« お盆休み前の穏やかな稽古でした(2018年8月11日~12日 暑さ戻ってきた) | トップページ | 行事盛りだくさんの9月ももうすぐ(2018年8月26日 雨でジトジト) »

怒濤の居合日和な2日間でした(2018年8月19日~22日 リポ○タンDな山登り)

先週末の涼しさはいったいドコへ行ってしまったのだろうか・・・。
淹れたての熱い緑茶があんなに美味しかったのに・・・。


そしてこの蒸し暑さはいったいドコから来たのだろうか・・・。
キンキンに冷えた炭酸水がとっても美味しい・・・。


・・・と、しみじみ考えたくなるほど天候の変化が著しい昨今。
暑さにしっかり翻弄されております☆笹です(T▽T)ピギャー


笹は生きているのか・・・。


笹はブログをサボっているのではないか・・・。


ブログを書くことすら忘れるほど、脳みそ溶けたか・・・。


・・・と、心配してくださった皆様(いるのかな・・・)、
ありがとうございます♪
笹、生きてます♪


先週末は居合の行事が続きまして、
すっかりばたんきゅー(死語)でおりましたの。
ブログを書きたい気持ちはあるのですが、
パソコンを起動した目の前で船漕いでましたので、気持ちに体がついてこない(笑)
そんなこんなで、ぼちぼち回復したので、書いてみたいと思いまっす。


★釜ヶ澤大明神を参拝してきました♪

その昔、林崎甚助重信公(※)が
父親の仇を討つべく剣術修行のため山の奥深くに入り、
抜刀術に開眼したといわれる祠が、
山形県尾花沢市の細野地区の山奥にあります。


その祠は現在、釜ヶ澤大明神が祀られており、
地区の方々のご尽力によって毎年お参りさせて頂いております。


今年も地区の皆様に先導して頂き、お参り致しました(^-^)
祠までは道なき道を行くこととなるのですが、
年々、山の斜面が崩れていると伺いました。
沢水が豊富な地域なだけあって、
踏み入れる道も水分をたっぷり含んだ地質となります。
よって、足を滑らせて転んでしまう方もいるわけで。


今年の大コケ役は笹でした(笑)


祠の前で日頃の成果を奉納させて頂いた後、
のほほんと下山していたところ、気がついたら足を滑らせてまして。
山道を一段分くらいショートカットする勢いで落ちました(笑)


落ちる笹「(わー落ちてる落ちてる)(・▽・;)」


落ちる自分を冷静に分析していたほど、重力に逆らわずに落ちていたところ、
S先生が必死で止めてくださいました(^▽^;)スミマセン


笹「山道を一段分くらいショートカットできました(・▽・)」


S先生「(-_-メ) タワケ」


釜ヶ澤大明神が「こんなアホの子の願いなんて聞きたくないワ」と
思ったかどうかはわかりませんが、
落ちたものの幸い無傷で済みましたので、
もしかしたら守ってくださったのかもしれません(^-^)


今年も無事に参拝が出来ましたこと、
地区の皆様の入念な準備があったからこそのことだと思います。
インターネットの隅っこより、心より御礼申し上げます。
有難うございました♪

(※)流派によっては諸説あります。
無双直伝英信流では重信公を始祖としておりますので予めご了承ください。


★河野先生遺徳会に参加しました

釜ヶ澤大明神参拝の翌日は、同県村山市は熊野居合両神社。
宮城県から毎朝通っております(笑)

遺徳会は昭和41年(1966)8月20日に
河野先生が熊野居合両神社を参拝したことから始まります。
(釜ヶ澤大明神は翌日に参拝されました)

参拝にあたり神社境内に石碑を建立することとなり、
建立は同じ地域にお住いの石工さんに、
銘する文字は地元の書道家さんにそれぞれお願いすることにしました。

河野先生の故郷 大分県は日田から取り寄せた石は大きかったようで、
建立までに多数の方々からの協力が必要となり、
その陣頭指揮を近所の大工さんにお願いすることとなりました。

石工さん、書道家さん、大工さんは河野先生と意気投合したようで、
無事に建立を終えた後も、「水入らずの会」と称して
毎年8月に地元山形県で集まっていたようです。

河野先生の情報を少しでも知りたい・・・ということで、
現在は2年おきに、当時の様子を知る大工さんの娘さんをお招きし、
奉納演武の他、少しばかりの食事の席を設けさせて頂いております。

河野先生のことを知ることも楽しいのですが、
なにより大工さんの娘さん・・・Kさんとお会いできることが、
笹にとって嬉しいです(^-^)
お元気そうでよかった(^-^)



★伝承会ホームページ更新しました

「伝承会の修業録」に遺徳会の様子を掲載しました。
覘いてくださると嬉しいです♪

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/index.html

180822_pic



御存知のとおり、
居合道の世界でも残念な出来事が報道されています。
笹も原因や理由をいろいろ考えてみました。

今、自分が目論む事を実現することによって、
10年後の自分が、居合を心から楽しみ、愛して取り組む姿が想像できるか。

・・・今一度立ち止まって、自分を振り返るための方法・・・。
これに限るのではないかと、私は思います。



« お盆休み前の穏やかな稽古でした(2018年8月11日~12日 暑さ戻ってきた) | トップページ | 行事盛りだくさんの9月ももうすぐ(2018年8月26日 雨でジトジト) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/67085572

この記事へのトラックバック一覧です: 怒濤の居合日和な2日間でした(2018年8月19日~22日 リポ○タンDな山登り):

« お盆休み前の穏やかな稽古でした(2018年8月11日~12日 暑さ戻ってきた) | トップページ | 行事盛りだくさんの9月ももうすぐ(2018年8月26日 雨でジトジト) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ