« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

ビシバシ稽古中(2019年2月23日~24日 春の香と足音が聞こえます)

風に草花の香りをほのかに感じる東北地方。
花の開花こそしていないけれど、確実に春が近づいてきています。

笹は現在、このブログの文章を書いているノートパソコンの他に、
以前使っていたノートパソコンも持っています。

直近で必要と思われるデータは新パソコンへ移動したのですが、
弊会のホームページ(以下 HP)を作成しているソフトだけは移行できず、
(サポート期間が終了、且つダウンロード版ソフトの配信も終了)
HPを編集する場合は旧パソコンを利用しています。

久しぶりにHPを更新しようかなーと旧パソコンを起動してみたものの、
経年劣化によって動作が遅めです。
壊れてはいないものの、HP作成ソフトを立ち上げるのにエライ時間がかかります。

HP作成ソフトも含めて、そろそろ完全移行を考える必要があるかなぁ・・・。
機械ではあるけれど、長い年月を共に歩んだ相棒でもある旧パソコン。
動けるのなら使ってあげたい・・・まだ迷っています。

今週の様子を写真で撮ったので、画像をHPに載せたいのだけれど
どエライ時間がかかってます☆笹です (`・ω・´)キリッ
メールのデータ移行なんてうっかりやっちゃったものだから・・・
時間・・・かかるわぁぁぁ・・・(遠い目)

ちなみに笹、画像編集ソフトはPhotoshopとillustratorを使っているのですが、
前者はバージョン7が良い意味で大雑把で、好きです。


☆☆☆☆☆


★今週もビッシバシ稽古っ

来る来月は年度末。
人もモノも、仕事も来年度に向けた動きへ変わる時期。
動きが変わろうが稽古は稽古。
今週も現在活動中のメンバーが全員揃い、アツい稽古を繰り広げました。

今回も元立ち(業を模範で演武する人のこと)を入れ替えしつつ、
すべての業をこなしました。

「他の人がやっている業の理合いや内容がわからないのでは勿体ない。
自分自身ができなくても、業すべてはある程度把握しておいたほうが勉強になる」

・・・というモットーで弊会は活動しておりますので、
段位に関わらず、すべての業をご指導します。
(もちろん先生方のご判断をもと、行います)

通し稽古でわからなかった業は、後で先生方とマンツーマンで補間します。
笹ももれなく「五段にもなってなにやっとるんじゃあぁぁぁ」
・・・と、こってりお灸を据えられます (^▽^;)エヘ

以前から体の重心の移動について問題が多々ある笹なのですが、
今回、大切なコツをお教え頂きまして。
いろいろあるのですが・・・掻いつまみますと「緩める」。

正座の業でコツを活かして試みたところ、
重心の移動が今までになく軽く、楽にできました。

立膝の姿勢で試みたところ、
正座ほど実感はありませんでしたが、重心の移動が楽なように感じます。

実は先週の稽古後、立膝の業を繰り返しやっていたせいなのか、
左ヒザが痛かったのですが、コツを活かしてみたところ、
今のところ痛みはありません。

あくまで結果論に過ぎませんが、
ひょっとしたら、普段からある「しっかり業やらなくちゃ」といった気負いが、
心理的に体を強張らせてしまい、重心も本来あるべき場所から
前に傾いたことで、左ヒザに影響したのかもしれません。

緩めることが如何に難しく、
如何に有効であることが実感できた稽古なのでした。

ただ、笹の場合、緩めるとなったら緩め過ぎる傾向があるので、
要注意です(^▽^;)  ← 中庸ということができないヒト



★伝承会保 執筆中♪

河野百錬先生にまつわる情報を盛り込んで
不定期に配信している『伝承会報』。

これはS先生が毎回執筆なさっているのですが、
先日、書きかけの文章を拝見したところ
今回も興味深い情報たっぷり、記事の内容が濃い・・・!

もう少し見直すとのことでしたが、お目見えする日も近いかも。
楽しみにお待ち頂ければと思います(^-^)



★伝承会ホームページ更新のお知らせ

伝承会の修行録を久々に更新しました♪
よろしければご覧いただければ幸いです。

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

190224_pic


まだまだまだまだまだまだ(エンドレス)、
身につけるべきことがたっくさんあります!
今週もまた地道に頑張ってまいりましょうっ(^▽^)ノ


▼宮城県にある居合道場▼

久しぶりにきっちり稽古しました(2019年2月16日~17日 健康がいちばん)

お日様のひかりが春めいているように感じる宮城県は仙台市。
4月に向けて人も物も、様々なことが移ろい始める日本列島。

お茶休憩でいただくお菓子が美味しいとか。
集中して稽古ができるだとか。

体調を崩した後の稽古なので、「普通」が何よりもありがたいなぁと
しみじみ感じております☆笹です (`・ω・´)キリッ

おかげさまで無事に回復することができまして、
今週からまた相も変わらずのほほんとブログをお送りしております(^▽^)
職場も怒涛の忙しさからだいぶ落ち着いてきておりますが、
今月は何が起こっても不思議じゃない状況ですので、
健康を第一に仕事を進めて参りたいと思いまっす。


・・・と、真面目なコトを書いている笹の傍らで、

「ちょこれ~と ほしかった」

というカナクギ文字が書かれた紙片とともに行き倒れている目貫のカニが4杯。

・・・手元には龍角散のど飴しかないので、
それで手を打ってもらおうと思います( ← 鬼)


☆☆☆☆☆


☆ミニ先生をやってみて気づくことが多いです

今週末はY先生、S先生、Kさん、Yさん、笹が主に参加。
雪も寒さもなんのその、稽古に集中していればすぐに暑くなってきます。

笹は今回、Yさんのミニ先生としてご指導しまして、
今まで覚えたところの復習と、不明な個所のおさらいをしました。

Yさんから質問を受けたことをアレコレ説明してみて改めて気づいたのですが、
まさに笹が昔わからなかったところでした。

例えば、業それぞれの足の動き。
稽古は基本的に袴をはいておこなうので、
足先の動きはある程度見られますが、それ以外は袴のなかですから、
脚全体の動きを理解するのは難しいと思います。

それに加えて上半身の動きも覚える必要がありますので、
笹もご多分に漏れず、上半身と下半身の動きが伴わず、

「?????(・▽・)」

・・・な状態になります。
当会に入りたての頃、笹は毎週、大パニックでした(笑)

上半身と下半身の動きを理解し、それぞれの動きを連動させるには
業それぞれの理合い(どのような状況下で行う業なのか)と、
体の動きの流れ(なぜこのように体を動かすのか)を覚えることが大切になります。

上記はどちらも大切なことなので、できれば平行で覚えつつ、
ほんの少しだけ後者を優先で覚えたほうがいいのかなと
個人的に考えています。

とはいえ後者、単純に体を動かす順番を覚えていくのではなく、
「右足で踏み込んで袈裟斬り」という動きがあった場合、
直前の動き(または自分が置かれた状況、害意を持つ相手の状況等)から、
逆算して考えていく・・・というものです。

言うは易し、行うは難しですね(^▽^;)

笹もそう思うのですけれど・・・現在の笹が、
入門当初に頑張っておけば理解もより深まっただろうなと
思う点でもあったりします。


☆お茶請けの差し入れ頂きました~

今週はお茶請けの差し入れが多い週でした(^▽^)キャッホイ

Y先生から、福島県のお土産で桃クッキー、
Yさんからミニチョコレートバラエティーパックを頂きました♪

お茶休憩の際に、熱いお茶と一緒に美味しく頂きました。
石油ストーブを囲む形でのお茶休憩は、本当に和みます。

S先生「もしかして、ウチ(伝承会)にお越しの方が
お菓子を差し入れくださるのは、お茶休憩の影響・・・!? Σ( ̄ロ ̄lll) 」

笹「ホームページにもお茶休憩の様子、載せてますしね~(・_・)」

稽古しないでお茶ばっかり飲んでる団体とか思われてる!?・・・と、
S先生がひとり心配なさっていました(^▽^;)


・・・・・・・・・・・・ (^▽^;) ← ちょっと不安になった


こ、河野百錬・伝承会は、
しっかり稽古してしっかり休憩もする団体です (`・ω・´;)キリッ





今週は参加される人も少なかったため、
こってりがっつりお灸を据えられました・・・頑張らなくては—。


いろいろ、いろいろあるけれど、今週も頑張ってまいりまっしょう♪


▼宮城県にある居合道場▼

ばたんきゅーです(2019年9日~10日 疲れに負けました)

連日の寒さと、職場での怒涛の忙しさに巻き込まれまして。
ついには日付が変わるギリギリまで仕事やっちゃったりして。


笹、疲れにより絶賛バタンキュー(死語)中です。

ブログを覗いてくださる方々には申し訳ありませんが、
今週はお休みを頂きたいと思いますm(_ _)m

来週は元気にのほほんとお送りしたいと思いまっす。

いろいろ、いろいろあるけれど。
頑張りましょー。


▼宮城県にある居合道場▼

寒い日と暖かい日の稽古でした(2019年2月2日~3日 春のにおいがする)

今まで冴えた香のする椿の花が、
いつのまにか、柔らかな香りに変わったなぁと感じた今週末。
厳しい寒さからほんの少しだけ暖かくなった証。


とはいえ2月。
大雪が積もるのもこの時期なので、油断はできません。
節分で豆まきや鬼のお面、恵方巻の買い出しでにぎわう日本列島。

立ち寄ったコンビニエンスストアで

「うわぁ、これ美味しそう(・▽・)」

と手に取った品物をよく見たらドッグフードでした☆笹です(・w・)ワン


レトルトパウチ包装だったので、てっきり餡かけ風中華スープに見えたの・・・。
鬼もたじろぐアホの子全開で、相変わらず生きております。

今週もお話したいことたっくさんあるのですよー。
サクサク参りましょうっ。



★風邪ひきさんが多くなっております

著しい寒暖の差と、ここ最近、空気が乾燥しているからなのでしょうか。
弊会では体調を崩されている方が多くなってきました。

Yさんも体調が思わしくなくお休みされましたし、
Aさんはマスクしながら稽古場にいらしたので、
無理は禁物!体が資本!・・・ということで
ストーブの横で暖まりながらの見取り稽古でお願いしました。


人との交流が多くなり始める時期でもありますので、
これ以上体調を崩される方が出ないことを祈るばかりです(‐人-)

人が少ないと寂しい・・・(;‗;)



★こってりご指導頂いております

稽古に参加される方が少ないということは、
普段よりも更に掘り下げた内容で稽古できるのも事実ありまして。


今週も今週とてこってりご指導頂いております(^▽^;)
なにか直りかけると、どこかがオカしくなるという・・・。


◆納刀の時に、鞘を握る左手の指をヒラヒラ動かさない
納刀の際に、左手の親指と人差し指の股の上で
刀の棟を誘導し、滑らせながらしゃくりあげ、
切先が触れたらすぐさま鯉口に入れる・・・という動きをするのですが、
笹の場合、切先が鯉口に入った後に刀身を納めていく過程で、

左手の親指と人差し指をヒラヒラと動かしているとのことでした。
真剣であれば、ちょっと触れただけでも切ってしまいますので、
大変危ない動きです。

親指と人差し指にヒラヒラ動く理由を尋ねたところ、
鯉口に入ってしまえば親指と人差し指の役割が終わってしまうので、
手持ち無沙汰でヒラヒラしているのだそうです。
納刀が終わるまでが仕事と思って、しっかり鞘を握って頂くよう伝えました。


◆立膝「滝落」で、自分の鐺を相手が掴んでいる手を確認するタイミング

立膝「滝落(たきおとし)」は、端座した自分の背後から忍び寄った相手が
抜刀させないように鞘の鐺を掴みます。
相手を刺激しないよう、普段通りに立ち上がるように見せかけつつ、
相手が鐺をどちらの手で掴んでいるか咄嗟に確認し、
立ち上がりざま敢えて後ろに一歩踏み出して相手に近づいて
掴んだ手に応じた向きで鞘をひねり、
相手から鐺を奪い返し、反撃に転じる・・・という動きを行います。

笹の場合、鐺を掴んだ手を確認するタイミングが不自然なのです。
上記の理合でいえば、鞘をひねって奪い返すには
相手がどちらの手で掴んだか確認する必要があるので、
掴んだ手を見る → 鞘をひねって奪い返す・・・という順序になります。

・・・が、笹の場合、掴んだ手を見る事と、
鞘をひねる動きが同時になっています(^▽^;)

こうなってしまうのは理由がありまして、
立膝の独特の座り方で、お尻に敷かれる左足が未だに痛いのです☆

痛さに気を取られ過ぎて、
掴んだ相手を見てから鞘をひねっていられないのです(T▽T)

立膝の座り方で左足が痛いのは、
重心の移動がうまくできていないのが最大の理由なのですけれど、
痛いのであれば、動きを急いでやろうとせずに、
痛さに合わせ、業の動きを総体的にゆっくりやるのがいいのではないか、
とご指導頂きました。

試しにゆっくりと動いてみたところ、正しい順番で動けるようになりました。

そうなのですよねー・・・。

ついつい、早く動いてしまいがちになるのですよねー・・・。
焦ってしまうといいますか・・・。

心を落ち着けて、じっくり取り組みたいと思います・・・。


うーむ。
頑張ろう。

▼宮城県にある居合道場▼

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ