Yさん初稽古(2018年1月20~21日 じわじわ寒い)

本ブログで先週お伝えした下駄足対策サポーター(2018年1月14日の記事参照)。
笹的には使い勝手がとってもいいのですが、
重大なことに気がつきました。

下駄足対策サポーターを身に付けたままだと、足袋が履けない。

・・・。(お茶をひとくち飲む)

・・・・・・。(鼻をかむ)

・・・この冬の寒さをまったく考えてなかったぜ。

お陰様で右足の薬指と、
左足の人差指がシモヤケで腫れてます☆笹です(・w・)b カユイ

東北地方が寒いのもあと2カ月くらい。
冬はどう考えても寒いのは当然ですし・・・今後のことも考えて、
寒さを我慢できる体になれるよう頑張ってみようかなと考えている今日この頃。


明日から全国に攻め入ってくる大冬将軍に備え、
食料の買い出しや灯油やガソリン補給で市内が賑わっている東北は宮城県。
備えも大事だけれど稽古も大事・・・!
北の泉ヶ岳から飛んでくる雪にも負けず、寒さにも負けず、
今週も地道な稽古が繰り広げられております。


☆Yさん、初めての稽古でした♪
昨年の末に入会されたYさん。
お仕事の都合諸々もあり、今週はじめての稽古に挑みました(^-^)

当日は少し緊張されていたようでしたが、
もともと剣道のご経験があり、剣道では身に着けない角帯については
兄弟子のKさんにご指導頂いてしっかり身支度を整えられていました。
Kさんありがとうございます♪

今回は刀礼、帯刀の仕方、刀の各部位の名称の他、
五行の構え、斬り下ろしについて、
前半はS先生、後半はY先生にビシバシご指導頂きました。

一度にいろんなことを教わって頭がクラクラするかもしれませんが、
今日教わった全てのことを今日覚えるのは難しいですので、
繰り返し稽古することで少しずつ覚えていって頂けたらと思います(^-^)

刀礼や帯刀の仕方をおおよそ覚えたら、
楽しい稽古用の刀選びが待ってますよー(^▽^)ノ
頑張ってまいりましょー。


当会、居合刀の購入を検討中の方がチラホラおります。
刀身の寸法や重さはもちろん、
柄や金物、鞘などをどういった図柄にするか・・・など、
お茶休憩の際によく話題になります。

購入を検討される方も、相談を受ける方もワクワク。
どんな居合刀にされるのか・・・今から楽しみ楽しみ(^w^)b


☆日本刀の勉強会に行ってまいりましたー。

♪刀が勉強できるなら 笹はどこでも まいります~♪


・・・ということで、今年初の日本刀鑑賞会にお邪魔して参りました(^▽^)
鑑賞方式は普段と同じく「入札」方式でおこなわれ、
鑑賞刀の鑑定がとっても難しかったようで、
ベテランの方々がふうふう息をつきながら刀を鑑定している傍らで
笹も笹なりに頑張って鑑賞を楽しんでおりました ( ̄▽ ̄)
(周りからはのほほんとしているようにしか見えないらしいです(笑))

今回ははじめて雲類の御刀を拝見。
それ以外でも素敵な御刀はたくさんあったのですが、
正式に雲類と紹介された御刀を拝見するのは初めてで、
個人的に強く印象に残りました。

よく詰んだ板目肌、中直刃の刃文は直刃調にところどころ細かに乱れる。
ぱっと見、山城のものかなぁと思うのですが、
見慣れない広がりかたをする映りもあり。
経験の浅い笹にとって、未知の生命体との遭遇に近いものがありました(笑)

京物を思わせる輪反りの姿と山城の作風を持つ御刀は、
始祖は山城から備前国に移り住んで活動していたという一派ですよと
ベテランの方に説明頂いた時、とっても納得しました。

ついでに笹のイメージする山城物と備前物、雲類の違いについても
説明頂き、とっても納得(・▽・)
どうやら笹が普段イメージしている備前物は一部の一派特有のもののようでした。

居合と同じで、見つけたドアを開けたら、
その奥には別のドアがあった・・・という感じでした♪
ご説明頂いた内容を基に、今後は理解していけたらいいなと思いまっす。
頑張ろ頑張ろ。


☆昇段審査に向けていろいろ準備中

S先生「では、審査までにしっかり考えて記入してくること!」

どん。
どん。
どん。

目の前にありますのは、
昇段審査受験申込書、各段位の筆記テーマ、実技一覧表。
筆記用紙。
河野百錬先生学習用穴埋め問題用紙。


・・・いよいよだなぁ・・・。


ちょっと現実逃避しようと思ったらそうはいかず、( ← オイ)
実技の業について笹ができていないところをご指導頂きました。

・惣倦(そうまくり)
2刀目までにおこなう納刀について、
片手袈裟斬りで斜めになった体を納刀しながら正面に戻す動きについて、
納刀の動きと斜めから正面に戻る体の動きの間がバラバラで
間の詰め方ができていない。
⇒笹が納刀して → 正面向いて・・・という手順をなぞっているだけだから。
あくまで正速強威。
やれるならどんどん間を縮めていくこと。
体が斜めから正面に向く動きを利用し、直ちに切先を鯉口へ納める動きを覚える。

・戸詰(とづめ)
斜め右前方に片手袈裟斬りで斬り込んだ後、
90度左前方の相手を斬り下すために頭上へ右手を持っていく動きについて、
最短距離になっていない。
⇒刀の重さに負けた右手が、弧を描きながら頭上へ移行している。
重さに負けている時は大抵、右手全体を使って力んでいるため、
手のひらから重さに負けた動きが刀身全体に影響している。
(刀身全体に影響させているので更に重さに負ける)

刀の重さを利用して、小指と薬指を効かせて、
刀身全体に影響させず(重さに負けずに済む)、
右手を頭上に最短距離(=直線)で持っていくことを覚え直す。



ほぼ1か月半のブランクを取り戻さなくちゃだし、
筆記も考えなくちゃだし、
課題も相変わらず山ほど残ってますし。


・・・北風が身にしみるぜ・・・(-_-)


とりあえず前向きに、
地道に、地道に頑張ってまいりましょー(^▽^)ワラットケ


今週もシビシビ寒い(2018年1月13日~14日 昇段試験は3月)

大学入試センター試験で受験生もその家族も頑張る日本列島。

笹の住む地域では毎年、受験生が行き交う駅の構内で、
学ランに下駄姿、額にハチマキを巻いた大学生応援団の迫力ある声援が飛び交います。
笹的には「応援で汗かいて風邪ひかないよう気をつけてね・・・」と
なんだかハハゴコロで頑張る姿を見つめております。
・・・という笹は当時、試験会場を間違えたのですけどね(・▽・) ← オイ

指先もシビシビ痛くて、鼻もツンと痛くなるくらいの寒さが続いており、
一晩分の寒さを詰め込んだ稽古場も例によってとっても寒い。
それでも冬至を過ぎた今、窓からの光も心なしか明るく、
天気の良い日は椿や山茶花の甘い香りがそこかしこから感じられます。
寒いけれど、その後ろでは着実に春が近づいてきている気がしています。

今年も稽古はもちろん、行事がたくさんありますよー。よー。
合宿もありますよー。よよよー。 (^▽^)v
また様々な剣士の皆様とお会い出来たら嬉しいです♪

☆☆☆☆☆

★下駄足対策でサポーターを考えてみました
笹は周りの人よりも足の甲が高い骨格をしており、
所謂「下駄足」と呼ばれる足の持ち主です。

そんでもって、標準の方よりも足首の可動範囲が狭いです。
(正座をした際の、お尻の下にある足の形が逆ハの字「\ /」にはできず、
お尻の下にある足の形は大腿と平行に直線「| |」になります。)

ええ、全国下駄足交流会とかっていうのを創立して、
下駄足ゆえの苦労をねぎらいあいたい気持ちでいっぱいですの。

そんな骨格の持ち主なので、
お尻の下に左足を敷いて右足は前方に置くという立膝の座り方は・・・
正直、結構大変だったりします(>_<)
この座り方はその名のとおり「立膝」や「居業」でおこなうのですが、
座った状態から抜き付けに至るまでの上体の移動(=重心の移動)の加減が、
「お尻の下にある左足が痛い」ことが前提なので、大変。

稽古の結果、立膝の座り方にも慣れてきて、
上体をスムーズに移動できるようになりましたが、
寒い冬場は体がやわらかくなるまで時間がかかるので
やり方次第で上体の移動が上手くできないこともあります。


「寒いからうまくできない」というのもなんだか悔しい。


で。


笹の部屋にあったモノで自作サポーターを考えてみました(^▽^)
もし下駄足でお悩みの方がいらっしゃいましたら、お試しください♪

<用意するもの>
・足首サポーター(靴下の形をした履いて装着するタイプ)
・リストバンド(手首に装着するタイプ。ふわふわしたものがよい)

<やり方>
1.リストバンドを足の甲を覆うように装着する。
2.1の上に、足首サポーターを履く。

以上。


♪すぐカンタン、すごくカンタン♪
出来上がった時、嬉しさのあまり、
先生方にサポーターをした足をスマフォで撮影して
メールで送りたい衝動に駆られたのですが、コレが出来たのが夜遅く。
夜更けに足の甲にリストバンドを嵌めた写真は、
あまりにも怪しすぎるので留めました(^▽^;)ニャハ



★正座の業「介錯」問題
今週は笹、大日本抜刀法と正座の
本太刀(通し稽古で業を最初にやる人のこと)をやらせて頂きまして。

正座の業「介錯(かいしゃく)」について、
動きや介錯後の刀の向きがおかしすぎて
先生方一同から絶賛STOP入りました(・▽・|||)

ええ、S先生曰く、

S先生「その動きは本太刀としてあまりにもあまりだからちょっと待て(-_-メ)」

その原因を簡単に申しますと、

・刀を抜きながら立ち上がり刀を肩の上で構えた時、
 切先がだらしなく下がりすぎている。
 ⇒刀の柄を右手で強く握り過ぎていることと、
  右肘が不自然に上がり過ぎたり下がり過ぎている。
  右肘の位置と右手の力加減をもう一度見直しが必要。


・介錯後の刀身の向き、刃の向きが 相手の首を狙ったものになっていない。
・介錯後の姿勢が、前方に傾いている。
 ⇒介錯は相手を重んじ、必要以上に苦しまずにして差し上げることが目的。
  笹の場合、介錯後の刀身の向きが自身の正面に対して
  右斜めになり過ぎている。
  且つ、刃の向きが地面に対して垂直ではなく、斜めになっている。
  介錯は右足を前方に一歩踏み込んで行うが、
  介錯を行う上半身の可動範囲に対して踏み込む歩幅が狭いため、
  結果、姿勢が前のめりになってしまう。
  刀の構え方と、介錯直前の踏み込む歩幅の見直しが必要。


S先生「ったく、どこ斬ってんの! 首狙え首!(-_-メ)」

笹「(もう一度やってみる)・・・あ~・・・(相手の)肩を斬ってますね、肩(・▽・)」

S先生「ただ痛いだけだろ、肩は」

Y先生「介錯される側もちゃんと成仏できねーべ」

笹「このままだと、サックリ成仏できないですね~」

S先生「サックリ言ってないでちゃんと斬れ!」

S会長「頼むから、ちゃんとやって」


先生方と笹、
通し稽古を導く側がもはやどっちかわからない状況になりました(^▽^;)スミマセン
(本太刀がいる場合、通常は本太刀が通し稽古を導きます)
笹としても、きっちりお仕事してくれない笹のような介錯人に、
お世話されたくないです(^▽^;)

こんなドタバタの最中、
傍らで静かに見守っていたAさん・・・姉弟子がこんなんですみません☆
Aさんも居業の業を着々と習得されております・・・!


★こんなんですが昇段試験は3月ですー
なんとか五段の昇段審査を受けさせて頂けることになりました。

実技は指定された6本の業があります。
筆記も指定されたテーマについて各自が考えを記述します。
あと、弊会独自の、河野百錬先生に関する穴埋め問題もありますよ~(^▽^)v


私が入門したての頃、
初段の審査を受けた時に、兄弟子のA先生が5段を受けられていました。
今以上に、居合の「い」の字も右も左もよくわからない時期でしたので、
5段がとてつもなく遠くて、自分が及ばない領域のように感じた記憶があります。

あの頃の自分が想像した5段に近づけているのか甚だ不安ですが、
今の自分が出来る限り、真摯に取り組みたいと思います。


稽古初めでしたー(2018年1月6日~7日 本格復帰♪)

お屠蘇気分から、平常運転モードへ徐々に切り替わりつつある日本列島。

明日に控える「成人の日」もなんのその、
明日は年明け初の出勤日でぃっ☆笹です (`・ω・´)キリッ


足の指先までシリシリするほどの鋭い寒さのなか、
今年も弊会の稽古が始まりました。
年明けということで世の中も動き始める時期ですので、
ちょっと少ないかなー・・・(T▽T)
ということで、今週の稽古はS会長、S先生、Aさん、Kさん、笹。


人が少なくとも稽古は稽古。
今週も皆さんが代わる代わる本太刀をやって、
大日本抜刀法・正座・立膝・居業・立業・番外などすべての業の稽古をおこないました。
Aさんはまだ習っていない業もあったのですけれど、
本太刀の方の動きから学んで、一生懸命やっておられました(^-^)


★笹、久しぶりに本格復帰しました
昨年の11月に、 右足首を思いっきり捻挫して、
稽古ができるようになったのが稽古納めの日。

ぼちぼちリハビリはしていたものの、
ちょっとした加減でちょっと痛かったりするので、また捻挫するんじゃないかと怖い。
正座などの右足首に負担をかける業は立ったままやっておりました。
(立膝や居業は右足首を前に出すので大丈夫)


本日も稽古していたところ。


--- そういえば笹、そんなに(痛みにビクビクする)繊細なキャラじゃないな(・▽・)


・・・ということに気がつきまして。

--- 捻挫は完治している。相当アホなことで捻挫したし、
普段の稽古では捻挫をしようがないじゃないか!


・・・ということで、久しぶりに正座の業に復帰しました♪
ええ、まさに漫画『ド○ゴン○ール』の劇中、
天下一武道会でバクテリアンと闘うクリリンの心境です(笑)

本太刀をやらせて頂くのも本当に久しぶり。
正月ボケも手伝って、立業の業名と順番を間違えまくりました(^▽^;)


笹「(業ひとつ目)・・・ゆき、づれ?(・▽・)」

S会長・S先生「そうそう(-_-)」


(行連をやる)


笹「(業二つ目)・・・ゆき、ちがい?(・▽・)」

S会長・S先生「連達でしょう、つれだち(-_-)」


(連達をやる)


笹「(業三つ目)・・・ゆき、ちがい?(・▽・)」

S会長・S先生「惣倦(そうまくり)! よっぽど行違をやりたいらしいな(-_-#)」


ちなみに行違(ゆきちがい)は六つ目の業です。
正月ボケ以前の問題だ―!・・・ということで、
新年早々、こってりお灸を据えられました(^▽^;)オボエマス


相変わらずのほほんとし過ぎておりますが、
今年、昇段審査を受けさせて頂けそうですし、
その他にも、今年もさまざまな行事、
剣士の方々とお会いできそうで今からとっても楽しみです♪
気を引き締めて頑張らなくっちゃぁ。


いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
地道に頑張ってまいりましょ~(^▽^)ノ
今年もどうぞよろしくお願い致します♪

稽古に復帰&稽古納め(2017年12月23日~24日 寒さがキビシイ)

赤や緑、おひさま色に輝くイルミネーションが街全体を包み込んでいる
宮城県は仙台市。

自宅でケーキなんて滅多に食べられないので、
別の意味で特別行事になっている12且24日~25日 at 笹の家。

注文した小さなケーキを受け取るために街の中心部へやってきてみたところ、
溢れかえる人。人。人。

エスカレーターから降りてくる人の流れはまるで滝のようです。
お正月の初売り(東北の初春の風物詩)かと思ってしまうくらいに
人でごったがえしておりました。


人の流れに負けず目的のケーキを受け取り、
お店とか見て回ろうかとも考えましたが、
人の流れに抗うのに疲れて家に帰りました  ← 若さがないな若さが(笑)


なんというか、笹の気配というか、笹の存在感が薄いらしく、
近くにいる人とよくぶつかるんですよね・・・☆笹です(遠い目)


クリスマスを楽しむ方々もいれば、それらを支える方々もいるわけで。
師走と呼ばれるくらい忙しい年末なので、
週末の稽古場は参加者が少なめでした。(T▽T)
とはいえ、クリスマスムードに引けを取らないアツい稽古が繰り広げられました。
アツさゆえに、なんと1時間ですべての業の通し稽古をやり遂げました。


☆☆☆


★Kさん、居合道形すべて習い終わりました

先生方のご判断のもと、ここ最近、居合道形の稽古を始められたKさん。
出合、拳取・・・と仕太刀の動きを少しずつ覚えられ、
今日、真方(まっぽう)まで覚えられました(^▽^)b ヤッタ

様々な考えがあるかと思いますが、
弊会は居合道形などの2名1組でおこなう業を、
相手との気を合わせる方法と、
相手と合った気を外し、攻撃や防御に転じる方法を学ぶために行っております。
相手と気を合わせることで相手の気を読み、
読めるからこそ不意の動きに転じる事ができるのだと考えております。

居合は基本的に、目に見えない相手(仮想敵)と
個人で業や理合いを覚えていくものなので、
居合道形で実際に目に見える相手とのやり取りのなかで、
自分が考えていたこととの違いや気付きが大変多いです。

目に見える相手と打ち合うとなるとつい熱が入ってしまいがちになりますが、
ぜひじっくり繰り返し居合道形の各業の動きを覚えて頂けたらと思います。

ちなみに笹も初段の頃、居合道形を習わせて頂きましたが、
論外でした。(^▽^;)


・相手の気を察するために目と目を合わせて業を行うのですが、
その時点で、なぜか笹、照れる。


笹「・・・・・・・・・(≧▽≦)キャ」

S先生「照れるなっ!!! なに照れてんだ!ヽ(#゚Д゚)ノ オイ」


・ぼーっとし過ぎて、笹、人の話を聞いていない。

S先生「(仕太刀の動きをやってみせる)・・・という動き。笹、わかった?」

笹「・・・(我に返った)・・・・・・(・▽・)???」

S先生「人の話を聞け、人の話を!!ヽ(#゚Д゚)ノ オイ」



・・・S先生はじめ諸先生方のご苦労が偲ばれます(^▽^|||)ゴメンナサイ
・・・今考えるととんでもない門下生ですねー。
↑ 他人事のように言わないでください

★笹、稽古に復帰しました♪


先月の中旬に捻挫して。
その後、治療に受診した整形外科の先生曰く、

「飛び蹴りをやったとか、新体操で大技をやったとかでないと
そうそうこんなに酷いことになりませんよ(・▽・)」

・・・と不審がられる事態にもなったのですが
右足首の捻挫、ほぼ完治しました(^▽^)

とはいえずっと包帯で患部を固定していたので、
正座すると右足首がいずくて仕方がない。
(まさに仙台弁の「いずい(按配が悪い、居心地が悪い)」がぴったりな感覚)
多少リハビリも必要なので、正座の業までは今暫くできませんが、
正座や立膝の業を立ってやればなんてことない♪

ということで、今週末は久しぶりに稽古を再開しました。
稽古ができるって、素敵。
床を足の裏で踏みしめられるって、素敵。
思う存分のびのび稽古ができるって、素敵。

お正月休み中にリハビリして、
来年の稽古初めには正座が立膝ができるようになれたらいいな。



今年も怒濤の一年だったなぁ・・・。
本当に気がついたら年末になってました。
笹としましては、
ミニ先生役に挑戦してみたり、相変わらずこってりお灸を据えられてみたり。
捻挫もするわ、日本刀の勉強であちこち走り回るわ。
新しい出会いもあれば、新たなお別れもあったり。
ホント、あーっと言う間にもう年末。

また来年も会の皆様と楽しく真剣に稽古をご一緒させて頂けたら嬉しいです。
そして相変わらず拙いばかりの本ブログに目を通して下さった方々に、
心より御礼申し上げます(^-^)

来年もドタバタと騒がしく賑やかにやってまいりたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します♪

来年最初の稽古は1月6日!
頑張りまっす。




課外学習っ(2017年12且17日 今年の寒さは質が違う気がする)

暖房器具の傍がいちばん暖かい。
冬場だから、稽古が始まったばかりの時は寒い。
寒いのは冬だから仕方がない。

・・・というワケで、
毎年冬が訪れるたびに、
稽古に参加された方々の寒さによる負担がまんべんなく、
ある程度軽減できる方法はないか。
毎年アレコレ考えます。
(寒さに強い方であっても、若い方ばかりではないので・・・)

で。

弊会では冬季限定で、
稽古の際の並び順が段位順ではなく年功序列の降順になります。
つまり、年齢の高い方ほどストーブに近く、
若い方ほどストーブから遠くなる  ( ̄▽ ̄)

でも、今年の寒さは質が違います。
なんというか、体にズンときいてくる寒さという感じでしょうか。
なので、いくら若くても今年の寒さはきつい。
学生さんもいらっしゃるので、風邪などひいて学業などに差支えが出てはいけない。

ということで。

今年の弊会の方針(?)として、
年齢に関わらず、風邪ひいた時に生活に支障が大きい方が
優先的にストーブの近くに。
そうでない方、もしくは寒さに強い方はちょっとストーブから遠くへ。
そして全体的にストーブの近くにちょっと寄る。

今年は年功序列でもなく、段位順でもないという、
不思議な並びになっております。

見取り稽古でじっとしていると寒いので、
最近はいつもストーブの傍ですよん☆笹です。 ( ̄▽ ̄)スミマセン

捻挫中はぬくぬく暖かく過ごしていたので、
稽古へ復帰した瞬間から、ものすごく遠くへ置かれそうな気がしております(笑)
(普段から冬季はかなり着込んで稽古しているので大丈夫です)


☆☆☆☆☆


☆地元の刀工さんのところへお邪魔して参りました


今年入会されたYさん。
居合に興味を持たれたキッカケは、
生前、居合をなさっていたお爺様が大事になさっていた一振りの真剣。
銘には宮城県の刀匠の号が刻まれておりました。
詳細は先週の記事をご覧ください


作られ始めた時代がかなり古いだけあって、
目の前にある刀の作り手は既に鬼籍に入っている・・・ということも
少なくない日本刀の世界。
現代で作られた刀であっても、お会いできるならお会いしてみよう・・・!

・・・ということで、今週の土曜日、
Yさんの真剣に刻まれた刀匠のご自宅にお邪魔して参りました(^▽^)
もちろんお爺様の御刀も一緒に♪

御刀を作られたご本人にお目に掛かることは叶いませんでしたが、
現在刀匠として活動されているご子息からお話を伺うことができました。

さっそく茎を見てもらったところ、
Yさんのお爺様が使われる際に施したカスタマイズ跡を見たご子息が、
「これ、私がやりました(^-^)」と仰いまして。
現代刀では頻度の少ないカスタマイズだったことから
記憶にしっかり残っていたとのことでした。

各時代によってお客様からの依頼される御刀の姿形が異なること、
この御刀が戦後、ようやく作刀を許可された時期の作であったこと。
同じ武道仲間からYさんのお爺様は御刀を譲ってもらったこと。
お爺様が武道仲間といらしたことをお話してくださいました。

御刀の作りの特徴諸々を拝聴できるだけでもいいかな・・・と
当初思っておりましたが、御刀のことはもちろん、
予想外にお爺様の足跡も聞くことができて、とっても楽しかったです。

刀匠さんとしても、
自分や自分の家族が代々作ってきた御刀が、
修理やカスタマイズで里帰りすることは時々あるそうですが、
代々引き継いで持ち続けることはなかなかないとのことで、
世代を超えて同じ家族が御刀を持ち続けて、
今回のような形で里帰りしてくれることは嬉しいと仰ってくださいました。


いつかお爺様の御刀で居合をしたいと帰路で仰っていたYさん。
頑張ってまいりましょうね(^-^)v

年末に押しかけ、お忙しいなかお時間を割いて下さったM刀匠に
インターネットの隅っこから、心より御礼申し上げます。
また遊びに参りま~す(^0^)ノ  ← オイ
そのまえにもっと勉強してまいりま~す(笑)


☆お仲間が増えました
本当に有り難いことです・・・。
ぜひ、末永く居合「道」をご一緒できたら嬉しいです(^-^)

今回は毎週水曜日に稽古をなさっているY先生の道場に、
女性が入会されました♪
もともと武道に興味を持たれていたと伺っておりますので、
お目に掛かれる機会を今から楽しみにしております(^-^)
(笹は毎週土日の道場に通っておりますので)
まずは焦らず、じっくりゆっくり、稽古して頂けたらと思います。


これで活動されている女性は4名になります(笹含む)。


こ、これは・・・っっ。
・・・弊会で、女性の天下が取れるのではないかと
笹、ひっそり目論んでおります・・・(-_☆)キュピーン
↑天下取ってどうするんですかアナタ

弊会の女性の皆様、天下取りましょう♪
↑天下取ってなにするんですかアナタ


☆伝承会HPを更新しました

・伝承会の修業録を更新
・今後の予定を追加

よろしければ覘いてくださると嬉しいです♪

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

171217_pic

やりたいことが山盛り。
ただ、時間が足らなすぎる・・・・・・!
いろいろ、いろいろあるけれど、頑張ってまいりましょうっ(^0^)ノ

はやく捻挫を治したい笹なのでした。


稽古場の大掃除でっす(2017年12月9日~10日 いよいよ年末が迫る)

週末にSENDAI光のページェントが始まり、
色鮮やかに輝くイルミネーションの下、
「師走」という文字が日本全国を駆け出し始め、
ぐぐっと年末らしさが強まってきた宮城県は仙台市。


師走の忙しさもほんの少しの間、お暇頂いて。
弊会は今週も今週とて稽古ですよっ。
立ってやる業のご指導をできるまでに回復してます☆笹です。

ご指導する際に大日本抜刀法の業を木刀で抜きましたが、
久しぶりの居合、やっぱり楽しいですね(^▽^)
なんというか・・・アタマと心がクリアになっていくのを感じます。
とはいえ捻挫は完治までには至っておらず・・・年内は無理せず参りたいところです。

今週もいろいろ書きたいことがあるのですよー。よー。
お風呂上りの睡魔に抗いつつ、サクサクお送り致します。


☆大掃除をしましたっ
土日の稽古場では、稽古に使わせて頂いたことに感謝を込めて、
毎年、稽古場の大掃除をしております。

今年はS会長、Y先生、S先生、Kさん、Aさん、Tさん、Yさんと笹。
笹がもたもた水回りの掃除をしているうちに、
天井のホコリ払いと床の雑巾がけがあっという間に終わっておりました・・・。
40分くらいで終わったかな・・・。(・▽・)スゴイ

大掃除の後は道着に着替え、
大日本抜刀法、正座の通し稽古をおこなった後、
Y先生がご持参くださった奥様お手製の炊き込みオニギリを
Aさんが淹れてくださった熱いお茶と一緒に皆さんで美味しく頂きました。
Y先生、いつもお気遣いありがとうございます。ご馳走様でした(^▽^)

お茶休憩の際に、Yさんが持参下さった御刀を拝見しました。
その御刀はYさんのお爺様が生前、居合をなさっていた際に使われていたもので、
とても上品な拵えに納まっておりました。
お爺様ご自身がとても大切になさっておられたことが感じられます。

いつかその御刀を使って居合をしたいと仰るYさん。
自分が生前大事にして遺したものを、
世代を越えてその価値を理解してくれる人が受け止めてくれる・・・
なんて素敵なことなんだろう。
お爺様もとても喜ばれると思います(^-^)

稽古、頑張って参りましょうね♪


☆お仲間が増えました♪

大変有り難いことに、
居合という武道に興味を持って下さる方が増えてきております。

今週もY先生の道場(毎週水曜日)に見学者の方がお越しくださいまして。
とても熱心に見学されていったとY先生から伺っております♪
そして、毎週土日の道場ではYさんが正式に入会されました(^▽^)

お二人とも、居合道の世界へようこそー♪
名称に「道」が付くとおり、短時間で成果を上げることよりも、
生活や環境に変化があったとしても、
地道に取り組み続けられるか・・・に重きが置かれております。

もし都合がつかず稽古場へ来られない日が続いたとしても、
弊会は何度でもご指導致しますので、
焦らず慌てず、ご自身の生活サイクルに合わせて、
地道に続けて頂けたら嬉しいです。


☆伝承会ホームページを更新しました

下記の内容を更新しました
・伝承会の修業録を更新
・今後の予定に稽古納めの日を追加

もしよろしければ覘いてくださると嬉しいです♪

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

171210_pic


いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
地道に地道に。

もう12月っ!(2017年12月2日~3日 シビシビ寒い)

職場で気に入って使っている手帳が、唯一売られているお店から姿を消したり。
好きなお菓子のラスト一箱を、目の前で他の人に買われてしまったり。
捻挫してから二週間。経過観察のために整形外科を受診したら
「患部がまだ腫れてますね~また二週間後に来てください♪」って言われたり。
ゴールがまったく見えない仕事をやることになってみたり。
週末は和風みたらしパフェ食べてやる!・・・と意気込んでみたものの、
実物大のサンプルを見て、食べきる自信がなくて断念したり。

人生トータルで良し悪しも酸いも甘いもバランスを取っているのであれば、
今はマイナス方向のバランスを取る期間に入ってるのかしら☆笹です。
あ、とはいえ生活すべてが悪いこともなく、楽しいこともあるのですよー。よよー。

「笹は、生きているのか」
「ブログの公開ボタンを押し忘れているのではないか」
「稽古できないからといって、怠けているのではないか」

・・・と、ブログを覘きに来て下さる方もいらっしゃるようで大変有り難いですm(_ _)m
笹、お陰様で元気ですよ(・▽・)b グッ
今週末はちょっと遠出しておりまして、ブログを書く体力もなく寝落ちしまして(笑)
稽古にまともに参加していないため、稽古のことは書けないのですが、
よ、よろしいでしょうか・・・(^▽^;)ケイコニッシ ジャナイデスネ

☆☆☆☆☆

★真剣の「ノリさん」が笹んちに遊びにきています

♪刀が勉強できるなら 笹はどこでも参ります~♪

・・・ということで文字通り、今週末は隣の県で開催されている
日本刀の勉強会へ参加させて頂きました。

ひょんなことから主催側の方より、
勉強の参考として持ち帰ってよいとお許しを頂きまして。
只今、笹の部屋で真剣の「ノリさん」が遊びにきており、
目貫の「かに~ず」やモリさんたちが大歓迎しております。

ノリさん。
時代的には室町時代最末期に作られたと思われる姿をしています。
板目肌に杢目が入り、棟側は板目。映りは鎺元が顕著で、
鎬筋を超えるほど勢いがある箇所もありますが弱めです。
差し表は祐定にも似た腰の開いた丁子。
差し裏は互の目に湾れ。
備前風情が備前風情としていられた最末期頃の作。

せっかくお借りしたノリさん、しっかり勉強したいと思います(^-^)

・・・と言っている脇で。

おもてかに「笹、かにら、ノリちゃんと遊んでいるから邪魔しないで(・▽・)」

うらかに「でー(・▽・)」

モリさん「大いに語り合っているから、邪魔しないように」


・・・笹の学習を、刀身と拵え総出で阻止する輩がおります・・・。


★年末の大掃除は10日ですよっ

♪ぴんぽんぱんぽん♪

えー、業務連絡、業務連絡、弊会の皆様に業務連絡、ですっ。

年末恒例の大掃除のお知らせです。

12月10日(日)に、週末の道場で大掃除を致します。
10時から大掃除を開始、終了後に休憩を挟んで稽古を行ないますので、
大掃除ができる服装と、稽古道具を持参のうえご参加ください(^▽^)

大掃除中はストーブを点けませんので、
汚れてもよい防寒着を持参するなどの対策をしっかりお願い致します。
また、足元が濡れることもありますので、スリッパ等の室内履きの準備もお願い致します。
ホコリ除けにマスクもあると便利だと思います。

以上、過去に稽古着を忘れて白い目で見られたり、
足元をびっちょびちょに濡らして風邪ひいた戦歴のある笹からのお知らせでした。
↑やるだけやってますねアナタ

ちなみに笹は文明の利器・掃除機を持参しまっす♪

♪ぴんぽんぱんぽん♪

年末まであと少し!
いろいろ、本当にいろいろあるけれど、頑張っていきましょうっ(^-^)ノ


武道祭に参加してきました(2017年11月25日~26日 寒さがキビシイ)

先週末に捻挫して。
「ほぼ一か月間、稽古はしないでください」とドクターストップを食らい。

入門してからというもの、震災の時以外は毎週末が稽古日で、
むしろ「週末は稽古に行くものだ」という考えもすっかりついていたので、
今回はじめて身体的な問題で稽古が出来ないという事態になってみると、
なんだかちょっと心もとない☆笹です。(-_-)チーン

当たり前と思っていたものが実はそうではないと、
改めて気づかされた11月末。

捻挫しちゃったモノは仕方がないので・・・とりあえず気持ちを切り替えて、
居合に関することで普段できなかったことをやろうと思っております。
・・・と言っている間に治っちゃいそうなので、時間は大切にしなくちゃ(・w・)b

とはいえ、なんだか物足りなくて途方に暮れております・・・(遠い目)

☆☆☆☆☆

★Y先生ご門下のKさん、公の場で初演武でした♪

弊会の先生方は
「緊張した時にやった演武が、本当の実力」と仰います。

言い換えば、普段から緊張することに慣れて、
どんな時でも冷静な気持ちで演武ができるようになれ、ということです。

緊張した時に自分の実力を理解し、
至らなかった点を稽古で改善させるために、
弊会では段位に関わらず本立ち(通し稽古で模範演武をする役割の人)を
お願いしています。
(もちろん先生方が判断した上でお願いしています)

今週末は宮城県は多賀城市が主催している武道祭があり、
Y先生のご門下のKさん、公の場で初めて演武されました(^▽^)v

普段の稽古でもKさんは本立ちをやられているようでしたが、
その効果があったのでしょうか、
7本の業を坦々と冷静に抜かれている様子を観客席から拝見しました(^-^)

その冷静な業前はなにか、兄弟子のIさんやAさんにも繋がるものがあり、
いかなる場でも冷静に業を抜く心も、
水曜日の稽古場では引き継がれているんだろうなぁと感じました(^▽^)
ドタバタ動揺しているのは笹だけ

Kさん、初演武お疲れ様でした♪

そして今回は武道祭の運営に携わられているN先生と、
先週末の古武道大会でもご一緒させていただいた止水会様と、
3つの団体がひとつになり「居合道会」と称して演武をご一緒させて頂きました。
(本祭のみです)

弊会としても初の試みでした。
演武後にお話させて頂く機会があり、
縁あって同じ土地で居合を志す人たちがいるのだから、
所属連盟や団体の垣根を越えて、「みんなで楽しく稽古する」ことを主眼に
集まれないか・・・というご意見が挙げられました。

三者三様の考えがあるけれど、和を以って互いに譲り合い、
他者を貶めることなく一緒の時間を過ごしていけたら、
武道が本当に目指すところ・・・人間としての在り方に
辿りつけるのではないかな・・・と個人的に考えております。

いつか実現できたら嬉しいな(^-^)

★伝承会ホームページの更新のお知らせ

伝承会の修業録に本日の模様をアップしました。
よろしければ覘いて下さると嬉しいです♪

▼伝承会ホームページ(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

171126_pic

いろいろ、本当にいろいろあるけれど、頑張ってまいりましょ。
とりあえず捻挫、はやく治したい(>_<)


演武大会と普段の稽古っ(2017年11月18日~19日 初雪降りました)

寒い夜に、雪虫はその小さな手で、冬の成分を山の頂上へ運びます。
銀色に光る月の粉をふんだんにあしらった冬の成分は、
きらきら光るものだから、ふいと夜空を眺めた時に流れ星かと思うかもしれません。

雪虫たちが山頂へせっせと運び入れた冬の成分は
ちいさな冬の実となってふもとの町へ落っこちてきて、
辿りつく頃にはそう、私たちがよく知っている雪になるのです。

・・・なんて考えながら外に出てみれば、鼻がチンと冷たくなります。
冬の成分には寂しさの成分も含まれている気がする。
だから温かい飲み物や食べ物が恋しくなるのかなぁなんて、
これまたのほほんと考えております☆笹です (`・ω・´)キリッ

まさに「アホの子全開」の行いで右足首を捻挫してしまい。
冷感シップで足首をぐるっと巻きつつお送りしております。
ええ、「シップ」っていうものを初めて見た目貫の「かに~ず」が。
なんというか、シップから漂うメンソール系の香りが刺激的なのか、
笹の足元でキャッキャと騒いでおりますの。
猫にマタタビ、かに~ずにメンソール・・・。


☆☆☆☆☆


★演武大会に参加してまいりましたっ。

11月18日(土)の午後、宮城県武道館にて行われました
古武道演武大会へ参加してまいりました(^▽^)
今回はS会長、Y先生、S先生、Aさんと笹が参加。
ご来場頂いた方々と参加団体の前で
ひとり7本ずつ業を抜かせて頂いた他に、
Y先生とS先生で居合道形の詰合も演武させて頂きました。

10月の昇段審査以来、ほぼ一か月ぶりにAさんの演武も拝見しまして。
また上達されたのね・・・と母ゴコロで見守っておりました(笑)
笹も捻挫している場合ではないですね・・・他の方々に追いつかれないよう
頑張らなくっちゃあぁぁ(・w・)b

今年もまた柳生心眼流兵法・兵術、琉球古武道、居合道と、
宮城県内で活動されている愛好会の皆様とご一緒させて頂き、楽しかったです。
次回はもう少し、他の団体の方ともお話してみたいな(^-^)

また当日の運営・司会進行・前準備等で奔走し、
心を砕いてくださった運営スタッフの皆様にも
インターネットの隅っこより、心より御礼申し上げます。

大会の様子は公式ブログへ随時アップ予定となっておりますので、
お楽しみに♪

▼宮城県古武道協会 公式ブログ(直接ジャンプします)
http://miyagikk.blogspot.jp/


ご来場頂いた方々、公式ブログを見て下さった方々にとって
「あ、この武道やってみたいな」と興味を持つ
キッカケになれたら嬉しいです(^-^)

寒いなか参加された弊会の皆様も、大変お疲れ様でした♪


あ。

ちなみに来週(11月26日(日))も同県多賀城市主催の
武道演武大会にも参加させて頂く予定でっす。(^▽^)v
こちらの詳細は、弊会のホームページでご連絡させて頂きます。

※2017.11.19追記※
多賀城市武道祭(会場:多賀城市総合体育館、多賀城市武道連盟様主催)
居合の演武は11:40~12:00に予定しております(入場無料)


★一枚下駄で覚える「歩き方」

普段の生活では、
足のつま先で地面を蹴って歩き、
右足が一歩前に出たら左腕が前に出るという
行進のような歩き方をおこなっています。

武道では、
足のひら全体で地面を踏み、
右足が一歩前に出たら多少遅れて右腕が前に出るという
「ナンバ歩き}と呼ばれる歩き方をおこないます。

この「ナンバ歩き」を覚えて頂こう・・・ということで、
土日の稽古場では、「一枚下駄で歩いてみよう」という洗礼が度々行われます。

通常、下駄といいますと、
鼻緒に足をひっかける台の下に歯が2枚、
平行に差し込んであるものを想像すると思います。


で。


「一枚」下駄なので、文字通り、台に差し込まれている歯がひとつだけ。

現代ですと、時代劇やテレビ放送で山岳信仰の記事が取り上げられた際に、
修験者が一枚下駄を履いた姿で険しい山中を歩く様子が見られたりします。


で。


それを履いて実際に何歩か歩いてもらおう・・・という試みを時々おこなっております。
(安全のため壁伝いに、介助の人を同伴しておこないます)

一枚下駄をいざ履いてみますと、
つま先で蹴ると体が前に傾いてしまうので蹴ることができなくなります。
人の体って、本当に不思議にできていて、つま先で蹴ることができないとわかると、
「うーん、歩けない。どうしよう」と悩んでいる本人を差し置いて、
足のひらを地面と平行にして歩こうとし始めます。

足のひらを使って歩く方法もあるんだよ、と体に覚えてもらう目的で、
土日の稽古場では時々、一枚下駄を使ってみたりします。


今回はAさんとTさんにLet's 体験。
ハラハラと母ゴコロで見守っていたところ。


・・・・・・お二人とも歩けている・・・・  ( Д)     ゚   ゚


5分程度の一枚下駄体験でしたが、
Aさんも最後は往復できるまでに歩き方を覚え、
Tさんは履いた瞬間から余裕で歩いていました。

Tさん「このまま走れそうですね!(・▽・)」

Tさん余裕です。ジャンプもされてました。
普段から履いて暮らしているのでは・・・と思うくらいの使いこなしです。


ちなみに笹も、入門直後に一枚下駄の洗礼を受けまして。
当時は同期のIさんと一緒に体験したのですが、
口笛でも吹けそうなくらい余裕でひょうひょうと稽古場を歩き回るIさんをよそに、
コアラがユーカリの木につかまる如く、
壁にへばりついたまま、笹、一歩も動けませんでした(笑)


笹「・・・・・・(T▽T)(下駄を脱がして欲しい)」


笹が壁にへばりついて凍っている様子を見て、S先生曰く、


S先生「体験とか以前の問題だな・・・(-_-;)」



・・・ちなみにその日は、「宿題」として一枚下駄をお借りして帰ったのでした・・・。


それとは別に、下駄は日本の生活様式に沿って形作られていますし、
久しぶりにその一枚下駄を拝見したところ、
歯の長さ(高さ)が半分くらいのものがあったら、歩き方はもちろん、
体のバランス感覚を養うためにも使ってみたいと思いました(・_・)



いろいろ、いろいろあるけれど。
今週も頑張ってまいりまっしょう(^▽^)ノ

弊会が賑わっております(2017年11月11日~12日 寒いけど良い天気)

北風がぴーぷー吹きすさぶ東北は宮城県。
11月に入り、寒さが一段と強くなってきている気がしております。

風の強さも寒さもなんのその。
今年の11月は弊会にとって参加行事がとっても多いですよ☆笹です。
しかも今週は弊会史上初のイベントもあり・・・なにやら賑わっております(^-^)

例によって今週末は笹、
日本刀の勉強会で市内をすっ飛びまわっておりまして。
その疲れもあり睡魔と闘いつつお送りしております。
今だったら立ったまま眠れますよ(笑)

☆☆☆☆☆

★ラジオ番組から突撃取材を受けました

地元 東北放送のラジオ番組で県内各地をラジオカーが巡り、
地元の方々がおこなう活動を突撃取材するコーナーがあるのですが。

先週末にそのラジオ局からY先生へオファーが突然入りまして、
弊会、取材を受けました ヽ(´▽`)/

取材といっても5分程度のコーナーですので、
さらっとした紹介になっておりますが、
「居合」という武道の存在はリスナーの方々へ伝えられたと思います。
よろしければ聴いてくださると嬉しいです♪
(ちなみに笹は当日不在でした)

ラジオ配信アプリ「radiko」で聴くことができます。
パソコン版とスマートフォン版がありますので、
下記の手順で番組を検索してお聴きください♪
配信期限は11月13日12時7分までとなります。

手順
「radiko」へアクセス後、タイムフリー画面に移行する

検索画面に下記を入力して番組を見つける
 ・番組名「それいけミミゾー」
 ・日付は「2017年11月11日(土)」
 ・地域は「宮城」

1時間14分頃に時間をスライドさせて再生する


【パソコン版はコチラ】
http://radiko.jp/#!/ts/TBC/20171111100000

ちなみに取材時間は11時頃。
普段ならお茶休憩で和んでいる時間なのですが、
取材が来るまでガッツリ稽古していたそうです(^▽^)
そんでもって当日稽古場へ入門関連でいらしていた方も
取材に巻き込まれたようでした(笑)
(ちなみに当会はラジオMCが言うように大根切ったりなんてしません)


★入門希望の方がいらっしゃいました♪

上記でも少し書きましたが、
弊会に入門を希望される方が今週末お越しくださいました(^▽^)v
10月初旬にもいらして見学をなさった方で、
今回は入会申込書を取りに道場へいらっしゃいまして。

武道は短時間で成果をあげることは目的ではありません。
職場や生活環境が変わっても、
いかに細く長く地道に稽古を続けられるかが、
自ずと自身の心と業前に還ってくるものだと思います。

弊会は同じことでも何度でもお教え致します。
稽古場に来られず忘れてしまっても何度でもお教えします。
忘れてしまうことにめげず、何度も教わることにめげず、
稽古をしたいという気持ちだけ常に持ち続けられれば、
上達すると思います(^-^)
そして何度も教えることで、指導側としても多くを学ぶことができます。


・・・と、えらくカタいこと言っておりますが、
まずは居合に親しむ気持ちでやって頂けたらと思いまっす(^▽^)
ご一緒に稽古出来たら嬉しいです。


今週末もいろいろ行事満載でした。
仕事も居合も日本刀の勉強も。
やることは山ほどありますよん。

いろいろ、本当にいろいろあるけれど。
頑張ってまいりましょうっ。

より以前の記事一覧

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ