« 初心者さんからベテランさんまで大賑わい(2019年6月15日~16日 雨ざーざー) | トップページ | 京都遠征から帰ってまいりましたー(2019年6月30日 蒸し暑かった・・・) »

京都遠征いよいよ今週末(2019年6月22日~23日 みっちり稽古)

「梅雨」だとか「紫陽花」だとか。
漢字って・・・ウツクシイわ。

文字の形の美しさを目の前にして、
来る京都遠征に向けて、せっせと現実逃避に突っ走っております☆笹です。

梅雨らしいじめじめとした日が続いている東北は宮城県。
それでも時折、雲間からお日様が顔を出してみたり、
風が吹き付けてきたかと思えば、雨雲が厚みを増して雨を降らせたり。
まったくもって、梅雨らしい時期でございます。

今週は笹、稽古の合間に日本刀の勉強会に参加してきまして。
刃文の縁に厚くつく冴えた沸。
地鉄に厚くつく沸や多彩な動きをみせる地景・・・お陰様で心に栄養をたっぷり蓄えられました(^▽^)
昔からなのですが、鑑賞させて頂いた刀に深い感銘を受けると、稽古にとても身が入ります。

とはいえ居合の稽古はあくまで実用的な観点ですし、鑑賞はあくまで美術的観点。
双方はまったく異なるものなのに・・・なんで稽古に身が入るのだろうなぁと、
勉強会が終わった後、道すがら考えてみたのですが、
双方の観点を突き詰めれば、「精神の拠り所」に成り得るからではないかと思いました。
その容姿の美しさや妖しさに、鋭利な道具として、
携えた自分自身が守られているかのような印象を受けるからなのかな、と。

実際のところは「刀に自分が守られている」のではなく、
刀に守られる自分になるために自分自身を高めるところにあるのだと思います。

河野百錬は居合はもちろん、多様な武術や武道、日本刀についても深く学ばれておられました。
鑑賞会に足繁く通われていたような記録を拝見したことがあります。

河野先生も「鑑賞会で刀観た後は、稽古がはかどるわい(・▽・)」
とか思われていたら楽しいな♪

話のコシが折れた☆

今週も梅雨の湿気にも負けず、蒸し暑さにも負けず、
稽古場に集まった会の方々とアツイ稽古が繰り広げられました。
サクサクっと参りましょうっ。

★新人のOさん、Sさん、いよいよ業デビューです

入会以降、礼儀作法や五行の構え、抜刀や納刀のやり方を習得されていたお二人。
今週から少しずつ業を始められたようです。

弊会では正確な運剣(一文字、袈裟斬り、突き等)と納刀を覚えて頂く目的から、
立ったままでできる、且つおおよその運剣を網羅できる・・・ということで、
大日本抜刀法から稽古を始めます。

横一文字や袈裟斬りをする際、つい腕に力が入りがち。
力いっぱい振り抜けば、勢いのある抜刀ができるのではないか・・・と思ってしまいがち。
(笹もそうでした)
まずは「勢いのある抜刀」ではなく、正確な手の裡(手指の締め具合)にじっくり取り組んで頂いて、
運剣と手の裡を上手に組み合わせられるようになれば、おのずと勢いのある抜刀ができるようになります。

居合道は短期間で成果が出せるものではありません。出すものでもありません。
焦らずじっくり取り組んで頂ければと思います(^▽^)


★京都遠征、いよいよ・・・です

・・・と、上記でまたまた実にエラそうに申しておりますが、
来る京都遠征で奉納させて頂く居合道形で、こってりお灸を据えられております(‐_‐)チーン

遠征前の、最終稽古でもございました。

初段以来、10年ぶりにS先生と居合道形をやらせて頂いたけれど、
果たして成長しているのやら(T▽T)

・・・やるだけやった・・・あとは河野先生に頼ろう( ← オイ)

できれば楽しいお土産話を持ってこられるよう頑張りまっす。

頑張れ自分。
頑張らせて河野先生( ← オイオイ)


いろいろ、いろいろあるけれど、今週も頑張ってまいりましょうっ(^▽^)ノ



▼宮城県にある居合道場▼


▼参加してます


武道ランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
にほんブログ村

« 初心者さんからベテランさんまで大賑わい(2019年6月15日~16日 雨ざーざー) | トップページ | 京都遠征から帰ってまいりましたー(2019年6月30日 蒸し暑かった・・・) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初心者さんからベテランさんまで大賑わい(2019年6月15日~16日 雨ざーざー) | トップページ | 京都遠征から帰ってまいりましたー(2019年6月30日 蒸し暑かった・・・) »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ