« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

季節に関わらずドタバタしております(2017年9月23日~24日 秋日和)

笹が自宅で普段使っているパソコン。
画面へ文字が表示される速度とタイピング速度が合わなかったり、
使っているブラウザが突然、強制終了してみちゃったり、
なによりパソコンを起動した際の、立ち上がり時間が長かったり。

メモリを増設しようかなぁとのほほんと考え続けてはや何年。
ようやく本日、増設しました(・▽・)b

メモリ容量は今回の増設でググッと2倍増加。

今までがのんびり散歩程度の速度だったのが、
増設によってBダッシュ並の速度を身に付けました!

なんで早く増設しなかったのかしら・・・と、思ってみたり。
これでしばらくはWindows10対応パソコンは買わなくていいな(^▽^)


ええと。

今週末は笹、稽古してません(・w・)キッパリ  ← オイ
仕事と日本刀の勉強会があったもので・・・。

日本刀を鑑賞していると、稽古のものとは違う疲れがあります。
なんというんだろう・・・集中力が持っていかれるというのでしょうか・・・。
そんでもって翌日は仕事。
アタマのネジが普段以上に取れた状況で本日誌をお送りしております。

しかし笹には、稽古はしていなくても稽古の状況がS先生より
強制的にご連絡頂けるシステムが存在しており、
今週末の稽古は、
S会長、Y先生、S先生、A先生、Kさんが参加なさったそうです。
秋風も熱風に変わるほどアツい稽古をされたと思います・・・!

笹が入門した以降に入られた方々の業に対する習熟速度も
目を見張るものがありますし、日本刀の勉強も、仕事もそう。

笹が関わる事柄を抜かりなく、サボらず地道に取り組まなくてはいけないなと、
しみじみ考えされられる今週末なのでした。

来週はいよいよ大阪へ遠征に行って参ります!(^▽^)ノ
いつもお世話になっている居合愛好会様より稽古合宿にお誘い頂き、
今年もまたお邪魔する予定です♪

今年は合宿に参加される女性剣士の方も多いそうで、
女子トークがとっても楽しみ♪


いろいろ。
本当にいろいろあるけれど。
地道に頑張ってまいりましょうっ。


伝承会始まって以来の初事象(2017年9月16日~17日 ちょっと雨)

開催日が先週のようなピッカピカの晴天だったらよかったのにね。
日本一の芋煮フェスティバルも雨の中粛々と行われている東北地方。

東北地方…主に宮城県や山形県では、収穫の時期を迎える秋に、
河川敷で火を起こし煮炊きをするという慣習があります。
それを「芋煮(いもに)」と呼び、大鍋の中にお肉(豚または牛)、根菜や葉物野菜を
味噌や醤油ベースで「芋煮汁(いもにじる)」と呼ばれる汁物をこしらえて、
他に焼肉なんかしちゃったりしながら大勢で美味しく頂くという楽しい行事です。
それを件の芋煮フェスティバルでは
直径6メートルの大鍋で大量に作るというのだからスゴイ。
衛生管理をばっちり整えたショベルカーでお鍋をかき混ぜるというのだからスゴイ。
大量の具ががっちり煮込まれて美味しく仕上がるというのだからスゴイ。
芋煮好きにも、工事車両好きにはたまらない行事。
今年も雨天の中、楽しく開催されているようです(^-^)

ちなみに当会にも芋煮用のお鍋があるよ☆笹です(・w・)b
「大鍋を見ると煮らずにはいられない!」・・・という会員さんがいらっしゃいましたら、
お貸ししますのでぜひ、煮まくって頂きたいです。


☆☆☆☆☆


★伝承会始まって以来の嬉しい事態です(^▽^)

お仕事も上半期と下半期の境目だということもあり、
更に町内会の行事もあるこの季節。
当会も例外ではなく、この季節は稽古に参加される方が一時的に減ったりします。

それも理由にあるのですけれど、
最近は女性陣も少しずつ増えておりまして。

男性陣のS会長とY先生に対し、
女性陣はYさん、Aさん、一応笹。 ← 一応ってなに

伝承会が始まって以来、
参加者の人数が男性陣を初めて上回りました ヽ(´▽`)/ キャッホイ

大事なことなので二度言います。
参加者の人数が男性陣を初めて上回りました ヽ(´▽`)/ キャッホイ

とはいえ普段から参加される方々を加えれば、
まだまだ女性の人数は少ないのですけれど。

女性陣の皆様、いつかは当会で女性の天下を取りましょう!
(↑何を企んでるのですかアナタ)

理由はないけれど近寄りがたかった武道に対し、
美しさや様々な魅力を感じ、門戸を叩く女性は増えているように感じています。
武道は華々しいものでは決してなく、
短期間で成果を上げられるものでも決してないけれど。
日々坦々と稽古する業は、他者を傷つける術であるものの、
自己の内面を見つめ直し、これらの業を使わずに
和を以って他者と接する術を学ぶためにあります。
表面的な用途と内面的な用途が真逆になっているという、
日本の独特の考え方が、武道にも含まれています。

「ちょっと興味あるかも」と思われた方はぜひ、
お近くの道場へ足を運ばれては如何でしょうか(^-^)


・・・以上、後半はなぜか宣伝文になってしまいました(笑)


★今日もこってりお灸を据えられております

・・・と、上記では実にエラそうに物申しておりますが。
今週も今週とて、S先生からお灸を据えられております(-_-)チーン

諸手で柄を握り、振りかぶった時に必要以上に
振りかぶってしまうという、笹の「振りかぶりすぎる問題」。
体が理解しているつもりが実は理解していていませんでした(^▽^|||)


S先生「来年は昇段審査受けるんだろ!?この程度でどうする(-_-メ)」

笹「はい・・・(;▽;) ココロデ ナキマス」

S先生「AさんやYさんが真似したらどうすんだ(-_-メ)」

笹「はい・・・(;▽;) マネ シナイデ」


なぜ振りかぶり過ぎてしまうのか、アレコレ検討した結果、
左肘が不要に伸ばしていることが原因であることがわかりました。

「最短で最速、最小の力で最大の力を出す」という
原理原則で簡単に説明しますと、
諸手振りかぶりに至るまでの動作が異なるにせよ、
振りかぶるという終着点においては動作に違いはないはず。
それは、正眼の構えから振りかぶっても、下段でも同じになります。

それがどこか笹の場合、諸手振りかぶりに至るまでの動作で、
左ひじを不要に伸ばす・・・というよりも、
不要に伸ばさざるを得ない、更に要らない動作が入っているのだと思います。


うーん。

ご指摘頂けば、アタマではわかってるのだけど。
・・・アタマでだけわかってちゃダメなのですね。

課題や宿題は山ほどあるのだけれど、
これは年内になんとかしたいなー。

・・・頑張ろう・・・。


秋も本番。
いろいろ考えるにも適した季節到来ですね。
頑張ってまいりましょ~っ(^▽^)ノ

熊野居合両神社で奉納演武会っ(2017年9月9日~10日 澄み渡る晴天)

道場に通っていらっしゃる方以外の方を前に、演武を披露する際に。
(緊張してしまうので)手元に注意しなさい。

とか。

(緊張すると普段よりも自然と動きが早くなるから)ゆっくりやりなさい。

とか。

演武前に先生方よりアドバイスを頂くのですけれど。

笹の場合、これらにプラスして、

(緊張すると普段よりも豪快になるから)会場を壊さないように。

・・・っていうアドバイスも頂きます。

今回も会場、無事でした☆笹です(・▽・)b

定禅寺ストリートジャズフェスティバルで音楽に満ち溢れ、
来場客で賑わう宮城県は仙台市。

音楽に惹かれて集う人たちもいて、
そして武道の道に惹かれて集う人たちもいます。

今年4月に埼玉県川越市は蓮馨寺にて開催された
居合の源流となる術を編み出したとされる、
道祖 林崎甚助重信公の追悼居合道演武会に続き、

今週末や山形県村山市は熊野居合両神社にて追悼奉納演武大会が開催されました。

蓮馨寺の境内に建立された記念碑に記されたように、
川越市が林崎公の終焉の地であれば、
熊野居合両神社に祀られた林崎公にちなみ、
村山市楯岡(旧名 林崎)は林崎公の生誕の地。

始まりと終わりを繋ぐように、昨年から開催された一連の行事も、
今年も、古来から続く流派を志す剣士の皆様が全国から一堂に会し、
流派も連盟も武道歴も問わない自由な空気のなか、
澄みきった青空の下、普段の稽古の成果を奉納させて頂きました(^-^)

初めはぎこちないお付き合いでしたが、
今年で二度目となりますと、再会を喜び合ったり
各流派の理合いについてお話を伺ったりと、やり取りもかなり自然体。
この自由な空気に共感してくださる方々が増え、
今後も更に賑やかに、長く続く行事であって欲しいなぁと思いました。

主催の武道振興會様ならびに
当日の演武用のステージの設定、会場設営に携わられた
保存会、協賛会の皆様に、心より深く御礼申し上げますm(_ _)m

地元にお住いの方々にも、この行事に共感くださる方々が増えること、
居合に興味を持って接してくださる方々が増えることを心から願ってやみません。

来週から普段の稽古に戻ります。
今回の行事で得た反省点を元に、地道に稽古に取り組みたいと思いまっす(^▽^)v

いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
頑張ってまいりまっしょ~。


9月は参加行事が目白押し(2017年9月2日~3日 秋の気配です)

今年の7月~8月は暑さよりも湿気を常に感じて暮らしている日本列島。
気がつけば秋の雰囲気を漂わせた風が、
開け放した窓から稽古場へ吹いてきます。

1年を通して、ほぼほぼ9月~10月あたりに奉納演武等の参加行事が多い弊会。
日頃の稽古の成果を奉納しつつ、その時の反省点を踏まえ、
より良い業ができるように業を練りながら、東北の長い冬を過ごします。
弊会にとって秋は、長い冬をより実りの多い稽古にしていくために
必要な季節だったりします。

きたる来週末、山形県は村山市の林崎居合両神社にて
一般社団法人 武道振興會様の主催による、
「道祖 林崎甚助重信生誕の地 奉納演武会」の開催を予定しておりまして、
今年もお邪魔させて頂けることとなりました。
弊会からの参加は、S先生、Y先生、Kさん、笹。

所定の演武時間をフルに使って
個人演武はもちろん、業の理合いもデモンストレーション付きの解説もあり、
かなり内容の濃い演武となっております (`・ω・´)キリッ

かつ、田宮流、伯耆流、関口流、無外流、無双直伝英信流、
無双神傳英信流、無双神伝流、無双神伝重信流と、
流派や連盟を問わず全国で活動されている団体が一堂に会します。

演武開始は10時~12時半、林崎居合両神社の境内となっておりますので、
お近くにお住いの方、お近くに立ち寄る機会がございましたら、
よろしければぜひ、ご観覧頂けましたら嬉しいです(^▽^)v

戦闘術のひとつとして生み出され、
平和な時代を経て、人としての心と体の修養のための「道」となった武道。
ぜひ静かな心で、演武者の息遣いを感じて欲しいと思います。(^-^)


(11月の行事の打合せ、Iさん参加お願いします~m(_ _)m)


☆☆☆☆☆


★Yさん、稽古場復帰されました♪
先々月に弊会へ入会されたYさん。
お仕事の都合でしばらくお休みされていたのですが、
今週末、無事に復帰されました!(^▽^)ノ
おかえりなさ~い。

角帯の付け方、袴のはき方の他、
礼法(神前の礼、刀礼、相互の礼)、五行の構えを
今回は笹がミニ先生としてご指導させて頂きました。
「触り」程度、覚えて頂けたでしょうか・・・。

ミニ先生役をやってみると・・・自分の考えることを言葉に表すのが、
如何に言葉が少ないかよくわかります(^▽^;)ニャハ
知らないことを知るのは、大事なこと。
指導で得た気づきは見直し、今後に活かしたいと思います。
笹、以前よりは冷や汗かかなかったから、多少は成長しているのかしら。


★見学希望者よりご連絡頂きました
これまた大変有り難いことに、弊会の活動に関心をもってくださった方より、
稽古の見学希望のご連絡を頂きました。

以前も本ブログで書きましたが、
武道は、「道」である限り、短時間で成果を上げることが目的ではありません。
今後、生活環境や仕事環境に変化があったとしても、
如何に長く、地道に修練ができるか・・・が肝心かと思います。

未知の世界に入るのは戸惑うことも多いかと思いますが、
ご自身の体力や体調に合わせてご指導致しますので、
体に無理なく、じっくり稽古に取り組んで頂けたらと思います(^-^)
また、居合の業はもちろん、武人の素養として、
日本刀の構造や歴史、手入れ方法などの勉強も行いますので、
武道以外の面でもいろいろ楽しめますよ♪


★手の裡(てのうち)、改善中。
笹的に、正座「八重垣(やえがき)」の動きに含まれる、
脚の脛の前で相手の刀と斬り結ぶ、「脛囲い(すねかこい)」の動作に
メリハリがないという課題もありますが。

・・・その他にも、呼吸方法を学ぶ、という課題もありますが。

手の裡を改善する、という課題もあったりするのです。
弊会の先生方と、国内各地で活動されている
河野先生の高弟でいらっしゃった諸先生方にお教え頂いたところ、
河野先生がご存命だった頃に、
一緒に稽古をされていた先生方が表される手の裡。
笹の実力では、相当時間がかかるのですが、
ぜひその手の裡をやってみたく、ウンウン唸りながらやっております。

やり方どおりに真似はできますが・・・あくまで真似。
真似しただけの手の裡では、刀に勢いが乗りません。
「できること」と「実現できること」って、違うんだな・・・(遠い目)
ちょっと途方に暮れてます。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

地道にやっていたら、なにか得ることもあるかなぁ。
頑張ろう・・・。



いろいろ、本当にいろいろあるけれど、
秋の過ごしやすさを活用して頑張ってこー。

« 2017年8月 | トップページ

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ