« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

いつの間にか忘れていることが多いです(2018年10月27日~28日 マラソン日和)

全日本大学女子駅伝があり、地域の秋祭りがあり。
土地土地で賑わいをみせる東北は宮城県。
土曜日は残念ながら雨模様だったのですが、
日曜日は屋外にいるとちょうど心地よく、ひなたぼっこ日和です♪


晴れていようが稽古は稽古・・・!
・・・というワケで、今週も今週とて稽古です!


今週の参加者はS会長、Y先生、S先生、Kさん、Yさん、笹。


稽古場へ復帰したてのYさんは、感覚を思い出して頂くために
別メニューでマンツーマン稽古。
少しずつ感覚を取り戻していけたらいいですね(^-^)


それ以外の方は刀法、番外、大日本抜刀法から正座~居業、
すべての業を通し稽古でおこないました。


しっかり稽古をした後は、恒例のお茶休憩。
S先生が仕事で出張した先での史跡や歴史の話で盛り上がりました。
笹、「なごやじょう」がふたつあることを知りまして。
ひとつ賢くなりました(・▽・)ワー


笹、幸いにも2日間とも稽古が出来ました(^-^)
稽古ができるって、やっぱりいいですね♪


最近はなにかと用事が多く、稽古ができないことも多かったので。
・・・で、不在だった分だけ、こってりみっちりお灸を据えられました(・▽・;)


★正座の業、楷書が楷書のやり方になっていない


未知の領域の物事を傍からみて「難しそうだなー」と感じるものを、
すぐその場で表現するのはとても難しいものです。


それは居合の業も然りで、弊会では居合を始められた方に、
業の動きや理合いを理解してもらうため、
ひとつずつ分解してお教えするようにしています。
この工程のことを弊会では「楷書」と呼んでいます。


分解された動きを時間をかけて繋げるよう努め(行書)、
繋がった動きを最終的に、なまして自分のものとしていく(草書)・・・という流れです。


で。


笹の場合。


正座「右」「左」「後」の業で、
相手の方向に刀の柄頭を向けつつ抜き付ける直前の動作に対し、
本人が楷書のつもりで抜いているはずが、
行書なのか草書なのかよくわからない状態になっておりまして。


お茶休憩後の個別稽古で、こってりご指導を頂きました(^▽^;)


S先生「笹、正座の『右』、抜いて(-_-)」


(笹、 『右』を抜く)


S先生「うーん・・・・・・・・・」


笹「(・▽・)???」


S先生「ま、笹がそう抜きたいという意思があるのなら構わないんだけどね」


笹「(・▽・)???」


S先生「まぁ、問題はないんだけどね」


笹「(・▽・)???」


S先生「楷書以外として抜くなら構わないんだけどね」


笹「・・・か、楷書として抜いてるのですが」


S先生「え!? それじゃその抜き方は駄目じゃないか!!」


先生が仰りたかったのは、
弊会の「楷書」のやり方では、体を動かす順序を覚える目的で
柄掛かりから抜き付けるまでに両足のつま先をしっかり立てることにしています。
(座した状態から抜き付ける業全般にいえます)
これが笹、相手の方向に抜き付け寸前でつま先立つことをやっていまして。


・・・行書としてはアリらしいのですが、楷書となると・・・順序的に問題あり、です。
・・・というワケで、こってりご指導頂きました。


楷書として、つま先立つという動きをすっかり忘れていました・・・。
なんかいずいなぁと以前から思っていたのですが、原因はコレだったのかぁぁぁぁ。


・・・物事を忘れるのって、どうしてこんなに早いのだろう(by ぼのぼの風)


S先生「動きをひとつひとつ教えられないと教わる人は大変だよ。しっかり覚えておかないと」


笹「(^▽^;) オボエマース」


居合の業の稽古を長くやっていることで、
気付いたら忘れていることって他にもあるんだろうな・・・。
自分なりに時々振り返ってみる必要があるなと、思いました。


やること、やるべきこと、やりたいこと、いっぱいあるぞー。
頑張ろう。

▼宮城県にある居合道場

しばらくじっくり稽古です(2018年10月20日~21日 焼ドーナツ美味しかった)

澄んだ青空が広がる東北は宮城県。
地元のプロサッカーチームの試合もあり、各種イベントもあり、お祭りもあり。
行楽で行き来する人たちで賑わっております。

家の茶の間にコタツを設置しました☆笹です(・w・)b

7月~8月のひどい猛暑の記憶がいまだに強く残っていて、
肌寒くなってきたからコタツを出す・・・という発想まで及ばなったのですが・・・


・・・冬が近いんですねぇ・・・。

カレンダーを覘いてみれば、12月までもうすぐ。

(熱いお茶をすする)

(居合刀の鞘、磨かないと)

(今年は梨が美味しいな)

(そういえば冷蔵庫にチョコレートあったワ)

年内にやれるべきことをしっかりと取り組んでいく所存でゴザイマス。
(↑ 本当にそう思ってますかアナタ)


☆☆☆☆☆


★穏やかな稽古日でした~

行楽は 稽古をしっかり やったあと

五七五にまとめてみました(笑)

今週も今週とてガッツリしっかり稽古です!
今週は通し稽古で番外、大日本抜刀法、正座、立膝、居業を
稽古に参加された方々と本立ちを交代しながらやりました。

先日二段になられたAさんも本立ちをしっかりこなされます。
そんな姿を拝見しつつ、

「ああ・・・こんなに立派になって・・・(T▽T)」

とハハゴコロで見守っております(笑)
笹、なにもやってませんけど(笑)

なにもやってはいませんが、先生方から言わせると
笹の悪いクセが結構他の方々にもうつってるんだそうです(^▽^|||)

以前、S先生からも「結構みんな見てるんだからね!? (業に)気をつけなさい」
とご忠告頂いております。

笹の業、他の人が見てるはずないと思ってたのですが
そんなことないのかなぁと・・・ちょっと自覚しました。

季節柄、今週も人は少なめ。
通し稽古の合間にY先生とKさんは居合道形の稽古をしたり、
笹がミニ先生としてAさんに業をご指導したり。

2時間の稽古はあっという間に過ぎていきます。
今週はお茶休憩のお菓子も充実してたんですよー。よよよー。

風邪を召されて稽古をお休みされたS会長から栃木県は日光のお菓子、
Aさんお手製のたっくさんの焼ドーナツを差し入れで頂きました(^-^)

Aさんが淹れてくださった美味しいお茶とお菓子♪
何気ない一週間の出来事を話したり、刀剣談義したり。
S先生が不在だったので時間もちょっとゆっくり。
最高のお茶休憩でございました☆

稽古お休みされた方、惜しかったなー(^▽^)
美味しいお菓子あったのにいぃ(^w^)

S会長、Aさん、お菓子ご馳走様でしたーっ♪
S会長、ぜひご自愛くださいませー。


★笹的な居合の稽古と刀鑑賞の相乗効果

河野百錬先生は、居合の他に愛刀家という一面もお持ちでいらっしゃいます。

以前、このブログで笹の個人的な意見として
「河野先生、居合の稽古と日本刀の勉強と、よく時間があったなー」
とボヤいたことがありました。

一日24時間しかないのに。
その他にお仕事やご家庭のこともおありでしたでしょうし。
どんな方法で時間を密に使っていらしたのか。
同じ24時間を生きている笹、真似なんてとてもできないなと。


居合の他に日本刀の勉強も少しずつ初めて思うようになったのは、
勉強の際に、鑑賞した御刀に感動した後日の稽古は、
とても集中力が高まる、ということでした。

簡単な言葉で申しますと、

「とても素敵な御刀が観られてとっても良かった!」



「よし、稽古も頑張ろう!」

・・・という感じです。
相乗効果というものでしょうか。


もしかしたら、河野先生も感じられていたのかもしれないなと。
先生の著書それぞれにも、必ず日本刀の話があり、
日本刀と居合の密接な繋がりを説かれています。
ではなぜ「説く」のか・・・そこに笹が考えることが含まれているのかも♪

河野先生は幼少の頃、骨董を趣味とする叔父様のところで
過ごした時期がありまして、河野先生も少なからず影響を受けていると思います。

また居合は29歳から始められており、それ以前は剣道一筋の方でした。
ビジネスマンの素養のひとつとして学ばれた可能性もありますが、
愛刀家になられた時期は定かではありません。

仕事に、諸々のお付き合いに(ビリヤードも嗜んでいたらしいです)、
剣道の稽古に、居合の稽古も加わって。

そこに日本刀の勉強が更に加われば・・・一日24時間が隙が無い。
本当に濃密(^▽^;)

以前、河野先生が日本刀の勉強をしっかりなさっていた形跡を
拝見したことがあります。

隙の無い時間で、どうやって勉強していくか。
そこで(無意識だったと思いますが)活用したのが、
笹の言う「相乗効果」だったのではないかと。

河野先生、「あ~、ソレやソレ、ソレ言いたかったんや」とか
仰ってくれないかなぁ・・・。


いよっし、頑張るべっ。


昇段審査でしたっ(2018年10月13日~14日 すっかり秋空)

先週末の台風以降、寒さがぐぐっと強くなり、すっかり秋深い宮城県は仙台市。

居合関係の行事も残るは11月の行事のみ。
これからより寒さも強まり、年を明かして春になるまで、
自分と向き合った稽古が充実していきます。


・・・と、エラそうな文章で始まっております本ブログ。
先週はブログをお休みしてしまい、密かに楽しみにして下さっていた方々、
大変ご不便をおかけ致しました m( _ _ )m

かねてから個人的に計画しておりましたとおり、
日本刀の勉強のため、ちょっくら京の都へ繰り出してまいりました。

京都といえば、居合の稽古合宿で石清水八幡宮にて
度々お世話になるのですが、
居合以外の観光で京都って行った経験、笹、ないのですよ。

石清水八幡宮で合宿稽古が終われば、ヘトヘトに疲れていますので、
八幡駅から北上したJR京都駅までたどり着くのに精いっぱい。
疲れた体にムチ打ってお土産を買い、新幹線に搭乗したらすぐに眠ってしまう。
毎回そんな感じで過ごしていまして。


笹、JR京都駅から北へ一歩も出たことがなかったのです(^▽^;)


・・・というコトで。
初 居合以外の個人旅行、祝 京都探訪♪♪

京都国立博物館を訪れるべく降り立ったJR京都駅。
正面入り口から北へ一歩踏み出した時、

『巷にとってはちっぽけな一歩だが、笹にとっては偉大な一歩である (`・ω・´)』

・・・と、非常にどうでもよい格言を作りだしては密かにほくそえんでおりました(笑)


目的地の博物館もとってもよかったです。
国宝や重要美術品に指定された日本刀が
展示会場内のそこかしこに佇んでいる環境は、
笹にとって現実とは思えず、慣れるまでに時間がかかりました(笑)
展示品の感想は、長くなりますので控えさせて頂きます(^▽^;)


博物館の他にも建仁寺や五重塔、清水寺にも足を延ばしてきました。
かねてからの念願だった清水三年坂美術館にも行って
素晴らしい金工を拝見できましたし。

稽古を休んでしまいましたが、有意義なお時間を頂戴しました(^-^)

ただ旅の間、気温は30℃・・・結構コゲた気がします。
清水寺で頂いたかき氷がおいしゅうございました・・・。

清水寺まで猛ダッシュで登りましたが、筋肉痛もまったくなく、
居合の日頃の鍛錬が効いているのかなと思いました。

以上、笹の「ちょっくら京都 ふらり旅」でしたっ。
(↑ いつの間にか番組枠に・・・てか稽古ブログでしょアナタ)


☆☆☆☆☆


・・・話のコシが折れまくってます☆


★Yさん、稽古復帰されました(^▽^)v


今年の夏頃からお休みされていたYさん。


お休みされる直前に稽古用の模擬刀を求められていたので、
稽古をしたいお気持ちも堪えていらっしゃるのだろうな・・・と、
陰ながら心配していたところ・・・無事に復帰(^▽^)v

Yさん、おかえりなさーい(^▽^)

笹は休んでしまっていたので、まだお会いしておりませんが、
今週はY先生とマンツーマンで稽古をなさったそうで、
今まで覚えた業を思い出すのにも、きっと時間はかからないでしょう。

とはいえ、新しい御刀を使っての稽古ですので、
怪我がないようにゆっくりじっくり思い出して頂ければと思います。


★Iさん、初お目見えでしたっ(^▽^)v


昨年よりY先生の道場で稽古を始められたIさん。

ご都合が合わずなかなかお会いする機会が得られずにおりましたところ、
先週末、あらた道場へお越しくださいました♪

ご自身が求められた稽古用の模擬刀をご披露したり、
皆で稽古をしたり、楽しまれたそうです(^-^)

週末のあらた道場と、水曜日のY先生の道場。
お互いに名前は知っているものの、
実際にお会いしたことがない・・・ということが案外多い弊会。

この時も笹、いなかったんだよなぁ・・・。
機会あればぜひ、Iさんや他の方々ともお会い出来たら嬉しいです。


★二段の昇段審査が行われました

笹の所属する連盟では、二段までは一年おきに
先生方のご判断の基、受験資格が得られます。

今週の土曜日は、ダブルAさんお二人が二段の審査に挑みました。
残念ながら笹は諸用でお手伝いできませんでしたが、
当日の会場設営はKさんやYさんがお手伝いくださったようですm(_ _)m


筆記、実技いずれも合格されました♪♪

ここ数年、入会くださる方も増えて、その方々が昇段される度に、

「こ、これは追いつかれるのでは・・・(・_・;)」

と思うようになりました。


追いつかれないよう、無事に逃げ切れるように笹も頑張らなくちゃです。


いろいろ、いろいろあるけれど。
今週も地道に頑張ってまいりましょー。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ