弊会が賑わっております(2017年11月11日~12日 寒いけど良い天気)

北風がぴーぷー吹きすさぶ東北は宮城県。
11月に入り、寒さが一段と強くなってきている気がしております。

風の強さも寒さもなんのその。
今年の11月は弊会にとって参加行事がとっても多いですよ☆笹です。
しかも今週は弊会史上初のイベントもあり・・・なにやら賑わっております(^-^)

例によって今週末は笹、
日本刀の勉強会で市内をすっ飛びまわっておりまして。
その疲れもあり睡魔と闘いつつお送りしております。
今だったら立ったまま眠れますよ(笑)

☆☆☆☆☆

★ラジオ番組から突撃取材を受けました

地元 東北放送のラジオ番組で県内各地をラジオカーが巡り、
地元の方々がおこなう活動を突撃取材するコーナーがあるのですが。

先週末にそのラジオ局からY先生へオファーが突然入りまして、
弊会、取材を受けました ヽ(´▽`)/

取材といっても5分程度のコーナーですので、
さらっとした紹介になっておりますが、
「居合」という武道の存在はリスナーの方々へ伝えられたと思います。
よろしければ聴いてくださると嬉しいです♪
(ちなみに笹は当日不在でした)

ラジオ配信アプリ「radiko」で聴くことができます。
パソコン版とスマートフォン版がありますので、
下記の手順で番組を検索してお聴きください♪
配信期限は11月13日12時7分までとなります。

手順
「radiko」へアクセス後、タイムフリー画面に移行する

検索画面に下記を入力して番組を見つける
 ・番組名「それいけミミゾー」
 ・日付は「2017年11月11日(土)」
 ・地域は「宮城」

1時間14分頃に時間をスライドさせて再生する


【パソコン版はコチラ】
http://radiko.jp/#!/ts/TBC/20171111100000

ちなみに取材時間は11時頃。
普段ならお茶休憩で和んでいる時間なのですが、
取材が来るまでガッツリ稽古していたそうです(^▽^)
そんでもって当日稽古場へ入門関連でいらしていた方も
取材に巻き込まれたようでした(笑)
(ちなみに当会はラジオMCが言うように大根切ったりなんてしません)


★入門希望の方がいらっしゃいました♪

上記でも少し書きましたが、
弊会に入門を希望される方が今週末お越しくださいました(^▽^)v
10月初旬にもいらして見学をなさった方で、
今回は入会申込書を取りに道場へいらっしゃいまして。

武道は短時間で成果をあげることは目的ではありません。
職場や生活環境が変わっても、
いかに細く長く地道に稽古を続けられるかが、
自ずと自身の心と業前に還ってくるものだと思います。

弊会は同じことでも何度でもお教え致します。
稽古場に来られず忘れてしまっても何度でもお教えします。
忘れてしまうことにめげず、何度も教わることにめげず、
稽古をしたいという気持ちだけ常に持ち続けられれば、
上達すると思います(^-^)
そして何度も教えることで、指導側としても多くを学ぶことができます。


・・・と、えらくカタいこと言っておりますが、
まずは居合に親しむ気持ちでやって頂けたらと思いまっす(^▽^)
ご一緒に稽古出来たら嬉しいです。


今週末もいろいろ行事満載でした。
仕事も居合も日本刀の勉強も。
やることは山ほどありますよん。

いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
頑張ってまいりましょうっ。

寒いやら暑いやら(2017年11月3日~5日 稽古場で初ストーブ導入)

冷たい空気とか、ふるえるように輝く夜空の星だとか、
地面を彩る落ち葉だとか。
冷たいものには、寂しさを感じさせる成分が含まれている。

温かいお茶だとか、温かいコタツだとか、温かい灯りだとか。
温かいものには、ホッとさせる成分が含まれている。

ゆっくりの日の出とそそくさとした日暮れ。
師走の足音も少しずつ聞こえてきている東北は宮城県。

今日も今日とて、睡魔と戦いつつお送りしております(・w・)b グッ
ええ、今回は玉ねぎみじん切り大会で勝負してますの。
勝っても負けても涙が止まらないだろうこの戦い。
長引かせないためにも、サクサク終わらせたいと思っておりまっす。

☆☆☆☆☆

★遠征にいってまいりましたっ(^▽^)

今年の春ごろに弊会へお越し頂いた剣士の方がおられまして、
以降、いろいろと交流させて頂いておりましたが、
今週末、御返礼の機会を頂くことができました。

行事各種でドタバタ追われていた弊会の都合で、
長い間お待ち頂いておりましたが・・・ようやく念願が叶いました♪

当日は御返礼先の道場へS会長、Y先生、S先生、Aさんと笹で
お邪魔致しまして、道場長の元太刀のもと、
通し稽古に大日本抜刀法、刀法、立業を行いました。

最近はずっと気温の低い日が続いておりましたところ、
当日は快晴、稽古をしていて汗ばむほどの暖かさでした。

まさに居合日和といったところです(^-^)

今回のご返礼の旅で、道場長様との橋渡しをしてくださり、
様々なお心遣いをしてくださった剣士様、
同じく様々なお心遣い頂き、道中のナビゲートをしてくださった
M様に心より御礼申し上げます。

今回の旅はものすごく早足の日程でしたので、
剣士さまにもM様にも多大なご負担をお掛けしてしまいました。
もしまた機会を頂けましたら、
今度はゆっくり時間をとって交流させて頂ければと思います。

有難うございました!!(^▽^)ノ


★Kさん、居合道形デビューです

今年初めに昇段されたKさん。
寸止めもできる・・・ということで、先生方のご判断のもと、
居合道形の稽古を始めることとなりました。

初回の稽古となった今週末、
居合道形は打太刀(コーチ的な役割を担う)はS先生、
仕太刀(動きを学ぶ側)はKさん、仕太刀の動きをデモする笹で、
出合、拳取、絶妙剣、独妙剣まで、業のおおまかな動きを説明しつつ行いました。

目に見える打太刀を相手に、体に付くか否かの至近距離で繰り出す動き。
今までになかった動きということもあってかKさんは戸惑われているようでした。

あくまで打太刀の動きを意識し、間合いの取り方、
気の合わせ方から外し方を覚えるための稽古なので、
まずはゆっくりとした動作で、少しずつ覚えて頂けたらと思います。


いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
地道が一番。そう思う。
粘ってまいりましょうっ(^▽^)v

初段の允可状授与式が行われました(2017年10月28日~29日 雨たっぷり)

一番乗りでやって来た稽古場の空気はひんやりしていて、
踏み込んだ床板もやっぱりひんやりしているのだけれど。
道着を着てもちょっと肌寒いねーと話していても、
いざ稽古を始めれば汗ばみます。

扇風機ほどの暑さではなく、石油ストーブほどの寒さでもない。
ちょうど微妙な気温の中間地点にいる宮城県は仙台市。
大雨が降りつづけるなか、全日本大学女子駅伝は開催され、
街中のいたるところで選手さん達の気合いと、
観客の気合いがぶつかり合った週末となりました。

今週はS先生のご用事に同行させて頂いて、
地元の鞘師さんの工房へお邪魔させて頂きました。
お邪魔するたびに笹にとって新しい知識が頂けるので楽しいです。
今回も新しい知識を頂いてホクホクして帰宅したところ。

おもてかに(以下 おもて)「笹、おじーちゃん(鞘師さんのこと)家に行ったでしょ(・_・)」

うらかに(以下 うら)「でしょ(・_・)」

おもて「かにらも行きたかったーっ!」

うら「かにらも連れて行って欲しかったーっ! ( ゚皿゚)キーッ」

笹「・・・その情報はどこから聞いたの? (^▽^;)」

おもて「うん? お友達の燕子花の鍔ちゃんから聞いた」

うら「笹が来てるって、教えてくれた」

!!(゚ロ゚屮)屮 ホントウナラ スゲー


御刀や金物たちは案外、
人間の内緒話なんてすべてお見通しなのかもしれません☆笹です。
・・・えーと、なにを話したかったんだっけ ← オイ


☆☆☆☆☆


☆初段の允可状授与式が行われました。

10月初旬に行われた初段の昇段審査に無事合格されたAさんお二人。
さっそく本部より印可状が届き、
今週末、ささやかな允可状授与式が行われました。
(もうひとりのAさん、水曜日の稽古で授与するそうなのでお待ちくださいね♪)

まったくのゼロから始めたものが形を成し、それが成果に繋がることは、
実はとてもすごい事なんだなぁと、授与式を眺めながら感じました。

弊会は武道の経験がなくいらっしゃった方々がほとんどです。
笹も例外ではなく、道着の着方すら知りませんでした。

道着の着方、たたみ方を覚え、御刀の手入れを覚え、
礼儀作法や業をひとつずつ覚え・・・その道のりは、
「初段」という文字だけだは言い表せない凄みがあります。

私は四段なんて段位は進んでいるけれど、
ゼロからの1年間、その道を歩んでいる方々には到底敵わない。
そう思いました。

いずれにせよ允可状も貰って初段取得の実感が出てきましたね(^▽^)
おめでとうございます♪


☆☆☆☆☆


☆今日も今日とて笹、お灸を据えられております

S先生はよく「悪貨は良貨を駆逐する」と仰います。
人間って、第三者の行動に影響されやすいのだそうですが、
影響される部分が、第三者の良い面ではなく悪い面が多いのだそうです。

まあ、S先生がその言葉を仰る時はだいたい、
笹が余計なことを覚えてきた時や、
笹のおかしな動きが他の方に影響した時のみです(笑)

新しく入門される方のご指導をさせて頂いてますと、
ご指導した方の動きの中に、指導者の雰囲気みたいなものが
感じられるようになります。


んで。


通し稽古を行った後に、S先生から呼び出しがありまして。

S先生「Aさんの納刀の時の左手の指、あれ笹の動きそっくりだから、
     指フラフラしてると危ないから、直して(-_-;)」

・・・と指示を受け。いざAさんの納刀の動きを拝見すると。


・・・そ、そっくりだー ━━━━ Σ(゚∀゚|||) ━━━━!!


Aさんの納刀の動きのなかに、S会長でもY先生でもS先生でもない、
確実に笹の動きが入っておりました・・・(^▽^|||)


慌てて正しいやり方をAさんにお伝えしましたが、
笹、教えている際に無意識でやってしまっていた動きを
自然と覚えてしまったのだと思います・・・。
しかもそれが先生方の正しい動きではなく、笹の悪い癖だという・・・。


S先生「『悪貨は良貨を駆逐する』っていうからねー (-_-メ)」

笹「で、ですね(^▽^;)」

S先生「Yさんにまで真似させる必要ないからねー (-_-メ)」

笹「で、ですね(^▽^;)」


「悪貨は良貨を駆逐する」という意味を、初めて体感した出来事でした☆


☆伝承会ホームページを更新しました

「伝承会の修行録」を更新しました。
覘いていただけると嬉しいです♪

▼伝承会ホームページ(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

171029_pic

いろいろ、いろいろあるけれど。
粘り強く頑張っていきましょう♪

来週はちょっと遠征に行って参ります♪
どんな稽古になるか楽しみ楽しみ(^m^)

雨にも負けず稽古っ(2017年10月21日~22日 雨ざーざーです)

秋が深まっているものの、ほぼ一日中雨が降り注いでいる日本列島。

雨の朝に飲むコーヒーは、なぜこんなに美味しいのだろう・・・(By ぼのぼの風)
コーヒーをのほほんと飲み、
普段以上にのほほんと稽古場へ車で向かったところ。

KさんとTさんが、雨の中、道場が開くのを待っておられました・・・。

鍵開け係の笹、のほほんとし過ぎてすみません・・・。
しかも駐車スペースも譲って頂いて・・・返す言葉がございません・・・。
以後、早めに稽古場を開けるように努めます!!
ごめんなさい!!

雨が降っても一瞬にして地面を乾かさんばかりのアツい稽古が
繰り広げられております。
それにせっせと水を差しているのはまぎれもなく笹です (`・ω・´)キリッ


☆☆☆☆☆


★Yさん、着々と業を覚えております

S先生「女性陣の(指導の)先生は笹がやってね(・▽・メ)」


笹「( Д)      ゚  ゚ 」


・・・ということで、笹、最近入門されたYさんのご指導させて頂いております。
以前は同じ女性陣Aさんをご指導した経験もあるので、
前ほどはドキドキしない。 ← 中学生ですかアナタ

基本的に笹、人見知りです。 ← 嘘つかないでください
「全国 人見知り選手権大会」とかあったら、楽々上位入りできます。
とはいえ、これも経験のひとつ。
苦手なことも続けていれば慣れてきて、的確な指導もできるようになるでしょう。
いつかは、先生方のように、
堂々としっかりご指導できるようになりたいと思っています。


・・・話が逸れた☆


・・・ということで、今週はYさんをご指導したわけなのですが、
Aさんに続きYさんも理解が早い方なので助かっております(^▽^)

今回は大日本抜刀法の順刀~斜刀までを実践交えて、
四方刀は次回の予習で動きだけ見て頂きました。

稽古が終わりかけの頃、
諸手斬り下しをした時に、刀身が左右にブレることについて
Yさんは悩まれていたようでした。

笹も昔、かなり悩みました・・・皆が通る道なのでしょうか。
ブレないコツを口頭でお伝えしましたが上手く伝わったかどうか不安。
笹のアタマの整理を兼ねて、ちょっとここに書いてみたいと思います。

諸手斬り下しの際に刀身が左右にブレるのは、
刀に対して力が必要以上に入ってしまっていることが原因です。
必要以上に込められた力を、刀が受け入れきれず、
受け入れきれなかった力は、ブレという形で発散されます。
刀は、使い手が思っている以上に、使い手の動きを機敏に感じ取ってくれます。

で、必要以上の力の出所はどこかといいますと、
大抵の場合、両肩に力が入っていたり(肩が上がる)、
腕の力で刀を振るおうとしたり、
柄を握る手の力(手の裡)が左右で均等でなかったりすると、
生じることが多いです。

では、どうやって解決するのか・・・と申しますと、
・正眼の構えをしっかり見直し、正しい構えを身につける。
 ⇒スタート地点を正す。

・正眼の構えから諸手振りかぶり(諸手上段)、ゆっくりと斬り下ろす。
 ⇒斬り下ろす際に、肩が下りる → 腕が下りる → 手が下りる
   → 刀が下りる感覚を掴むよう努める。

・諸手上段から斬り下ろし始めたら、すぐに手の裡を意識する。
 ⇒刀は柄頭から下りるので、柄頭に近い左手小指から右手親指まで、
   順々に絞めることを意識するよう努める。

今日いったからといって今日直るものではありませんので、
上記を意識して稽古をされると、笹の拙い経験で申しますと、
ブレが徐々に少なくなっていくのではないかな・・・と思います。

ゆっくり、じっくり、コトコト参りましょうね(^0^)ノ


・・・あ。


そういえば、お茶休憩の際に、YさんとAさんと笹、
とあるブツを対象に女子トークが盛り上がりまして。

伝承会初めて女子トーク成立しました・・・! (・▽・)b
まさか女子トークができることになろうとは・・・(笑)
8年間ほぼ一人でいた笹としては、画期的すぎて浮かれておりますっ♪



★伝承会ホームページを更新しました

下記を更新しましたので、覘いてくださると嬉しいです♪
・伝承会の修業録(先日の昇段試験の模様を公開)
・今後の予定に1件追加

▼伝承会ホームページ(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

171022_pic


いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
地道に頑張っていきましょうっ(^▽^)ノ

Aさんの居合刀が届きました♪(2017年10月14日 かなり寒い)

暖房がついていない部屋で梨を食べたら寒くなってきて、鳥肌が立ったり。
コーヒーカップから立ち上る湯気がやたら温かそうに見えたり。
お布団から一歩も出たくなくなったり。
笹のパソコンの脇にある排気口で暖を取る「かに~ず」がいたり。
いよいよ秋深まり、冬の兆しも見えつつある東北は宮城県。


当会のホームページも改修したいし、
S先生からの宿題もあるし、来年に向けて下調べもしたいですし、
稽古も、日本刀の勉強も、仕事も、その他諸々も、したい。
やりたいこと、やるべきことは山ほどあるのに、
こういう時に限って本が読みたい☆笹です( ̄▽ ̄)
(なにげに手に取った田辺聖子さんの古典が面白かった・・・)

買っても読まないという所謂「積読」してしまう笹。
これをすべて読んでいたら笹、相当お利口さんになっていたのでは・・・という
積読コレクションと化している本棚を物色しつつ、
時間の隙間を利用して今年の秋を過ごそうかなと考えております。

今週末のあらた道場は稽古は土曜日のみでした。
たった1日でもいろいろあるのですよ~。よよよ~。
では、サクサク参りましょうっ(^▽^)

☆☆☆☆☆


★Aさんに新しい居合刀が届きました

今年の春に無事に進学先の決まったAさん。
春から夏にかけて、居合刀を新調すべく検討を重ね、
専門店に注文を終え、仕上がりを伝承会総出で首を長くして待っていたところ。
今月初めにAさんのもとへ居合刀がやってまいりました ヽ(´▽`)/

届いた週に稽古場へ持参されてさっそく稽古で使われていたようです。
当時は笹は遠征でおらず、今週、初めて拝見しました♪
拵えは黒を基調とし、鞘は絽塗り。柄巻きも黒、諸捻り。両リュウコ。
金物は花筏の一作物、鍔はやや小振り、全体的に楚々とした可愛らしさがあります。
刀身は鎬造り、大鋒、庵棟。
ただ刃側を白くするのではなく、刃紋をつけるよう注文していたので、
やや角張ったゆったりとした湾れが刀身をたゆたいます。(兼若?)

今週も新しい居合刀で稽古をされていたAさん。
感想を聞いたところ「使いやすいです!(^▽^)」だそうで何よりです。
日本刀は武器であると共に、持ち主が武で制するのではなく、
和を以って他者と共存するための心や人間形成を助ける役割を持っています。
ひとつの物に多数の役割を持たせるという、日本独特の考え方ですね。
刀を大事にすることは、自分を大事にすることと同じ。
ぜひぜひ末永く、大事に使って頂けたらと思います♪ (^▽^)v


★先生方総出で同じご指摘いただいてます(-_-)チーン

・・・と、上記では実にエラそうに物申しておりますが、
今日も今日とてこってりご指摘を頂いております。

以前から笹は、「目付け」がなっていないと日々ご指摘を頂いております。
今年は直したつもりで挑んだ遠征先の奉納演武会でも、
いつもご指導くださる先生から「目付けがまだ直っとらんやないかい」と
及第点も頂けず(T▽T)

・・・で、アレコレ試みた結果、どうも笹、視線は問題ないものの、
アタマが下に俯いてしまう癖があるようです。
しかも納刀時限定(笑)

納刀直前までは視線もアタマの傾きも問題ないけれど、
いずれかの足を一歩後退した時に、アタマが俯いてしまいます。

・・・んで。

今週の稽古でもY先生から、その点をガッツリご指摘を頂きまして。

Y先生「納刀の時にアタマ下げる必要ねぇべ~。なんで下げんだか (-_-)」

笹「・・・なんというか、どっこらしょって足を一歩下げたら、
  アタマもどっこらしょって下がる感じですね (・▽・)」

Y先生「(-_-;) どっこらしょもなんでもいいから、オカシイから直せ~」

笹「はい (^▽^;)」


名付けて「アタマが下がっちゃう問題」。
今年中に・・・なんとかしたいな・・・(遠い目)
どこか直すとどこかがまたオカしくなるという・・・。
いろいろ他にも直したいところあるけれど・・・。


が、頑張りますっ。
いろいろ、いろいろあるけれど、頑張りましょうっ。

昇段試験、無事に終了しました!(2017年10月7日~8日 ちょっと暖か)

みちのくYOSAKOIまつりで賑わう宮城県は仙台市。
明日は祝日。お祭りで楽しんだ人たちも十分休めますね。
祝日なんてなんのその、明日はフツーに出勤日でぃっ☆笹です。

先週末は忙しさと疲れで忙殺されまして・・・日誌を書かずごめんなさいっ。
睡眠不足を解消してからブログを書こう・・・なんて考えてたら、
一瞬にして一週間が過ぎてました・・・(-_-)チーン

「笹は、生きているのか」

「書くのを忘れているのではないか」

「なぜ、日誌を書かないのか」

・・・と、ちらちら本ブログを覘いてくださった方、ありがとうございます。
笹、生きてます!
相変わらずでゴザイマス!

先週末は京都は八幡市にある石清水八幡宮にて
居合の稽古合宿へ参加させて頂いておりました(^▽^)
大阪で活動されている居合愛好会様より、今年もお声掛け頂き、
お邪魔致しました。

笹が疑問に思っていた呼吸方法についてもお教え頂けましたし、
大好きな方々とお会いできて、稽古をご一緒させて頂けて、
とっても有意義な二日間を過ごすことができました。
インターネットの隅っこから、心より御礼申し上げます。

来年は、山形県は熊野居合両神社にて稽古合宿でしょうか(^-^)
一度訪れたことがある方も、初めての方も、
境内で、また楽しくご一緒に稽古ができたらいいですね♪

ちなみに前回の神社での合宿の際に、
山形県のお菓子「おしどりミルクケーキ」をおやつにお出ししたら
大阪からお越しの方々に予想以上に大ヒット。
笹としては子供の頃から食べなれているお菓子だったので驚きでした。
日本○乳株式会社様、日本製○株式会社様、今なら関西が攻めどころですよ!


☆☆☆☆☆


今週末は昇段審査がおこなわれました。
弊会が所属する連盟では、五段まで普段通っている道場で
審査を受けることができます。

・・・ということで、今回は初段を受験されるAさんとAさん。
当日はやや緊張された様子で稽古場へいらっしゃいまして、
ぎこちなく審査前にウォーミングアップをされていました。

S会長とY先生、S先生は審査員。
Kさんと笹は、審査を見てる側。
Aさんたちの緊張ぶりを拝見していると、
初段を受験する時は、笹やIさんもこんな感じだったなぁと、
なんだか懐かしくなります。
いや~審査を見る側っていいですね~( ̄▽ ̄)

ということで、粛々と審査がおこなわれた結果、
おふたりとも無事に合格されました ヽ(´▽`)/ キャッホイ
おめでとうございます!!!!

居合「道」というからには、まだまだ果てしなく続きます。
時には段位ってなんだ?と疑問に思うこともあるかもしれませんが、
そんな時は「道」であることを思い出して頂いて、
段位に甘えることなく、日々地道に稽古していけたらいいですね(^-^)


いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
頑張って参りましょうっ。

季節に関わらずドタバタしております(2017年9月23日~24日 秋日和)

笹が自宅で普段使っているパソコン。
画面へ文字が表示される速度とタイピング速度が合わなかったり、
使っているブラウザが突然、強制終了してみちゃったり、
なによりパソコンを起動した際の、立ち上がり時間が長かったり。

メモリを増設しようかなぁとのほほんと考え続けてはや何年。
ようやく本日、増設しました(・▽・)b

メモリ容量は今回の増設でググッと2倍増加。

今までがのんびり散歩程度の速度だったのが、
増設によってBダッシュ並の速度を身に付けました!

なんで早く増設しなかったのかしら・・・と、思ってみたり。
これでしばらくはWindows10対応パソコンは買わなくていいな(^▽^)


ええと。

今週末は笹、稽古してません(・w・)キッパリ  ← オイ
仕事と日本刀の勉強会があったもので・・・。

日本刀を鑑賞していると、稽古のものとは違う疲れがあります。
なんというんだろう・・・集中力が持っていかれるというのでしょうか・・・。
そんでもって翌日は仕事。
アタマのネジが普段以上に取れた状況で本日誌をお送りしております。

しかし笹には、稽古はしていなくても稽古の状況がS先生より
強制的にご連絡頂けるシステムが存在しており、
今週末の稽古は、
S会長、Y先生、S先生、A先生、Kさんが参加なさったそうです。
秋風も熱風に変わるほどアツい稽古をされたと思います・・・!

笹が入門した以降に入られた方々の業に対する習熟速度も
目を見張るものがありますし、日本刀の勉強も、仕事もそう。

笹が関わる事柄を抜かりなく、サボらず地道に取り組まなくてはいけないなと、
しみじみ考えされられる今週末なのでした。

来週はいよいよ大阪へ遠征に行って参ります!(^▽^)ノ
いつもお世話になっている居合愛好会様より稽古合宿にお誘い頂き、
今年もまたお邪魔する予定です♪

今年は合宿に参加される女性剣士の方も多いそうで、
女子トークがとっても楽しみ♪


いろいろ。
本当にいろいろあるけれど。
地道に頑張ってまいりましょうっ。


伝承会始まって以来の初事象(2017年9月16日~17日 ちょっと雨)

開催日が先週のようなピッカピカの晴天だったらよかったのにね。
日本一の芋煮フェスティバルも雨の中粛々と行われている東北地方。

東北地方…主に宮城県や山形県では、収穫の時期を迎える秋に、
河川敷で火を起こし煮炊きをするという慣習があります。
それを「芋煮(いもに)」と呼び、大鍋の中にお肉(豚または牛)、根菜や葉物野菜を
味噌や醤油ベースで「芋煮汁(いもにじる)」と呼ばれる汁物をこしらえて、
他に焼肉なんかしちゃったりしながら大勢で美味しく頂くという楽しい行事です。
それを件の芋煮フェスティバルでは
直径6メートルの大鍋で大量に作るというのだからスゴイ。
衛生管理をばっちり整えたショベルカーでお鍋をかき混ぜるというのだからスゴイ。
大量の具ががっちり煮込まれて美味しく仕上がるというのだからスゴイ。
芋煮好きにも、工事車両好きにはたまらない行事。
今年も雨天の中、楽しく開催されているようです(^-^)

ちなみに当会にも芋煮用のお鍋があるよ☆笹です(・w・)b
「大鍋を見ると煮らずにはいられない!」・・・という会員さんがいらっしゃいましたら、
お貸ししますのでぜひ、煮まくって頂きたいです。


☆☆☆☆☆


★伝承会始まって以来の嬉しい事態です(^▽^)

お仕事も上半期と下半期の境目だということもあり、
更に町内会の行事もあるこの季節。
当会も例外ではなく、この季節は稽古に参加される方が一時的に減ったりします。

それも理由にあるのですけれど、
最近は女性陣も少しずつ増えておりまして。

男性陣のS会長とY先生に対し、
女性陣はYさん、Aさん、一応笹。 ← 一応ってなに

伝承会が始まって以来、
参加者の人数が男性陣を初めて上回りました ヽ(´▽`)/ キャッホイ

大事なことなので二度言います。
参加者の人数が男性陣を初めて上回りました ヽ(´▽`)/ キャッホイ

とはいえ普段から参加される方々を加えれば、
まだまだ女性の人数は少ないのですけれど。

女性陣の皆様、いつかは当会で女性の天下を取りましょう!
(↑何を企んでるのですかアナタ)

理由はないけれど近寄りがたかった武道に対し、
美しさや様々な魅力を感じ、門戸を叩く女性は増えているように感じています。
武道は華々しいものでは決してなく、
短期間で成果を上げられるものでも決してないけれど。
日々坦々と稽古する業は、他者を傷つける術であるものの、
自己の内面を見つめ直し、これらの業を使わずに
和を以って他者と接する術を学ぶためにあります。
表面的な用途と内面的な用途が真逆になっているという、
日本の独特の考え方が、武道にも含まれています。

「ちょっと興味あるかも」と思われた方はぜひ、
お近くの道場へ足を運ばれては如何でしょうか(^-^)


・・・以上、後半はなぜか宣伝文になってしまいました(笑)


★今日もこってりお灸を据えられております

・・・と、上記では実にエラそうに物申しておりますが。
今週も今週とて、S先生からお灸を据えられております(-_-)チーン

諸手で柄を握り、振りかぶった時に必要以上に
振りかぶってしまうという、笹の「振りかぶりすぎる問題」。
体が理解しているつもりが実は理解していていませんでした(^▽^|||)


S先生「来年は昇段審査受けるんだろ!?この程度でどうする(-_-メ)」

笹「はい・・・(;▽;) ココロデ ナキマス」

S先生「AさんやYさんが真似したらどうすんだ(-_-メ)」

笹「はい・・・(;▽;) マネ シナイデ」


なぜ振りかぶり過ぎてしまうのか、アレコレ検討した結果、
左肘が不要に伸ばしていることが原因であることがわかりました。

「最短で最速、最小の力で最大の力を出す」という
原理原則で簡単に説明しますと、
諸手振りかぶりに至るまでの動作が異なるにせよ、
振りかぶるという終着点においては動作に違いはないはず。
それは、正眼の構えから振りかぶっても、下段でも同じになります。

それがどこか笹の場合、諸手振りかぶりに至るまでの動作で、
左ひじを不要に伸ばす・・・というよりも、
不要に伸ばさざるを得ない、更に要らない動作が入っているのだと思います。


うーん。

ご指摘頂けば、アタマではわかってるのだけど。
・・・アタマでだけわかってちゃダメなのですね。

課題や宿題は山ほどあるのだけれど、
これは年内になんとかしたいなー。

・・・頑張ろう・・・。


秋も本番。
いろいろ考えるにも適した季節到来ですね。
頑張ってまいりましょ~っ(^▽^)ノ

熊野居合両神社で奉納演武会っ(2017年9月9日~10日 澄み渡る晴天)

道場に通っていらっしゃる方以外の方を前に、演武を披露する際に。
(緊張してしまうので)手元に注意しなさい。

とか。

(緊張すると普段よりも自然と動きが早くなるから)ゆっくりやりなさい。

とか。

演武前に先生方よりアドバイスを頂くのですけれど。

笹の場合、これらにプラスして、

(緊張すると普段よりも豪快になるから)会場を壊さないように。

・・・っていうアドバイスも頂きます。

今回も会場、無事でした☆笹です(・▽・)b

定禅寺ストリートジャズフェスティバルで音楽に満ち溢れ、
来場客で賑わう宮城県は仙台市。

音楽に惹かれて集う人たちもいて、
そして武道の道に惹かれて集う人たちもいます。

今年4月に埼玉県川越市は蓮馨寺にて開催された
居合の源流となる術を編み出したとされる、
道祖 林崎甚助重信公の追悼居合道演武会に続き、

今週末や山形県村山市は熊野居合両神社にて追悼奉納演武大会が開催されました。

蓮馨寺の境内に建立された記念碑に記されたように、
川越市が林崎公の終焉の地であれば、
熊野居合両神社に祀られた林崎公にちなみ、
村山市楯岡(旧名 林崎)は林崎公の生誕の地。

始まりと終わりを繋ぐように、昨年から開催された一連の行事も、
今年も、古来から続く流派を志す剣士の皆様が全国から一堂に会し、
流派も連盟も武道歴も問わない自由な空気のなか、
澄みきった青空の下、普段の稽古の成果を奉納させて頂きました(^-^)

初めはぎこちないお付き合いでしたが、
今年で二度目となりますと、再会を喜び合ったり
各流派の理合いについてお話を伺ったりと、やり取りもかなり自然体。
この自由な空気に共感してくださる方々が増え、
今後も更に賑やかに、長く続く行事であって欲しいなぁと思いました。

主催の武道振興會様ならびに
当日の演武用のステージの設定、会場設営に携わられた
保存会、協賛会の皆様に、心より深く御礼申し上げますm(_ _)m

地元にお住いの方々にも、この行事に共感くださる方々が増えること、
居合に興味を持って接してくださる方々が増えることを心から願ってやみません。

来週から普段の稽古に戻ります。
今回の行事で得た反省点を元に、地道に稽古に取り組みたいと思いまっす(^▽^)v

いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
頑張ってまいりまっしょ~。


9月は参加行事が目白押し(2017年9月2日~3日 秋の気配です)

今年の7月~8月は暑さよりも湿気を常に感じて暮らしている日本列島。
気がつけば秋の雰囲気を漂わせた風が、
開け放した窓から稽古場へ吹いてきます。

1年を通して、ほぼほぼ9月~10月あたりに奉納演武等の参加行事が多い弊会。
日頃の稽古の成果を奉納しつつ、その時の反省点を踏まえ、
より良い業ができるように業を練りながら、東北の長い冬を過ごします。
弊会にとって秋は、長い冬をより実りの多い稽古にしていくために
必要な季節だったりします。

きたる来週末、山形県は村山市の林崎居合両神社にて
一般社団法人 武道振興會様の主催による、
「道祖 林崎甚助重信生誕の地 奉納演武会」の開催を予定しておりまして、
今年もお邪魔させて頂けることとなりました。
弊会からの参加は、S先生、Y先生、Kさん、笹。

所定の演武時間をフルに使って
個人演武はもちろん、業の理合いもデモンストレーション付きの解説もあり、
かなり内容の濃い演武となっております (`・ω・´)キリッ

かつ、田宮流、伯耆流、関口流、無外流、無双直伝英信流、
無双神傳英信流、無双神伝流、無双神伝重信流と、
流派や連盟を問わず全国で活動されている団体が一堂に会します。

演武開始は10時~12時半、林崎居合両神社の境内となっておりますので、
お近くにお住いの方、お近くに立ち寄る機会がございましたら、
よろしければぜひ、ご観覧頂けましたら嬉しいです(^▽^)v

戦闘術のひとつとして生み出され、
平和な時代を経て、人としての心と体の修養のための「道」となった武道。
ぜひ静かな心で、演武者の息遣いを感じて欲しいと思います。(^-^)


(11月の行事の打合せ、Iさん参加お願いします~m(_ _)m)


☆☆☆☆☆


★Yさん、稽古場復帰されました♪
先々月に弊会へ入会されたYさん。
お仕事の都合でしばらくお休みされていたのですが、
今週末、無事に復帰されました!(^▽^)ノ
おかえりなさ~い。

角帯の付け方、袴のはき方の他、
礼法(神前の礼、刀礼、相互の礼)、五行の構えを
今回は笹がミニ先生としてご指導させて頂きました。
「触り」程度、覚えて頂けたでしょうか・・・。

ミニ先生役をやってみると・・・自分の考えることを言葉に表すのが、
如何に言葉が少ないかよくわかります(^▽^;)ニャハ
知らないことを知るのは、大事なこと。
指導で得た気づきは見直し、今後に活かしたいと思います。
笹、以前よりは冷や汗かかなかったから、多少は成長しているのかしら。


★見学希望者よりご連絡頂きました
これまた大変有り難いことに、弊会の活動に関心をもってくださった方より、
稽古の見学希望のご連絡を頂きました。

以前も本ブログで書きましたが、
武道は、「道」である限り、短時間で成果を上げることが目的ではありません。
今後、生活環境や仕事環境に変化があったとしても、
如何に長く、地道に修練ができるか・・・が肝心かと思います。

未知の世界に入るのは戸惑うことも多いかと思いますが、
ご自身の体力や体調に合わせてご指導致しますので、
体に無理なく、じっくり稽古に取り組んで頂けたらと思います(^-^)
また、居合の業はもちろん、武人の素養として、
日本刀の構造や歴史、手入れ方法などの勉強も行いますので、
武道以外の面でもいろいろ楽しめますよ♪


★手の裡(てのうち)、改善中。
笹的に、正座「八重垣(やえがき)」の動きに含まれる、
脚の脛の前で相手の刀と斬り結ぶ、「脛囲い(すねかこい)」の動作に
メリハリがないという課題もありますが。

・・・その他にも、呼吸方法を学ぶ、という課題もありますが。

手の裡を改善する、という課題もあったりするのです。
弊会の先生方と、国内各地で活動されている
河野先生の高弟でいらっしゃった諸先生方にお教え頂いたところ、
河野先生がご存命だった頃に、
一緒に稽古をされていた先生方が表される手の裡。
笹の実力では、相当時間がかかるのですが、
ぜひその手の裡をやってみたく、ウンウン唸りながらやっております。

やり方どおりに真似はできますが・・・あくまで真似。
真似しただけの手の裡では、刀に勢いが乗りません。
「できること」と「実現できること」って、違うんだな・・・(遠い目)
ちょっと途方に暮れてます。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

地道にやっていたら、なにか得ることもあるかなぁ。
頑張ろう・・・。



いろいろ、本当にいろいろあるけれど、
秋の過ごしやすさを活用して頑張ってこー。

より以前の記事一覧

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ