« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

にぎやかな稽古でした(2017年3月25日~26日 桜が待ち遠しい)

時折吹きかけてくる冷たい風のなかにもどこか春の匂いを感じる東北は宮城県。
更にはお日様が空に浮かんでいる時間も長くなり、
冬の気配が薄らいでいることを感じます。
それだけで、寒くてもどこかホッとしている自分がいます。

年度末の慌ただしさにも負けられないぜ!
稽古へ参加される人数も賑わいを取り戻し、
今週もアツい稽古が繰り広げられました(^-^)

★Kさんの昇段審査の準備は順調でっす
元太刀(通し稽古で模範演武を担当する人のこと)を任命されたり。
先生方+笹たち門下生が横一列にズラリと居並ぶ前で、
昇段審査のすべての工程をやってみるよう命じられたり。

焦りや不安を感じるなかで、如何に冷静に、普段の業前ができるか。
それを学ばせるための方法・・・
名付けて「じわじわ圧力かけてみます」作戦です( ̄▽ ̄)
この作戦にも負けず、Kさんは淡々と任務をこなされております(^-^)

試験日まであと2週間!
体調に気をつけつつ、あとは精度を高めていくだけですね(^-^)


ちなみに笹は当時、
同時期に入門されたIさん(Y先生のご門下)と初段を受験したのですが、
先生方より同作戦を実行されまして。
一応、姉弟子なので、笹が先にやるべきだったのですが、

「Iさん、先にやってくださいー(^▽^;)」

・・・と、トップバッターをIさんに譲りつけるという、
豆腐メンタルぶりを大いに発揮しておりました。
・・・今後、複数人で受験される方は真似しないでくださいね・・・(^▽^;)ホントニ

自分の業前は自分の気の持ちようにも直結している気がします。
弱気であれば、業前もどこか逃げ腰になってしまう。
いざ重大な物事に挑まなければならない時、
攻めの姿勢に気持ちを切り替えて挑めるか。
稽古は、そういった気持ちの姿勢においても、学ぶべきところは大きいのかもしれない。


★Aさん、居合刀購入の準備中です
めでたく春から新入学生になられるAさん。
只今、居合刀を購入すべく、先生方と相談中です(^-^)

今週は刀身の重さを検討するために、
会員の方々がお持ちの刀を実際に持ってみて参考にされていました。
今後は柄の長さ、鯉口から栗形までの長さとか寸法関係を
先生方と相談しつつ、検討していけたらいいですね。

注文刀は鍔や目貫、柄頭といった金物や、鞘の拵え、
刀身の彫刻や刃紋も、注文することができるので、
そういった刀装具えらびも醍醐味のひとつ(^-^)

刀装具えらびの笹的な小さなアドバイスなのですが、
刀身そのものを、
大海原や大河、滝や小川といった水の流れ、
岩や草木、動物のいる箱庭、
武将や武具、騎馬といった絵巻物になぞらえて
自分自身の想像力を膨らませながら金物を選ぶと楽しいかな、と思います。

例えば、小さな木船の意匠を鍔、目貫、柄頭に選んだとしたら、
それらの木船が浮かぶ波模様はどんなものだろうか・・・
ゆったりとたゆたう湾れか。
波模様のない静かな湖を模したような直刃か。
波が荒れ狂う大海原のような丁子乱れか。

・・・そういう感じで刀身の刃紋を選ぶのもあるかなと思います。
あくまで選び方のひとつです。

わー、なんだか楽しみ♪
いずれにせよ、Aさんを守ってくれる良い御刀が来てくれますように!(^-^)


★日本刀定期鑑賞会へお邪魔してきましたー

♪刀が勉強できるなら 笹はどこでも まいります~♪

・・・ということで、今回も日本刀の鑑賞会へお邪魔してまいりました。
今回も入札鑑定(刀を作った時代や作風、刀工を調べて当てる学習方法)。
鑑定刀として今回は短刀2振り、太刀と打刀と脇差が1振りずつ。
参考刀として短刀1振りを鑑賞させて頂きました。

今回は特に見極めが難しい御刀揃いだったようで、
ベテランの方々を大いに唸らせておりました。
その傍ら、笹も唸ってみましたが何も出ず(笑)

ベテランの方々の鋭い鑑定眼が光る傍らで、
夢見心地でうっとりと鑑賞しつつ、
ベテランの方々からご教授やご助言を頂きつつ、
時代と作風を多少掠った程度の結果となりました。

今回、笹個人の学習方法として試みたことがあったのですが、
それは帰宅後の復習でのみ使えるなという結論になりました。
結論から言うと、
観る力相応の気持ちで語りかけなければ、御刀は語りかけてこない。
うーん、なんていうんだろう。
御刀は観る者自身がどれほどの観る力を持っているか、既にわかっているんですね。
初心者が刀工を当ててやろうという、
実力に不相応な、背伸びし過ぎた気持ちで語りかけても、
御刀は決して答えようとしてくれません。

自分の相応の力で、素直に、心から御刀に語りかけることが大事。
それが分かっただけで大収穫でした(^-^)


もうすぐ新しい年度が始まります!
頑張ってまいりましょうー。

がんばらなくーちゃー(2017年3月18日~19日 光が春色です)

笹の職場の近くに、
新入学先の学生服や通学カバンの発注所があったりするので
お昼休みに屋外に出てみると、それらしき親子を多く見受けます。
来月の入学式に準備でかなり忙しそうな様子なのですが、
靴やハンカチ、ノートやペンを選んだり、楽しそう(^-^)

店の軒先に咲くお花屋さんの花も、
お菓子屋さんのショーケースも、
ショーウィンドウに並ぶ洋服も、すっかり春色。
弊会に学生さんがいらっしゃるせいか、
今年は特に4月に「春」を感じる今日この頃でゴザイマス☆笹です。

職場で入社式が毎年行われようが、
新入社員が配属されようが「春」をまったく感じなかったというのに、
実に不思議なものです(笑)
社会人になっている今、「春」を感じられるか否かは
自分の心掛け次第なのかもしれません。
ちなみに春といえばお花見ですがお団子の餡はずんだと醤油がいい

そんなこんなで、新生活や年度末の忙しさを吹き飛ばすべく、
今週も今週とて稽古です!


★Aさん稽古復帰です♪

弊会の平均年齢引き下げに
一役かって頂いているうちのおひとり・Aさん。

昨年末から受験シーズンを迎え、稽古はお休みされていましたが、
受験も無事に終わり、今週から復帰されました(^▽^)ワーイ
Aさんも、相棒の居合刀「ムネチカ」さんも元気そうでなにより。

大日本抜刀法と正座の通し稽古で体を慣らしつつ、
受験前までにやっていた業のおさらいを主におこないつつ、
焦らず、ゆっくりで構わないので
少しずつ感覚を取り戻していって頂ければと思います。

武術は、いざ敵と対峙した際の対処法を覚える手段のひとつです。
敵からの攻撃に応じるための体捌きや剣捌きを体に覚え込ませなければ、
実戦で動くことはできません。
実戦で動くために普段から体を動かし、体に動きを覚えさせるのが稽古です。
繰り返し稽古することが大切。
体が動きを理解してはじめて、頭が理解してくれると思いますので、
焦らずゆっくり参りましょうね(^-^)

まずは合格おめでとうございます(^▽^)
そしておかえりなさい、なのです♪

4月から真っ新な生活が始まりますが、
学業も居合も、無理ないバランスを見つけて、
地道に続けて頂けたらと思います。



★ようやく下半身の「大磐石」を感じるようになりました
・・・上記ではかなりエラそうなことを申しておりますが、
笹も課題満載。宿題山盛りです(^-^;)

元々持っている課題や宿題のほかに、
ミニ先生として指導させて頂いているうちに出てきた自身の課題もあり、
ええ、地道に先生方から指摘もポコポコ頂いてますの(-_-)チーン
絶賛アタマパンク中です(笑)

そんな最中、ようやく、
下半身の「大磐石(だいばんじゃく)」を感じて斬ることができるようになりました(^▽^)

笹が見つけた下半身の大磐石・・・下半身のしっかりさは、
正座「前」に代表される、
片方の膝を床につけ、もう片方の足を一歩前に出した、
「折敷(おりしき)」と呼ばれる体の状態を指しています。
は斬ることが目的である以上、下半身が大磐石であることは、
如何なる体勢であっても必要なものですので、
笹の指すものは、ごく一部分になるかと思います。

笹の正座の「折敷(おりしき)」は、
前に踏み込む歩幅が広過ぎたり、
膝をつく足の歩幅が狭すぎたり、
かと思えば上体が前のめりになっていたりと、下半身の安定さを欠いていました。
ようやく正しい折敷ができるようになりつつあり、
下半身の大磐石さをしっかり感じつつ斬り下しができるようになりました(^▽^)

先生方よりお教え頂いた「腹(丹田)で斬れ」という意味が
なんとなく理解できるようになり。
うん、本当、下半身のしっかりさ、ようやくわかって来ました。
しっかりさが感じられれば感じられるほど、強い斬りができる。

わかることが一つでも増えると、嬉しい(^m^)
わかることが一つ増えると、もっと頑張ろうと思います。
今年もわかること、もっと増えていくといいなぁ。

いろいろあるけれど、頑張ってまいりましょーっ。



★伝承会HP更新しました。

「伝承会の修行録」を更新しました♪
覘いてくださると嬉しいです。

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

170319_pic



淡々と冷静に努力して参ります(2017年3月11日~12日 静かに過ごす)

起こってしまった過去と現在という「区切り」は、
国や地域を問わず、それぞれが考え、考えた末に機を得ることで、
個々にしか見えない区切りを付け、過去と現在に分かつことができる。
6年間という短い時間で付けることはとても難しい。
「区切り」を急ぐ気持ちも、付けられない気持ちも痛いほどわかる。
そう考えつつ静かに過ごした今週末。
東北の地では、今日も祈りは続いています。


☆☆☆☆☆


学生の方が会員にいらっしゃることもあってか、
今年の高校入試をハハゴコロで見守っておりました☆笹です。
学生時代が終わってから長いですが・・・今思い返してみれば、
読んだ参考書よりも、読んだ小説や漫画の内容しか記憶にございません(笑)
現実逃避だったのでしょうか・・・やたら面白かった記憶が(笑)

今週も睡魔と戦いつつお送り致しております。
ええ、今回は「焼売作り競争」をやってますの。
両者とも動作がトロいので、勝負がつかないのが唯一の救いですわ (-w-)


地方審査のトップバッターでいらっしゃるKさん。
審査日まで一ヵ月を切り、実技審査に向け業全体の理解や
細かな動きについて精度を上げられ、
先生方より指示される通し稽古の元太刀を冷静に淡々とこなされ、
着々と準備が進んでおります(^-^)

笹も微力ながらミニ先生として指導させて頂きました。
自分が初段の受験前に頂いた指摘を踏まえておこなったのですが、
参考になれたら嬉しいです。

・目付け
 これがあってこその居合。しっかり仮想敵を見る!とことん見る!

・刀の運びと体の動きにメリハリを付ける
 ひとつひとつの動きをしっかり行う。
 手の裡、体の向きの他、強弱を意識する。
 複数の動きを継ぎ目なく滑らかにやれたら理想ですが、
 理想に近づくためにも、ひとつずつしっかり覚えて行くことが上達の早道です。
 (継ぎ目のない動きについては、初段ではまだ問われませんので・・・)

・業の速度がゆっくり過ぎるくらいで丁度いいです
 実技では緊張や焦りが生じると、業全体の動きが速くなりがちです。
 自分で「ゆっくり過ぎる」くらいが、試験当日は丁度いい速さになります。


当日は心に余裕を持って挑めるといいですね(^-^)
気負わず、地道に稽古してまいりましょうっ。
・・・とエラそうに申しておりますが、
笹もS先生とY先生からダブルで嵐のご指摘を頂いております(^▽^;)キャー


稽古に、HPの改造に、その他諸々。
笹も負けじと頑張りまっす!
・・・とはいえ、睡魔には負けそうなので今回は短めに・・・(-_-)zzz

それぞれが挑戦中(2017年3月4日~5日 花粉が飛んでいます)

軒先に咲く花々も、風の匂いやお日様の色も、
目を惹く洋服の色も、ほんのり春色めいてきた宮城県は東北地方。

お別れのシーズン・・・は、新しい世界へ向かう時期でもあるワケでして。
街中は社会人や学生さん、その友達やご家族で賑わっております。
笹も稽古の帰り道に最寄りの文房具屋さんへ行ったところ、
新しいペンやノートを買い求める人たちで溢れていました。

スー○ーマリ○や妖怪ウ○ッチの絵柄付きの学習ノートとか、
果物の形をした消しゴムとか、眺めているだけで楽しい (´▽`*)

楽しい品々を眺めながら目的の品物を買い求め、
出口へ向かっている途中、
シル○ニアファミリーシリーズのノートを発見。
しかも、アイボリーうさぎさんファミリーが
楽しそうに赤いオープンカーに箱乗りしている絵柄でした ∑(゚∇゚) スゲッ

笹がシ○バニア○ァミリーシリーズで遊んでいた頃は電気・ガス・水道はなく、
灯りはランプや暖炉、火は薪、水道は井戸、
最新設備だった洗濯機は手回しハンドル式という、
自給自足の生活を営んでいたはずでしたが・・・。
(村に初めて出店されたのがベーカリーでした)

調べてみたところ、現在はライフラインは完備され、
病院や託児所、バレエ劇場など厚生施設がとても充実しているようです。
自動車を運転できるあたり、免許というものも存在していそうです。

しばらく見ていない間に、かなりの発展を遂げていた○ルバニア。
なんだか、久しぶりに帰った田舎がすっかり都会になっていたような、
嬉しいような寂しいような気持ちになりました(笑)
しかし都会化しても可愛いモノは可愛い(ベーカリーも更に発展してる・・・)
うっかり集め始めないように心を引き締めたいと思います (`・ω・´)キリッ


☆☆☆☆☆


冬ほどではないけれどピリっとした寒さもなんのその。
今週も会員の皆様が道場へ集まり、アツい稽古が繰り広げられました。
その様子をサクサクお伝えいたしますっ。

★土曜日は、Kさんがいらっしゃいました
先月、週末道場へ初お目見えしたKさん、いらっしゃいました♪
Kさんは普段、水曜日の結城道場に通っておりまして、
なんと週末に備えて大日本抜刀法、正座の「介錯」まで覚えてこられたそうです。
気合い充分ですね(^-^)

Kさんも交えて大日本抜刀法、正座の通し稽古を行い、
その後に笹はミニ先生役として、
正座のおさらいも兼ねてすべての業について指導させて頂きました。
もう・・・水を吸い込むように習得される様子は驚くばかりです!
袈裟斬りや、鞘を握る左の「引き」といったことに悩まれている様子でしたが、
Kさんの意気込みがあれば、時間が解決してくれるでしょう(^-^)

お茶休憩後に、S先生へバトンタッチ。
S先生がご指導されている様子を、
Kさんと一緒に業をやりながら勉強させて頂きました。
S先生の説明を拝聴していると、笹の説明に裏付けや根拠といった、
最終段階までのプロセスの説明が不足しているかよくわかります。
相手がイメージできない指導では、上手くなれる方でも上手くなれない・・・反省。

土曜日の稽古で、正座の大方の動きは覚えられたようなので、
またいらした時は、理合いもしっかりイメージできるような
説明ができたらと思います(^-^)


★地方昇段審査用の河野百錬先生に関する筆記テストできました
「河野百錬・伝承会」と名乗る限りは、
河野先生のこともしっかり覚えて頂く必要がある・・・ということで、
初段から五段を受験する者を対象に、
弊会は河野百錬先生に関する筆記テストを課すことになりました。

わー、いよいよ出来ましたね ( ̄▽ ̄;) キャー
基本的に弊会のHPの「百錬コラム」と、
先生から配布される資料を読めば、必ず解答できる出題になっているようです。
簡単ではないようですが・・・必要以上に緊張せず、
不安にならず、気負わずに予習をしながら準備していきましょう(^-^)


・・・とかいって、笹が一番気負ってます(^▽^;)

「質問:河野先生が好きな色はなにか述べよ」

とか

「質問:河野先生が飼っていたペットの種類を述べよ」

とか

「質問:居合の稽古後に必ず行っていた場所を述べよ」

とか。

居合と全く関係ない出題なら答えられそうです(笑)
そんな出題ないですよねー・・・・ねー・・・・ねー・・・・(エコー)

・・・・・・がんばろ。


ちなみに、地方審査を受けられる方々はもちろんですが、
S会長とY先生も今年の5月に昇段審査を受けられます(^-^)
会員の皆様それぞれが受験生という、
会全体が活気づいている気がしてとっても嬉しくなっちゃいます♪


★弊会のホームページを更新しました

内容は下記の通りです
・「伝承会の修行録」の更新
・「今後の予定」に地方審査日を追加

よろしければ覘いてくださると嬉しいです♪

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

170305_pic

居合の課題や宿題も山盛り。
やりたいことも山盛り。
フル活動で頑張るぞぅっ ヽ(´▽`)/ キャッホイ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ