« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

仕事でドタバタでした(2019年1月25日 吹く風にピリリとした寒さが含まれています)

1月もあと少し。もうすぐ2月が始まります。
暖冬の影響なのか日差しからは春の成分が心なしか感じられる色味に変わり、
来る春に備えて人も街もざわめき出している宮城県は仙台市。

最近の笹、左肩をオカシくしまして。
整形外科でレントゲン検査で診てもらったところ、肩の関節が上方向にズレているのだそうで。
関節のズレによって炎症をおこしているとのことで鎮静効果のある飲み薬を処方してもらいました。

稽古中は痛みは感じないのですが、平常時が痛い。いずい
なるべく早めに治まって欲しいのでお灸でも試してみようかなーと思い立ち、
火を使わずにできるお灸を試しております。

で。

おもてかに「「笹、笹、笹、それ、なに?(・▽・)」」

うら「「かにらも食べられるのそれ(・▽・)」」

左肩に貼られたお灸を見つけるやいなや、目貫の「かに~ず」がワクワク顔で寄ってきました。

笹「これはお灸といって、温めることで悪いところを治すものだよ~」

おもて・うら「「「「悪いところを、治す!!(・▽・)」」」」

かに~ずは互いに目を合わせて頷くと
なにか察した面持ちで慌ててお灸の箱を開き、お灸の包装を取り払い、
笹のオデコにしっかりと貼り付けました。

おもて「「それなら笹のアタマに貼らなくちゃ(・▽・)」」

うら「「多少多めに貼れば、効くと思うの(・▽・)」」


------ 君たち、全員廊下に立ってなさい(-_-メ)


話のコシが折れた☆

今週は仕事の都合により稽古は土曜日のみ。
痛いの痛いの、飛んでけ~レベルではなく、すぐにでも立ち去って頂きたい☆笹です(`・ω・´)キリッ
居合を始めて10年目となりますが、初めての故障です。
しかも利き手ではない左肩。

お医者さんも「だいたい利き手側が故障することはよくあるんだけど・・・なぜ左肩なんだろうね?」とのことで、
笹もそこは知りたいところです。
稽古場で先生方に肩の事をお話したところ。

S先生「うんうん、痛いのって意外と慣れちゃうもんで、慣れるといつのまにか治ってるものなんだよね(・▽・)」

・・・ということでした(^▽^;)

今しばらくは痛みと仲良くしていくことになりそうです。


今までは自分と業について向き合うだけだったのが、体と仲良くするという新たな課題。
長く続けるということは、新しい面がいろいろ見えてくることなんだなぁと。
しみじみ思った今週なのでした。


来週こそ、土日、稽古したいぞっ。
地道にがんばっぺし~(^▽^)ノ



▼宮城県にある居合道場▼




▼応援おねがいします


武道ランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
にほんブログ村

稽古始めでしたっ(2020年1月18日~19日 いつの間にかお正月終わってました)

♪ も~い~くつ 寝~ると~~ お正月~♪

・・・という歌詞がございますが。

本気で寝てたら、いつの間にかお正月終わってました☆笹です(`・ω・´)キリッ

寝てた・・・というよりも、居合や日本刀などの行事でドタバタと走り回り、
いまだ怒涛の勢いで押し寄せてくる仕事をちぎっては投げ、ちぎっては投げを繰り返していたところ、
どんと祭はとっくに終わり、気づけば通常営業になっておりました。

チョコレートをやり取りするイベントもちらほら出てきてますし・・・。
いずれマシュマロやクッキーをやりとりするイベントに変わるんでしょうけれども・・・。
1月~3月って、お財布にキビしい季節ですよね・・・。


話代わりまして。

明けちゃってますがおめでとうございまっす。( ← あほの子でしょアナタ)

相も変わらずこんなブログですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
弊会の様子をガシガシ書きつつ、笹の成長を多少なりともお見せできたらと考えています(^▽^)
笹としても、仕事も居合も、日本刀の勉強も、その他諸々も、地道に取り組んでいけたらいいな。

というわけで。
昨年分から書きたいこと、たっくさんあるのですよー。よー。
サクサク参りましょうっ。


★今年は弊会、昇段審査ラッシュらしいです

お陰様で弊会も会員が増え始めておりまして。
昇段審査の希望者と審査時期を確認したところ、

3月頃にIさん(2段)とYさん(初段)。
秋頃にAさん(3段)、Aさん(2段)、Kさん(3段)、Tさん(2段)、Sさん(初段)、Oさん(初段)


・・・笹が入門して以来、こんなに大勢の昇段審査がかつてあっただろうか(反語)

笹「すごっ Σ(・▽・) 秋の審査・・・ちょっとした大会が開けそうですね・・・」

S先生「秋に予定している昇段審査は、やりがいがありそうだね~」

笹「道場のセッティングとか、頑張らなくちゃですね(・▽・)」

S先生「笹はのんきにしてるけど、来年は本部審査だからね(-_-)」

笹「本部で昇段審査・・・が、頑張ります(・▽・;)」

S先生「その前に、審査員が推薦しないと受けられないけどね(・▽・メ)」

デスヨネ――――(゚∀゚)――――!!


今年は会員の皆様がそれぞれ頑張る年になりそうです♪


★稽古の見学希望者さんから連絡ありました♪

先日、見学希望緒の方から連絡をいただきました。
本当にありがたいことですm(_ _)m

日本刀を使っておこなう居合という武道により興味をもっていただけたら嬉しいです。


★今年も今年でビシバシご指導いただいております

・・・と、笹は実にエラそうなことを申しておりますが、
今年も今年とて、ビッシバシご指導いただいております。

立業のひとつ「行連(ゆきづれ)」。
お縄はかからないものの、使いの者2名に連行されるという状況です。

左右に使いの者2名に挟まれた状態で足並みをそろえて歩いていくのですが、
隙をついて自分の歩みを遅らせ(左右の者が自分よりも前に進ませる)、
片手袈裟斬り、諸手斬り下しで相手を倒す・・・という理合いです。

相手を前方に進ませた後、
すぐさま右側の相手を片手袈裟斬り →  左側の相手を諸手斬り下しなのですが、
この2つの動きを最短距離で行う同線がなっていないとご指摘いただきました。

最短でいえば、
片手袈裟斬り(右手で斬ってます)

剣先を飛ばしながら右手を頭上に持っていく(剣先を飛ばす勢いで簡単に持っていけます)

頭上に刀の柄が来た時に左手を添える

諸手で斬り下す

なのですが笹の場合、

片手袈裟斬り(右手で斬ってます)

剣先を飛ばしながら「両手で」頭上に持っていく

頭上に刀の柄が来た時に左手を添える

諸手で斬り下す

・・・になっているとのことでした。
剣先を飛ばすことができれば、重さ的に楽なので両手を添えて頭上に柄を持っていく必要はありません。
刀の重さを活かしていないことが原因なのだと思います。


笹「(何度か試してみて)あ~、確かに両手で頭上に持って行ってますね!」

S先生「そうそう(-_-)」

笹「あ~~~~・・・(・▽・)」

S先生「あ~とか言ってないで直しなさい(-_-;)」


デスヨネ――――(゚∀゚)――――!!




・・・今年も課題満載。宿題山盛り。


(途方に暮れる)


・・・地道に頑張ろう・・・・。



▼宮城県にある居合道場▼



▼応援おねがいします


武道ランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
にほんブログ村

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

笹の通う道場

参加してます

  • にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
無料ブログはココログ