しばらくじっくり稽古です(2018年10月20日~21日 焼ドーナツ美味しかった)

澄んだ青空が広がる東北は宮城県。
地元のプロサッカーチームの試合もあり、各種イベントもあり、お祭りもあり。
行楽で行き来する人たちで賑わっております。

家の茶の間にコタツを設置しました☆笹です(・w・)b

7月~8月のひどい猛暑の記憶がいまだに強く残っていて、
肌寒くなってきたからコタツを出す・・・という発想まで及ばなったのですが・・・


・・・冬が近いんですねぇ・・・。

カレンダーを覘いてみれば、12月までもうすぐ。

(熱いお茶をすする)

(居合刀の鞘、磨かないと)

(今年は梨が美味しいな)

(そういえば冷蔵庫にチョコレートあったワ)

年内にやれるべきことをしっかりと取り組んでいく所存でゴザイマス。
(↑ 本当にそう思ってますかアナタ)


☆☆☆☆☆


★穏やかな稽古日でした~

行楽は 稽古をしっかり やったあと

五七五にまとめてみました(笑)

今週も今週とてガッツリしっかり稽古です!
今週は通し稽古で番外、大日本抜刀法、正座、立膝、居業を
稽古に参加された方々と本立ちを交代しながらやりました。

先日二段になられたAさんも本立ちをしっかりこなされます。
そんな姿を拝見しつつ、

「ああ・・・こんなに立派になって・・・(T▽T)」

とハハゴコロで見守っております(笑)
笹、なにもやってませんけど(笑)

なにもやってはいませんが、先生方から言わせると
笹の悪いクセが結構他の方々にもうつってるんだそうです(^▽^|||)

以前、S先生からも「結構みんな見てるんだからね!? (業に)気をつけなさい」
とご忠告頂いております。

笹の業、他の人が見てるはずないと思ってたのですが
そんなことないのかなぁと・・・ちょっと自覚しました。

季節柄、今週も人は少なめ。
通し稽古の合間にY先生とKさんは居合道形の稽古をしたり、
笹がミニ先生としてAさんに業をご指導したり。

2時間の稽古はあっという間に過ぎていきます。
今週はお茶休憩のお菓子も充実してたんですよー。よよよー。

風邪を召されて稽古をお休みされたS会長から栃木県は日光のお菓子、
Aさんお手製のたっくさんの焼ドーナツを差し入れで頂きました(^-^)

Aさんが淹れてくださった美味しいお茶とお菓子♪
何気ない一週間の出来事を話したり、刀剣談義したり。
S先生が不在だったので時間もちょっとゆっくり。
最高のお茶休憩でございました☆

稽古お休みされた方、惜しかったなー(^▽^)
美味しいお菓子あったのにいぃ(^w^)

S会長、Aさん、お菓子ご馳走様でしたーっ♪
S会長、ぜひご自愛くださいませー。


★笹的な居合の稽古と刀鑑賞の相乗効果

河野百錬先生は、居合の他に愛刀家という一面もお持ちでいらっしゃいます。

以前、このブログで笹の個人的な意見として
「河野先生、居合の稽古と日本刀の勉強と、よく時間があったなー」
とボヤいたことがありました。

一日24時間しかないのに。
その他にお仕事やご家庭のこともおありでしたでしょうし。
どんな方法で時間を密に使っていらしたのか。
同じ24時間を生きている笹、真似なんてとてもできないなと。


居合の他に日本刀の勉強も少しずつ初めて思うようになったのは、
勉強の際に、鑑賞した御刀に感動した後日の稽古は、
とても集中力が高まる、ということでした。

簡単な言葉で申しますと、

「とても素敵な御刀が観られてとっても良かった!」



「よし、稽古も頑張ろう!」

・・・という感じです。
相乗効果というものでしょうか。


もしかしたら、河野先生も感じられていたのかもしれないなと。
先生の著書それぞれにも、必ず日本刀の話があり、
日本刀と居合の密接な繋がりを説かれています。
ではなぜ「説く」のか・・・そこに笹が考えることが含まれているのかも♪

河野先生は幼少の頃、骨董を趣味とする叔父様のところで
過ごした時期がありまして、河野先生も少なからず影響を受けていると思います。

また居合は29歳から始められており、それ以前は剣道一筋の方でした。
ビジネスマンの素養のひとつとして学ばれた可能性もありますが、
愛刀家になられた時期は定かではありません。

仕事に、諸々のお付き合いに(ビリヤードも嗜んでいたらしいです)、
剣道の稽古に、居合の稽古も加わって。

そこに日本刀の勉強が更に加われば・・・一日24時間が隙が無い。
本当に濃密(^▽^;)

以前、河野先生が日本刀の勉強をしっかりなさっていた形跡を
拝見したことがあります。

隙の無い時間で、どうやって勉強していくか。
そこで(無意識だったと思いますが)活用したのが、
笹の言う「相乗効果」だったのではないかと。

河野先生、「あ~、ソレやソレ、ソレ言いたかったんや」とか
仰ってくれないかなぁ・・・。


いよっし、頑張るべっ。


昇段審査でしたっ(2018年10月13日~14日 すっかり秋空)

先週末の台風以降、寒さがぐぐっと強くなり、すっかり秋深い宮城県は仙台市。

居合関係の行事も残るは11月の行事のみ。
これからより寒さも強まり、年を明かして春になるまで、
自分と向き合った稽古が充実していきます。


・・・と、エラそうな文章で始まっております本ブログ。
先週はブログをお休みしてしまい、密かに楽しみにして下さっていた方々、
大変ご不便をおかけ致しました m( _ _ )m

かねてから個人的に計画しておりましたとおり、
日本刀の勉強のため、ちょっくら京の都へ繰り出してまいりました。

京都といえば、居合の稽古合宿で石清水八幡宮にて
度々お世話になるのですが、
居合以外の観光で京都って行った経験、笹、ないのですよ。

石清水八幡宮で合宿稽古が終われば、ヘトヘトに疲れていますので、
八幡駅から北上したJR京都駅までたどり着くのに精いっぱい。
疲れた体にムチ打ってお土産を買い、新幹線に搭乗したらすぐに眠ってしまう。
毎回そんな感じで過ごしていまして。


笹、JR京都駅から北へ一歩も出たことがなかったのです(^▽^;)


・・・というコトで。
初 居合以外の個人旅行、祝 京都探訪♪♪

京都国立博物館を訪れるべく降り立ったJR京都駅。
正面入り口から北へ一歩踏み出した時、

『巷にとってはちっぽけな一歩だが、笹にとっては偉大な一歩である (`・ω・´)』

・・・と、非常にどうでもよい格言を作りだしては密かにほくそえんでおりました(笑)


目的地の博物館もとってもよかったです。
国宝や重要美術品に指定された日本刀が
展示会場内のそこかしこに佇んでいる環境は、
笹にとって現実とは思えず、慣れるまでに時間がかかりました(笑)
展示品の感想は、長くなりますので控えさせて頂きます(^▽^;)


博物館の他にも建仁寺や五重塔、清水寺にも足を延ばしてきました。
かねてからの念願だった清水三年坂美術館にも行って
素晴らしい金工を拝見できましたし。

稽古を休んでしまいましたが、有意義なお時間を頂戴しました(^-^)

ただ旅の間、気温は30℃・・・結構コゲた気がします。
清水寺で頂いたかき氷がおいしゅうございました・・・。

清水寺まで猛ダッシュで登りましたが、筋肉痛もまったくなく、
居合の日頃の鍛錬が効いているのかなと思いました。

以上、笹の「ちょっくら京都 ふらり旅」でしたっ。
(↑ いつの間にか番組枠に・・・てか稽古ブログでしょアナタ)


☆☆☆☆☆


・・・話のコシが折れまくってます☆


★Yさん、稽古復帰されました(^▽^)v


今年の夏頃からお休みされていたYさん。


お休みされる直前に稽古用の模擬刀を求められていたので、
稽古をしたいお気持ちも堪えていらっしゃるのだろうな・・・と、
陰ながら心配していたところ・・・無事に復帰(^▽^)v

Yさん、おかえりなさーい(^▽^)

笹は休んでしまっていたので、まだお会いしておりませんが、
今週はY先生とマンツーマンで稽古をなさったそうで、
今まで覚えた業を思い出すのにも、きっと時間はかからないでしょう。

とはいえ、新しい御刀を使っての稽古ですので、
怪我がないようにゆっくりじっくり思い出して頂ければと思います。


★Iさん、初お目見えでしたっ(^▽^)v


昨年よりY先生の道場で稽古を始められたIさん。

ご都合が合わずなかなかお会いする機会が得られずにおりましたところ、
先週末、あらた道場へお越しくださいました♪

ご自身が求められた稽古用の模擬刀をご披露したり、
皆で稽古をしたり、楽しまれたそうです(^-^)

週末のあらた道場と、水曜日のY先生の道場。
お互いに名前は知っているものの、
実際にお会いしたことがない・・・ということが案外多い弊会。

この時も笹、いなかったんだよなぁ・・・。
機会あればぜひ、Iさんや他の方々ともお会い出来たら嬉しいです。


★二段の昇段審査が行われました

笹の所属する連盟では、二段までは一年おきに
先生方のご判断の基、受験資格が得られます。

今週の土曜日は、ダブルAさんお二人が二段の審査に挑みました。
残念ながら笹は諸用でお手伝いできませんでしたが、
当日の会場設営はKさんやYさんがお手伝いくださったようですm(_ _)m


筆記、実技いずれも合格されました♪♪

ここ数年、入会くださる方も増えて、その方々が昇段される度に、

「こ、これは追いつかれるのでは・・・(・_・;)」

と思うようになりました。


追いつかれないよう、無事に逃げ切れるように笹も頑張らなくちゃです。


いろいろ、いろいろあるけれど。
今週も地道に頑張ってまいりましょー。

秋と台風と・・・(2018年9月29日~30日 台風気をつけましょう)

またもや大型台風の影響に見舞われている日本。
秋という季節柄、お住いの地域から遠出されている方も多いようですので、
安全を第一に十分注意して頂きたいと願っております。

笹、今週は稽古にいっておりません(・▽・) キッパリ
熊野居合両神社や日本刀関係の用事で県内外をドタバタ動いておりました。

ご用事で訪れた熊野居合両神社@山形県は村山市。
先週までがダブル三連休だったためか、
これからやってくるだろう台風に備えるためか、
普段よりも交通量が少ないように感じました。

夏の頃に溢れていた蝉の声や、来場者の声もなく、
境内もひっそりと静まり返っておりまして、
居合関係の行事もシーズンが終わったんだなぁとしみじみ思いました。
案外、見られない光景だったりします。

シーズンオフとなった今、得た反省点を踏まえて、
地道に稽古をこなしながら来たる冬を乗り越えて、
もう一度春を迎えるのが東北の武道ライフサイクルです(^-^)

今年は居合以外で県内外をドタバタ動くこと多いな。
その分だけ、自己練習はしっかりやらなくちゃです。

諸々の用事も予定通り順調に終り。
仕上がりが楽しみ。
もうしばらくドタバタしながらもうひと頑張りです。


秋晴れの稽古でした(2018年9月23日 カラっと秋晴れ)

木曜日から金曜日にかけて大雨が降り注いだ東北は宮城県。
降れるだけ降ってしまったのか、日曜日からカラっと秋晴れ。
秋の味覚に行楽に。
連休を満喫している人たちであちこちが賑わっております。


今年のサンマは美味しいわ☆笹です (`・ω・´)キリッ


今週も今週とて日本刀の勉強や居合の稽古でドタバタと
仙台市周辺を走り回っておりました。


日本刀の勉強も、居合の稽古も経験の浅い笹が申しあげるのも
大変僭越なのですが・・・ひとつひとつ真摯に取り組みたいと思いました。


・・・即、真摯に取り組んでなかったのかよとツッコミを頂きそうですが、
そんなわけではありません(^▽^;)


知識にせよ実技にせよ大雑把に外側をさらって
無邪気に楽しんでいた分、肝心な部分が抜け漏れていることってあると思うのです。

最近はそういう、今まで大雑把にしていた部分が自分でも感じられるようになり、
それらをひとつずつ、改めて覚えていかなければなぁと・・・。
秋晴れの空の下、お茶を飲みつつ考えるんであります。
(↑ ホントに真面目に考えてますかアナタ)


今週も書きたいこと、たっくさんあるんですよー。よよよ~。
サクサクっと参りましょうっ(^▽^)ノ


☆☆☆☆☆


☆Kさん、居合道形の特訓中


11月の古武道大会で兄弟子Iさんと居合道形を
披露することになりそうなKさん。


本番当日までの稽古回数を考慮すると、
そろそろ本腰を入れたいところです。


居合のキャリアを考えると役割は、兄弟子のIさんは打太刀(形のやり方を導く)、
Kさんが仕太刀(打太刀の導に沿って動きを覚える)になると思われます。


今週はIさんに代わり、S先生が打太刀となって
Kさんと一緒に居合道形の稽古をされていました。


目の前に相手が実在して、かつ相手との距離感や形それぞれの動きなど、
覚えることが多くて、初めのうちは戸惑うことも多いです。

普段やっていた業とは状況がかなり異なりますので、
つい焦ってしまうこともあります。


S先生とKさん、お二人ともゆっくりじっくり形の稽古をされつつ、

S先生「業も大事だけれど、相手との呼吸を合わせることが大切ですよ」


と何度も仰っていました。
最後あたりは仕太刀と打太刀の呼吸も合いはじめてまして。
うーん、仕上がりがとっても楽しみ(^-^)


S先生「あとね、打太刀が導いてくれなかったら、
    『ちゃんと導いてください!』って言っていいから(・▽・)b 」


Kさん「(^▽^|||)イエマセン 」


ということで、打太刀のIさん、覚悟しといてくださいな(-_☆)キュピーン



ちなみに笹、ひょんなコトで初段の頃に居合道形をやらせて頂く機会がありまして。
当時の様子といえば、下のような感じでした。


S先生「はい次! 独妙剣(どくみょうけん)いくよー」


笹「はいー」


(仕太刀・打太刀が三度斬り結び、
互いが拮抗してしまったため正眼の構えで一瞬後退する)


(後退した瞬間、打太刀が渾身の一突きを仕太刀へ繰り出す)


S先生「はい笹! (突きを)鎬地で受け流しながら、左前方に一歩出る!
一歩出たら相手の首元に上段から斬りつける!」


笹「はいっ (`・ω・´)」


(笹、鎬地で受け流さずに右前方に一歩出る)


S先生「左って言ってるでしょーがっ。受け流せっ!(#゚Д゚) ヒトノハナシキケィ」


・・・文字通り、 右も左もわからないコでした・・・(-_-)チーン
笹に比べれば、他の方は理解が断然早いと思います・・・。


Kさんもぜひ、本番まで居合道形とじっくり向き合って、
大変だと思いますが、その大変さを楽しんで頂ければと思います(^-^)


☆刀法「切先返し」、「相手の顔面をかっちゃく」意味がようやくわかりました


刀法の業のひとつ「切先返し」。


至近距離で上段から斬りつけてきた相手の刃を
咄嗟に抜いた刀で受け、更に左手を添えた刀身の切先で相手の顔面を
切り裂き、ひるんだ相手の腹部に更に突きを加えるという内容です。


相手の顔面を切り裂く動作のことを、
先生方は仙台弁で「かっちゃぐように」と仰います。


この「かっちゃぐ」動作、今までは相手の額から垂直に
切先を斬りおろすだけと思っていました。


今週、別件でこの業をご指導頂いた際に、
例えば上段から振りかぶって斬り下ろすような軌跡で
この「かっちゃぐ」動作をするということを知りました。


笹「 !!(゚ロ゚屮)屮 ソウダッタノカ 」


S先生「 Σ(・ω・ノ)ノ! ダイジョウブカ コイツ 」


・・・確かに垂直に斬り下ろすよりも
普段の斬り下ろしの要領でやったほうが切先に力入るよなぁ・・・。


こういったところにも、まだまだ足らないところ多いです。
地道に、肝心な部分を覚えていきたいと思います。

久しぶりに大勢で稽古っ(2018年9月15日~16日 雨だったり晴れだったり)

直径6メートルの鉄製大鍋で芋煮汁を拵える季節が、東北に巡ってまいりました。
宮城県もそよ風に金木犀の甘い香りを感じる今日この頃、
地元のスーパーマーケットでは芋煮用鍋や調理器具、
薪の貸し出しサービスで賑わっております。


県内の河川敷では青空の下そこかしこで
手作りのアツアツ芋煮汁に舌鼓を打つ様子が見受けられます。

芋煮汁の味付けは味噌が好き☆笹です (`・ω・´)キリッ


芋煮汁文化はほぼ宮城県と山形県が中心となっておりますが、

宮城県・・・お汁は味噌、具材は豚肉、大根、里芋、人参、こんにゃく、白菜等々
山形県・・・お汁は醤油、具材は牛肉、里芋、ネギ、ごぼう、こんにゃく等々


・・・結構違っているのです。

最近はお汁がスープ上のカレーという新種も加わり、
職場や仲間の集いで芋煮会を開こうものなら、
味付け選びの派閥争いが絶えないそうです。


親睦のための行楽でケンカ別れされちゃ困るということで、
巷ではだいたい、味噌と醤油で別々に作ります。
で、醤油味に飽きたらカレー粉を入れてカレー風味にする・・・とか。


カレー味があるということは、鶏ガラスープで煮込むチキン風味とか、
香辛料で煮込む激辛風味とか、味付けもどんどん増えてくるのかな?
個人的にはクリームシチューみたいな芋煮、食べてみたいです。
( ↑ ただのクリームシチューでは)


・・・奥が深いぜ・・・芋煮・・・。


☆☆☆☆☆


一年の切り替わりの時期をむかえ、
稽古場が閑散として寂しい時もありましたが、
会員の方々が戻っていらっしゃいました(^-^)


今週は本立ちを参加者全員で交代しつつ、
番外、大日本抜刀法、正座、立膝の通し稽古をおこないました。

日曜日はお天気もよく、稽古場の窓をすべて開け放って、
皆さんとおこなう稽古は、なんだかシアワセな気持ちになりました(^▽^)

来たる11月の居合行事に向け、
会員のIさんとKさんで居合道形を演武する・・・という新企画もあるんですよー(^m^)


今までですと高段の先生方の演武がほとんどで、
(先生方が猫の手も欲しい時は笹も加えられる)
他の会員の方々による演武自体、弊会にとって画期的な出来事です。


しかもIさんとKさん、身長も高いし腕のリーチも長い。
お互いに相手として不足はないのではないかと (-_☆)キュピーン


近々、おふたりで稽古を始められるそうで、密かに楽しみです(^m^)


・・・とはいえ、居合道形は殺陣や試合ではなく、
あくまで自分と相手の間合いや動きを読むこと、
気を合わせる(または外す)ことを具体的に学ぶ方法のひとつです。

おふたりが稽古される様子も笹にとっては貴重な機会ですので、
しっかり勉強させて頂きたいと考えています。


なにやらいろいろ忙しい・・・忙しいことも楽しいことのひとつ♪
頑張ってまいりましょうっ(^▽^)ノ

お留守番稽古でした(2018年9月9日 小雨パラパラ)

北海道および関西方面にて災害に遭われた方々に
心よりお見舞い申し上げます。


小雨も霧もなんのその。
雨を歓声で吹き飛ばすべく多彩なジャンルの音楽で満たされた宮城県は仙台市。


演奏者の熱演をテレビ越しに眺めつつ、
体冷やして風邪ひかないでね・・・とハハゴコロで思っております(^▽^;)


宮城県を覆っては小雨をぱらつかsれていた雨雲は、
やっぱり他県にもいろいろとチョッカイ出しているみたいで。

今週末は弊会の先生方、山形県は熊野居合両神社での行事に参加されているので、
風邪ひかなきゃいいなぁ・・・と、これまたハハゴコロで心配しつつ、
お留守番稽古していました。

社会人的にいえば一年の上期と下期が切り替わる時期で、
仕事の引き継ぎがあったり。
学生さんでいえば文化祭も終わる時期で、
部活を引退される先輩方からの引き継ぎがあったり。


・・・ということもあり、今週の稽古も人が少なめ(T▽T)
今週は日曜日のみ、Aさんと笹で稽古をしました。


二人とはいえ、しっかり稽古しました! (`・ω・´)キリッ


大事なコトなので二度言います!
しっかり稽古しました! (`・ω・´)キリッ


大日本抜刀法、正座、刀法・・・立膝と居業、立業。
全部やりましたのよー。


大事なコトなので二度言います!
全部やりましたのよおぉぉ。

二人ですと道場のスペースをゆったり使えて
個々のペースで稽古ができるものなんですね(^▽^)


業を振りかえる余裕も生まれるもので、
自分の業を深く振り返るキッカケにもなりました。

満足や納得なんていうものとは程遠い・・・。
いろいろ直さなくちゃいけないトコロがあるなと・・・(遠い目)


特に刀法「四方斬」。
袈裟斬りや腰車など、文字通り四方に体の向きを変えながら
行なう業なのですが・・・刀に弄ばれております(-_-;)

どうやら体の向きを変えながら行う業で、
刀の柄を握る右手の緩め方や、
片手打ちから諸手上段に振りかぶる際、
右手を庇って左手が先に出てしまったり。

ここらへんがなかなか難しいようです。
うむ・・・頑張らなくちゃー。

あ。
話代わりまして。


伝承会ホームページに今後の予定を1件追加しました♪

11月25日に宮城県は多賀城市総合体育館にて開催される
武道祭に、今年も参加させて頂きます(^w^)

居合の他、柔術や合気など市内の様々な愛好会の皆様の演武が
ご覧いただけますので、ご興味のある方はぜひお越しくださいませ♪


先生方、山形県から無事に戻られたかしらー。
きっとお土産話もたっくさん持ってきてくださるはずなので、
来週の稽古が楽しみです(^-^)

いろいろ、いろいろあるけれど。
頑張ってまいりまっしょー。



行事盛りだくさんの9月ももうすぐ(2018年8月26日 雨でジトジト)

最近、笹ん家がある近所で、子ネコが3匹生まれたようです。
公園や路上で、三毛猫おかあさんと茶トラこどもの姿をみかけたり、
ミャーミャー鳴く声が聞こえるようになりました。

しかも笹ん家の庭先にある縁側は簾もあるためか、
日差しや雨を防ぐにも格好の休憩場所になっているようで、
仲良く4匹で眠る様子はなんとも微笑ましい♪

元来ネコは警戒心の強い動物ですので、
ネコが立ち寄れる家は空気が穏やかな証拠とも言いますし(^-^)
ウチの母上は嫌がってますが(庭をおトイレに使ってほしくないから)、
子育て中はそっと見守りたいなーと思ってます。

つい先日、久しぶりにネコに触れる機会がありまして。
あの角のないフォルム・・・!
ふわっふわの毛並み・・・!
どことないネコの匂い・・・!

・・・イヌやネコの柔らかな手触り・・・たまりませんね (≧∇≦)


余談ですが、以前飼ってた愛犬(まないぬ)、
汗をかくと独特の香ばしい匂いがしたのですが、
新品の上履きの匂いでした(笑)

ちなみに学校用上履きのこと、宮城県では「ズック」って言います。
(運動着は「ジャス」と言う)


笹「(愛犬をだっこする)うわー、○○○(愛犬の名前)、ズック臭いねぇ(・▽・)」

愛犬「ボフッ(・w・) シャンプーヲ シテクレタマエ」


只今、「動物っていいな」スイッチ絶賛作動中です (ФwФ) キュピーン

今週は笹、日曜日のみ稽古に参加しました。
お盆休み明けでお仕事が忙しかったり、文化祭の準備だったりで、
参加人数もまばら(T▽T)

稽古をお休みされている方を追い抜かせ・・・ということで、
暑さと湿気にも負けず、今週もアツい稽古を繰り広げました!


☆☆☆☆☆


★こってりお灸を据えられております


今週はもうね、参加人数が少ない。
且つ、参加者は高段の先生方と、のほほんと佇む笹1匹。

・・・ということで、日頃の修業態度に喝を入れるべく、
先生方からこってりご指導を頂きました。


◆逆袈裟斬りの時に、鞘を持つ左側が大きく傾く

刀を持つ右手が高く上がり、左肩が低くなる姿が、
まるで居酒屋の暖簾をくぐる姿のように見えると、
よくご指摘を受けてます(^-^;)

S先生「(暖簾をめくる)おやじさん、いるぅ?・・・じゃないでしょ(=_=メ)」

笹「居酒屋じゃないです(T▽T)」

斬るという動作自体は極端に言えば、柄掛かり以降は、
横一直線か、左上から斜め下か、左下から斜め上か・・・の違いだけで、
それらの変化は鞘を握る左手、左側の体の使い方次第です。


とはいえ、先生方のご指摘のもとやってみれば
左肩を下げなくとも逆袈裟はできるので、
「しっかり逆袈裟で斬らなきゃ!」・・・という意識が強すぎて、
それが体に表れているのだと思います。


S先生「(左側が大きく傾くような)体勢が変わったら、
          あいつ逆袈裟斬りで来るなって、先にわかっちゃうでしょうが!(-_-メ)」

笹「 (・▽・;) タシカニ 」


大抵、「笹は表現が極端過ぎる」って言われます。ますます。
わかってはいるんだけどなー・・・・・・なー・・・なー・・・(エコー)
どうして笹、極端に体に表れるのかなー・・・なー・・・なー(エコー)


◆正座「附込(つけこみ)」の3刀目が上段の構えに見えない

正座の業のひとつ「附込」に、
刀を抜いた当てが上段から斬りかかってくるのを
寸でのところで後退して避けて相手の面、水月まで2刀で斬る。
地に伏した相手を上段の構えで様子を見つつ残心を示す。
・・・という動作があります。


先生方曰く、
S先生「上段の構えの時、笹の場合、
     刀の角度が地面と水平になり過ぎて、
     地面に倒れてる相手に見えないでしょうが!(-_-メ)」

笹「・・・(・▽・;)」

S先生「それに、水平にして微妙な時間があってから、
     ぴょこっと刀上げっぺや(刀の角度を水平から起こす)」

笹「あ~・・・(納得した感じ)、『あ、先生方に注意されてたんだった!』と思い出して、
  直してます(・▽・;)」

S先生「おいおい (-_-メ)」


上記までの動作の理合いを申しますと、
後の先で相手の面、水月まで斬りつけて、
もう一刀加えようと振りかぶったところ、相手は地面に伏しており
上段に構えつつ様子を伺い、事切れたことを確認する。

という理合いの他に、

面、水月まで斬りつけて地に伏した相手を、
上段の構えで事切れたか確認する。

という理合いの2説があります。
ちなみに河野先生の図譜では後者が記されています。


・・・と、エラそうなこと言ってますが、
笹はいづれの理合いにも入っていないわけで(^▽^;)


S先生「変な間を置かない!理合いをきっちり覚える!」


笹「はい・・・(・▽・;)」


なにか覚えるとなにか抜けるという・・・。
なにか出来るようになるとどこかオカしくなるという・・・。


途方に暮れるヒマはないので、
真面目に取り組んで直していきたいと思います・・・。

怒濤の居合日和な2日間でした(2018年8月19日~22日 リポ○タンDな山登り)

先週末の涼しさはいったいドコへ行ってしまったのだろうか・・・。
淹れたての熱い緑茶があんなに美味しかったのに・・・。


そしてこの蒸し暑さはいったいドコから来たのだろうか・・・。
キンキンに冷えた炭酸水がとっても美味しい・・・。


・・・と、しみじみ考えたくなるほど天候の変化が著しい昨今。
暑さにしっかり翻弄されております☆笹です(T▽T)ピギャー


笹は生きているのか・・・。


笹はブログをサボっているのではないか・・・。


ブログを書くことすら忘れるほど、脳みそ溶けたか・・・。


・・・と、心配してくださった皆様(いるのかな・・・)、
ありがとうございます♪
笹、生きてます♪


先週末は居合の行事が続きまして、
すっかりばたんきゅー(死語)でおりましたの。
ブログを書きたい気持ちはあるのですが、
パソコンを起動した目の前で船漕いでましたので、気持ちに体がついてこない(笑)
そんなこんなで、ぼちぼち回復したので、書いてみたいと思いまっす。


★釜ヶ澤大明神を参拝してきました♪

その昔、林崎甚助重信公(※)が
父親の仇を討つべく剣術修行のため山の奥深くに入り、
抜刀術に開眼したといわれる祠が、
山形県尾花沢市の細野地区の山奥にあります。


その祠は現在、釜ヶ澤大明神が祀られており、
地区の方々のご尽力によって毎年お参りさせて頂いております。


今年も地区の皆様に先導して頂き、お参り致しました(^-^)
祠までは道なき道を行くこととなるのですが、
年々、山の斜面が崩れていると伺いました。
沢水が豊富な地域なだけあって、
踏み入れる道も水分をたっぷり含んだ地質となります。
よって、足を滑らせて転んでしまう方もいるわけで。


今年の大コケ役は笹でした(笑)


祠の前で日頃の成果を奉納させて頂いた後、
のほほんと下山していたところ、気がついたら足を滑らせてまして。
山道を一段分くらいショートカットする勢いで落ちました(笑)


落ちる笹「(わー落ちてる落ちてる)(・▽・;)」


落ちる自分を冷静に分析していたほど、重力に逆らわずに落ちていたところ、
S先生が必死で止めてくださいました(^▽^;)スミマセン


笹「山道を一段分くらいショートカットできました(・▽・)」


S先生「(-_-メ) タワケ」


釜ヶ澤大明神が「こんなアホの子の願いなんて聞きたくないワ」と
思ったかどうかはわかりませんが、
落ちたものの幸い無傷で済みましたので、
もしかしたら守ってくださったのかもしれません(^-^)


今年も無事に参拝が出来ましたこと、
地区の皆様の入念な準備があったからこそのことだと思います。
インターネットの隅っこより、心より御礼申し上げます。
有難うございました♪

(※)流派によっては諸説あります。
無双直伝英信流では重信公を始祖としておりますので予めご了承ください。


★河野先生遺徳会に参加しました

釜ヶ澤大明神参拝の翌日は、同県村山市は熊野居合両神社。
宮城県から毎朝通っております(笑)

遺徳会は昭和41年(1966)8月20日に
河野先生が熊野居合両神社を参拝したことから始まります。
(釜ヶ澤大明神は翌日に参拝されました)

参拝にあたり神社境内に石碑を建立することとなり、
建立は同じ地域にお住いの石工さんに、
銘する文字は地元の書道家さんにそれぞれお願いすることにしました。

河野先生の故郷 大分県は日田から取り寄せた石は大きかったようで、
建立までに多数の方々からの協力が必要となり、
その陣頭指揮を近所の大工さんにお願いすることとなりました。

石工さん、書道家さん、大工さんは河野先生と意気投合したようで、
無事に建立を終えた後も、「水入らずの会」と称して
毎年8月に地元山形県で集まっていたようです。

河野先生の情報を少しでも知りたい・・・ということで、
現在は2年おきに、当時の様子を知る大工さんの娘さんをお招きし、
奉納演武の他、少しばかりの食事の席を設けさせて頂いております。

河野先生のことを知ることも楽しいのですが、
なにより大工さんの娘さん・・・Kさんとお会いできることが、
笹にとって嬉しいです(^-^)
お元気そうでよかった(^-^)



★伝承会ホームページ更新しました

「伝承会の修業録」に遺徳会の様子を掲載しました。
覘いてくださると嬉しいです♪

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/index.html

180822_pic



御存知のとおり、
居合道の世界でも残念な出来事が報道されています。
笹も原因や理由をいろいろ考えてみました。

今、自分が目論む事を実現することによって、
10年後の自分が、居合を心から楽しみ、愛して取り組む姿が想像できるか。

・・・今一度立ち止まって、自分を振り返るための方法・・・。
これに限るのではないかと、私は思います。



お盆休み前の穏やかな稽古でした(2018年8月11日~12日 暑さ戻ってきた)

笹のパソコンは、古い(世界○ルルン紀行的な森本レオ口調)。
メモリを増設したことで操作性が上がってしまい、
Windows7ですが今暫くは買い替えしない予定です。


とはいうものの、夏場は暑さゆえに筐体に熱が籠りやすく、
フリーズの原因になったりと、パソコンの動作が不安定になりがち。


今年は特に暑いですし、それなりの対策が必要です。
・・・というワケで。


・冷却ファン付きの台にパソコンを乗せる
・筐体の裏、排気口付近に熱放射アルミパッドシールを張る
・卓上扇風機で排気口に冷たい風を掛け続ける(USBポート接続で稼働)


・・・という3段階で重装備にしてみました。
心なしか普段以上に動作も早いようです。

まだまだ使えるパソコンではありますが、
最新式に比べると動作は決して早くはありません。
それでも長年使っているのでとっても愛着があります。
少しでもパソコンの負担を軽くできているなら嬉しいです(^-^)


今回もまた、睡魔に襲われつつお送りしておりまっす。
今回は牛乳寒天早食い競争やってますの。
牛乳寒天は美味しいので・・・決着がつきそうにありません(笑)


☆☆☆☆☆☆☆


★稽古場の扇風機が新しくなってました!

暑さも雨もなんのその。
お盆休みという季節柄、今週末の稽古場は参加者がやや少なめ。
暑さに負けないアツイ稽古を繰り広げております (`・ω・´)キリッ


今週ものほほんと稽古場に足を踏み入れ。
なにはともあれ、扇風機をスイッチオンしなくっちゃ(・▽・)
先生が着替えられている脇をいそいそと通り過ぎ、
ルーチンワークのように扇風機の前に辿りついたところ。


白いフォルム。
立派でオレンジ色の扇風羽。
大きな扇風羽の重さを支える、ガッチリと床をホールドする三本脚。
扇風器が新しくなってました!・・・・・・たー・・・たー・・・たー・・・(エコー)


笹「せ、先生っ、扇風機が新しくなってますっ!(・▽・)」


S先生「はいはい (-_-)」


新しい扇風機は一般家庭向けというよりも、
体育館や公民館で使うような業務用に近い製品で、
頭部に稼働スイッチや風量を調整するボタンが付いています。

試しに風量を「強」でスイッチオンしてみたところ、
笹の前髪を吹き飛ばす勢いの風が出てきました。
これなら稽古場内の風を循環させて、
扇風機から離れた場所にいる人も快適に過ごせそうです。

稽古場に来られた方々も、
とりあえず扇風機をいじって楽しんでおられました(笑)
笹はお約束どおり、扇風機に向かって「あ~~っ」ってやりました(笑)
↑アホの子全開


残り少ない夏・・・猛暑も続きそうですので
新しい扇風機を活用して体調不良の方が出ないように努めたいと思います(^-^)


今週も今週とて・・・先生方特にS先生からこってりお灸を据えられたのです・・・。
笹の抜き付けや、体の重心の使い方がオカしい件・・・。
業全体でいえば細かい点を追い込んだ結果、
業全体のバランスがなにやらオカしくなるだとか・・・。


なかなかまとめきれず、詳しくは次の機会に書きたいと思いまっす(^▽^)


いろいろ、いろいろあるけれど。
頑張ってみっぺしー。

とろけるチーズになりそうです(2018年8月4日~5日 アチチです)

仙台七夕まつりもいよいよ明日から開催。
今夜はその前夜イベントとして仙台七夕花火祭が夕方から開催されます。

・・・が、あいにくの雨模様。しかも雷や竜巻注意報付きです。

先程よりは空色も明るいようですし、セミも鳴き始めました。


きっと、

花火祭実行委員「こうなったら・・・てるてる坊主の威力を借りるしかない!!」

同委員「スタッフ一同、てるてる坊主を軒先に吊るせ~っ!」

同委員「今から30分以内に1000人分のてるてる坊主を急遽作成せよ!」


・・・とか、えらい大変なことになっているに違いない。( ← オイ)
運営スタッフの皆様、大変お疲れ様ですm(_ _)m


ちなみに笹ん家では、花火が打ち上げられている様子は見えませんが、
音だけ少し聞こえます。

遠くからかすかに聞こえる、花火が打ちあがる音を聴いていると
本格的に夏がきたんだなぁと、しみじみ思います。


・・・と書いているパソコンの傍らでは、
「が○が○くんりっち ちょこみんとあじ」とへったくそな文字で書かれた紙片と、
カニが4杯、行き倒れております。

・・・何もせず見つめていると、
「こーらあじも さいこう」という紙片が加わりました。

・・・とりあえず右から左へ受け流しておきたいと思います(笑)


★8月から10月にかけて行事たくさんあります

8月あたりは暑さもありますので、
演武会や遠征等の行事は控えられる愛好会も少なくないと思います。
特に今年は暑いですし・・・。

・・・弊会の場合は、例年、むしろ増えます(-_☆)キュピーン

弊会の名称にも使わせて頂いている河野百錬先生。
ご生前の昭和41年(1966年)の8月20日に
山形県村山市にある熊野居合両神社を参拝され、
業を奉納されています。

また翌日の21日には同県尾花沢市は細野地区を訪れ、
現・釜ヶ澤大明神が祀られている山頂の祠を参拝されました。

熊野居合両神社は江戸時代頃から武道の上達を祈願する者たちの
参拝の場として居合の始祖 林崎甚助重信公(以下 重信公)が祀られている場所です。
細野地区の祠は重信公が
剣術の修業の末、抜刀術を編み出した地という逸話(※)も残る場所です。

河野先生ご自身が2年前に生死にかかわる大病をされており、
奇跡的に回復された出来事は、
先生ご自身が大切になさっている居合を振り返り、
そのルーツとされる場所を訪れるキッカケになったことは
想像に難くありません。


当時は「剣術の偉い先生が来るぞ~っ!」ということで
地区で暮らしている方々が総動員でお迎えの準備にあたられたそうです。
お迎えにあたられた地区の皆様もとっても楽しかったのでしょう、
河野先生がいらした日をお祭りの日にされました(^-^)

当時の様子を知る方もまだまだご健在で、
楽しそうにお話される様子を伺うと、こちらも嬉しくなっちゃいます(^-^)

はたして大阪弁の河野先生と山形弁の皆様、
言葉は通じたのだろうか・・・きっと通じたんだろうなぁ・・・(^▽^;)

★山形県来訪については「百錬コラム」をご参照ください★


(※)居合の始祖および細野地区の祠が開眼の地という逸話については
流派によって解釈が多少異なる場合がございます。
無双直伝英信流では上記のように解釈しておりますので、予めご了承ください。

・・・話が長い☆

・・・ということで、細野地区では現在も8月21日に近い日曜日は
お祭りの日として賑わっております。

地区の皆様のご厚意により、
毎年、山頂の祠を参拝させて頂いたり、
お昼ごはんをご馳走になったり、
御礼の演武をさせて頂いたりしております。

もちろん今年もお邪魔させて頂きまっす!!
弊会としても大事な行事のひとつですので、
しっかり稽古して当日に備えたいと思いまっす(^▽^)v

そんでもって10月。
大きな行事のひとつにダブルAさんお二人の昇段審査があります。
今回受験されるのは二段。

笹としてはハハゴコロ全開で
星明子の如く扉の陰から見守りたいと思います。
・・・それ以外できることがなさそうなので(T▽T)

暑さも落ち着くだろう9月頃から、
本格的に実技の特訓が始まるかな。


★通し稽古が進化しております

10月の昇段審査も遠いようで意外と近い。

S先生「そろそろ受験者にも(ひとりでやる実技で)、
緊張しないよう度胸を付けてもらわないとねっ ( ̄▽ ̄)」

笹「はぁ(・_・)」

S先生「かといって受験者ばかりに本立ちをやらせるのも
申し訳ないねっ  ( ̄▽ ̄)」

笹「はぁ(・_・)」


・・・ということで現在、弊会の通し稽古が進化(!?)しまして、
段位に関わらず、全員で本立ち持ち回りする・・・という
システムになっております。
しかもある程度業をやったら、次の人に譲るという、
いつ本立ちになるのかわからないというスリルも
グリコのおまけの如くもれなく付いてきます。

戦々恐々としているのは当然Aさん。
・・・度胸つけるためにも頑張って~(^-^)b


ちなみに本日の笹、脳みそが暑さで蕩けてまして。

本立ち 笹「・・・(居合道刀法)3本目の業なんでしたっけ・・・(・▽・)」

先生方「「「おぉぉぉい、大丈夫か!? ( ゚Д゚) 」」」

S先生「切上げ! 切上げ!(-_-メ)」

本立ち 笹「あ~・・・切上げ! そうでした!」


--- 笹、居住まいを正す ---


本立ち 笹「・・・・・・あれ、なんでしたっけ業(・▽・)」

先生方「「「おぉぉい、大丈夫かアタマ!? (||| ゚Д゚)  」」」


今年もアツくてアツイ夏になりそうです!
体調管理に気をつけて頑張って過ごして参りましょうっ(^▽^)ノ

より以前の記事一覧

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ