« 今週もシビシビ寒い(2018年1月13日~14日 昇段試験は3月) | トップページ | 雪と稽古と焼ドーナツ(2018年1月27日~28日 寒さももうすぐ終わる) »

Yさん初稽古(2018年1月20~21日 じわじわ寒い)

本ブログで先週お伝えした下駄足対策サポーター(2018年1月14日の記事参照)。
笹的には使い勝手がとってもいいのですが、
重大なことに気がつきました。

下駄足対策サポーターを身に付けたままだと、足袋が履けない。

・・・。(お茶をひとくち飲む)

・・・・・・。(鼻をかむ)

・・・この冬の寒さをまったく考えてなかったぜ。

お陰様で右足の薬指と、
左足の人差指がシモヤケで腫れてます☆笹です(・w・)b カユイ

東北地方が寒いのもあと2カ月くらい。
冬はどう考えても寒いのは当然ですし・・・今後のことも考えて、
寒さを我慢できる体になれるよう頑張ってみようかなと考えている今日この頃。


明日から全国に攻め入ってくる大冬将軍に備え、
食料の買い出しや灯油やガソリン補給で市内が賑わっている東北は宮城県。
備えも大事だけれど稽古も大事・・・!
北の泉ヶ岳から飛んでくる雪にも負けず、寒さにも負けず、
今週も地道な稽古が繰り広げられております。


☆Yさん、初めての稽古でした♪
昨年の末に入会されたYさん。
お仕事の都合諸々もあり、今週はじめての稽古に挑みました(^-^)

当日は少し緊張されていたようでしたが、
もともと剣道のご経験があり、剣道では身に着けない角帯については
兄弟子のKさんにご指導頂いてしっかり身支度を整えられていました。
Kさんありがとうございます♪

今回は刀礼、帯刀の仕方、刀の各部位の名称の他、
五行の構え、斬り下ろしについて、
前半はS先生、後半はY先生にビシバシご指導頂きました。

一度にいろんなことを教わって頭がクラクラするかもしれませんが、
今日教わった全てのことを今日覚えるのは難しいですので、
繰り返し稽古することで少しずつ覚えていって頂けたらと思います(^-^)

刀礼や帯刀の仕方をおおよそ覚えたら、
楽しい稽古用の刀選びが待ってますよー(^▽^)ノ
頑張ってまいりましょー。


当会、居合刀の購入を検討中の方がチラホラおります。
刀身の寸法や重さはもちろん、
柄や金物、鞘などをどういった図柄にするか・・・など、
お茶休憩の際によく話題になります。

購入を検討される方も、相談を受ける方もワクワク。
どんな居合刀にされるのか・・・今から楽しみ楽しみ(^w^)b


☆日本刀の勉強会に行ってまいりましたー。

♪刀が勉強できるなら 笹はどこでも まいります~♪


・・・ということで、今年初の日本刀鑑賞会にお邪魔して参りました(^▽^)
鑑賞方式は普段と同じく「入札」方式でおこなわれ、
鑑賞刀の鑑定がとっても難しかったようで、
ベテランの方々がふうふう息をつきながら刀を鑑定している傍らで
笹も笹なりに頑張って鑑賞を楽しんでおりました ( ̄▽ ̄)
(周りからはのほほんとしているようにしか見えないらしいです(笑))

今回ははじめて雲類の御刀を拝見。
それ以外でも素敵な御刀はたくさんあったのですが、
正式に雲類と紹介された御刀を拝見するのは初めてで、
個人的に強く印象に残りました。

よく詰んだ板目肌、中直刃の刃文は直刃調にところどころ細かに乱れる。
ぱっと見、山城のものかなぁと思うのですが、
見慣れない広がりかたをする映りもあり。
経験の浅い笹にとって、未知の生命体との遭遇に近いものがありました(笑)

京物を思わせる輪反りの姿と山城の作風を持つ御刀は、
始祖は山城から備前国に移り住んで活動していたという一派ですよと
ベテランの方に説明頂いた時、とっても納得しました。

ついでに笹のイメージする山城物と備前物、雲類の違いについても
説明頂き、とっても納得(・▽・)
どうやら笹が普段イメージしている備前物は一部の一派特有のもののようでした。

居合と同じで、見つけたドアを開けたら、
その奥には別のドアがあった・・・という感じでした♪
ご説明頂いた内容を基に、今後は理解していけたらいいなと思いまっす。
頑張ろ頑張ろ。


☆昇段審査に向けていろいろ準備中

S先生「では、審査までにしっかり考えて記入してくること!」

どん。
どん。
どん。

目の前にありますのは、
昇段審査受験申込書、各段位の筆記テーマ、実技一覧表。
筆記用紙。
河野百錬先生学習用穴埋め問題用紙。


・・・いよいよだなぁ・・・。


ちょっと現実逃避しようと思ったらそうはいかず、( ← オイ)
実技の業について笹ができていないところをご指導頂きました。

・惣倦(そうまくり)
2刀目までにおこなう納刀について、
片手袈裟斬りで斜めになった体を納刀しながら正面に戻す動きについて、
納刀の動きと斜めから正面に戻る体の動きの間がバラバラで
間の詰め方ができていない。
⇒笹が納刀して → 正面向いて・・・という手順をなぞっているだけだから。
あくまで正速強威。
やれるならどんどん間を縮めていくこと。
体が斜めから正面に向く動きを利用し、直ちに切先を鯉口へ納める動きを覚える。

・戸詰(とづめ)
斜め右前方に片手袈裟斬りで斬り込んだ後、
90度左前方の相手を斬り下すために頭上へ右手を持っていく動きについて、
最短距離になっていない。
⇒刀の重さに負けた右手が、弧を描きながら頭上へ移行している。
重さに負けている時は大抵、右手全体を使って力んでいるため、
手のひらから重さに負けた動きが刀身全体に影響している。
(刀身全体に影響させているので更に重さに負ける)

刀の重さを利用して、小指と薬指を効かせて、
刀身全体に影響させず(重さに負けずに済む)、
右手を頭上に最短距離(=直線)で持っていくことを覚え直す。



ほぼ1か月半のブランクを取り戻さなくちゃだし、
筆記も考えなくちゃだし、
課題も相変わらず山ほど残ってますし。


・・・北風が身にしみるぜ・・・(-_-)


とりあえず前向きに、
地道に、地道に頑張ってまいりましょー(^▽^)ワラットケ


« 今週もシビシビ寒い(2018年1月13日~14日 昇段試験は3月) | トップページ | 雪と稽古と焼ドーナツ(2018年1月27日~28日 寒さももうすぐ終わる) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/66306372

この記事へのトラックバック一覧です: Yさん初稽古(2018年1月20~21日 じわじわ寒い):

« 今週もシビシビ寒い(2018年1月13日~14日 昇段試験は3月) | トップページ | 雪と稽古と焼ドーナツ(2018年1月27日~28日 寒さももうすぐ終わる) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ