道場の平均年齢を
更にググッと下げてくださるお方です(-人-)アリガタヤ

笹が先生役として、刀の部位の名称、刀礼と業の説明をさせて頂きました。
Kさんも事前に大日本抜刀法については
各業の流れを覚えてきてくださっていたので大助かりです。
やはりY先生とIさんのご指導の賜物なのかしら(^-^)

他に袈裟斬りのやり方をアドバイスさせて頂きました。
説明の場数をこなす度に、笹の説明は理解しづらいことがよくわかる(-_-)チーン
うーん、袈裟斬りについて補足させて頂きますと、

・仮想敵と常に真正面で向き合います
 仮想敵と全力で向き合うために自分の体を真正面に向けます。
 横一文字も、袈裟斬りも、いかなる斬り方であっても同じです。

・体を斜にするために袈裟斬りをするのではありません
 体が斜になるのはあくまで結果論。
 仮想敵と真正面に向き合い、袈裟に刀を運ぶことで
 上半身が徐々にが斜になり、その変化に伴い下半身も斜になる。
 お家で復習される場合は、ゆっくり袈裟斬りの動きをやってみて、
 右手や左手の動き、腕の動き、上半身・下半身の動きを感じてみてください。

・袈裟斬りの後の体勢も注意です
 ↑で記述した「真正面で向き合う」ことは、袈裟斬りをした後も同じです。
 自分の体や左足が正面に対してどのくらい開いているか、確認してみましょう(^-^)
 フェンシングのような真横の体勢にはなりませんよー。
 
・袈裟斬りの後の左足が真横になってしまう場合のコツ
 私は「左足の指を地面に食い込ませろ」とお教え頂きました。

・刀は右手と右腕だけで使うものではありません
 左手と左腕の「引き」も大事。
 両腕が外側へ力がかかることで最大の威力を発することができます。

・腰の高さも低ければ低いほど威力は増します
 手と腕はもちろんのことですが、実は体全体を使って刀を使っています。
 稽古の際の、今までの腰の高さと、拳ひとつ分、腰を低くした体勢で、
 袈裟斬りを試してみてください。横一文字でもいいですよー。


夢中になった時が一番、手元が疎かになります。
鯉口を握る左手、刀を握る右手、周囲に人がいないか確認しつつ、
頑張ってみてくださいね(^▽^)ノ


☆週末道場のKさん、通し稽古の初本立ちです!

通し稽古の際に、模範で業を行う方を「本立ち(もとだち)」といいます。
本立ちをやって、笹はかれこれ・・・8年目。
相変わらず緊張とパニックの連続です(T▽T)
今日も業の名前を間違って、

「「「「 多敵刀(たてきとう)!! 」」」」

・・・と、稽古に参加されていた皆様より同時多発ツッコミを頂戴しました(^▽^|||)


そんな最中、春に昇段試験を控えているKさん、
試験の際に緊張せず、本領を発揮して頂くべく、本立ちをお願いいたしました!

それはもう堂々と。淡々と。
業の名前や順番もたがわず、すべての業をこなしておられました。
すごいー。
そのご様子に先生方も絶賛されておられました(^-^)

ちなみに、弊会では居合のキャリアを問わず、
「初心者に教えることで自分も多くのことを覚えられる」という趣旨で
本立ちや先生役にチャレンジして頂くことがあります。
(もちろん、先生方がその方の業前のレベルを理解したうえで
ご判断くださいます)

教えて頂くことで覚え、教えることで覚える。
様々な視点で補うのですね。

Kさんもいよいよですね(^-^)

他の会員の皆様も、ご覚悟お願い致しまっす(笑)
会全体で業前の質を上げていけたらいいですね。
皆様、ファイトっ。

笹も負けじと頑張らなくちゃー。
ファイトっ。

« 自分の理想に現実が追い付かナイ(2017年1月21日~22日 雪は降らず) | トップページ | 笹は御刀で始まり御刀で終わった週末でした(2017年2月4日~5日 そんなに寒くもなく) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/64825208

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くは雪山が見える(2017年1月28日~29日 シビシビ寒さではなかった):

« 自分の理想に現実が追い付かナイ(2017年1月21日~22日 雪は降らず) | トップページ | 笹は御刀で始まり御刀で終わった週末でした(2017年2月4日~5日 そんなに寒くもなく) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ