« 立膝の座り方見直し中(2017年5月13日~14日 雨ざーざー) | トップページ | 怒涛の週末2日間でした(2017年5月27日~28日 雨だったり晴れだったり) »

天気も稽古も白熱中(2017年5月20日~21日 稽古場の窓全開)

ぴっかぴかのお日様のしたで仙台・青葉まつりで賑わう宮城県は仙台市。

つい先日までの肌寒さや冷たい雨は、一体どこへ行ったのかしら。
職場の同僚が決行したという雨の中でのビアガーデンは、
開催時期をもう少し先送りにすればよかったんでないのか。

いろいろ考えつつ、洗濯物がすっきり乾く心地よさが嬉しい。
子ツバメや子スズメたちの飛行訓練も、
蜂たちの住まいの土地探しもいよいよ佳境を迎えております。

笹ん家でも庭先では蜂さんたちが物件探しをしている様子が見られます。
・・・蜂さん方用の不動産屋はしておりませんので、
早々に退去願いたいところです。(‐_‐)
一月につきハチミツ一瓶の提供があれば話は別ですが。


☆☆☆☆☆


市内イベントもなんのその。稽古です!
今週も会員の方々が集まり、アツイ稽古が繰り広げられました。
稽古場の天窓を開ければ、吹き込んでくる風が心地よく、
稽古に熱が入れば次第に暑くなってきます。
熱いお茶よりも冷たいお水のほうが今はいいかな・・・そんな季節になりました。
睡魔に追いつかれないうちにサクサク参りたいと思います(^▽^)ノ


★Y先生ご門下のKさん、道着姿で初お目見えです

今年はじめに入門され、Y先生の道場へ毎週水曜日に通うKさん。
満を持して道着と袴を購入されたというスクープ情報が
Y先生よりもたらされました (`・ω・´)キリッ

その様子をデジタルカメラで撮影した映像を独自提供いただき、
今週の稽古の際に勇ましい姿を確認し、
「おぉ、道着姿で業をやっている・・・!!」と上達ぶりを拝見しました。
鍛錬による益々の勇姿が今後期待されます・・・!!(ニュースキャスター風)


★S会長とY先生の昇段審査もいよいよです

来週末に昇段審査を控えられているS会長とY先生。
実技試験でなさる業を確認しつつ、傍らで笹たちを指導してくださいます。

・・・もう、なんというか、淡々と稽古をなさっている感じがいたします(・▽・)

笹はこうはいかないですね・・・やはり積み重ねたものの違いなのでしょうか・・・。
笹の場合は大抵、審査日が近くなるごとに焦り、
S先生からお灸を据えられることがほとんどです(^▽^;)エヘ

昇段審査当日もこのまま、
コンディションも万全にして挑んで頂ければと思います。
当日の会場設営、頑張っちゃいますよー(^▽^)ノ


★KさんもAさんも頑張ってます

水を吸い込むが如く業の動きを習得されているKさんとAさん。
今週も大日本抜刀法、正座、立膝を通し稽古をした後、
先生方とのマンツーマン稽古となりました。

Kさんは立業の他に居業の稽古に入り、
Aさんも立膝のすべての業を習われたようです(^‐^)

H先生の格言のひとつ『今日云うて今日直らん』
(今日指導されたことをすぐに直すことは難しいから、
時間をかけて稽古していきなさい』

格言とはちょっとズレますけれど、
今日すぐに覚えることは誰でも難しいかと思います。
焦らず繰り返し稽古して、時間をかけて体に馴染ませてまいりましょう~。


★A先生が岩手県から久しぶりにいらっしゃいました

お仕事の都合で仙台から岩手県にお引越しされたA先生。
久しぶりに週末の道場へいらっしゃいました(^‐^)

参加が土曜日のみ、ということで、
当日はS先生とマンツーマンで、業に関する不明点の質疑応答をなさっていました。
昨年末に体調を崩されたようでしたが、
無事に回復されたようでお元気そうでよかったです(^‐^)

もう少し回復されたら、
機会あれば通し稽古をご一緒させて頂ければと思います。


★笹、立膝の座り方と「どっこらしょ」状態を克服(?)しました

会の皆様が勢いよく邁進されているので、
ぼけ~っとしていると置いていかれそうです(^▽^;)
ここは笹も頑張りどころ・・・ということで
山盛りにある課題を少しずつ消化にかかっております。

先週末から取り上げている、立業の座り方から一刀目に至るまでの
下半身の起こし方が重そうに見えるという「どっこらしょ」問題。

「どっこらしょ」ってタイトルは笑えますが、
当の本人は全く笑えませんの(笑) ← (笑)って

先生方総出で「どうにかならんのか」といわれて早8年。
解決できました!(・▽・)v

人の骨格は人それぞれ異なりますし、
原因は一概にいえないと思いますので、
あくまで参考程度として頂きたいと思います。

笹の骨格は、足の甲の高さが一般の方よりも高く、
足首の横方向の可動域が極端に狭いため、
正座や立膝のように、足首を横方向に曲げて座ることができません。

・・・が、結論から申しますと、
足の甲の高さや足首の可動域の狭さが原因で
「どっこらしょ」状態になるわけではなく、
立膝の座りになるの足の置き方が違っていたことが原因でした。


【今までの笹の座り方】
1.左膝を床につける。右足は左膝の真横に置く。
2.腰を下ろす(左足の踵の上に臀部の割れ目がつく)
 ⇒結果、右足のつま先が踵の位置から約45度外側を向く。
 ⇒1での右足の位置が影響し、深く座る。重心は左後方に位置する。

【改善した笹の座り方】
1.左膝を床につける。右足は体から一歩前に出す。
2.腰を下ろす(左足の踵から右側にややずれたところに臀部の割れ目がつく)
 ⇒結果、右足のつま先と踵が縦方向に同じ位置になり真正面を向く。
 ⇒1での右足の位置によって深く座らずに済み、重心は中心に位置する。


・・・あとは、一刀目に至るまでの下半身にある重心を
いかに前方向へ移動させつつ、
上半身の動き(柄掛かりと鞘離れ)と連動させるか。
下半身と上半身の動きが連動できれば、素早く身を起こすことができます。
今まで悩まされた左足の痛さゼロで(^‐^)


時間はものすごくかかったけれど、物事は克服できるものですね♪


来週は先生方の昇段審査のため道場での稽古はお休みです。
本部審査となるため、当連盟各支部の先生方がいらっしゃいます。
お会いするのは一年ぶり。
笹もお手伝い係で同行しますので、サポート頑張りたいと思いまっす(^‐^)

本当にいろいろあるけれど、頑張ってまいりましょー。

« 立膝の座り方見直し中(2017年5月13日~14日 雨ざーざー) | トップページ | 怒涛の週末2日間でした(2017年5月27日~28日 雨だったり晴れだったり) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/65309925

この記事へのトラックバック一覧です: 天気も稽古も白熱中(2017年5月20日~21日 稽古場の窓全開):

« 立膝の座り方見直し中(2017年5月13日~14日 雨ざーざー) | トップページ | 怒涛の週末2日間でした(2017年5月27日~28日 雨だったり晴れだったり) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ