いろいろやりたいことがっ(2018年4月14日~15日 強い風びゅーびゅー)

新しい環境での生活を始めた方々も落ち着いたようで。
地元野球チームのホーム試合に賑わいをみせる東北は宮城県。
来週は羽生選手の凱旋パレードもありますし尚更ですね(^-^)
予想していなかった寒さも徐々に和らぎ、本格的な春を迎えつつあります。

今週も今週とて、居合の稽古や日本刀の勉強で
宮城県内を疾走しておりました☆笹です。
今欲しいものは・・・遠慮深くコピーロボットとマントと行っておきます ( ̄▽ ̄)
別のことを同時にやれるし遠距離を一瞬で解消できるぜ。

現時点でもやりたいコト、やらねばならぬコト、いろいろありますの。
とりあえずコーヒーと美味しいお菓子でも食べてから考えよう。
↑ もたもたしないでとっととやってください


☆☆☆☆☆


★Y先生の奥様より手作りよもぎ餅をいただきました

年度の初めということもあり、
また激しい寒暖の差によって体調を崩されている方も多く、
今週も参加者は少なめ。

そんな折、土曜日はY先生から
春のご馳走・手作りよもぎ餅を差し入れに頂きました(^▽^)

このよもぎ餅、もち米とよもぎ100%。
すべてY先生宅で作られているというお餅屋さんもびっくりなお餅です。
更にきな粉と、きな粉を入れるアルミフォイル、おしぼり、
スプーンも付いておりまして、奥様より大変なお心遣いを頂きました。

お茶休憩の際はさっそく、美味しく頂きました。
当日はY先生、S会長、S先生と笹のみでしたので、
お腹いっぱい頂いちゃいました ヽ(´▽`)/ キャッホイ

お休みされた皆さん、惜しかったあぁぁぁ。
こんなに美味しいお餅が食べられたのにいぃぃぃ。
お持ち帰りで4つずつ頂きましたよおぉぉぉ。
いやー、残念残念 ( ̄▽ ̄) ニャハ

Y先生、奥様、いつもお気遣いありがとうございます!
とっても美味しかったです♪
ご馳走様でした♪


★振りかぶり過ぎ、やや改善の兆し

相変わらず笹は、目の前に課題を山盛りにして過ごしております。
課題の中に、諸手で柄を握った状態で振りかぶった際に、
諸腕が後方へ下がってしまいます(振りかぶり過ぎている)。

S先生曰く、
「肩の関節が柔らかくて必要以上に後方へ下がるのかもしれないけれど、
  振りかぶりにも原理原則っていうのがある。
 正速強威。そろそろ直しなさい(-_-メ)」

・・・と、常々お灸を据えられつづけております。
(ついでに笹に教えられたAさんも同じ事象・・・巻き込んでます)

アレコレ試みた結果、
ようやく振りかぶり過ぎない要領を掴みつつあります。
振りかぶり過ぎる要因について、あくまで笹の場合に限りますが、

[要因1]
振りかぶり → 諸手斬り下ろしの場合と、
斬り下ろし → 振りかぶりの場合で、剣先の軌跡が異なっている。

振りかぶりと斬り下ろしは、肩関節の動き、ひじ関節の動き、
手首の関節がそれぞれに連動して動くことで実現しています。

それぞれの関節の連動順序として、
前者は、肩 → ひじ → 手首。
後者は手首 → ひじ → 肩。

同じタイミングで関節を連動させ、遠心力と引力を活かし、
更に手の裡の締めで得た打撃力を活かすことで
はじめて強い斬り下ろしができるようになります。

最短距離で最大の打撃力を発揮させるための動きによって、
結果的に剣先の軌跡は綺麗な弧を描いた状態になります。

笹の場合、斬り下ろし → 振りかぶりで、
手首を曲げるタイミングが早すぎる(よって軌跡が楕円形)。
以降のひじ、肩の関節の曲げる的確なタイミングを外し、
肩の関節が柔らかいのも手伝って、結果的に必要以上に振りかぶり過ぎる。


[要因2]
柄を握る左手の手の裡をしっかり利かせていない。

要因1で例え振りかぶり過ぎたとしても、
左手が手の裡をしっかり利かせられれば(ストッパーの役割ができれば)、
必要以上に諸腕が後方に下がり過ぎずにすみ、
結果として振りかぶり過ぎずに済みますが・・・うまく利かせられていないようです。


・・・で。

これまたアレコレ試みた結果、
振りかぶり過ぎず、改善の兆しをみせつつあります。
とはいえ、気を抜くと元に戻ってしまうので注意が要ります。

・・・いろいろ課題はあるけれど、今年はこの件を解消できそうかなー・・・。
解消したいなー・・・。
たぶん体に、「こっち(改善したやり方)にしたほうがやり易いよ(・▽・)」と
教えて覚えてもらうことから始めたいと思います。
名付けて「楽な方にいきたくなる作戦」(笑)

気を引き締めて頑張りまっす。


止水会のS会長がお越しくださいました

普段お使いになられている稽古場がお休みとのことで、
お忙しい合間をぬって止水会のS会長が日曜日、お越しくださいました。
お住まいの場所が弊会の週末道場の近くなのです(^▽^)

S会長は見取り稽古でお越しくださり、
お茶休憩以降は武道談義で盛り上がりました。
(Aさん何度もお茶を淹れてくださってありがとうございますー)

お話の内容に、その場にいた笹やAさんでもわかる先生のお名前もあれば、
そうでないお名前もあり・・・。
武道流派の相関図もアタマに入れておいた方がいいかな、と思いました。

年内に止水会の皆様ともお会いする機会もありそう。
もうちょっといろんな方とお話してみたいので、楽しみです(^-^)
S会長、お忙しいところお越しくださりありがとうございました♪


★日本刀の勉強も頑張ります

今年度初の勉強会に参加致しました(^▽^)
この一年は今まで以上に真面目に取り組みたいと考えております。
・・・別件で必要に迫られているところもあり、
迫られているからこそ「覚えるなら今!」なので。


今年も今から盛りだくさん♪
地道に取り組んでまいりますー。

4月の行事の準備が進んでおります(2018年4月7日~8日 だいぶ温かくなってきました)

新しい生活、新しい環境に歩み出す4月。

下ろしたての春コートを身に着けて
少しだけ肩に力を入れて歩いている様子や、
朝の通勤者の波になんとか乗ろうとしている様子を見かける度に、
新鮮さを感じる東北は宮城県。

会社員になってからあっという間に時間だけが流れて、
初めて職場に出勤するという経験は自分もあったはずなのに、
すっかり薄れています。

通勤の波間に、なんとなく心もとない背中も見受けられて、
悪いことだらけでもないし、良いことだらけでもない、
案外バランスよくいろんな事が起こるから気を張らなくても大丈夫だよと、
言ってあげたくなる先週末。

・・・そう思えるようになったのは最近ですけれども(笑)
4月といってもいろんな感情が桜の花びらと一緒に舞っているんだなぁと
改めて気がつきました☆笹です。
お花見はできてませんが、お団子はしっかり美味しく頂きました(^▽^)v

弊会の学生の方々も進級され、新しい環境になるようです。
社会人以上に、学生さん方のほうが状況の移り変わりが大きいですから、
無理せず稽古を続けていって頂ければと思います。

・・・はぁ、気分はすっかりハハゴコロ(笑)

新年度を迎えて諸々のご都合もあり、稽古の参加者も少しだけ少なめ。
人数なんてなんのその、ストーブの熱気で汗をかくくらい
今週もアツい稽古が繰り広げられました。


☆お茶休憩が水曜日の道場にも波及しております

むか~しむかし、ほぼ8年前ほど。
週末道場の参加者が片手でこと足りるくらいの頃。

週末道場の稽古時間は2時間あり、おおよそ真ん中あたりで20分程度、
お茶を飲んで休む習慣があったのですが、
そこに入門仕立てのどこかの誰かさんがお菓子を持ち込み始め、
いつも間にやら、お茶+お茶請けという組み合わせを定番化させてしまいました。

月日は経ち、参加者が両手程になった昨今では、
会員同士の連絡やコミュニケーションの場としても
有効活用されるようになった伝承会名物「お茶休憩」。
もっぱら稽古以上に「お茶休憩」を楽しみにいらっしゃる方もいるほどです(笑)

週末の道場には、有り難いことにお湯を沸かせるお台所を
使わせて頂ける環境があるからこそ実現できることで、
そういった環境にある愛好会は多くはないと思います。
(そもそも稽古がメインですから尚更ですね)

Y先生が毎週水曜日に開いている道場につきましても、
15分程の休憩時間を設けておりますが、もちろんお茶休憩ではありません。

・・・でした。


・・・なんだか最近、Y先生の道場でも「お茶休憩」の兆しが見られるとの
スクープ情報を入手いたしました(・▽・)


お茶休憩用のお菓子管理係の笹としては、
ぜひこのお茶休憩文化を発展させて頂ければと考えております・・・!
ご希望あれば笹も馳せ参じ、貢献させて頂く所存でございます・・・!
(↑来ないでください)

ちなみにお茶菓子は湿気に弱いですので、
保管用に、金属製の缶がありますと大変便利です。
あと、稽古場に忘れても弊会のものと分かるように、
名前かテプラを貼っておくといいと思います。
(↑誰も聞いてません)


同じ稽古場で過ごしていても時間に限りがありますので、
門下生同士がお話する機会は案外なかったりします。

普段からの小さなコミュニケーションの場として・・・「お茶休憩」文化、如何でしょうか?
(↑誰に薦めてるんですか)


☆今週もこってりお灸を据えられております

先生方より普段からご指摘頂いている内容を、
個々に注意して稽古をしておりますと。

振りかぶり過ぎに気をつけておりますと、
納刀時の動きでご指摘頂いた点が疎かになり。

納刀時の動きに気をつけておりますと、
鞘を握る左手についてご指摘頂いた点が疎かになり。

鞘を握る左手について気をつけておりますと、
抜き付けや振りかぶりの手の裡の他、
全体的に動きにメリハリが失われ。


・・・何か悪いところを補修すると、どこかが抜けるっていう・・・
箪笥の引き出し状態(T▽T)ヒィ

今週も今週とて、先生方よりこってりお灸を据えられております。
幸い(?)なことに、ご指摘頂いた内容は概ね、動きひとつひとつは出来ています。

個々の動きを業に組み込むとなんでできないんだろう・・・。
ちなみに笹の悪いクセを覚えされられてしまったAさんも、
S先生「振りかぶりの時の剣線の動きなら、Aさんは直り始めてっぞ(-_-メ)」

・・・とのことです(^▽^;)Aサン ゴメンヨ


笹がのほほんと過ごしている間に、
後から入会された会員の皆様は着実に上達されています。

・・・私としてもだいぶ冷静になってきたし、地道に頑張ろう・・・・・・。


弊会ではよく出てくる、故H先生の名言「今日言うて今日直らん」。
(今日指摘したことはすぐには直らない。時間をかけて取り組み、直していきなさい)


・・・この言葉に甘え過ぎてちゃいけないんだなぁ・・・。


考える事も多くなってまいりました。
静かに地道に真面目に、取り組みたいと思いまっす。


久しぶりに2日間稽古(2018年3月31日~4月1日 もう4月です~)

一年もあと8ヶ月となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうかっ。
・・・と言いたくなるくらい月日が経つのが早い!
ついさっきまで1月だったんですよ!?
ついさっきまでコタツに入ってテレビで大学駅伝を観てたんですよ!?

気がつけば、水仙や木蓮が花開き始め、
沈丁花の甘い香りも鼻をくすぐる頃になっている東北は宮城県。
就職、就学の準備で買い出しに出かけている人たちで賑わっております。
賑わいの傍らでは静かに桜の花も咲き始めており、
今週末はお花見で更に賑わいそうな気配。

お花見も好きだけれど、お団子も好きよ☆笹です ( ̄▽ ̄)ニハハ
伝承会のホームページ(以下 HP)に掲載している写真や画像には、
イラストレーターを少し使っているのですが、
最近、別件でイラストレーターをガチャガチャいじってみたところ、
笹的に今まで使ったことのない機能が使いこなせるようになりつつあり、
ちょっと楽しくなっております(^-^)

・・・新しい機能が使えるようになり始めてみると
「こんな楽しい機能、なぜ今まで気づかなかったんだろう・・・」
と思う自分もいたりします。

きちんと使いこなせるようになれたら、
伝承会HPの画像も、もう少し変化が加えられるようになれるかな。
楽しみ楽しみ♪

年度の変わり目ということもあり、
稽古に参加される方が少なかったのですが・・・人数なんてなんのその。
今週もガッツリと稽古に励んでおります!



☆☆☆☆☆


★当会の女性陣、みんな刀好き

週末の道場には現在、女性が3名おります(笹を含む)。
年齢や職業はてんでバラバラなのですが、
日本刀が好き、という共通点があります。

先週、男性のKさんが徳川美術館や北野天満宮を訪れ、
展示されている宝物を観てこられたようで、
お茶休憩の際に、お土産で戴いたお菓子をご馳走になりながら、
Kさんが撮影された日本刀のお写真を拝見しました。
全員、ウハウハです(^▽^)

美味しいお饅頭を戴きながら(本当に美味しかったのです!)
日本刀の写真を眺める・・・う~ん至福のひととき(^▽^)
舞空術」ってどこかで習えないかなぁ・・・。
どこでもドア」を開発している企業ってないのかなぁ・・・。
・・・と、日本刀の写真を眺めながら本気でそう思いました(笑)
Kさん、お土産ご馳走様でした~♪


★歩き方、アレコレ試し中

業を行う際の、笹の歩き方の悪いクセのひとつに、
歩くたびに頭がぴょこぴょこ上下するというものがあります。
最近はこの「ぴょこぴょこ歩き」、だいぶ直りつつあるのですが。

ここでまた別の悪いクセ(以前からあった)が。
歩行中、つま先から先に床に付けて歩くという、
「抜き足差し足忍び足」になっているというモノです。

S先生「抜き足、差し足、忍び足っていったら、
     ドロボウがやる足でしょうが。直しなさい(-_-メ)」

笹「(^▽^;)」

・・・というワケで、今週の稽古の際に先生のご指導のもと、
足の平全体で歩く(踵を強く踏む)という練習をしました。

ちなみに、つま先が先に床に付く歩き方がよろしくない理由として、
居合は、刀を鞘に納めた平常状態から始まるため、
平常時の歩き方(足の平全体で歩く)が求められます。

余談となりますが剣道は、
竹刀を構える形式(既に刀を鞘から抜いた状態)で、
戦闘状態から始まるため、瞬時に一戦を決めるため、
つま先立ちの歩き方(踵を床から浮かせた状態)が求められます。


・・・と、エラそうなことを申していますが。
先生の仰ることが、頭で理解できていても、
体が理解してくれない・・・。


で。


笹「歩き方がわからなくて、一歩も歩けません(;▽;)」

S先生「 ( ̄▽ ̄;) フッ」

振りかぶり過ぎてしまうのも、運剣のやり方も、歩き方も。
相変わらず、課題は山ほど積まれて途方に暮れます。

今年は・・・なんだか、居合との向き合い方について
居合から笹自身に強く問われる一年になりそうです・・・。
今までも問われていたものの、自覚がなかっただけなのかもしれません。


★6月の合宿に参加される方へお知らせ


♪ぴんぽんぱんぽ~ん♪

♪ぴんぽんぱんぽ~ん♪


ぎょ、(あ、マイクが電源ONになってない)


・・・・・・(電源をONにする)

業務連絡、業務連絡。(やや鼻づまり声)

6月の林崎居合両神社での合宿に参加される方で、
遠方からお越しの方々へ業務連絡。

稽古は終日、神社境内にある武道館にておこないます。
武道館の床はすべて板張りとなっております。

正座や居業など、端座の姿勢でおこなう業を繰り返した場合、
膝を直に床に付ける動作を繰り返すことになりますので、
膝を痛める可能性がございます。

膝への負担が気になる方は、
稽古中に身に着けられる膝サポーターを
持参くださいますようお願い致します。

また、6月といっても関東・関西からお越しの方にとって、
東北の気温は肌寒く感じられることもあるかと思います。
特に早朝と夜は冷えこみますので、風邪を召されないよう防寒着を
ひとつ余分に持参くださいますようお願い致します。

もうひとつ。
境内には売店や自動販売機は設置されておりません。
必要なものは事前に準備くださいますようお願い致します。
(車を10分程走らせれば、コンビニはあります)

尚、天候が良ければ、境内の武道場から望む葉山、たなびく白雲、
一面に広がる早苗がゆれる水田の風景がお楽しみいただけます(^▽^)
道場に吹き込む風も心地良いですよ。


以上、合宿参加者向けの業務連絡でしたっ。


♪ぴんぽんぱんぽ~ん♪

今週も一週間、頑張ってまいりましょー。

河野先生関連でパタパタしてました(2018年3月24日~25日 春っぽい)

ばたんきゅーから持ち直しました☆笹です (・▽・)ニャハ
土日は日本刀をじぃーっと観る時間が多くて
御刀に精神力や集中力を吸い尽くされてしまいました(笑)

コレ本当ですよ。
刀身に見入るわけですから集中力は必要ですし、
肌や刃文や刀姿を眺めてはアレコレと思考を凝らしますので、
精神力も確実に必要となります。
そんでもって3~4時間も続けていれば・・・もれなくばたんきゅ~です(・▽・)


笹の場合、極度に疲れると「ビ○コ」が食べたくなります。
土日はビス○が食べたかったので、そこで気づけばよかったのだけれど、
それよりも御刀が観たかったのです・・・。
今後はビス○が食べたくなったらとりあえず、体を休めようと思います。


6月の林崎居合両神社での合宿も日取りが決まり、
いよいよ現実味を帯びてきております(^▽^)
遠方からお越しくださる方々も決まりつつあります。

神社の境内で、一日しっかり稽古♪
業も全て、やれたら太刀打ちの位とかもやるのかなぁ。
伝承会名物「お茶休憩」も堪能して頂きたいです。

わー、お酒とおつまみとかお菓子の買い出し楽しみ―  ← そっちですか

楽しみのためにも、仕事も居合も日本刀の勉強も、
諸々を頑張っていきたいと思いまっす。

明日書きます〜(2018年3月24日〜25日 春の日差し)

日本刀の勉強に、河野先生の調査に明け暮れ終えた今週末。
もれなく睡魔に飛び膝蹴りをかっ喰らい、
ばたんきゅ〜でっす☆笹です(ノД`)


「笹は、生きているのか」
「ブログ記事を公開するの忘れているのか」


と、覗いてくださる方々すみません。
ええと、明日書きたいと思いますので、
お楽しみにお待ちくださいませ m(_ _)m

ちょっと小春日和(2018年3月17日~18日 ちょっと汗ばむ)

昇段審査も先週無事に終わり。
審査が終わればそれぞれがまた上達のための稽古に入ります。


土曜日の稽古に参加されていたY先生とS先生。
稽古が始まる前に、昇段審査の時のことをお話されていまして。


S先生「(審査の時)I君の業、久しぶりに見たけれどいいですねぇ(^-^)」

Y先生「いやいや、まだ直さなくちゃいけないところもありますけどねぇ(^-^)」

S先生「そっかなぁ~」



(  ^-^)  (^▽^  ) ← Y先生とS先生    (・▽・) ← 笹


(  ・-・)  (・_・  )        (・▽・)


(  ・-・)  (   ・_・)チラッ     (・▽・)


(  ・-・)  (   ・_・)            (・▽・)


Y先生とS先生、微妙な間があってから笹を見た(^▽^|||)


きっと「(I君に比べて)おマエというやつはぁ~っ!!」


・・・という感じでしょうか(笑) ← 笑えません


S先生「振りかぶり過ぎるわ、右肩上がってるわ、9年目だろが。直しなさい(-_-メ)」

笹「こうなるともう、筋金入りの振りかぶり過ぎですねっ(・▽・)」

S先生「楽しそうに言わない(-_-メ)」


六段審査は三年後。
それまでに真っ当な業ができるようになりたいです☆笹です (T▽T)

今週は久しぶりに睡魔と闘いつつお送りしております。
ええ、かき氷早食い競争やってますの。
笹はシロップがよく染み込んだシャリシャリした氷、好きです。



★余計な力を使わない練習をしてみました

先述した、「右肩が上がる」という件。
人の体が面白いところは、例えば視線の高さ。
刀を振り下ろす際は自分が見ている場所に一番力が入ります。
心の持ち様も同じで、笹の中にある「思いきり刀を振ってやろう」という
気持ちが、無意識のうちに腕や肩に力を入れてしまっているのではないか。
・・・ということに、アレコレ考えたところ思い至りました。


で。

今週の稽古では、思いきり刀を振らず
刀の重さ(といっても手の裡などの締めるところは締めます)と、
引力の力を大いに活用した業の抜き方を試みてみました。


で。

その結果、自分が力むことによって刀の質量以上に、
重くさせている(重く感じさせている)ことに気づきました。
力むことで筋肉に力が入り、手首や腕の曲げ方が固くなることによって、
刀を動かしづらくなる。
動かしづらい刀を動かすためには、筋肉を動かすために更に力を加える。
更に筋肉に力が入って手首や腕が曲げづらくなる・・・という、
よろしくない循環をつくっているのかなぁと、思いました。


自分が気負って力まなければ、
刀の重さと引力を活用するだけなので、とっても楽です。


ただ気になるのは、居合腰が力んで刀を振っていた頃よりも
心なしか高めになること。


・・・うーん・・・居合腰が依然と同じ位置でやれて、
力まず刀を振るえたら・・・また新しい発見ができるかもしれない。
今暫くは、刀の重さと引力をアレコレ考えながら
稽古をしてみたいと思います。


★水曜道場のAさんと、週末道場のYさん初対面でした

今週は水曜日のY先生の道場に通われているAさんが
久しぶりにこちらの道場にいらっしゃいまして(^-^)

S先生からビッシバシご指導頂いていたようです(^▽^|||)
S先生がとっても楽しそうでした・・・。


そんでもって。
普段は週末道場に通われているYさん、
旅行帰りの途中で道場に立ち寄ってくださいまして、
お土産のお菓子を皆でご馳走になりました(^▽^)アリガトウゴザイマス

そんなAさんとYさん、初めての顔合わせとなりました♪
同じ志を持つお仲間ですので、お互いに切磋琢磨して頂ければと思います。

弊会は2拠点で活動しており、自由に行き来できるものの、
またお会いしたことのない会員の方もいらっしゃいます。
機会があれば、お会い出来たら嬉しいな。


★伝承会ホームページ更新しました

・伝承会の修業録を更新
・今後の予定に1件追加


▼伝承会ホームページ(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

180318_pic


居合に仕事に、日本刀の勉強に、諸々に。
気負わず気持ちを楽にして取り組んでまいりたいと思いまっす。


昇段審査 無事終了!(2018年3月10日~11日 鎮魂の週末)

互いが互いを思いやり、御霊を想う気持ちに満たされている日本列島。
祈る気持ちはこの日ばかりではなく、日々限りなく続いています。


本日、昇段審査が対象者4名(初段1名、二段1名、五段2名)に行なわれ、
筆記と実技審査の結果、全員合格できましたことをご報告させて頂きます。


私が初段の審査を受けた当時、
兄弟子のA先生は五段を受けられており、
居合の「い」の字も今以上にわからなかった頃でしたので、
五段審査というステップがとても遠く感じられたのを覚えています。


ドタバタと8年過ごして、いざ受験して五段になりましたが・・・
うーん、正直、段位だけは五段になりました・・・という実感です。


・自信をもって業を抜くこと
・動き全般にメリハリをつけること
・(諸手上段の時に)振りかぶり過ぎないこと


・・・上記は審査後に先生方からご指導頂いた際の言葉ですが、
・・・相変わらずのご指摘ですし・・・(^▽^;)


これらのご指摘をずっと頂き続けるのも問題ありなので、
次の段位を取るまでの間が、私にとって正念場でしょうか。


とにもかくにも、受験された皆様、大変お疲れ様でした(^▽^)
また審査をしてくださった先生方にも心より御礼申し上げます。


★ホームページ更新のお知らせ
「伝承会の修業録」を更新しました。
本日は10名の会員が一所に集結するという、
(笹が入門して以降)前代未聞の大賑わいでした。

ええ、総勢10名でのお茶休憩は圧巻でした。
(大人数のお茶を淹れてくださったAさんYさん、お疲れ様でした・・・)

とっても嬉しかったのでその様子を載せてみました。
よろしければ覘いてくださると嬉しいです♪


▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

180311_pic


さて、修道もこれからが本番だ!
静かに気合い入れて地道に取り組んでまいりたいと思います!

昇段審査は来週です(2018年3月3日~4日 ぽかぽか陽気でした)

桃の節句も過ぎ、南の地域から梅の開花の知らせが伝わってくる日本列島。
今年度を終えるべく、手持ちの作業をやりきっちゃおうぜ!・・・という雰囲気と、
新年度を迎えるにあたりワクワク感がたまらない・・・という雰囲気が
お日様が鮮やかなレモン色になるにつれ高まってきております。

手袋やマフラーといった冬小物も好きだけれど
そろそろ薄手で明るいお日様の下を歩いてみたい・・・が、
そんな余裕はない☆笹です (-_-|||)ドヨーン


・・・笹的に、昇段審査が・・・。


・・・昇段審査の筆記が・・・
五段受験者向けの出題テーマに関する笹の筆記の出来が・・・悪い・・・。
(↑やたら説明口調)

・・・とはいえ昇段審査は来週だ・・・頑張らなくちゃ。

基本的に明らかに自分が怠けていることがわかる出来のものを
提出することに耐えられないんであります。

やるなら全力投球・・・出来が悪くても、
全力投球できていることを自分が感じられればそれでヨシなのです。

・・・ということで、今更感があり、
昇段審査のためという目的も「武道」に反している気もしますが、
頑張らなくちゃ。


・・・年数を重ねるだけ重ねておいて、
今まで何をやってきたんだか・・・という感じです(T▽T)ヒー


☆☆☆☆☆


ということで、普段以上にサクサクっとお送り致します。

★Yさん、業の修得に入りました!

今年から本格的に稽古を始められたYさん。
礼法や帯刀の仕方、五行の構え等の基礎は身に着いたかな・・・ということで、
今週から、いよいよ本格的に業の修得に入られました(^-^)

弊会では英信流の業に含まれる基本的な動作を理解できるということで、
大日本抜刀法から指導致します。
・・・ということで、今週は「順刀 その1」をやりました。

お茶休憩までの前半をY先生、
後半は笹がミニ先生としてご指導致しました。

ご指導してみて・・・大変僭越ながら、
笹も苦労したわーっていうところで苦労されているようで、
苦労されている姿を拝見しつつ懐かしく感じておりました(^-^;)

横一文字?どうやって抜くんだーとか、
鞘から刀出すのに精いっぱいで右足で踏み込んでる余裕ないよとか、
大血振りする時の振るった刀の遠心力を利用しろとか摩訶不思議ですし、
説明されることはアタマで理解できても、
体で理解する難しさを知っている「初心者」の自分の他、
腕力使わずに、刀身の重さを利用して刀を動かせとか、
先生方と同じように説明してやってみせる「ミニ先生役」の自分もいて。

二人の自分が笹の中にいて、どちらの自分の気持ちも理解できるので、
Yさん・・・頑張れ・・・という気持ちでいっぱいでした。

修得の近道は・・・業を抜く数をこなすことが大事かなと思います。
動きとして問題がありそうな場合は、指導側がお教え致しますので、
地道にコツコツ、頑張って参りましょう~。

★こってりご指導頂いております

・・・と、上記でエラそうに物申しておりますが、
今週も今週とて、こってりご指導頂いております(^▽^;)ニャハ

Y先生曰く、
Y先生「(笹の動きは)どーうしても気になるところが無駄に多いのさ」

・・・だそうです(^▽^;)ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"

ちなみに同じ日に審査を受けられるKさんの場合は、
最後はきっちりキメるところキメれられているので、
業に対して全体的に申し分ないのだそうです(^▽^)

で、笹の場合は最初は良くても
最後に至るまでに悪いところが目立ち初め、
きっちりキメられそうもない形で終わるのだそうです(^▽^;)ア"ア"ア"

  il||li _| ̄|○ il||li


・抜き付けの際も、納刀の際も、鯉口を握る左手の親指がなぜか立っている。
 ⇒鞘引きの力に利用できるはずができず、
   納刀は親指を立てていたら切るので危ない

・諸手斬り下ろしの際に振りかぶり過ぎている
 ⇒Y先生・S先生曰く「直す気ないのか(-_-メ)」とのこと

・納刀直前、頭を垂れすぎている
 ⇒Y先生・S先生曰く「直す気あるのか(-_-メ)」とのこと


  il||li _| ̄|○ il||li


昇段審査を受ける度に、審査前は必ず自信をなくすのですが・・・
途方に暮れる・・・。



ま、とりあえず筆記を頑張って仕上げてから考えるか(・▽・)
↑持ち直し早っ


なんとか四段。これまたなんとか五段。
段数だけ稼いでいる気もしますが・・・そう思わずに済む時って
いつか訪れるものなのでしょうか(^▽^;)

まずはコツコツ、頑張りまっす。

★6月稽古合宿お菓子計画 ノミネートお菓子★
(お酒に合うお菓子、検討中)

光の色がレモン色(2018年2月24日~25日 春はもうすぐ)

週末に稽古でお借りしている道場から、
道路を跨いだ東側にお好み焼き屋さんがありました。

道場周辺が住宅地ということもあり飲食店が少なく、
来客の際に、飲食店がある場所まで行くのに時間がない・・・という時に
時々使わせてもらっていたお好み焼屋さん。

弊会の稽古は12時に終わりますので、
ちょうどお店にお客が集まる時間帯でもあり、
11時半を過ぎた頃から、お好み焼きの焼ける美味しそうな匂いが
道場の伝窓から漂ってきます・・・お腹がすきます・・・。


そんなお好み焼屋さん。
移転されたようで、2週間前からなくなりまして。
道場から見える跡地には、
店員さんやお客の姿が見えなくなった平屋建ての店舗と、お客の車のない駐車場。
お好み焼きソースの香ばしい匂いがしなくなり・・・ちょっと寂しい。


・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。


どなたか、あの土地、買いませんかー。 ← オイ

日当たり良し、市街地までのアクセスよし、駐車場バッチリ完備です!
お店をやるもよし、事務所に使うもよし!
ただ週末だけ、弊会に稽古場として提供して頂けたら嬉しいです (`・ω・´)キリッ
店子からの御礼としましては・・・笹の手作りお菓子で手を打って下さい。
↑ イヤです

笹はクジ運皆無なので買いませんが、
S先生はロトシッ○スで頑張ってみるとのことです(笑)

どなたか、あの土地、買いませんかー。 ← しつこい

光の色が日に日に鮮やかなレモン色になってきている今日この頃。
色が変わるように、毎日何かが少しずつ変わっているのだろうなぁと、
思わずにはいられない。
地道に、コツコツ頑張っていきたいです。


☆体って不思議
笹は昨年の11月に右足首を捻挫しまして。
稽古へ復帰したのが年末ギリギリの頃。
すぐにお正月休みに入って、本格始動できたのが1月初旬。
つまりりほぼ2ヶ月間、業を抜く稽古ができておりませんでした。

本格始動し始めた頃も、
「イメージトレーニングはしていたし、ケガする前の状態にすぐ戻れる(・▽・)」
と、軽~く思っていたのですが。

んなわけなかった。

本格始動直後、腕は痛いわ首は痛いわ、両肩が痛いわ、背中が痛いわ。
脚まで痛くなってくる始末で、体の余すところなく痛い。

本気(マジ)で
「・・・笹、居合続けられなくなるんじゃないだろうか・・・(・▽・|||)」
と、かな~り落ち込んで過ごした1ヵ月間。

ところが先週から稽古後の体の痛みはウソのようになくなり、
なんの支障もなく過ごせるようになりました。
ええ、稽古場を壊す勢いで業を抜いても大丈夫ですの。
↑ 稽古場を壊さないでください

今だから思うのですが、
稽古場で普段からなにげなくおこなっていた所作が、
こなした年数だけ積み重なり、体を鍛えることに繋がっていたのですね。
そして、普段の所作で鍛えられた体があるからこそ、業ができるのだなぁと。

ケガしてみたからこそ分かった、今回の事象でした。
うーん、体って不思議(^▽^)


☆Aさん、ミニ先生デビューでした♪

先生方曰く、
「ウチは年齢、性別に関わらず、先に入門した人が兄弟子、姉弟子」

「人に教えると、それ以上に自分が気付くことや覚えることがあるから勉強になる」


・・・というワケで、Aさん本日、ミニ先生デビューを果たしました♪
本日はS会長、Y先生ともに稽古をお休みされる日でしたので、
Aさんから納刀のコツ伝授ということで、Yさんに30分ほど指導して頂きました。
(その間、昇段審査の業について、S先生に笹とKさんは指導頂く)


笹としては内心ハラハラしていたのですがそんな心配まったくご無用。
Aさんはしっかりコツとポイントを伝授、
更にYさんの不明点についてもしっかりお答えしていたようでした(^▽^)

Aさん、すっかり大きく成長されて・・・ ( ´;ω;`)ブワッ
↑ 何もしてないですよねアナタ


笹が「ミニ先生」を本格的に始めたのが居合歴7年目から。
Aさんは2年目にして初心の方に納刀の指導ができるようになりました。
Kさんも様々な指導がばっちりできております(^-^)

笹、基本的に恥ずかしがり屋なので本人には言えず・・・。
たとえ本人に伝えたとしても「上から目線」の物言いにしか聞こえないでしょうし・・・。

初心の方々の頑張りほど、力強いものはない。
純粋にかなり感動していたことを、ここにひっそり書き留めておこうと思います。


☆HP更新のお知らせ

伝承会のホームページにて下記を更新しました。

  • 伝承会の修業録を追加
  • 今後の予定に稽古合宿を追加

よろしければ覘いてくださると嬉しいです♪

▼伝承会HP(直接ジャンプします)
http://apfel.la.coocan.jp/

180225_pic


今年も奉納演武や稽古合宿などなど、行事盛りだくさん。
お世話になっている方々にまたお会いできるのも嬉しいですし、
なによりも自身のために、コツコツ取り組んでいきたいと思います(^-^)

稽古合宿、楽しみ楽しみ(^m^)
県外からお越しの方が大半なので、
東北地方のお菓子もぜひ食べてもらいたい…選ぶの楽しみ楽しみ♪


昇段試験まであと3週間(2018年2月17日~18日 寒さが戻ってきた)

オリンピックのお祝いムードで溢れる宮城県は仙台市。
温かみのあるムードとはうらはらに、
県内では突き刺すような冷たい風が吹きすさんでおります。
・・・うん、きっと温かいムードをもっと強めさせたくて風が吹いてるんだ(・▽・)


昇段審査まであと3週間。
実技や筆記にあくせくしております☆笹です(-_☆)キュピーン


というのは筆記審査について、
私が書いた内容が出題テーマと方向性が合っているか、
先生に確認して頂いたのですが(※)、
なんというのか・・・テーマについて、
物理的な要素と精神的な要素のバランスがなっておらず、
かつ前振りもなく専門的なことを書いており、文章の校正がなっていないという・・・。
しかも私自身がテーマをよく噛み砕いていなさ加減もあり。


・・・先生はやんわりとそういったことを示唆してくださいましたが、
私も同じように思います・・・返す言葉がございません(;▽;)


今更ながら、自分が個人的にイメージしていた「五段を持つ剣士」とは
ほど遠い位置にいることに気づきました。
たとえほど遠くても、1ミリでもいいからイメージに近くにいたいので、
間に合わないのは承知であがきたいと思いますっ。
今までサボりまくっていたツケが今・・・(^▽^lll)


(※)弊会の所属する連盟では、筆記は審査当日に行ないません。
受験者はテーマに沿った作文を事前に準備し、当日に提出します。


笹は昇段審査の受験生。
ちなみに妹弟子のAさんは来週から期末試験。
お互い、今夜も試験勉強頑張りまっしょうー(^▽^;)キャー
・・・ということで今回もサクサク参ります!


☆☆☆☆☆


☆Yさん、納刀の特訓中。

1月から本格的に活動を始められたYさん。
今回は五行の構えと納刀のやり方の他、
素振りのやり方について特訓を受けられていました。

剣道のご経験のある方ゆえに
竹刀と刀の扱い方の違いに戸惑われているように感じられました。
笹も以前、剣道の稽古をさせて頂いたことがあるのですが、
柄の握り方、握った際の手首の曲げ方、斬り下ろしのやり方が
居合と剣道では違うものだなーと思いました。

・・・ここは故・H先生の名言「今日言うて今日直らん」
(指摘したからと言って今すぐ直すことはできない。時間をかけて直していきなさい)

めげずにじっくり取り組んでまいりましょう~。
ちなみに五行の構えはバッチリとS先生が仰っていました(^-^)

☆お茶休憩はチョコレートだらけでした

週末の道場は2時間稽古をしますが、
だいたい11時頃に15分ほど休憩の時間を設けます。

休憩中は熱いお茶を頂きながら
武道や歴史、日本刀の話題で持ちきりになるという
名付けて「伝承会名物・お茶休憩」(笑)


笹が入会した当初、出されるものは熱いお茶だけだったのですが、
会員数が増えた今、コミュニケーションの場として
最近はもっぱらお茶菓子付きになっております(笑)


そんでもってお菓子管理係は笹です(笑) ← 犯人
しかも会員の皆様お茶菓子の在庫を見て
残り少なくなると差し入れをくださるのでコト切れません( ̄▽ ̄) クルシュウナイ


で。
賞味期限との兼ね合いで、
開封されたお菓子を一カ所に集めてみたところ。


ミニ○ット
キット○ット(ミルクチョコ、抹茶)。
ク○ンキーチョコ


なぜかチョコレートだらけでした(笑)
男性陣、わりと甘党なのでしょうか(笑)


・・・というわけで、今週のお茶菓子はとことんチョコ。
豆まきの如くせっせとチョコを配り、
Aさんの淹れてくれた美味しいお茶と一緒に頂きます。


笹「(ふと思った)・・・稽古場でチョコをボリボリ食べている姿を
  河野先生が見かけたら、『チョコばかり食わんと稽古せんかっ!!』って
  叱られそうですね(^▽^;)」


S先生「そうかなぁ(・_・)
     河野先生あたり、案外『ウィスキーボンボンないか』とか言いそう」


笹「あぁ~、河野先生、お酒お好きですものね」



(一同、チョコを食べ、お茶を飲む)


・・・。


・・・・。


け、稽古しましょうっ、稽古っ(・▽・|||)



☆惣留が難しい

昇段審査で実技で指定されている立業「惣留(そうどめ)」。
理合いは、狭い板橋や通路、あるいは階段など
両脇にかわせないような場所を歩行中に、
前方から仕掛けてきた相手の胸部を袈裟で斬りつけて勝つという業です。

前方から仕掛けてくる相手は複数人を想定しており、
名目上、袈裟切り(と、納刀)を3回行います。

袈裟切りと納刀を3回繰り返すという、
ぱっと見た感じでは簡単そうに感じてしまうのですが、
理合いと仮想敵の動きをしっかり飲み込んでいないと
傍から見れば、まるで機械仕掛けのような動作が続いているように見えてしまい、
なんとも活気のない業になってしまいます。
演武者の力量が試されるコワイ業だと笹は思っています。
簡単だからこそ、簡単じゃない。

案の定、笹の場合は機械仕掛けのような動作になっております(T▽T)
アレコレ試してみたところ、仮想敵がすべて同じ動きと間で仕掛けてくるように
考えてしまっているのではないか・・・というご指摘を頂きました。


S先生「素早く迫ってくる仮想敵もいれば、
    ちょっと様子を伺いながら近づいてくる仮想敵とか、
    仮想敵をもう少し動かしてみると、袈裟斬りの間合いも変わってくると思うよ」

笹「試してみます(・▽・)」


(とってもゆっくりやってみる)


S先生「・・・・・・全体的にゆっくりになってるけど
     ・・・それでは変わらないのでは(-_-メ)」


笹「Σ(・▽・) 確かにっ」


・・・・・け、稽古しましょうっ、稽古っ(・▽・|||)


そろそろ冬将軍にお引越しをお願いしたい2月。
居合も、仕事も、諸々に頑張って参りましょうっ。

より以前の記事一覧

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ