« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

釜ヶ沢大明神を参拝しました(2017年8月20日)

村の方「ここの蕎麦、ホントにうんめぇから、食べてってな~(^▽^)」

----大盛りの蕎麦が入ったお皿が、置かれる。

村の方「蕎麦たべて体力つけねと、重い刀っこば振れね~べ!(^▽^)」

----大盛りの蕎麦が入ったお皿が、置かれる。

村の方「まんずよく来てくれた~。ほれ、蕎麦たべて~(^▽^)」

----大盛りの蕎麦が(以下省略)

笹「・・・あ、ありがとうございます・・・ (゚▽゚;) 」


東北は山形県は、あらゆる食べ物が美味しい土地です。
盆地ならではの暑さを凌ぐための術や、
耳が痛くなるほどの寒さと雪の季節を過ごすための術を心得ているためか、
お野菜や果物といった新鮮な食べ物や、
漬物や捕獲したイノシシの冷凍お肉といった保存食にいたるまで、
本当に、本当に美味しい。

お蕎麦もそう。
綺麗な灰色で、太さが不揃いで素朴な造り。
噛めば噛むほど味わいがにじみ出てくる。
より南の方ですと、歯ざわりに最初は、すこし戸惑うかもしれませんが、
そのそば粉の甘みを知ってしまったらまた食べたいと思って頂けるはず。

・・・が。(鼻濁音)

大きなお皿に高く盛られたお蕎麦が何皿も来たら・・・
村の方々のご厚意であるものの、美味しくてもさすがに食べられない(T▽T)
来年は持ち帰り用のタッパーウェアを用意して挑もうかなと考えている本日。


「奉納に行っておきながら蕎麦の話ばかりしているとは・・・っ!!!!!(絶句)」
・・・と、河野先生にどやされそうです☆笹です。
もれなく先生方にもどやされそうです。


河野百錬先生が釜ヶ沢大明神を参拝すべく、
山形は尾花沢市にある細野地区を初めて訪れてから50年強。

当時は8月20日に同県村山市にある熊野居合両神社を参拝。
翌日、隣の市の山奥にある釜ヶ沢大明神を参拝なさったことに基づき、
以前は秋の中旬に行われていた行事を、8月20~21の前後の週末に定め、
地区の皆様のお力添えによって開催されております。
今年も無事に、釜ヶ沢大明神の祀られるところまで
村の方々の先導により連れて行って頂き、
無事に稽古の成果を奉納してまいりました(^▽^)

連日の雨模様にどうなるかなぁと心配だったのですが、
心配なんてなんのその。細野地区はピッカピカの晴天に恵まれました♪
釜ヶ沢大明神に至る参道を流れる水も勢いはあるものの量は少なく、
大変歩きやすかったです。

ただ、近年の大雨や大雪の影響なのか、
一年ごとにお邪魔している参道も、土砂や滝の姿が違っているように感じます。
釜ヶ沢大明神が祀られている祠内部のスペースも
先導をしてくださった村の方によれば、その方が子供の頃に遊びに来た時の記憶では
一畳分のスペースがあったのだそうです。
それを含めて考えてみれば、土砂の影響なのか、
現在の祠内部のスペースは、かなり狭まっているのかなぁと思いました。
たしかに、笹が初めに訪れた時は、今よりもうちょっと広かった気がする。

今年は晩年の河野先生を背負って釜ヶ沢大明神へ参拝された村の方や、
河野先生がちょくちょくお邪魔していたお家のご親族の方とお話させて頂いたり、
貴重なお話を聞くことができました(^▽^)v

河野先生はどんな方でしたか?という質問をしてみたところ、
背負って参拝された方によると、
河野先生は体の大きい方で、背負っているほうが大変だったそうです(^-^;)

お邪魔していたお家のご親族の方によると、
その方は当時は子供だったので、とにかく御茶目なおじいちゃん。
御礼で河野先生が書をなさることになった際に、
家にあった筆を使っていただいたところ、みごとな書を著されたので、
普段使っている筆で、ここまですごい書ができるのかとびっくりしたそうです。

地区の方々それぞれに、河野先生の記憶があって、
それぞれの記憶が縁を生み、地域を越えた方々が集い、
今のこの行事、この会場が成り立っている。
本当に素敵なことだと思いました。

また来年も、多少は上達してお邪魔したいと思います(^-^)ノ

インターネットの隅っこより、
釜ヶ沢大明神までの参道を整備してくださった方々、
行事の運営に携わった方々、お料理を作ってくださった方々へ
心より御礼申し上げます。


いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
頑張っていきましょー。

笹はひとりでドタバタしてました(2017年8月12日~13日 お盆休みですね~)

お盆休み。
会員の皆様も諸々の用事があり、今週末の稽古はお休み。

お休み・・・といいつつ、時間のある方が稽古場に集まって
しっかり稽古しちゃうのが弊会なのですが、今週は本気で、しっかりお休みでした。

そして、例によってお盆休みも稽古場にしっかり集まっちゃうという、
ダントツのトップバッターは笹だったりするのですが。

11日から13日までの3日間、
地元で開催された日本刀特別展の運営スタッフとして活動して参りました。
運営スタッフとして参加するのは今年で2度目。

来場客への対応よりも、天候にてこずっております。
昨年はギラギラに照りつける太陽と暑さ、汗にてこずりましたが、
今年はとても涼しく、雨と湿気にてこずりました。

暑さも汗も、雨も湿気も、日本刀にとっては大敵。
たとえ展示ケースの中に日本刀が納まっていたとしても、
来場客の熱気と湿度は少なからず影響してしまいます。

日本刀にとっては決して良くない条件の中、
展示ケースの中を
常に可能な限り最良な環境になるように努めてくださり、
展示を続けて下さった主催および出展側の皆様、
熱気と湿気を可能な限り展示室へ持ち込まないための措置を
するために、運営スタッフからの呼びかけに対して
快く応じてくださった来場客の皆様に、
運営スタッフのひとりとして、
インターネットの隅っこより、心より御礼申し上げたいと思います。

3日間の特別展にお越しくださったお客様は、3600人越えのようです。
昨年の3倍・・・くらいかな?
やってくるお客様の対応で必死になっていたので、
わからなかったのですが・・・そんなにお客さんが来ていたんだ・・・!

動員数を聞くだけでちょっと茫然。
スタッフ総動員で頑張れたんだというちょっと達成感。

いろいろあったけど、人との関わり方や言葉遣いなど
勉強できたことも多くて、楽しかったです(^-^)

ここまでは笹の個人的な行事のひとつ。
そして来る今週末はいよいよ釜沢大明神への参拝。
弊会の大切な行事のひとつです。
こちらも気合いを入れて挑みたいと思います・・・!

いろいろ、本当にいろいろあるけれど、
頑張ってまいりましょう~(^▽^)ノ


お盆休み前の稽古でした(2017年8月5日~6日 東北も梅雨明けしたらしい)

駐車場にある雨除け屋根 at 笹ん家。

アシナガバチA(以下 A)「さぁ皆、張りきってお家を作っていこう!」

アシナガバチB(以下 B)「そろそろお盆でご先祖様をお迎えする時期だね」

A「そう、もうすぐお盆。
 ご先祖様が心配なさらない為にも立派なお家を建てなければ」

B「お供え物も考えなければいけないな」

――― そこに母上登場。

おもむろに取り出したるは、ハチ界が最も恐れるハチ撃退スプレー。
「11メートル程の遠距離からも噴射可能!」という取り扱い説明書を完全に無視して
まさかの近距離から断続噴射。

A「ああっ何をするか!!」

B「お家が、お家がーーーーっ!!!」

・・・というやり取りが、アシナガバチ間であったかどうかはわかりませんが。
先日の長雨の間にアシナガバチさん達が雨除け屋根の内側という
ベストポジションに巣を作りはじめまして。
人間の出入りが多い場所でもあったことから、
ハチさん達に敷金・礼金を説明する前に退去願いました(-人-)スマヌ
幸い(?)にも巣の中にご家族は住まわれていなかったので、
次の新居でしっかりとしたお家と家族を養って頂きたいと願っています。


仙台七夕まつりで賑わいはじめた宮城県は仙台市。
あいにくの雨模様ではありますが、
地元放送局によるテレビ中継ではまずまずの客足をお迎えしているそうです。

そんな賑わいやお祭りもなんのその。
祭りも大事だけれど稽古も大事!・・・ということで、
今週末も地道でアツい稽古が繰り広げられました。


★初段の地方審査に向けて特訓が続いています

初段の地方審査に向けた特訓をして頂いていた、今から数年前のお話。

S先生「いいかー、前後斬り(刀法の2本目の業)のやり方教えっから。
     前方から来る敵が斬りかかってくるから、刀で受ける。
     その際の手の裡は受け手。相手の刃を受ける際は、両膝立てる」

笹「はい(・_・)」

S先生「相手の刃を受けて、右足を前方へ踏み込みながら相手の面(を斬る)!」

笹「はい(・_・)」

S先生「(その後の動きをひととおり示す)・・・ハイ、笹やって」

笹「右手かかる左手かかる、両膝が寄る、つま先立つ・・・(初心者向けの柄掛かり手順)」

笹「よっ・・・!(右足を前方へ踏み込みながら右手で相手の刃を受ける)」

S先生「よっ・・・じゃないだろ!動きも間違ってるだろ動きも~っ!
     ヒトの話聞け、ヒトの話~っ( ̄▽ ̄メ)」


・・・ってな☆( ← ってな、じゃないでしょアナタ)

教えるS先生はもちろんのこと、当時は笹も必死だったのですが、
今思い起こせば、周囲にはコントにしか見えなかっただろう、あの猛特訓(笑)

教えたこと以上に余計なことばかり覚える笹。
同期のIさんが飲み込みの早い方だったこともあり、
先生方のご苦労がことさら偲ばれます・・・。

10月頃に初段を受験される方々の特訓が今週も続いております。
当時の笹に比べれば、本当に優秀な方ばかりです(^▽^)

いろいろ覚えることも多くてハテナ尽くしで
まるで霧の中にいるような気持ちになったりすることもあると思いますが、
今すぐに表現できなくても構わないと思います。
分からないことについてはすぐに先生に質問してみましょうね(^-^)
努力が肝心。
まずは一生懸命、稽古に努めて頂ければと思います。


★10月の稽古合宿のご連絡を頂きました

今年もまた、大阪の居合愛好会様より、
京都での稽古合宿のご連絡を頂きました(^▽^)

個人的には今年、
呼吸法をいろいろ勉強させて頂きたいなぁと考えています。
業も、多少なりとも上達した状態でお伺いしたいです。

楽しみ楽しみ(^m^)



いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
地道に、真摯に取り組んでいきたいです。
がんばりましょっ。

今週末は・・・笹、とある催事にボランティアとして参加します。
長期戦となる予定なので、体調管理と体力温存に努めたいと思います。
こっちも頑張るべぁ。

« 2017年7月 | トップページ

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ