« 久しぶりに大勢で稽古っ(2018年9月15日~16日 雨だったり晴れだったり) | トップページ | 秋と台風と・・・(2018年9月29日~30日 台風気をつけましょう) »

秋晴れの稽古でした(2018年9月23日 カラっと秋晴れ)

木曜日から金曜日にかけて大雨が降り注いだ東北は宮城県。
降れるだけ降ってしまったのか、日曜日からカラっと秋晴れ。
秋の味覚に行楽に。
連休を満喫している人たちであちこちが賑わっております。


今年のサンマは美味しいわ☆笹です (`・ω・´)キリッ


今週も今週とて日本刀の勉強や居合の稽古でドタバタと
仙台市周辺を走り回っておりました。


日本刀の勉強も、居合の稽古も経験の浅い笹が申しあげるのも
大変僭越なのですが・・・ひとつひとつ真摯に取り組みたいと思いました。


・・・即、真摯に取り組んでなかったのかよとツッコミを頂きそうですが、
そんなわけではありません(^▽^;)


知識にせよ実技にせよ大雑把に外側をさらって
無邪気に楽しんでいた分、肝心な部分が抜け漏れていることってあると思うのです。

最近はそういう、今まで大雑把にしていた部分が自分でも感じられるようになり、
それらをひとつずつ、改めて覚えていかなければなぁと・・・。
秋晴れの空の下、お茶を飲みつつ考えるんであります。
(↑ ホントに真面目に考えてますかアナタ)


今週も書きたいこと、たっくさんあるんですよー。よよよ~。
サクサクっと参りましょうっ(^▽^)ノ


☆☆☆☆☆


☆Kさん、居合道形の特訓中


11月の古武道大会で兄弟子Iさんと居合道形を
披露することになりそうなKさん。


本番当日までの稽古回数を考慮すると、
そろそろ本腰を入れたいところです。


居合のキャリアを考えると役割は、兄弟子のIさんは打太刀(形のやり方を導く)、
Kさんが仕太刀(打太刀の導に沿って動きを覚える)になると思われます。


今週はIさんに代わり、S先生が打太刀となって
Kさんと一緒に居合道形の稽古をされていました。


目の前に相手が実在して、かつ相手との距離感や形それぞれの動きなど、
覚えることが多くて、初めのうちは戸惑うことも多いです。

普段やっていた業とは状況がかなり異なりますので、
つい焦ってしまうこともあります。


S先生とKさん、お二人ともゆっくりじっくり形の稽古をされつつ、

S先生「業も大事だけれど、相手との呼吸を合わせることが大切ですよ」


と何度も仰っていました。
最後あたりは仕太刀と打太刀の呼吸も合いはじめてまして。
うーん、仕上がりがとっても楽しみ(^-^)


S先生「あとね、打太刀が導いてくれなかったら、
    『ちゃんと導いてください!』って言っていいから(・▽・)b 」


Kさん「(^▽^|||)イエマセン 」


ということで、打太刀のIさん、覚悟しといてくださいな(-_☆)キュピーン



ちなみに笹、ひょんなコトで初段の頃に居合道形をやらせて頂く機会がありまして。
当時の様子といえば、下のような感じでした。


S先生「はい次! 独妙剣(どくみょうけん)いくよー」


笹「はいー」


(仕太刀・打太刀が三度斬り結び、
互いが拮抗してしまったため正眼の構えで一瞬後退する)


(後退した瞬間、打太刀が渾身の一突きを仕太刀へ繰り出す)


S先生「はい笹! (突きを)鎬地で受け流しながら、左前方に一歩出る!
一歩出たら相手の首元に上段から斬りつける!」


笹「はいっ (`・ω・´)」


(笹、鎬地で受け流さずに右前方に一歩出る)


S先生「左って言ってるでしょーがっ。受け流せっ!(#゚Д゚) ヒトノハナシキケィ」


・・・文字通り、 右も左もわからないコでした・・・(-_-)チーン
笹に比べれば、他の方は理解が断然早いと思います・・・。


Kさんもぜひ、本番まで居合道形とじっくり向き合って、
大変だと思いますが、その大変さを楽しんで頂ければと思います(^-^)


☆刀法「切先返し」、「相手の顔面をかっちゃく」意味がようやくわかりました


刀法の業のひとつ「切先返し」。


至近距離で上段から斬りつけてきた相手の刃を
咄嗟に抜いた刀で受け、更に左手を添えた刀身の切先で相手の顔面を
切り裂き、ひるんだ相手の腹部に更に突きを加えるという内容です。


相手の顔面を切り裂く動作のことを、
先生方は仙台弁で「かっちゃぐように」と仰います。


この「かっちゃぐ」動作、今までは相手の額から垂直に
切先を斬りおろすだけと思っていました。


今週、別件でこの業をご指導頂いた際に、
例えば上段から振りかぶって斬り下ろすような軌跡で
この「かっちゃぐ」動作をするということを知りました。


笹「 !!(゚ロ゚屮)屮 ソウダッタノカ 」


S先生「 Σ(・ω・ノ)ノ! ダイジョウブカ コイツ 」


・・・確かに垂直に斬り下ろすよりも
普段の斬り下ろしの要領でやったほうが切先に力入るよなぁ・・・。


こういったところにも、まだまだ足らないところ多いです。
地道に、肝心な部分を覚えていきたいと思います。

« 久しぶりに大勢で稽古っ(2018年9月15日~16日 雨だったり晴れだったり) | トップページ | 秋と台風と・・・(2018年9月29日~30日 台風気をつけましょう) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94086/67199523

この記事へのトラックバック一覧です: 秋晴れの稽古でした(2018年9月23日 カラっと秋晴れ):

« 久しぶりに大勢で稽古っ(2018年9月15日~16日 雨だったり晴れだったり) | トップページ | 秋と台風と・・・(2018年9月29日~30日 台風気をつけましょう) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ