大阪遠征も間近・・・(2018年6月16日~17日 くもり空続き)

稽古場から望む泉ヶ岳の山頂に、群雲が白くたちこめ。
雨が降りそうで降らない曇天模様の東北は宮城県。

仕事や学業、お家のことなどで参加できない方も多く、
今週の稽古は人が少なめ。

参加者が多いと楽しいけれど、少なくてもそれはそれで。
少ない分だけ稽古場が広く使えるぜ☆笹です。
今週も今週とて静かにアツい稽古が繰り広げられております。


★笹、必死でゴザイマス

先週の林崎居合両神社での稽古合宿も無事に終わり。
合宿で気付けた点も多く、自身の業に取り込むべくアレコレ考えていたところ。
普段からオカしい笹の業が、更にオカしくなっております(T▽T)ピギャー

オカしいと思えばあらゆるものがオカしく見えてきます。
もはや何がオカしくないのかわからないという・・・。

来月初旬には大阪は住吉大社での奉納演武会を控えています。
住吉大社は河野百錬先生に縁のある場所。
住吉大神はもちろんのこと、
個人的には河野先生に日頃の成果を報告する場でもあります。
業について心の落ち着きどころを作りたい。

とはいえ今頑張ったところで急速に改善するわけもなく、
演武会でも実力以上のものも、以下のものも出るわけではないけれど、
何も手を尽くさずにいるよりかは
アレコレ手を尽くした結果で臨みたいです。

そんでもって毎年、笹の演武中の「目付け」について
しっかり直すようにご指導を頂きつつも、やっぱり直りきってなくて、
演武後の直会の席で、可愛がってくださる大阪の先生方より、


「目付けが直っとらんやないかい(-_-メ)イイカゲン ナオセヤ」


・・・と、毎年ご指摘を頂いております。


こ、今年こそは及第点を狙いたいところですが・・・。


・・・・・・。


・・・。


あ~・・・日頃ののほほんぶりが悔やまれる(T▽T)


★こってりご指導頂いております

笹の課題のひとつである「振りかぶり過ぎ問題」。
これはだいぶ、改善の兆しが見えつつあります。

ただ、諸手上段に振りかぶる、
または上段から斬り下ろした際の手、腕、肩が動くタイミングが異なっており、
剣先の軌跡がいびつになっているようです。

軌跡を同じにすることが目的ではなく、
無駄のないどうさを突き詰めると上段へ振りかぶる動作も、
上段から斬り下ろす動作も、手、腕、肩が動くタイミングが同じになり、
よって軌跡も同じになる・・・ということを念のため申し上げておきます。

切先の軌跡が異なる原因として、
上段へ振りかぶるまでに左ひじが開いてしまい、腕が伸び気味になる。
刀を思いっきり振ろうと意識し過ぎて、右腕に力が入ってしまう。
・・・原因を更に掘り下げてみると、刀の重さに振り回されていることが大元にあります。


逆をいえば、刀の重さに振り回されるのではなく
「利用」できるようになれば、すべてが解決できます。

・・・ということで、


S先生「五段にもなって、まだ直らないのか(-_-メ)」


S先生「新人さんが真似し出したらどうすんだ(-_-メ)」


笹「ああああああ(^▽^|||)」


・・・と、お灸をこってり据えられつつ、


ご指導のもとアレコレ試してみた結果、
重さを利用する振りで、左腕が伸び気味にもならず、
右腕にも力が入ることがなくなることがわかりました。


笹「これ(重さを利用する振り方)が百発百中になれば
  振りかぶり問題関係はクリアできそうですね(・▽・)」

S先生「そうだね~。問題は百発百中をずっと継続していけるかどうか、
  というところだね~ ( ̄▽ ̄)」


笹「ああああああ(^▽^|||)」


・・・が、頑張ります・・・。


★笹、怪奇情報を入手しました

Y先生から怪奇情報がもたらされまして。
山形県は某所にある観光案内コーナーで上映されている
観光イベント紹介ムービーに、
笹が演武してる様子がちょろっと映ってるらしいです(・▽・|||)

Y先生が偶然に見かけてびっくりしたそうです。
居合行事を紹介する尺のなからしいのですが、
本人が知らない間に使われていたらしい・・・。
Y先生の推測ですとおそらく2年前から・・・。

笹、宮城県民なのだけど・・・よろしいのでしょうか某市役所広報課様・・・。
笹以外は地元の小学生剣士が映っているようなので、
地元で活動されている大人の剣士を差し置いちゃってますが
よろしいのでしょうか某市役所広報課様・・・。
せめて笹本人に一報が欲しかったぜ・・・。

来たる真夏に涼しさを求めている方は、ぜひ探し出してご覧くださいませ( ← オイ)
笹も涼みたくなったら行ってみたいと思います(^▽^;)
該当の箇所以外は至って楽しい観光案内ムービーですのでご安心くださいませ♪

いろいろ、本当にいろいろあるけれど、
今週も頑張っていぐべっ!

楽しい稽古合宿でした♪(2018年6月11日 東北地方も梅雨入り)

山形県から関西へ戻られる方々と入れ替わるように
東北地方も昨日から梅雨入り。

梅雨入り前に、山肌を縁取るように咲くニセアカシアがあって、
潤んでしっとりと咲くアジサイがあって、
梅雨明けは色鮮やかに咲くネムの花があるのです。

個人的にはこれらの草花の移り変わりが楽しみで、
傘の取り扱いがちょっと大変だけれど、
草花をじっと眺めながら過ごしていけたら、
梅雨も思った以上に大変なものでもない・・・のかな~と、
首の筋肉痛をすこし感じつつ、のほほんと考えております☆笹です。

居合の合宿後は必ずどこかの箇所が筋肉痛になるのだけれど、
大抵は腕なのに、今年は腕、なんでもありません。

なぜか首・・・まさに首の筋・・・首筋がイタイ。
しかも首全体じゃなくて、左側の筋だけがイタイ。
謎の局所的な筋肉痛を抱えつつお送りしております。

昨日のブログは、パソコンに向かう気力も尽きて、
お布団の中からスマートフォン経由で書きました。

ええ、睡魔に襲われながら文章をしたためておったのですが、
うつらうつらしながら書くものだから、
スマートフォンの画面が顔面にヒットすること幾数回(笑)
ブログを書き終わった瞬間、
先生方に御礼メールを出すよりも先に寝落ちしました(笑)


・・・話のコシが折れた☆


ええと。

今年の合宿稽古も怪我なく楽しく、無事に終われましたこと、
遠方よりお越しくださった皆様ならびに弊会の皆様に
インターネットの隅っこより心より御礼申し上げます(^▽^)

今回の合宿では、
稽古の本太刀(通し稽古で各業のお手本をやる役割の方)を固定せず
参加者全員で持ち回りにして、本太刀の負担を分散させる方式を取ってみました。

お越しくださったなかには本太刀の経験のない方もいらっしゃったので
分散方式に少し不安だったのですが・・・
その不安はそのままそっくり笹にお返ししてやるぜ!・・・というくらい、
皆様しっかり本太刀を果たしておられました。
・・・というか、笹の本太刀っぷりがあまりにも無残でした(^▽^|||)ニャハ

ええ、眺めがあまりにも素晴らしかったですから・・・。
なんてったって左右にずらぁ~っと7名ずつ、剣士の皆様が立ち並び、
遠方からお越しのT先生が、向かい合う形でいらっしゃいまして、
皆様の視線の圧力が素晴らしいです・・・。
素晴らしさゆえ、担当の業すべて忘れちゃいました(^▽^;)ニャハ
あとでS先生に絞られる

時折、休憩を挟みつつ、
しっかり稽古して、夕方に近場のお風呂に入りに行ったり。
河野先生の映像も久しぶりに拝見し、個人的には気付きも多く得られました。

夜は懇親会で楽しんだり。
慌ただしくも楽しい2日間でした♪

近々、弊会のホームページ「稽古風景」に
合宿の様子を掲載できればと考えております(^w^)


☆伝承会ホームページを更新しました。

・伝承会の修業録に合宿のひとこまを掲載
・今後の予定を更新

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/index.html

180611_pic

今回お越しくださった皆様とは
来月またお会いするので楽しみ楽しみ(^m^)

いろいろ、いろいろあるけれど。
頑張って参りましょうっ。


お留守番稽古でした(2018年6月2日~3日 来週は稽古合宿)

とっておきの音楽祭で街中が音楽であふれる宮城県は仙台市。
梅雨入りを目前にしたとっておきのポカポカ陽気です。

総会や同窓会といった集まりが多いこの時期。
弊会も例に漏れず、会員の皆さんも忙しく稽古への参加人数もやや少なめ。

S会長・Y先生・S先生も諸々の用事が重なり、
今週日曜日は、高段の先生不在の稽古(通称:お留守番稽古)となりました。
とりあえず、ケガなく安全に楽しく稽古を終えられることと、
道場破りが突如現れても返り討ちにできればよいことをモットーに、
笹がミニ先生役として稽古をおこないました(・▽・)
幸い、道場破りも現れず、
見学希望のセグロセキレイが一羽現れましたがご遠慮頂きました。

今週は本当に天気がよかったので、
笹がお借りしている真剣の「モリさん」を連れて久しぶりに道場へ行きました。
開けられるだけの天窓をすべて開け放ち、
道場内をはしゃいで走り回る目貫の「かに~ず」の隙間を縫うように
モップをかけながら、台所のやかんでお湯を沸かします。
お茶道具の用意をして、道着に着替えて。

個人的に、最近の週末は居合以外でドタバタしていることが多いので、
稽古が始まる前の準備をするのも新鮮に感じます。
まだ誰も来ない道場でお日様の光とそよ風を感じていると、
「普段の生活に戻れたなぁ」とホッとします。


☆☆☆☆☆


普段の生活にホッとしつつも、
稽古もガッツリやっちゃいますよ☆笹です。


こうもドタバタ慌ただしいと、
やるべき時にしっかり集中してやろうという気持ちが自然と湧きます。
基本的に集中力散漫・教わったことは5分で忘れる笹なので、
これはだいぶ人としても成長したのではないかと・・・。
(↑誰が「そうですね」って言うんですかアナタ)


お陰様で居合の業にも少しだけ、
良いことが出てきたのですよー。よよー。


☆袈裟斬りと逆袈裟斬りがスムーズにできるようになりました

片手で斜めに相手の肩から胸部を斬りつける袈裟(または逆袈裟)。
これらの斬り方も、横一文字と同様に
剣先が鞘離れをした瞬間、間髪開けず斬りつけるのが理想です。


今までの笹は袈裟の動きが

剣先が鞘を離れた

剣先を一瞬上方向に上がる

上方向に上がった反動を使って斬りつける


・・・といった、二段階の斬り方になっておりました。
理想の動きは理解していても、
鞘離れの時に鯉口を握る左手を引くタイミングを誤れば
左手を斬ってしまう怖さがあったのかもしれません。
(あるいは左手に剣先を刺すか)


袈裟斬りについては、大変僭越ながら憧れる先生がいらっしゃいまして。
いつかその先生のように鞘離れした瞬間に鋭く斬りつけられるように
なりたい・・・と、稽古を続けてきたのですが、
・・・ほんの少しだけ近づけたかもしれない・・・嬉しいです(^-^)

とはいえ刀の勢いは弱々しいものなので、
もう少し慣れたら、鋭い斬りができるように、
足腰の高さや重心の置き方も直していきたいです。


そういえば剣先が鞘離れした時の鞘の引き方について、
以前は「思いっきり力強く引かなくちゃ!」という気持ちが強かったのですが、
実際のところ、力いっぱい鞘を引いている感覚はないです。
憧れの先生はどうなんだろう・・・。


☆Y先生のご門下のAさんがいらっしゃいました(^▽^)

日曜日は数か月ぶりにAさんが週末道場へいらっしゃいました♪
普段は毎週水曜日のY先生の道場へ通われている方です。


拝見する度に上達されて・・・すっかり気分はハハゴコロです(;ω;)
・・・とか言っているうちに追い抜かされないよう、
こちらも頑張らなければ。


不在のY先生より言付けを預かっていましたので、
そのことについて笹的に直すコツをお教え致しました。
一生懸命お教えしてみましたものの・・・。
たぶん、笹の言葉はちんぷんかんぷんだったと思う(笑)


すぐに直せるものではありませんので、
まずは・・・腕の筋力を必要以上に使わないで刀を振ると
どんな感覚なのか・・・というところから理解を進めて頂ければ・・・。
時間をじっくりかけて感覚を理解するところから始めるのが
いいのかな、と個人的に考えております。

Aさん頑張れ~(^▽^)ノ


☆☆☆☆☆


来週末はいよいよ、稽古合宿です。
今年もまた県外から大勢の剣士をお招きし、
山形県は熊野居合両神社にて一日稽古合宿です!


初めての来訪の方もいらっしゃいますので、
稽古も境内周辺の風景も、たっぷりお楽しみ頂けたら嬉しいです。
来週だけは晴れて欲しいなぁ。
武道場から望む青く澄んだ葉山、その裾野に広がる煌めく水田。
この時期にしか見られない景色も、ぜひ楽しんで頂きたいです(^-^)


遠方より合宿に参加される皆様、お気をつけてお越しくださいませ♪
当日、お目に掛かれますこと楽しみにお待ちしております。


いろいろ、いろいろあるけれど。
今週も地道に頑張ってまいりましょー。

日曜日はぴかぴか天気(2018年5月19日~20日 暖かいけれどちょっと涼しい)

瑞々しい青葉が太陽の光を浴びて風にそよぐ東北は宮城県。

笹の住む地域は「仙台・青葉まつり」で賑わっております。
天候の変動も激しい週末でしたので、露天での演舞はできるのか
危ぶまれたようでしたが、無事に宵まつりまで楽しめそうです(^-^)

稽古場は、通し稽古を続けておこなうとちょっと汗ばみ、
天窓からのそよ風と、傍にある街路樹のささやきが愉しい。

ようやく冷やし中華を鳥肌を立たせずに
食べられる気温になったぜ☆笹です(^w^)
・・・とは思ったものの、食べ終わる頃はちょっと鳥肌立った・・・。
食後の熱いコーヒーがやたら美味しかったのを覚えております。


☆☆☆☆☆


☆合宿稽古まであと3週間

来月初旬に予定されている合宿稽古@熊野林崎両神社。
青空の下、境内で2日間稽古っ♪
連盟も年代も越えて県外から弊会のほぼ3倍の人数がお越しくださいます。
一年振りにお会いする方もいらっしゃいますし、
なぜか毎月どこかでお会いしている方もいらっしゃるという、
不思議なご縁で開催される稽古合宿です。

今回の稽古はいつもと一味違う・・・通し稽古の際に、
参加される皆様全員が元太刀(各業の模範演武をする人)という
やる方によっては若干過酷な課題がございます(-_☆)キュピーン

「普段と異なる状況でやれた業のレベルが自分本来の持つレベル。
元太刀をやることであえて緊張させ、己のレベルを見つめ直し
如何なる状況でも平静に業をやれる度量をつける」

・・・という弊会の家訓(!?)がありまして。
笹も入会まもなくから元太刀をやった記憶がございます。
・・・蛇に睨まれる蛙の如く、汗ダラダラだった記憶が・・・(笑)


今日は合宿当日の元太刀担当リストが配られまして。
笹は大日本抜刀法を担当します(^▽^)

普段なかなかお目に掛かれない剣士の方々も多く、

且つ、各位の演武を拝見する機会はなかなかありません。
個人的に楽しみだったりします♪

少し過酷な通し稽古に備えて、
伝承会名物・お茶休憩の準備はしっかりしようそうしよう (・∀・)


☆正座「後」 ちょっと進展あり

正座「後」という業。
自分の背後に迫りよる害意を察知し、制して勝つ・・・という内容の業。
カラダの動きとしては、右膝を軸にして
(もちろんそれだけではなく上半身・下半身の重心移動も含みます)
180度反対方向にいる相手に向きながら
刀を抜き放ち、横一文字で斬りつけます。

この、180度反対方向を向き、横一文字に斬りつけるまでの動作が、
「180度向こうの仮想敵に斬りつけなくちゃ」という焦る結果、
笹の抜き付ける速さ以上に早く体を180度回転させてしまいます。

更に、抜き付ける準備が全くできていない状態で
相手に向き合うため、いざ抜き付けるまでに妙な長い間があります。
なんとも・・・ちぐはぐな動きになっています(T-T)

抜き付けるまでにできる妙な間を含め、
今日は先生のご指導のもと、アレコレ試みたところ、

・体の回転が速すぎる
・カラダを回転させる際の左足(左脚)が無駄に外側へ出ている

・・・ということが原因で抜き付けに至るまでにモタツキが生じて
妙な間ができるのではないかという結論となりました。



わるいクセ 気がつかぬうち 身に着いて



・・・ちょっと俳句をしたためてみました・・・(遠い目) ← オイ


幸い、先生の動きに合せて「後」を試みると正しい動きができるので、
悪いクセが抜ければ、妙な間もなくせるかな・・・。


ふりかけのように、次から次へと課題は降り積もっていきます(=_=)
ふりかけはのりたま派です。 ← 関係ないです

原因もわかったことだし、また頑張っぺ!

弊会はじまって以来の異例の稽古(2018年5月12日~13日 楽しい稽古でした)

仙台国際ハーフマラソンで1万人が杜の都を駆け抜けたらしい宮城県は仙台市。
県内外から挑んだランナーたちの熱意に負けじと稽古です。

まだ夕方だというのに、もう眠い・・・。
このままでは、横になったら最後、眠ってしまいそうです。
ええ、ボート漕ぎ競争で睡魔と闘っておりますの☆笹です。


先週の日誌にも少し書きましたとおり、
当会の所属する連盟理事会を鹿児島県を会場に行われるとのことで、
今週末は、先生方全員、外出。
笹たちは普段通り稽古をしつつお留守番。


社会人も学生さんも、ゴールデンウィークを過ぎ、
本格的に動き始める時期とあって稽古の参加者も少なめ。
・・・とはいうものの、少なめだったのが功を奏したのか(?)、
なんと、日曜日の稽古は女子率100%でした(・▽・)


大事なことなので2度言います!


女子率100%でしたっ(^▽^)v


弊会発足から今年で33年目となりますが、
過去にこのような事があっただろうか(反語)


いや~、早い段階で女子率100%の稽古を達成できるとはっ。
ついに女性陣が天下取りましたね  ← 言っている意味がわかりません


念のため申し上げますが
この女子率、笹一匹だけだったから成立した・・・というワケではありませんよー。

当日参加されたのはAさんとYさんと笹の3名。
お茶休憩までにAさんと通し稽古(大日本抜刀法、正座、立膝)と、
Yさんには抜き付け(横一文字)と納刀を行う時の、
手の掛かりや個人で稽古する際のポイントをお伝えしました。

お茶休憩とその後は
日本刀について3人で深く話あったり(揃って日本刀好きなので)、
意見交換をしたりで、貴重な時間を過ごしました。


普段の稽古では当然、稽古がメインなので
稽古以外の会話って、案外していないものでして。
しかも笹は恥ずかしがり屋なので、
話題を振って周りを盛り立てたりっていうのがちと苦手なので、
更に話ができない状況になっていきます(^-^;)


改めて振り返ってみれば、
AさんともYさんとも、ここまで話し合うのは初めて!
とっても新鮮で楽しかったです(^-^)
たまにはこういうのもいいなぁ。


来週は先生方も戻っていらっしゃいます。
鹿児島での楽しいお土産話、お待ちしつつ、
来週からまた地道に稽古、頑張りまーす(^▽^)ノ

来週はお留守番(・▽・)(2018年5月3日~4日 晴れたり雨だったり)

連休で各地が賑わう東北は宮城県。
居合道も同じく、連盟毎に各地で大会や昇段審査が行われているようです。

弊会がお世話になっている愛好会の方が
ご昇段されたとの嬉しいお話が舞い込んで来たり。
以前、こちらで稽古されていた方から、
演武会場からお元気な様子のお写真を送って頂いたり。

ご活躍の様子を耳にするたび、こちらも嬉しくなっちゃいます☆笹です。
嬉しくなると同時に、こちらも稽古を頑張らなくちゃと
気持ちが引き締まります(^-^)

今週も今週も、話したいことがたっくさんあるのですよー。


★御刀到来が続いております

先週から弊会で(水面下で)アツくなっている
Kさんがお持ちの真剣ムメイさん。

先週は不在だったS先生がムメイさんを拝見するということで、
柄を外した状態のムメイさんを笹も改めて拝見しました。

ムメイさん、思いっきり大磨上げ(茎を切って短くする)がされておりました。
磨上げ以前の姿を検討すると、刀身の長さ三尺越えます。
そして茎にかかる樋には錆が付いておらず、
ムメイさんが作られた後で彫られたものだということがわかりました。
白く曇ってしまった肌も、光にかざすと簡単に地斑が見えます。

更に興味深いのは、柄にある目貫が柳生拵えに則した配置になっており、
差表裏の配置が逆になっていること。

また、刀身にはヒケや擦ったあとはなく、
直近で稽古や実用等で使われた形跡は感じられません。
ムメイさんの鉄の色もちょっと興味深い。


ムメイさんすごい!面白い!

・・・と、持ち主のKさんそっちのけで(すみません)、
S先生と笹できゃーきゃー騒いでおりました(笑)
ムメイさんの出自がわかれば面白そうですね(^-^)


そして、連休前に注文されたYさんの模擬刀も満を持して登場!
鶯色の柄糸と下緒が黒の露塗の鞘に映えます。
先反りで刃文は湾れ、猪鋒の刀身から貫録が感じられます(^-^)

本日から模擬刀で稽古開始。
ミニ先生役を笹が仰せつかりまして、
今週は抜き付け(横一文字)に至るまでの手の裡と、
納刀の際に気をつけることを説明致しました。

まずは手元に十分気をつけて
模擬刀に慣れることから始めていきましょう~(^▽^)ノ


真剣であれ摸擬であっても持ち主さんが信頼を寄せ、
心と精神を守り、鍛える器であることには変わりはありません。
また自分の御刀を持つことで見えてくる部分も多々あります。
僭越ではありますが、
どうぞ大事に稽古してくださればと願っております(^-^)


★合宿に参加される方への業務連絡

♪ぴんぽんぱ ガツッ(木琴が落ちた)

・・・・・・。

業務連絡、業務連絡( ← 木琴拾えよ)

合宿に参加される方へ業務連絡。

合宿初日の夜は、
稽古終了後にクアハウス碁点に向かい入浴と夕食を頂きます。

浴場では、
ボディーシャンプー、リンスインシャンプーは備え付けあり、
バスタオルは有料貸出となりますので、持参するものの準備をお願い致します。

尚、夕食はてんぷら定食でーす。

以上、業務連絡でしたっ。


・・・・・・( ← 木琴拾えよ)


★振りかぶり過ぎ、だいぶ直りつつあります

S先生「五段にもなって、まだ直らないのか(-_-メ)」

S先生「最短最速を根拠に考えたら、振りかぶり過ぎは要らないだろ(-_-メ)」

S先生「(ミニ先生を笹がやって)
     他の人にも振りかぶり過ぎがうつったらどうすんだ(-_-メ)」

S先生「これからもずっと振りかぶり過ぎでいくのか(-_-メ)」

(^▽^|||) グ ノネモ デマセン

・・・と、ずーっと、ずずずずずぅっと言われ続けて早幾年。

それでも直らなかった笹の「振りかぶり過ぎ」問題。

業はアタマではなくカラダあって初めて発せるものなので
カラダが理解してくれることが解決の要。

解決のためアレコレ試した結果、
最近になって、振りかぶり過ぎない方が
次の動作へ移りやすいことに気がつきまして。
必要以上に動作が大きくなっているのだから、
戻りも多い訳で当然ですね・・・。

逆をいえば振りかぶり過ぎることが
如何に次の動作への移行を妨げていたか・・・。
業の中の各動作に求められる「最短最速」という概念が
なぜ必要なのかということも理解し始めました。

・・・と、マジメに書いてますが、
要は「振りかぶり過ぎないほうが、体が楽じゃん(・▽・)」
という軽いノリで気付きました(笑)
ようやく解決の兆しが見え始めたよー。よよー。


★来週は先生方、外出されます

来週の土日稽古は、理事会で先生方は鹿児島へ。
先生方がいらっしゃらないですが稽古はバッチリありますよん。
一応・・・笹が年長さんになるため音頭を取ると思いますが・・・大丈夫かな。( ← オイ)
大丈夫じゃなかったら他の皆さんに助けて頂こうそうしよう。

こういった理事会や遠征がある度に、今までは「稽古休み」となっていたのですが、
最近は人数的にも集まれるようになってきているので、
先生方が外出されても「お留守番」ということで
稽古を続けられるようになりました。
とはいえ笹、「お留守番」は初めて。
とりあえずケガなく事故なく稽古を終わらせられたら良しとしよう。
道場破りが突如現れても、返り討ちにできたら良しとしよう。


来週、まったり頑張りまーす。
先生方、いってらっしゃーい。


(・▽・)オミヤゲ


★伝承会HP更新しました

「伝承会の修業録」「今後の予定」を更新しました。
よろしければ覘いてくださると嬉しいです♪

▼伝承会ホームページ(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

180506_pic



晴れたり雨だったりと目まぐるしいお天気が続いていますが
めげずに頑張りましょー。

Kさんの元に真剣がやってきました(2018年4月28日~29日 熱い…)

ぐぐぐっと春めいて夏の気配すら感じる4月を迎えた東北は宮城県。
日差しもずいぶんと強くなってまいりました。
・・・それに比例して日焼けも気をつけなければなりませぬ。
一応笹、オナゴなので。


・・・が。


稽古日の朝、慌ただしくて日焼け止めクリームを塗るの忘れたようで、
気がつけば、頬骨のあたりが赤くなっております・・・日焼けだー・・・だー・・・だー(エコー)

肌が赤くなるほど日の当たる場所にいた覚えはないので、
おそらくは稽古場に行くまでの間、車中で日に焼けたのではないかと。

海に行かなくったってカンタンに焦げてます☆笹です (゚∀゚)アヒャ
なんだか酔っぱらったみたいな顔つきなので・・・ちと恥ずかしいっす。

今年初めて大好物の冷やし中華を食べ、

ほっぺた焦がしつつお送りしております。

今週の稽古はS先生が不在のため、
のほほんと更なるアツい稽古を繰り広げました。
嬉しいこともあったのですよー。よよよー。


☆☆☆☆☆


★Kさんの元に真剣の御刀がやってきました!

入門後に専門店で模擬刀を購入されてから、
妹弟子や弟弟子の模擬刀選びの良きアドバイザーとなっているKさん。
「模擬刀を買うなら選び方はKさんに聞け!」というくらいの
存在になっておられます(^-^)

そんなKさんも、「いつかは真剣を・・・」と憧れを抱いていたところ。
ひょんなきっかけから、Kさんの元に真剣がやって参りました!
帰省先でお会いした知り合いの方から譲られたのだそうです(^▽^)

無銘なのでここではムメイさんと申しましょうっ。
知り合いの方からKさんに渡り、Kさん宅で暮らすこととなったムメイさん。
今週はムメイさんを連れて道場にいらっしゃいまして、
先生方や会員の皆様と楽しく拝見しました。

笹ももちろん拝見しまして(^▽^)
嬉しかったのでちょっとご紹介しますと、
鎬造りで先反りの強い姿、身幅と重ねは尋常。
なによりも彫りが深く太い棒樋が一本、刀身を貫いています。
彫りの深さからみて元々あった樋なのだと思います。
片手打ちにはもってこいの形状と重さを備えた御刀。

特筆すべきは刃文!
匂口がキリリと締まっており、鎺元から角互の目、互の目丁子、丁子・・・と
時折、腰開きを挟みつつ変化に富み、観ていて飽きません。

残念ながら肌はちょっとわからないのですが
おそらくは詰んだ板目なのではないかと思います。
切先の形から見て、元々は大鋒だったのではと想像しています。

・・・ムメイさんが生まれたのはもしかしたら幕末・・・頃かな?
備前の刀を目指して作られたのだと思われますが、誰が作ったのでしょう。
ムメイさんが生まれた頃を想像すると、ワクワクします(^▽^)
茎もいつか拝見できたらいいなぁ(^-^)

伝承愛はなぜか、直刃の御刀所有率が高いので、
ムメイさんのような丁子は初めてのお迎えになります。

御刀は人が選ぶものではなく御刀自身が人を選ぶのだと
いろんな方々から教わってきました。
そういった事象を「刀が呼ぶ」「刀に呼ばれる」といった表現をします。

Kさんはムメイさんに呼ばれたのですね♪
嬉しそうなKさんのご様子を拝見しながら、
焦らず少しずつ、真剣を使った稽古に慣れて頂ければと思います(^-^)
後ほど、その晴れ姿をHPにアップしたいと思います~。


・・・と書いているその傍で。


笹のところの目釘の「かに~ず」が
いそいそとハンカチでお菓子を包んで旅支度をしております。


おもてかに「ムメイちゃんとこの目釘の龍ちゃんにお祝いしてくる(・▽・)」

うらかに「笹、笹、上等なお菓子ちょうだい(・▽・)」


・・・と、のたまわっております(-_-;)


もしかしたらKさん宅で
ある日突然カニが二杯佇んでいるかもしれませんが、気にしないでください(笑)



★先週、埼玉県は川越市へ遠征に行って参りました!

先週末は同市内にある蓮馨寺境内にて、
連盟や流派を超えた11団体が始祖 林崎甚助重信公を追悼すべく
奉納演武会が行われました。

演武場はご厚意により境内に演武台が設置され、
桜の木の下で各流派が振るって演武致しました。

当会はY先生とS先生による土佐英信流の居合道形を披露。
その後、笹、狭山にお住いのS先生、S会長の順番で個人演武。

演武の持ち時間を滞りなく活用すべく、
普段の稽古でも少しずつ入退出の順番や経路、
演武する業の稽古など段取りを進めてきました。


・・・はずなのですがっ。


一番初めに演武台へ入場する笹、
各自の定位置を思いっきり間違えました!(^▽^;)ニャハ
(笹がコケたので全員コケるはめに)

そんでもって、正座の「附込(つけこみ)」、
思いっきり出だしで間違えました!(^▽^;)ニャハ
(右側の足を出すはずが左足出した)

間違えた瞬間、間違えた自覚はありまして。
案外焦ることもなく、間違えたのを冷静に受け止め、
「左足出しても業できるんじゃんっ!」と向学的に考えていたことを
ここに告白致します(-_-)チーン

残念なことに入場後の定位置を間違えた自覚はまったくなく、
演武が終わって演武台を降りてから
S先生に「(-_-メ)タワケ」と絞られました。

なにかこう・・・どこかヌケるというか・・・何かでオチをつけるというか・・・。
ビシィッ!!・・・とやりきるって、難しいですねぇ(・▽・)
(↑他人事のようですね)

演武会を開催するにあたり、関係者の皆様には
インターネットの隅っこより、心より御礼申し上げます。
毎年大変な準備をして頂いて・・・重ね重ね御礼申し上げますm(_ _)m


次回の稽古はGW!木曜日と金曜日ですよっ♪
頑張ってまいりましょうっ。

いろいろやりたいことがっ(2018年4月14日~15日 強い風びゅーびゅー)

新しい環境での生活を始めた方々も落ち着いたようで。
地元野球チームのホーム試合に賑わいをみせる東北は宮城県。
来週は羽生選手の凱旋パレードもありますし尚更ですね(^-^)
予想していなかった寒さも徐々に和らぎ、本格的な春を迎えつつあります。

今週も今週とて、居合の稽古や日本刀の勉強で
宮城県内を疾走しておりました☆笹です。
今欲しいものは・・・遠慮深くコピーロボットとマントと行っておきます ( ̄▽ ̄)
別のことを同時にやれるし遠距離を一瞬で解消できるぜ。

現時点でもやりたいコト、やらねばならぬコト、いろいろありますの。
とりあえずコーヒーと美味しいお菓子でも食べてから考えよう。
↑ もたもたしないでとっととやってください


☆☆☆☆☆


★Y先生の奥様より手作りよもぎ餅をいただきました

年度の初めということもあり、
また激しい寒暖の差によって体調を崩されている方も多く、
今週も参加者は少なめ。

そんな折、土曜日はY先生から
春のご馳走・手作りよもぎ餅を差し入れに頂きました(^▽^)

このよもぎ餅、もち米とよもぎ100%。
すべてY先生宅で作られているというお餅屋さんもびっくりなお餅です。
更にきな粉と、きな粉を入れるアルミフォイル、おしぼり、
スプーンも付いておりまして、奥様より大変なお心遣いを頂きました。

お茶休憩の際はさっそく、美味しく頂きました。
当日はY先生、S会長、S先生と笹のみでしたので、
お腹いっぱい頂いちゃいました ヽ(´▽`)/ キャッホイ

お休みされた皆さん、惜しかったあぁぁぁ。
こんなに美味しいお餅が食べられたのにいぃぃぃ。
お持ち帰りで4つずつ頂きましたよおぉぉぉ。
いやー、残念残念 ( ̄▽ ̄) ニャハ

Y先生、奥様、いつもお気遣いありがとうございます!
とっても美味しかったです♪
ご馳走様でした♪


★振りかぶり過ぎ、やや改善の兆し

相変わらず笹は、目の前に課題を山盛りにして過ごしております。
課題の中に、諸手で柄を握った状態で振りかぶった際に、
諸腕が後方へ下がってしまいます(振りかぶり過ぎている)。

S先生曰く、
「肩の関節が柔らかくて必要以上に後方へ下がるのかもしれないけれど、
  振りかぶりにも原理原則っていうのがある。
 正速強威。そろそろ直しなさい(-_-メ)」

・・・と、常々お灸を据えられつづけております。
(ついでに笹に教えられたAさんも同じ事象・・・巻き込んでます)

アレコレ試みた結果、
ようやく振りかぶり過ぎない要領を掴みつつあります。
振りかぶり過ぎる要因について、あくまで笹の場合に限りますが、

[要因1]
振りかぶり → 諸手斬り下ろしの場合と、
斬り下ろし → 振りかぶりの場合で、剣先の軌跡が異なっている。

振りかぶりと斬り下ろしは、肩関節の動き、ひじ関節の動き、
手首の関節がそれぞれに連動して動くことで実現しています。

それぞれの関節の連動順序として、
前者は、肩 → ひじ → 手首。
後者は手首 → ひじ → 肩。

同じタイミングで関節を連動させ、遠心力と引力を活かし、
更に手の裡の締めで得た打撃力を活かすことで
はじめて強い斬り下ろしができるようになります。

最短距離で最大の打撃力を発揮させるための動きによって、
結果的に剣先の軌跡は綺麗な弧を描いた状態になります。

笹の場合、斬り下ろし → 振りかぶりで、
手首を曲げるタイミングが早すぎる(よって軌跡が楕円形)。
以降のひじ、肩の関節の曲げる的確なタイミングを外し、
肩の関節が柔らかいのも手伝って、結果的に必要以上に振りかぶり過ぎる。


[要因2]
柄を握る左手の手の裡をしっかり利かせていない。

要因1で例え振りかぶり過ぎたとしても、
左手が手の裡をしっかり利かせられれば(ストッパーの役割ができれば)、
必要以上に諸腕が後方に下がり過ぎずにすみ、
結果として振りかぶり過ぎずに済みますが・・・うまく利かせられていないようです。


・・・で。

これまたアレコレ試みた結果、
振りかぶり過ぎず、改善の兆しをみせつつあります。
とはいえ、気を抜くと元に戻ってしまうので注意が要ります。

・・・いろいろ課題はあるけれど、今年はこの件を解消できそうかなー・・・。
解消したいなー・・・。
たぶん体に、「こっち(改善したやり方)にしたほうがやり易いよ(・▽・)」と
教えて覚えてもらうことから始めたいと思います。
名付けて「楽な方にいきたくなる作戦」(笑)

気を引き締めて頑張りまっす。


止水会のS会長がお越しくださいました

普段お使いになられている稽古場がお休みとのことで、
お忙しい合間をぬって止水会のS会長が日曜日、お越しくださいました。
お住まいの場所が弊会の週末道場の近くなのです(^▽^)

S会長は見取り稽古でお越しくださり、
お茶休憩以降は武道談義で盛り上がりました。
(Aさん何度もお茶を淹れてくださってありがとうございますー)

お話の内容に、その場にいた笹やAさんでもわかる先生のお名前もあれば、
そうでないお名前もあり・・・。
武道流派の相関図もアタマに入れておいた方がいいかな、と思いました。

年内に止水会の皆様ともお会いする機会もありそう。
もうちょっといろんな方とお話してみたいので、楽しみです(^-^)
S会長、お忙しいところお越しくださりありがとうございました♪


★日本刀の勉強も頑張ります

今年度初の勉強会に参加致しました(^▽^)
この一年は今まで以上に真面目に取り組みたいと考えております。
・・・別件で必要に迫られているところもあり、
迫られているからこそ「覚えるなら今!」なので。


今年も今から盛りだくさん♪
地道に取り組んでまいりますー。

4月の行事の準備が進んでおります(2018年4月7日~8日 だいぶ温かくなってきました)

新しい生活、新しい環境に歩み出す4月。

下ろしたての春コートを身に着けて
少しだけ肩に力を入れて歩いている様子や、
朝の通勤者の波になんとか乗ろうとしている様子を見かける度に、
新鮮さを感じる東北は宮城県。

会社員になってからあっという間に時間だけが流れて、
初めて職場に出勤するという経験は自分もあったはずなのに、
すっかり薄れています。

通勤の波間に、なんとなく心もとない背中も見受けられて、
悪いことだらけでもないし、良いことだらけでもない、
案外バランスよくいろんな事が起こるから気を張らなくても大丈夫だよと、
言ってあげたくなる先週末。

・・・そう思えるようになったのは最近ですけれども(笑)
4月といってもいろんな感情が桜の花びらと一緒に舞っているんだなぁと
改めて気がつきました☆笹です。
お花見はできてませんが、お団子はしっかり美味しく頂きました(^▽^)v

弊会の学生の方々も進級され、新しい環境になるようです。
社会人以上に、学生さん方のほうが状況の移り変わりが大きいですから、
無理せず稽古を続けていって頂ければと思います。

・・・はぁ、気分はすっかりハハゴコロ(笑)

新年度を迎えて諸々のご都合もあり、稽古の参加者も少しだけ少なめ。
人数なんてなんのその、ストーブの熱気で汗をかくくらい
今週もアツい稽古が繰り広げられました。


☆お茶休憩が水曜日の道場にも波及しております

むか~しむかし、ほぼ8年前ほど。
週末道場の参加者が片手でこと足りるくらいの頃。

週末道場の稽古時間は2時間あり、おおよそ真ん中あたりで20分程度、
お茶を飲んで休む習慣があったのですが、
そこに入門仕立てのどこかの誰かさんがお菓子を持ち込み始め、
いつも間にやら、お茶+お茶請けという組み合わせを定番化させてしまいました。

月日は経ち、参加者が両手程になった昨今では、
会員同士の連絡やコミュニケーションの場としても
有効活用されるようになった伝承会名物「お茶休憩」。
もっぱら稽古以上に「お茶休憩」を楽しみにいらっしゃる方もいるほどです(笑)

週末の道場には、有り難いことにお湯を沸かせるお台所を
使わせて頂ける環境があるからこそ実現できることで、
そういった環境にある愛好会は多くはないと思います。
(そもそも稽古がメインですから尚更ですね)

Y先生が毎週水曜日に開いている道場につきましても、
15分程の休憩時間を設けておりますが、もちろんお茶休憩ではありません。

・・・でした。


・・・なんだか最近、Y先生の道場でも「お茶休憩」の兆しが見られるとの
スクープ情報を入手いたしました(・▽・)


お茶休憩用のお菓子管理係の笹としては、
ぜひこのお茶休憩文化を発展させて頂ければと考えております・・・!
ご希望あれば笹も馳せ参じ、貢献させて頂く所存でございます・・・!
(↑来ないでください)

ちなみにお茶菓子は湿気に弱いですので、
保管用に、金属製の缶がありますと大変便利です。
あと、稽古場に忘れても弊会のものと分かるように、
名前かテプラを貼っておくといいと思います。
(↑誰も聞いてません)


同じ稽古場で過ごしていても時間に限りがありますので、
門下生同士がお話する機会は案外なかったりします。

普段からの小さなコミュニケーションの場として・・・「お茶休憩」文化、如何でしょうか?
(↑誰に薦めてるんですか)


☆今週もこってりお灸を据えられております

先生方より普段からご指摘頂いている内容を、
個々に注意して稽古をしておりますと。

振りかぶり過ぎに気をつけておりますと、
納刀時の動きでご指摘頂いた点が疎かになり。

納刀時の動きに気をつけておりますと、
鞘を握る左手についてご指摘頂いた点が疎かになり。

鞘を握る左手について気をつけておりますと、
抜き付けや振りかぶりの手の裡の他、
全体的に動きにメリハリが失われ。


・・・何か悪いところを補修すると、どこかが抜けるっていう・・・
箪笥の引き出し状態(T▽T)ヒィ

今週も今週とて、先生方よりこってりお灸を据えられております。
幸い(?)なことに、ご指摘頂いた内容は概ね、動きひとつひとつは出来ています。

個々の動きを業に組み込むとなんでできないんだろう・・・。
ちなみに笹の悪いクセを覚えされられてしまったAさんも、
S先生「振りかぶりの時の剣線の動きなら、Aさんは直り始めてっぞ(-_-メ)」

・・・とのことです(^▽^;)Aサン ゴメンヨ


笹がのほほんと過ごしている間に、
後から入会された会員の皆様は着実に上達されています。

・・・私としてもだいぶ冷静になってきたし、地道に頑張ろう・・・・・・。


弊会ではよく出てくる、故H先生の名言「今日言うて今日直らん」。
(今日指摘したことはすぐには直らない。時間をかけて取り組み、直していきなさい)


・・・この言葉に甘え過ぎてちゃいけないんだなぁ・・・。


考える事も多くなってまいりました。
静かに地道に真面目に、取り組みたいと思いまっす。


久しぶりに2日間稽古(2018年3月31日~4月1日 もう4月です~)

一年もあと8ヶ月となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうかっ。
・・・と言いたくなるくらい月日が経つのが早い!
ついさっきまで1月だったんですよ!?
ついさっきまでコタツに入ってテレビで大学駅伝を観てたんですよ!?

気がつけば、水仙や木蓮が花開き始め、
沈丁花の甘い香りも鼻をくすぐる頃になっている東北は宮城県。
就職、就学の準備で買い出しに出かけている人たちで賑わっております。
賑わいの傍らでは静かに桜の花も咲き始めており、
今週末はお花見で更に賑わいそうな気配。

お花見も好きだけれど、お団子も好きよ☆笹です ( ̄▽ ̄)ニハハ
伝承会のホームページ(以下 HP)に掲載している写真や画像には、
イラストレーターを少し使っているのですが、
最近、別件でイラストレーターをガチャガチャいじってみたところ、
笹的に今まで使ったことのない機能が使いこなせるようになりつつあり、
ちょっと楽しくなっております(^-^)

・・・新しい機能が使えるようになり始めてみると
「こんな楽しい機能、なぜ今まで気づかなかったんだろう・・・」
と思う自分もいたりします。

きちんと使いこなせるようになれたら、
伝承会HPの画像も、もう少し変化が加えられるようになれるかな。
楽しみ楽しみ♪

年度の変わり目ということもあり、
稽古に参加される方が少なかったのですが・・・人数なんてなんのその。
今週もガッツリと稽古に励んでおります!



☆☆☆☆☆


★当会の女性陣、みんな刀好き

週末の道場には現在、女性が3名おります(笹を含む)。
年齢や職業はてんでバラバラなのですが、
日本刀が好き、という共通点があります。

先週、男性のKさんが徳川美術館や北野天満宮を訪れ、
展示されている宝物を観てこられたようで、
お茶休憩の際に、お土産で戴いたお菓子をご馳走になりながら、
Kさんが撮影された日本刀のお写真を拝見しました。
全員、ウハウハです(^▽^)

美味しいお饅頭を戴きながら(本当に美味しかったのです!)
日本刀の写真を眺める・・・う~ん至福のひととき(^▽^)
舞空術」ってどこかで習えないかなぁ・・・。
どこでもドア」を開発している企業ってないのかなぁ・・・。
・・・と、日本刀の写真を眺めながら本気でそう思いました(笑)
Kさん、お土産ご馳走様でした~♪


★歩き方、アレコレ試し中

業を行う際の、笹の歩き方の悪いクセのひとつに、
歩くたびに頭がぴょこぴょこ上下するというものがあります。
最近はこの「ぴょこぴょこ歩き」、だいぶ直りつつあるのですが。

ここでまた別の悪いクセ(以前からあった)が。
歩行中、つま先から先に床に付けて歩くという、
「抜き足差し足忍び足」になっているというモノです。

S先生「抜き足、差し足、忍び足っていったら、
     ドロボウがやる足でしょうが。直しなさい(-_-メ)」

笹「(^▽^;)」

・・・というワケで、今週の稽古の際に先生のご指導のもと、
足の平全体で歩く(踵を強く踏む)という練習をしました。

ちなみに、つま先が先に床に付く歩き方がよろしくない理由として、
居合は、刀を鞘に納めた平常状態から始まるため、
平常時の歩き方(足の平全体で歩く)が求められます。

余談となりますが剣道は、
竹刀を構える形式(既に刀を鞘から抜いた状態)で、
戦闘状態から始まるため、瞬時に一戦を決めるため、
つま先立ちの歩き方(踵を床から浮かせた状態)が求められます。


・・・と、エラそうなことを申していますが。
先生の仰ることが、頭で理解できていても、
体が理解してくれない・・・。


で。


笹「歩き方がわからなくて、一歩も歩けません(;▽;)」

S先生「 ( ̄▽ ̄;) フッ」

振りかぶり過ぎてしまうのも、運剣のやり方も、歩き方も。
相変わらず、課題は山ほど積まれて途方に暮れます。

今年は・・・なんだか、居合との向き合い方について
居合から笹自身に強く問われる一年になりそうです・・・。
今までも問われていたものの、自覚がなかっただけなのかもしれません。


★6月の合宿に参加される方へお知らせ


♪ぴんぽんぱんぽ~ん♪

♪ぴんぽんぱんぽ~ん♪


ぎょ、(あ、マイクが電源ONになってない)


・・・・・・(電源をONにする)

業務連絡、業務連絡。(やや鼻づまり声)

6月の林崎居合両神社での合宿に参加される方で、
遠方からお越しの方々へ業務連絡。

稽古は終日、神社境内にある武道館にておこないます。
武道館の床はすべて板張りとなっております。

正座や居業など、端座の姿勢でおこなう業を繰り返した場合、
膝を直に床に付ける動作を繰り返すことになりますので、
膝を痛める可能性がございます。

膝への負担が気になる方は、
稽古中に身に着けられる膝サポーターを
持参くださいますようお願い致します。

また、6月といっても関東・関西からお越しの方にとって、
東北の気温は肌寒く感じられることもあるかと思います。
特に早朝と夜は冷えこみますので、風邪を召されないよう防寒着を
ひとつ余分に持参くださいますようお願い致します。

もうひとつ。
境内には売店や自動販売機は設置されておりません。
必要なものは事前に準備くださいますようお願い致します。
(車を10分程走らせれば、コンビニはあります)

尚、天候が良ければ、境内の武道場から望む葉山、たなびく白雲、
一面に広がる早苗がゆれる水田の風景がお楽しみいただけます(^▽^)
道場に吹き込む風も心地良いですよ。


以上、合宿参加者向けの業務連絡でしたっ。


♪ぴんぽんぱんぽ~ん♪

今週も一週間、頑張ってまいりましょー。

より以前の記事一覧

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ