« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

稽古したいっす(2017年4月29日 ちょっと寒かった)

週末の稽古場は、少年剣道場をお借りして使わせて頂いています。
今週は大家さんの都合により、土曜日のみの稽古となりました。

笹としては、毎週末の2日間は思う存分稽古を堪能しておりますので、
1日だけだとちょっと物足りなさを感じております。


・・・と、S先生に申し上げてみたところ。


S先生「大丈夫! (やらなかった分まで)次回ビッシバシしごいてけっから(‐_‐メ)」


・・・とご回答いただきました(^▽^|||)キャー


毎年お世話になっている大阪の居合道愛好会より
来たる7月に予定されている奉納演武会へお誘い頂きました(^‐^)
お目に掛かる先生より毎年、「目付けができとらんなぁ・・・」と
同じご指摘を頂いているので、今年こそは少しでも褒めて頂けるレベルになって
臨みたいと考えております☆笹です。

今年は多少、勝算があるのですよ(・▽・)エヘ
先日、弊会の道場での稽古の際に、
Y先生から「斬り下しの勢いが強くなってきた」とお褒め頂きまして。

何故強くなったのか、自分なりに分析してみたところ、
以前より仮想敵がいる方向をしっかり捉えた斬り下しができつつある
・・・という結論に至りました。

人間の構造はとても興味深いことが多いようで
如何なる動作であっても、動作を行う本人が見ている位置や方向に対して
最も力が入るのだそうです。
目付け、大事ですね・・・本当に。
あとは演武会当日、緊張して目が泳いだり右往左往したりせず、
成果をしっかり出せるガッツが欲しいところです(^▽^;)

わー、また大阪の皆様とお会いできるんだなぁ。
楽しみ楽しみ♪

それまでに笹の持ってる課題や宿題、ひとつでも解決しなくてはー。
頑張ろがんばろ♪


(睡魔に襲われまくっておりますので、おとなしく轟沈させて頂きます・・・zzz)


いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
地道に地道に、時にはぶっ飛ばしてまいりましょー。

締まっていこー(2017年4月22日~23日 小春日和)

先日、河野先生の高弟にあたられるH先生がお亡くなりになられました。

私が居合を始めて間もない頃から、
弊会の先生方がH先生のご自宅にお伺いしてご指導を頂くたびに
私も同行させて頂き、
ご指導頂いている様子を傍らで拝聴しておりました。


H先生は常々仰っていた言葉は、

『思索稽古をしてください』
(今教えたことをどうやるか、個人で考えながら稽古を積んでください)

『今日言うて今日直らん』
(今いった指摘はすぐに直らないから時間をかけて直していきなさい)

『ちゃんと先生の言うことをよく聞いてしっかり稽古してください』
(これは私宛て)

『今わからんでも。後でわかるようになりますわ』
(今は理解できない事も、後々理解できるようになる)

でした。

たわいもないお話では、H先生はニコニコ笑顔で答えてくださるのですが、
いざ稽古が始まれば、厳しい視線で業前を確認し、
必要に応じて鞘付き木刀で業の動きを示してくださいました。

そんなH先生が居合を現役でなさっていた頃のお写真のひとつに、
納刀をしている後ろ姿を撮影したものがあり、
居合を始めて一年も経たない私はそのお姿を拝見した時、
居合を続けてみようと思うキッカケをくださいました。

稽古は、実際に行うことももちろん大切なのですが、
見聞きして得ることも、想像以上に大きいことを教えて頂きました。

見聞きして頭に取り込んだ記憶が、
当時はまったくわからない知識であっても、
時間の経過と稽古を繰り返すことで、
頭の記憶と体の動きが繋がりだし、ある日突然わかるようになります。
H先生から伺っていたお話は、今でもとても重みがあります。


・・・なんて言うんだろう。
H先生の歩んだ居合道を、私の記憶にある分だけを想うたびに、
国内中の剣士と業を磨き合ったH先生を想うたびに、
私の居合歴8年なんて、なんて短い時間なんだろう。

武道は、若さに頼れるものよりも、生きてきた重みと長さ、
その間に積み重ね、試行錯誤した稽古量が
最も発揮されるものだと思います。

もう8年だけれど、たかが8年です。
8年間で学べたものは、自分が考えるよりもずっとずっと小さく脆い。
たった8年の重みに威を借りて、なにを浮かれていたのか。

今一度、自分の足元を正して、
地道に、真面目に取り組んで参ります。

亡くなられたH先生に深い哀悼の意と、ご冥福をお祈り申し上げます。
ご家族の方々にも、心穏やかになれる日が一日も早く訪れますよう
お祈り申し上げます。

H先生、ありがとうございました。



★埼玉県川越市にて奉納演武会へ参加させて頂きました

居合の幾多の流派の始まり・・・道祖とされている林崎甚助重信公。
林崎公は晩年、現在の埼玉県川越市の知り合いを訪ね、
東北へ向かうと言い残した後、消息を絶ち今日に至ります。

最期を向かえた場所がはっきりわからない今日、
同市の蓮馨寺(れんけいじ)境内に石碑が建立されたことから、
同市を林崎公の終焉の地とし、
毎年追善法要が執り行われております。

追善法要は連盟や流派を問わず、国内各地から多くの愛好会が集っており、
日頃の鍛錬の成果を奉納すべく演武会も執り行われております。

主催された愛好会の方よりお誘い頂きまして、
今年もまた参加させて頂きました(^-^)
そして、今年も狭山にお住いのS先生にも合流頂きました。

演武会、今年もまた見ごたえがありました!
個人的に長谷川流の体術は「大小詰め(二人一組で行う組太刀のひとつ)」の
原点を感じることができました。
相手の勢いを活かして自身の力に加える術は、
どの武道にもあって・・・日本の武道の根底にあるところなんだなぁ・・・。

田宮流も興味深かったです。
逆袈裟斬りを行う際、鞘の佩き表を裏に返し、
太刀のように刀を抜くのはやはり田宮流が生まれた時代を
映したものなのかなぁ。

私の見られる精度も多少上がったのか、細かいところも見られるようになり、
今回も勉強させて頂きました(^-^)
今後は少しずつ、参加された愛好会の方々と
お話させて頂けたらと願っております。


★今週も頑張りました

今週はS先生が大阪遠征。
通し稽古で大日本抜刀法、正座をおこないました。
先生方によるマンツーマン稽古もあり、
Kさんがもうすぐ、全ての業を習得されそうです・・・!(^▽^)

私はといえば。
前方向に歩く際に、爪先から先に地面についてしまう歩き方を
足の平全体を地面につける歩き方に直すべく、
アレコレ試みておりまして。

試した結果、五輪書に記された「踵を強く踏むべし」という言葉の意味を、
ようやく理解しつつあります。
普段から膕(ひかがみ・・・膝の後ろのくぼんでいるところ)を
伸ばすよう心掛けておりましたが、
踵を強く踏めば、膕が自然と伸びますね・・・!

踵を強く踏むことと、足の平全体で歩くことと、
下半身を大磐石にすることができれば、
上体の斬りつけも、もう少し良くなるかもしれない。


いろいろあるけれど。
地道に地道に、真面目に頑張ろうー。

先週は日誌書かずにすみません(>_<)
また元気に頑張りますので引き続き覘いてくださると嬉しいです。

今週末に日誌書きます~(2017年4月17 雨降ってますよ)

「笹のヤツ、ブログを更新するのを忘れているのでは・・・」

「笹のヤツ、ブログの更新ボタンを押すのを忘れているのでは・・・」

「そもそも生きてんのか」

「川越から帰って来てないのでは」


・・・という思いで覗きに来てくださっている皆様、
ご心配おかけしております。
有難うございます m(_ _)m


笹、生きて元気に川越から帰って参りました(・▽・)
ご一緒させて頂いた先生方もお元気ですよっ。

ただ、さすがにピッカピカのお日様のしたで
川越市を半日練り歩いては散策しまくり。

普段使い慣れない集中力を演武で使ったせいか、すんごい疲れまして。
現在、バッテリー切れを起こしまして充電中でございます(‐_‐)チーン


笹のバッテリー充電はもうすぐ終わりそうなので、
もうすこしお時間を頂けたら嬉しいです(^▽^)v




無事に昇段審査に合格されました(2017年4月8日~9日 小春日和)

春もいよいよやってきたところで、
国内各地で居合の演武大会が行われているようですね。
毎年お世話になっている剣士の方から
奉納演武後のにこやかなお姿を写した集合写真を頂き、
拝見しながらこちらも心がホッコリしております☆笹です。

すっかり暖かくなりましたし・・・これからまた穏やかに、
いろんな剣士の方々と稽古をご一緒させて頂ければと思います。

各地の方々と同じく
弊会もアッツアツの稽古を繰り広げておりますよー。よよー。


★Kさん、無事に初段に合格されました
今週の土曜日、Kさんの昇段試験が実施されました。

緊張した状態で、如何に冷静に業を抜くことができるか・・・
ということで、昇段試験当日にも圧力をかけるべく
審査員の先生方が紋付姿で受験者の正面に並んで座り、
その両脇に河野先生のお写真を飾られるのは
笹も経験しておりましたが。

今回は、

・河野先生の大きな写真
・「林崎居合大神」と著された掛け軸
・弊会の会旗

・・・が、追加されておりまして。


笹「(その様子を眺めて)・・・先生、私が受験した時は、
ここまで(圧力が)すごくなかったかと思うのですが・・・」


S先生「(書類を並べながら)ん? 圧力は強いほどいいかなと思って」


( Д)      ゚  ゚    ソウナノデスカー


そんな状況のなか、Kさんは先生方がかける圧力にも負けず、
実技も淡々と、普段の稽古の成果を発揮されておられまして、
無事に合格することが出来ました!

本当におめでとうございます~(^▽^)
淡々としたお姿、私もぜひ見習いたいと思います!

同じ「道」を歩む者として今後もご一緒させて頂けたら嬉しいです。


★Y先生の道場に見学の方がいらっしゃいました

弊会の平均年齢をぐぐぐぐぃっと引き下げてくれている
Y先生の道場の門下生の方々。
(何度も言ってますが・・・大事なことなので何度も言います(笑))

今週もY先生の道場見学を希望される方がいらっしゃいました。
弊会の道場に見学に来て下さる方々がいらっしゃることは、
本当に大変有難いことですm(_ _)m

早速、稽古の体験をなさったようで、
とてもやる気の溢れる方だったと、
Y先生が楽しそうに週末の稽古場で仰っておりました(^-^)

稽古は、何度も繰り返せば誰でも上手になれます。
肝心なのは、その繰り返す稽古を長く続けて積み重ねていけるかどうかだと、
笹は個人的に思っています。

例えば、2週間といった短期間に集中的に稽古をなさった人と、
2年間といった長期間で長く積み重ねた稽古をなさった人を
同時に拝見する機会があった場合、
たとえ長期間の方よりも、短期間の方の業前が上手に見えたとしても、
拝見する精度を、業に含まれるひとつひとつの動きに照準を合わせたら、
やはり長期間で稽古をされた方が、ひとつひとつの動きを考え、
錬ってきた実績・・・重みが表れるものだと思います。

もし毎週稽古に出られないことがあっても、
稽古に出た際に、じっくり集中した稽古を続けて積み重ねていくことが
大切と思いますので、焦らず、地道に稽古に親しんで頂ければと願っております(^-^)


★伝承会HPを更新しました

伝承会の修行録を更新しましたので
覘いてくださると嬉しいです♪

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

170409_pic

春もいよいよやってまいりました♪
学業、お仕事、その他諸々あるけれど。
今年も地道に頑張ってまいりましょうね(^▽^)ノ

新年度はじまりましたっ(2017年4月2日 4月もイベント盛りだくさん)

今週の土曜日は、御刀の鑑賞行事に参加させて頂きまして。
鎌倉や南北朝時代の古刀から、江戸時代の新刀や現代刀など、
40振りほどの御刀をズズズイっと鑑賞しまして。
半分、魂抜けかけております☆笹です(◎_◎)

・・・実際のところ、半分現実、半分夢の中状態です(笑)
ええ、買い物に行った先で停めた車の場所が
どこかわからなくなるほどですの(笑)
駐車場を5分ほど、彷徨いましたの。

ということで、轟沈する前にサクサクっとまいりたいと思います。

★Kさん、ついに来週、昇段審査です
今週も通し稽古の元太刀を冷静にこなされ。
審査員の先生方と門下生がズラリと横並びするという
「じわじわ圧力かけます」作戦にも負けず大勢の目の前でも淡々と業をこなされ。
準備万端、あとは突き進むのみ!の状態になっております(^▽^)

あとは当日に本領を発揮して頂けるよう
体調管理に注意して過ごして頂ければと思います。

わー、いよいよ昇段試験ですね!
試験場の設営、張り切っちゃいますよ~(^▽^)ノ

段位ありきの稽古ではいけない気もしますが、
稽古を長い道に例えるなら、高みに上がるための標石として
段位審査を捉え、活かして頂ければと思います。

他にも予定されている方がいらっしゃるので、
初段の昇段審査を9月頃に実施する予定です。
地道に頑張ってまいりましょう~♪


★Aさんの居合刀購入計画、少しずつ進んでおります
居合刀を購入すると一言でいっても、
刀身の長さや重さ、鍔や目貫といった金物や
鞘や柄巻きといったものまで決めることが盛りだくさん。

それらの物をいろいろ検討して、納得のいく居合刀を注文しよう・・・ということで、
Aさんの居合刀購入の話をきっかけに、
会員の皆様の刀の重さや刀装具を確認してみたり、
刀身彫刻・・・主に樋ですが、確認してみたり。
ちょっとしたお祭り状態です(笑)
なにやら弊会総出で楽しんでおります(^w^)

Aさんの購入のお手伝いを少しばかりさせて頂いておりますが、
笹は実のところ、刀を購入した経験がありません。
先生より模擬刀や真剣をお借りして過ごさせていただいているため、
まったくないところから刀装具や拵えを検討するのは初めてです。

居合刀の注文票を手にしながら、
刀装具や拵えについて決めなければならない箇所の多さに
戸惑いつつ楽しんでおります。

今まで何人もの購入で対応くださっているY先生もいらっしゃいますので、
Aさんの納得のいく、手にもしっくりとくる御刀ができるといいですね♪


★笹も立業での「大磐石」理解しつつあります
会の皆様が業前でも御刀でも進化するなら、
笹だって多少は進化したいっ。

最近は立って行う業でも「大磐石」を意識できるようになりつつあります。
課題や宿題は相変わらず山盛りではありますが。


★伝承会HPを更新しましたー

伝承会の修行録を更新しました。
よろしければ覘いてくださると嬉しいです(^-^)

▼河野百錬・伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

170402_pic

そろそろ、HPを改造したいなー。
年度も新しくなり、やりたいこと盛りだくさん。
今年度もぶっとばしてまいりましょうっ。


« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ